2008年12月05日

和楽通信2008年12月 〜椿のはなし〜

椿の柄は、その花の時期だけでなく、

季節を問わず人気のデザインです。


もともと古くは、日当たりや土の質を選ばず、

非常に丈夫で寿命が長い植物だったようです。

花はなんともいえない美しさの紅色。

魔除けのイメージを
連想させます。


このように、椿は強い・魔除けのイメージから、

厄除けや、無病息災、不老長寿の縁起物になったようです。


花が終わると、その実からは良質の油がとれます。

現代でも美しい髪のために椿油を使った商品がありますね。


丈夫で長生き、そして綺麗な花を咲かせ、

最後まで無駄なく働く・・・・・
完璧ですね。


tubaki_1tubaki_2



waraku_kaiun at 11:31│TrackBack(0) 和楽通信 

トラックバックURL