2018年07月12日

奇跡⁈の再会


昨日、新宿で
10年ぶりに友人に
バッタリ会いました。 

20年ほど前
英会話を習っていた時の
先生です。

英語はさっぱり
上達しませんでしたが(^^;
仲良くなって、友だちに。

彼女が帰国後も
手紙のやり取りをしていたのですが
双方の引っ越しもあって
連絡が取れなくなっていました。

それが
めったに行かないお店の
文具売り場のすみっこで再会。

ただただ、びっくりして
大喜びしました。(^^)

こういうことって
あるのですね。

2018年7月10日ばら1
         暑い中、バラが咲いていました。



warakusya at 13:14|PermalinkComments(0)

2018年07月08日

こころに響く言葉(38)


大雨で大変な被害を受けて
おられます皆さま に
お見舞い申し上げます。

ただ、テレビの画面を観て
心配しているばかりです。

早く雨が止み、河川の氾濫が
落ちつきますようにと
お祈りしています。



今回は書道家の武田双雲氏の
言葉です。PHPの冊子
『のびのび子育て』7月号に
載っていました。



「だからこそ できること」



落ち込んでしまいそうな時に
この「だからこそ できること」を
言葉の後につけるとよいそうです。

例えば
「失敗したからこそ できること」
「私だからこそ できること」など。

この言葉の素晴らしいところは
前の言葉を否定せずに受け入れた上で
それを活かす効果があることとか。

よろしければ、お試しください。


2018年日日草
         日日草が元気に咲いていました。








warakusya at 14:25|PermalinkComments(0)

2018年07月02日

すでに夏バテ


東京は観測史上初の
6月の梅雨明け以来
猛暑が続いています。

水分の補給は
気をつけていたのですが…。

睡眠不足のまま、出歩き
早くも夏バテ状態に。(^^;

ここ数日、家で静かにして
おりましたら
ようやく元気になりました。

暑さに強いはずの猫
エアコンを止めていると
「つけて」と催促するかのように
エアコンの風が当たるはずの場所で
待ちうけています。

皆さまもどうぞお体を大切に
お過ごしくださいませ。


IMG_3504
          マンデビラが咲いていました。




warakusya at 21:43|PermalinkComments(0)

2018年06月25日

水分補給


今日は朝から晴れて
真夏のような気温になっています。 

午前中、外出しましたら
炎天下、帽子もかぶらず、日傘もささず
ゆっくり歩いておられるお年寄りを
何人も見かけました。

私も若くはありませんが(^^;
「大丈夫かしら」と少し心配になりました。

暑さに身体がなれないうちは
特に熱中症になりやすいそうですので。

エアコンの使用や水分補給など
気をつけようと思います。



水分補給ですが…

人間の体から失われる水分は
排尿・排便・呼吸・皮膚からの蒸発で
1日約2300ml 以上。

食事で摂取したり
体が作り出す代謝水の合計が
1日約800ml。

差し引き約1500ml以上の水分を
飲み物で摂取する必要があるそうです。

年齢や環境によっても違いはありますが
高齢の方は体重1キロ当たり40mlの水分が
必要だとか。

脱水状態になると命にもかかわるそうですので
こまめに水分をとりたいですね。(^^)


2018年6月
               ペンタスが咲いていました。

warakusya at 15:41|PermalinkComments(0)

