2022年05月26日

くちびるの働き


この頃はマスクで
見えないことが多い
くちびるですが。

今日、歯医者さんから
「くちびるの
働きの一つに
飲み込んだもので
むせないよう
口腔内に入る
液体の量を
水門のように
調節することが
あるんです」と
教えていただきました。

ビールを飲んだ時
くちびるの周りに
白いヒゲのように
泡がつくのは
この働きによる
そうです。(^^)

今夜、早速
ビールで実験して
みました。

人間の体は
よく出来ているのだと
今さらながらに
感心しています。(^^;



IMG_7596
ニオイバンマツリが咲いていました。

warakusya at 20:00|PermalinkComments(0)

2022年05月24日

偲ぶこと


「人を思う」と
書いて、偲ぶ。

亡くなった人を
思う人がいる限り
その人は、まだ
この世界と
繋がっていると
聞いたことが
あります。

昔は、33回忌まで
法事をする人が
多かったようです。

古いお家では
50回忌や
100回忌も!

近年は
コロナの影響で
法事もなかなか
できない状況
ですね。

今日は、父の命日で
本来でしたら
23回忌をする
ところですが…。

私一人、代表して
お墓参りをし
父が好きだったものを
食べ、ビールもお酒も
しっかり飲んで(^^;
偲ぶことにしました。

早く、みんなで
集まって
楽しいことが
大好きだった父を
賑やかに
偲びたいなぁと
願っています。

IMG_7611
お参りの後、立ち寄った逗子海岸です。


warakusya at 17:21|PermalinkComments(2)

2022年05月21日

『ショーシャンクの空に』


昨夜、日本テレビ系の
金曜ロードショーで
『ショーシャンクの空』が
放送されました。

たまたま
テレビをつけたら
視聴者からの
再放送希望が
とても多い作品と
表示されていましたので
食器洗いをしながら
見始めたところ…
思わず、手を止めて
最後まで見入って
しまいました。

もうご存じの方も
多いかと思いますが
ひどい刑務所で
囚人として過ごす
主人公が苦境に
立たされながらも
希望を捨てずに
前を向いて
生き抜く映画です。

主人公はもちろん
友人役の
モーガン・フリーマンや
おじいさん役の
ジェームス・ホイットモアも
しみじみとした演技で
素敵でした。

ラストシーンの
美しさが
印象に残っています。

「時の流れ」の大きさと
人間の心の在りようを
考えさせられる
忘れられない作品
になりました。

映画っていいなぁと
あらためて
思います。(^^)

皆さまのお好きな
映画は何ですか?

 
0E086F8C-0047-4CDF-A23A-80EBA3921651
金魚草が咲いていました。



warakusya at 12:25|PermalinkComments(0)

2022年05月13日

少しずつ


何十年ぶりかで
ペン習字の練習を
始めて、ひと月あまり。

少しずつ眠る前に
練習帳にお手本を
見ながら
書き込んでいます。(^^)

子どもの頃の宿題と
違い、自分のペースで
のんびり楽しんでいます。

目に見えて、文字が
美しくなったわけでは
ないのですが…。

ちょっとだけ
癖がとれてきました。

これまで何かに
取り組む時
気合いを入れすぎて
途中でくたびれ
投げ出すことが
多かった私です。(^^;

これからは
「少しずつ」
肩の力を抜いて
続けて行くスタイルを
大事にしていきたいと
思いました。


梅雨のようなお天気が
続いていますね。

気温の変化も
大きくなりそうです。

皆さま、どうぞ
お体に気をつけて
お過ごしくださいませ。


IMG_7590
薔薇がきれいな季節になりました。



warakusya at 22:17|PermalinkComments(0)

2022年05月10日

「遅れてごめんね」



今日、上野の松坂屋
の前を通りました。

入り口の花屋さんで
見かけたのが
下の写真の
「遅れてごめんね
 母の日」の
張り紙です。(^^)

お店にはまだ綺麗な
カーネーションの
ブーケなどが
安くなって
並んでいました。

遅れても
プレゼントされた
お母さんは
嬉しいでしょうし
廃棄されるより
お花も、生産者さんも
喜ぶと思います。

いい貼り紙だなと
思いました。💕




2022年5月10日上野松坂屋


warakusya at 17:44|PermalinkComments(0)

2022年05月07日

こころに響くうた(30)


若葉が目に鮮やかな
季節になりました。

明日は母の日ですね。

今回は、石川啄木の
短歌を選びました。



たわむれに母を背負いて
 そのあまり軽きに泣きて
   三歩あゆまず
    ー『一握の砂』ー



心配ばかりかけていた
母も父もすでに
他界しましたが…。

親が年老いたことに
気づいた時の悲しさを
思い出しました。

自分自身が
老いたことを知るよりも
もっと悲しかったような
気がします。(^^;


IMG_5370









シャクナゲです。

warakusya at 23:19|PermalinkComments(0)