2018年06月21日

水谷もりひと氏講演会


去る6月16日、川口市で開催された
埼玉いのち教育講演会で
みやざき中央新聞編集長
水谷もりひと氏のお話をお聴きしました。

大画面に映し出される写真や
素敵なBGM、そして水谷編集長の
熱く、楽しいお話!で
あっという間に90分が過ぎました。

積善のお話などをお説教臭くなく
わかりやすくお伝えいただいて
とても勉強になりました。

特に「いのち」が続ていく
奇跡やありがたさが印象に残りました。

なかでも、生まれたばかりの
水谷さんのお孫さんを
100人の方々が抱っこして
それぞれ、撮影された写真は圧巻。

赤ちゃんのご両親はもちろん
産院の方、ご両親のお友達など
さまざまな人たちが笑顔で
ちょっと抱っこに緊張しながら
写っていました。

そのなかでもさらに
赤ちゃんのお父さんのお母さんが
(赤ちゃんからするとおばあちゃん)
病床で、赤ちゃんと並んで撮った一枚が
忘れられません。

撮影の翌日に亡くなられたそうですが
抱っこする力もなく、同じベットの上の
赤ちゃんをじっと見つめ
やさしく手を添えておられました。

おばあちゃんはお孫さんに会えて
嬉しかったと思います。
赤ちゃんは幸せを運んで
生まれてきたのだと思いました。




直接の家族や親せきでなくても
赤ちゃん誕生のお知らせを聞くと
一足先に、この世に誕生した自分の生命も
一緒に振動して喜ぶような感じがします。

やわらかい赤ちゃんを抱っこさせてもらうと
落とさないようにと緊張しますが
幸せな気持ちになります。

「赤ちゃんの100人抱っこ写真」は
赤ちゃんの将来の心の財産になるだけでなく
抱っこした大人の心にも温かさを
プレゼントしてくれるのかもしれません。

昔のような「家」や「一族」ではなく
独身の人も、お子さんのいない方も
みんなで「みんなの先祖になる」気持ちが
広がると、暮らしやすくなるかなぁと思いました。


来年の埼玉いのちの教育講演会は
6月29日(土)午後、会場は変わりますが
同じ川口市で開催される予定です。

講演会が近づきましたら
また、お知らせさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


2018年リリア前
           講演会場前の広場の花壇です。






warakusya at 11:28|PermalinkComments(0)

2018年06月14日

歩く力


昨日、東京の
JR 飯田橋のホームで
ガチャン、ガチャンと
装具の音を立てながら
一足一足、進んでいる
男の方を見かけました。

一歩進むために
全身の力を使っておられるのが
傍で見ていても、わかりました。

電車が入ってきて
その方も乗ろうとされたのですが。

電車とホームの間が
広く空いていたため
発車までに乗りきれないと
判断されたのか、そのまま
立ち止まっておられました。

一本電車を遅らせれば
駅員さんを呼びに行き
乗車のお手伝いが出来たものを
私はさっさと電車に
乗り込んでしまいました。

特に急いでもいなかったのに
「誰かがしてくれる」と
思った自分が情けなくなりました。

同時に、神々しいまでに
力をこめて歩かれていた御姿に
圧倒されていたことにも
気がつきました。


最近、再発した
足底筋膜炎が痛い…と
ぼやいていたのですが(^^;
気合を入れていただいたような
感じがしました。


IMG_3476
             白い紫陽花も素敵ですね。




warakusya at 14:42|PermalinkComments(0)

2018年06月10日

和のこころを学ぶ講座


昨日、東京大神宮研修所で         
第41回和のこころを学ぶ講座
「日本の知恵-食-」を
開催させていただきました。

ご多用のところ
また、30度を超える暑さの中
お越しくださいました皆様
ご協力くださいました皆様
ありがとうございました。

次回の第42回和のこころを学ぶ講座
「日本の知恵―衣・住ー」は
平成30年9月7日(金)
18:30~20:20
同じ東京大神宮研修所で開催されます。

昔から伝わる衣服や住まいの知恵を
取り上げてご紹介いたします。

わかりやすくて楽しい講座を
目指しております。(^^)

ご参加希望の方は
下記ホームページのお問い合わせ欄より
お申込みくださいませ。

https://www.tsujikawa.net/ 

どうぞよろしくお願いいたします。


連絡先


warakusya at 12:19|PermalinkComments(0)

2018年06月06日

こころに響く言葉(37)


梅雨入りの宣言が
聞かれるようになりました。

皆さま、お元気ですか。

今回の言葉は
チベット仏教の法王
ダライ・ラマ14世の言葉です。

2011年の東日本大震災の直後
混乱の中にあった日本人を励まそうと
ダライ・ラマは来日されました。

東京の護国寺でも、講話をされ
境内にあふれるほどの人々が
集まりました。

私も会場に出かけた一人ですが
すぐ近くに車が止まり
その車からダライ・ラマが
降りてこられました。

間近でお見かけした法王は
圧倒的なあたたかさと
力強さをお持ちでした。

これまで、一度も
あったことがないような
御方だったことを今でも
覚えています。




自分には出来ないなどと考えていたら
どんなことだろうと
達成することはないでしょう。

自分には出来ないという考えこそが
自分を失敗へと導いてしまうのです。



昔は数え年の6歳の
6月6日(旧暦ですが)から
お稽古事を始めるとよいと言われていました。

6歳はとっくに過ぎていますが(^^;
何歳になっても新しいことに
挑戦していけたらと思います。

天候不順な折から
皆さま、お体ご大切に
なさってくださいませ。(^^)



紫陽花
      ご近所のお寺の境内で紫陽花がきれいに咲いていました。








warakusya at 11:10|PermalinkComments(0)

2018年05月28日

しみじみと料理


「もう一度、学びなおそう」と決心して
ヒューマン・ギルド開催の
アドラー心理学講座に通い始めました。 

代表の「勇気の伝道師」岩井先生や
永藤、宮本両先生の熱くて楽しい講座で
学ばせていただいています。(^^)

お昼休みに参加者の方と
雑談をしていましたら
お勤め先の食堂の話が話題になりました。

「栄養士の方が変わったら
食事の味も変わってしまった」のだとか。

調理器具や材料に使える予算は同じでも
作る人によって「おいしさ」が随分違う…
ということでした。

そういえば
我が家の子どもたちが小学生だった頃
やはり栄養士の先生が転勤になり
「給食が変わってしまった。
前は何でも美味しくて、コロッケには
うずらの卵も入っていたのに」と
兄弟で嘆いていました。

「おいしくなぁれ」と丁寧に調理するのと
それなりに何とか作るのではお味が違う…。

当たり前といえば当たり前なのですが(^^;
このごろ、かなり手を抜いていたので
今日は、しみじみ朝から煮物を作りました。


IMG_3457
       くちなしの花…いい香りでした。






warakusya at 11:52|PermalinkComments(0)

2018年05月21日

いのちの教育講演会  ー川口市ー


第36回を迎える
いのちの教育講演会の
お知らせです。 

埼玉いのちを考える懇親会の
皆様が今年も講演会を開催されます。

感動だけを伝える名物新聞社
みやざき中央新聞の魂の編集長…
水谷もりひと氏が講演されます。

テーマは「人生は三つの宝さがし」で
人生によい流れを呼び込むコツを
お話しくださる予定です。

今から、楽しみです。(^^)
当日、私は司会をさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。


第36回いのちの教育講演会



warakusya at 11:20|PermalinkComments(0)

2018年05月17日

こころに響くうた(9)   高杉晋作


 今回のうたは
尊王攘夷の志士として
活躍した長州藩士の
高杉晋作の辞世の句と
いわれているものです。


おもしろき こともなき世を おもしろく


1867年5月17日の今日、肺結核のため
満27歳でこの世を去った高杉晋作さんが
もし、維新後も存命であれば…。

歴史に「もし…」はないと言われますが
どうなったのかと考えてみてしまいます。

あまりに若く、惜しいなと思います。


時代が呼んだのか
若くて素晴らしい人たちが
維新の前後にたくさん登場しました。


倍以上、生きていながら
未だにジタバタしている
我が身を反省しています。
トホホ。(^^;





IMG_3334
                     
紅葉の葉の上の方に、プロペラのような花が咲いていました。






       

warakusya at 19:13|PermalinkComments(0)

2018年05月14日

和のこころを学ぶ講座



次回の第41回講座
「日本の知恵―食ー」は
平成30年6月9日(土)
14:00~15:50
いつもと同じ、飯田橋の
東京大神宮研修所で開催されます。


身近な和食の知識や
食の知恵などを
取り上げてご紹介いたします。

お席が残り少なくなって
まいりましたので
ご参加希望の方はお早めに
下記ホームページのお問い合わせ欄より
お申込みくださいませ。

http://www.tsujikawa.net/ 

どうぞよろしくお願いいたします。


連絡先


warakusya at 09:38|PermalinkComments(0)

2018年05月11日

なんとなくちょっと  ハッピーステップ♪


おかげさまで、ようやく
腰も足もよくなりましたので(^^)
NHKのEテレの朝の
テレビ体操を再開しました。

体操の時間が済んだ後も
チャンネルをそのままにしていたら
「にほんごであそば」
(子どもさん向けですが
楽しくて好きな番組です)と
幼児向け英語番組の後に
「0655」が始まりました。