2022年05月04日

オードリーさんの美しさ


NHKのBSプレミアムで
オードリー・ヘプバーンさんの
『麗しのサブリナ』が
今日、放送されました。

片付けの手をとめて
その美しさに
見入ってしましました。(^^;

『マイフェアレディ』
『おしゃれ泥棒』など
「こんなにきれいな人が
いるんだ」と子どもの頃
驚きながら、映画館で
観た記憶があります。

そのオードリーさんの
お誕生日は5月4日。
(もしご存命でしたら
93歳)

晩年はユニセフの
親善大使として
戦禍や飢餓で苦しむ
子どもたちのために
活躍されたことも
有名ですね。

アフリカでの活動の時に
現地の子どもさんを
抱き上げた写真の
表情の優しさが
印象に残りました。

同時に、そのお顔の
皺の多さにちょっと
ショックを受けたことも
憶えています。

後日、知ったのですが
フォトグラファーが修正を
かけようかと尋ねたところ

「シワの一本にも
手を加えないで。
どのシワも
私が手に入れたもの
なのだから」

と断ったそうです。

雑誌の特集で
「人生で一番好きな
自分の写真」
と問われた時も
上げたのは
ユニセフの仕事で
出会った子どもさんと
一 緒の写真でしたとか。

本当に素敵な方
だったのだと
思いました。(^^)


IMG_7575
ジャスミンが咲いていました。




warakusya at 15:59|PermalinkComments(0)

2022年04月30日

衣替え


暑い日に、慌てて
夏物を出し
冬物をしまったところ
気温が下がり
また、厚手のものを
急いで出しました。

衣替えのついでに
家の中の片付けも
始めたところ
はりきりすぎて
腰痛に。(^^;

気がつけば
毎年、同じような
パターンを
繰り返しています。
トホホ。

これからは
自分の体力も考えながら
もう少し計画的に…と
反省しています。


新緑がきれいな季節ですね。

皆さま、お健やかに
お過ごしくださいませ。

IMG_7556
スズランが咲きました。


warakusya at 11:17|PermalinkComments(0)

2022年04月22日

こころに響く言葉(83)


今日は真夏のような
お天気になりました。

皆さま、お元気ですか。

今回は放浪の画家として
知られた山下清氏の
言葉です。

行く先々で
おにぎりを貰いながら
各地を転々とし
作品を描き続けた山下さん。

「おにぎりを貰えなかった時は
どうするのですか」と問われて
答えたのが下記の言葉だそうです。



おにぎりが貰えるまで
歩くから
貰えないってことは
ないんだな。



心配性で
漠然とした不安に
悩まされがちな私には
「衝撃」的な
言葉でした。(^^;


考えすぎず
悩み過ぎず
おおらかに
たくましく…
暮らして
行きたいなぁと
思いました。(^^)


明日も気温が
高めのようです。

お体ごたいせつに
お過ごしくださいませ。


FullSizeRender
散歩の途中で見つけたバラです。







warakusya at 22:12|PermalinkComments(0)

2022年04月16日

これでいい


今日、NHK Eテレの
~こころの時代 選
『深い河』遠藤周作~の
再放送を観ました。

友人が薦めてくれた
番組です。

1993年に出版された
小説『深い河』を題材に
作者・遠藤周作氏の
宗教観、人間観が
取り上げられていました。

印象に残る番組でしたが
なかでも作品に登場する
大津という男性の
瀕死の様態になった時の
言葉が心に残りました。


「これでいい…。
これでいい
ぼくの人生はこれでいい」


栄光とは無縁の
世間の目から見れば
みじめにも映る大津。

その人の最後の言葉に
安らぎを感じました。

「これでいい…」と思って
人生を終えることが
できたら、いいなぁと
しみじみ思いました。

昔、暗く感じて
途中で投げ出した
『深い河』を
今度はゆっくり
読んでみようと
思います。(^^)

IMG_7516
シャクナゲが咲いていました。




warakusya at 23:23|PermalinkComments(0)

2022年04月11日

こころに響くうた(29)


あっという間に
季節が進んで行きます。

皆さま、お元気ですか。

今回も書家で詩人の
相田みつをさんの詩です。



「いいですか」



 いいですか
いくらのろくても
かまいませんよ

たいせつなことはね
いつでも前をむいて
自分の足で
自分の道を
歩くことですよ

ー『雨の日には雨の中を 
   風の日には風の中を』からー 




詩の最初の部分の
「いくらのろくても
かまいませんよ」という
言葉に励まされました。

お恥ずかしいことに
この年になっても
自分の足で、自分の道を
歩いている感じが
掴めていないのですが…。

遅ればせながら
自分の道と足を
見直して
何とかやって行けたら
いいなぁと思います。(^^;

IMG_7470
小手毬の花が咲いていました。




warakusya at 18:02|PermalinkComments(2)

2022年04月06日

祝 ご入学


いよいよ新学年の
始まりですね!