リクエストコーナーで放送されたのが
今日のタイトルの
「なんとなくちょっと ハッピーステップ」です

小学生の女の子と会社員のお父さん?が
簡単なステップを踏みながら歌います。

たわいもないと言えば、それまでなのですが。
こちらまで、何となく
ハッピーな気持ちになりました。

「何歳になっても、嬉しい時は
スキップできる人でいたい」と前から
思っていましたが、これからは
「楽しくステップが踏める人」も付け加えて
ボチボチ鍛えて行きたいと思います。(^^;


ゼラニウム
                        ベランダのゼラニウムが今年も元気に咲いています。









warakusya at 10:12|PermalinkComments(0)

2018年05月08日

公開講座のお知らせ ー町田市ー


町田市で来月開催される
公開講座のお知らせです。




第3回ワン&オンリーいのちの会東京・町田

 愛と笑いの教育論
 ~和のこころ~
  今に活かす日本の知恵と子育て

日 時:6月2日(土)14:00~16:00
            〈開場 13:30〉

会 場:町田市民フォーラム 4階講習室
    町田市原町田4‐9‐8
           Tel 042-723-2892

参加費:1000円(託児あり1人200円)

主 催:ワン&オンリーいのちの会東京・町田
後 援:生命尊重センター
    NPO法人円ブリオ基金センター

☆チケットはお手数ですが
  https://www.tsujikawa.net/ の
   「お問い合わせ欄」からお申込みください。



どうぞよろしくお願いいたします。
  

2018年5月ニオイバンマツリ
      ご近所で咲いていた爽やかな香りのニオイバンマツリです。
      紫の花がだんだん白くなるそうです。 
    



warakusya at 12:37|PermalinkComments(0)

2018年05月04日

和服の四季


連休も後半になりました。
いかがお過ごしですか。

私は家で講演のレジュメづくりや
原稿書きと着物の手入れをしています。


和服には季節の約束事があり
10月から5月までが裏地のついた袷。
6月と9月が裏地のない単衣。
7月と8月が涼感のある絽や紗などの単衣。

それぞれに帯や小物、襦袢なども
時期にあわせて異なってきます。

着物は手入れなど手間がかかりますが
近年、一番困っているのが
「暑いこと」です。

4月や5月、10月でも
極端に暑い日があり
季節の約束通りに着ていると
熱中症になってしまいそうに。

帯でおなかの周りは
幾重にも絞めますので
一段と暑くなります。
(痩せないのですが…)(^^;

儀式などの場合を除いて
これからは無理をせず
気温に応じて、薄手の物を
着させていただくことにしました。



この頃、春と秋が短くなり
夏が長くなったような気がします。

驚くような気温の変化があって
農家の方など本当に大変だと思います。

四季にあわせて暮らしてきた感覚が
消えていくのは寂しいですね。


気温差で体調を崩す方も
おられるとか。
みなさま、ご自愛くださいませ。



2018年5月ひめ①
        仕事に夢中になっていると、ひめが
        思い切り邪魔をします。 (^^)
 







warakusya at 11:27|PermalinkComments(0)

2018年05月01日

こころに響く言葉(36)


夏のような暑さになりました。
みなさま、お元気でいらっしゃいますか 。

今回はアインシュタインの言葉です。



シンプルで控えめな生き方が

誰にとっても

体にも、心にも

最善であると信じています。




心の中も、部屋の中も
体重も(^^;
スッキリ軽やかに。

簡単そうで、なかなか
難しいのですが。

シンプルに控えめに
暮らしていきたいなぁと
しみじみ思います。





芍薬
 芍薬です










 



warakusya at 23:10|PermalinkComments(0)

2018年04月28日

良寛展 永青文庫


東京の目白台にある
細川コレクション永青文庫で開催中の
「生誕260年心のふるさと良寛」展に
行ってきました。

会期は4月21日から7月11日で
途中に展示の入れ替えがあります。

平日でしたので、それほど混まず
静かにゆっくり観ることができました。

すらすら読めるわけではないのですが
読み下し文や解説を参考にしながら
良寛さんの世界に浸ってきました。

200年も前の作品なのに
不思議な力があって、気持ちを
きれいにしていただいたような
感じがしました。(^^;

5月30日からの後期にも
行ってみたいと思います。



2018年4月27日永青文庫
                            
                      江戸時代にタイムスリップしたかと想えるような樹々の緑に
                      囲まれた永青文庫の展示室の入口。隣接する肥後細川庭園では
         6月ごろ、肥後花菖蒲が見ごろを迎えるそうです。

















warakusya at 12:18|PermalinkComments(0)