新入生の皆さま
そのご家族の皆さま
おめでとうございます。

今日、ふと
数十年前の4月6日に
小学校に入学したことを
思い出しました。

4月生まれで
体も、態度も
大きかった私は(^^;
少し早く行った会場で
「2年生は、早く
お家に帰りなさい」と
先生に叱られ
ヘコみました。

勉強したことは
よく覚えていないのですが…。

初めての遠足が
新宿御苑だったことと
あの入学式のことは
ちゃんと記憶に
残っています。

歯医者さんの帰りに
立ち寄った本屋さんで
『美文字の練習帳』を
見つけて、買いました。

この頃、手書きを
することが減り
字がちゃんと
書けなくなって
いますので
子ども時代の
「書き方」のつもりで
少しずつ、書いてみます。(^^)

昨日までの寒さが去り
気温が高くなってきました。

どうぞ、お体に気をつけて
お過ごしくださいませ。




IMG_7485
IMG_7487



warakusya at 16:51|PermalinkComments(0)

2022年04月04日

第49回和のこころを学ぶ講座 延期のお知らせ


先日、開催を
お知らせいたしました
4月24日(日)の
第49回講座を延期

させていただくことに
なりました。

新型コロナウイルスの
流行の状態が
落ち着きましたら
また、ご案内させて
いただきます。

その節は
どうぞよろしく
お願い申し上げます。 

時節柄、皆さま
ご自愛くださいませ。



2022年ビオラ









連絡先


warakusya at 17:02|PermalinkComments(0)

2022年04月01日

こころに響く言葉(82)


新年度が始まりました。
皆さま、いかが
お過ごしですか。

今回は、『ローマの休日』や
『マイフェアレディ』など
数々の名画でおなじみの
オードリー・ヘップバーンさんの
言葉です。


美しい唇であるためには
美しい言葉を使いましょう。

For beautiful lips, speak only words of kindness.

美しい瞳であるためには
他の人の良いところを探しましょう。
For beautiful eyes, look for the good in others.


オードリーさんは
見た目の美しさだけでなく
心の在りようも
素敵な御方だったのだと
思います。


唇は荒れ気味で
眼はショボショボ
していますが。(^^;

美しい言葉を使い
他の人の良いところを
見て行くよう
心がけたいなと
思いました。


気温が下がっています。
どうぞご自愛くださいませ。



ノースポール









ノースポールが咲いていました。

warakusya at 23:14|PermalinkComments(0)

2022年03月28日

ちょっとうれしかったこと


各地で桜の開花が
伝えてられています。

皆さま、お元気で
いらっしゃいますか。

相変わらず
バタバタしている
私は、まだ桜を見に
行っていません。(^^;

昨日、出先の洗面所で
小瓶に飾られた
かわいい桜の花を
見かけました。

前夜の強風で
吹き飛ばされたので
しょうか。

どなたかが空き瓶に
挿してくれたようです。

それだけといえば
それだけなのですが。

思いがけず
小さなお花見ができて
うれしくなりました。(^^)

素敵な花の季節を
どうぞお健やかに
お過ごしくださいませ。

2021年3月24日







昨年の外濠の桜です。
今年も見に行こうと思います。(^^)


warakusya at 05:28|PermalinkComments(0)

2022年03月25日

無理せずに


最近、出会った言葉に
「自己犠牲は
真の貢献にあらず」が
あります。

友人のメールで
教えていただきました。

仕事でも、人間関係でも
ボランティア活動でも
自分が犠牲になっていると
感じるようでは
続かないのかなと
思います。(^^;

無理せず、自然に
本心でできる範囲で
取り組むのが
いいのかもしれません。


桜が咲き始めました。
お花見ができると
嬉しいですね。

皆さま、お健やかに
花の季節を
お楽しみください。



エニシダ









エニシダの花が咲いていました。

warakusya at 18:03|PermalinkComments(2)

2022年03月19日

第49回和のこころを学ぶ講座開催のお知らせ


先日の地震は
長く、大きく揺れました。
被災されました皆様
お見舞い申し上げます。


本日は公開講座の
お知らせです。

感染防止対策として
少人数で開催させて
いだきたいと思います。


元気に、心穏やかに
暮らすために
昔の人たちの知恵や
生き方に加えて
現代の心理学の考え方も
ご紹介できればと
願っています。

感染防止対策のため
お茶菓子の準備は
できませんが
ほっとくつろいで
いただけますよう
心がけますので
どうぞよろしく
お願いいたします。




第49回 和のこころを学ぶ講座
    「今、たいせつにしたい知恵」

時:2022年4月24日(日)
  13:30~15:20
   (途中休憩 あり)

場所:東京大神宮研修所3階
   東京都千代田区富士見
  (飯田橋駅下車 徒歩5分)

定員:限定20名様 予約制

参加費:500円
(お支払いは会場で)

ご予約:https://www.tsujikawa.net/ の
    お問い合わせ欄よりメールで

※感染状況により延期になる場合がございます。
※ご自宅で検温の上、マスク着用、手指消毒など
 感染防止対策にご協力をお願い申し上げます。



プリムラ







プリムラが咲いていました。

連絡先






warakusya at 20:42|PermalinkComments(0)