October 2005

October 30, 2005

野地板

野地板ちゅーのは屋根の垂木の上に並べる荒材です。
軽い方が良いので、スギが使われることが多いです。

で、材木屋の誘惑。
「燻煙カラマツの羽目板の製品にできないのがあるので使いませんか?」
「スギ野地板ですと3000円くらいですから、勉強しますよ」
「サネもあるので丈夫ですよ」

いいね〜とか思ってしまった。

結局、見積もりを出したら、坪4000円以上。

勉強してないじゃん(泣)
羽目板としては安いけど、コストアップですよ〜、社長さん!

 

交渉の結果、サネなしで3000円以下にして貰いました。

合板のが安いですけどね!





warayar9 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)セルフビルド 

October 29, 2005

押しかけ女房

高めの恋に破れ、焦燥しきったところで、身近なコに押し切られちゃった・・・みたいな。

 

しつこいですけど、薪ストーブの話です。

中古でダッチウエスト、ゲットしました〜!!
知人が新型に入れ替え〜。
設置手伝いました〜。
日当も貰いました〜。
そして、ストーブまで貰いました〜。
鉄くず処分のような気もしますが〜。

120パーセント貰いもんです〜。
10年以上古い、バツイチですけど、気にしません。
サビだらけなのも磨きます。
今夜、藁石家で燃えてくれ〜!!

 

 



でも、キミは作業場用・・・ゴメンね。

 

 




warayar9 at 21:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)セルフビルド 

October 28, 2005

終幕

d71243d4.JPG

藁石家の北隣2軒は空き家なのですが、最北の1軒の取り壊しが始まりました。
築20年くらいでまだまだ使えるのですが、『もったいない』ことです。

藁石家は『朽ちていく住宅』です。
もし住めなくなっても、解体などせず、そのまま土に還っていくのが理想です。
ホントは、茅葺屋根で石土台にしたかったくらいです。
そのころはげんぞーも朽ちてる予定ですが(笑)

 

解体屋さん、柱で突いて壊してます。
「でかい爪楊枝かよ!」



warayar9 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライフ 

October 27, 2005

いろいろ来た。

2c03d72a.JPG

柱材搬入〜。

明日の予定でしたが、急遽繰り上げ。
材木屋の一方的な都合。
なんでやねん。
吉野スギは節も少なくよい感じ。
通し柱は地元新潟産。
近所の元大工のじいちゃんが「これは地のスギだな」と産地を当てる。
雪国のスギは節が違うらしい。
実際、節がキタナイかな。

そして、一緒に大梁搬入〜。
予想以上にデカイ。
注文は150×360×5000。
計ってみたら6メーター。
1メーターもサービスだ。(でも、切っちゃうけど)
逆に重くて持てん orz
もちろん5mでも無理ですけど!

どうやって、一人で刻むのか、とっても疑問。
今夜も眠れん。

 

タバコは吸わないので、サッカーボールと比べてみました。



warayar9 at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)セルフビルド 

October 26, 2005

恋模様

初めて好きになったのは「醜いアヒルの子」と呼ばれたあの子。
次に惚れたのはダルマ体型のアイツ。

そして、キミに出会った。
英国生まれの料理上手。

今はキミに夢中ー!

 

 

 

 

ESSE の クッキングストーブううううう!!95bffd4e.jpg

醜いアヒルの子からバレバレですが、薪ストーブの話です。
藁石家のメイン暖房器具は薪ストーブなのですが、最初の計画では、デンマークのアンデルセンCG−1G でした。
でも、少しパワー不足でモノ足りない。
もちろん高い。(ブランド薪ストーブの中では安い方ですが)
そこで、実用性と経済性の折り合いをつけたダルマストーブ。
デザインもある意味スタイリッシュ。
あー、でもピキャンの四角いコンパクトさもいい。
ロイヤルエルクの鋳物の時計型も安いな〜。

と、勝手に揺れる恋心・・・。

そして、ついに出逢った運命のヒト。(?)

あぁ〜、ウチに来て〜。

あぁ〜、でも支度金は 698250 円。

あぁ〜、屋根葺きの見積もりより高い〜。

あぁ〜、失恋  orz

あぁ〜、リアル二度目の失恋に似てる〜。

あぁ〜、高めのヒトでしたー。


 

 

 

 



warayar9 at 22:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ライフ 

October 25, 2005

ぐれる

垂木がさー、45×120の300ピッチなんだけどさー、薪ストーブのさー煙突をさー、通したいわけぇ〜。
でさー、ストーブの本を見るとぉ、煙突から150ミリ離せっって書いてあるのさー、無理じゃん。
ストーブ屋に電話でさー、聞いてみたら企業秘密で話せません、御来店くださいっっっってさ。
なんじゃほりゃ。

しかもー、屋根屋がさー、300ピッチにするとガリバリウムの屋根材が特注になって高いよっっって言うのさ!
じゃー、455ピッチにすべ〜って思ったら、軒が900ミリ出てて、455ピッチじゃあ、やばいっじゃん。
仕方ないでよ〜設計士に相談したらさー、60×135ぐらいにしたほうがいいと思うけど、地元の大工に相談してねっっってよ〜、・・・・ヒトゴトかよ!

ぐれちゃおうかと思ったけどよー、訛ってるだけだべ。

 

あぁ、薪ストーブって高いね。





warayar9 at 22:39|PermalinkComments(8)TrackBack(0)セルフビルド 

October 23, 2005

雪化粧

dfc12ae0.JPG

初冠雪かな。

早朝はもっと白かったみたい。
標高1000m以上は初雪。
藁石家は標高500m。
初雪はいつでしょう?



warayar9 at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライフ 

October 21, 2005

背割り

材木屋にて野地板の打ち合わせ。
燻煙カラマツの羽目板のC級品を格安にてで決定。
サネがあるので、強度アップ期待大。

4月から発注してある柱の納入日も決定。
「スギ」と指定だけでしたが、真壁用(和室用)の吉野スギのB級ということで、無節に近く、
目の詰り具合もよいとのこと。
早速、倉庫でご対面ー!
倉庫の隅に黒光りする、Myスギ!
「やっぽー!・・・・・。」

「ん?・・・。」

「わ、割れてる・・。すっぱり、割れてる。背割れ済だー!」

そーか、真壁用だもんな   orz

藁石家は真壁大壁混在。
しかもロフトは壁なしだから、柱のみの箇所が十数本。
背割れが見えるな〜。
意匠的には妥協できる範囲だが、ちと疑問???

 

「背割れの柱に込み栓って大丈夫?」

埋め木とかした方がよいのかな???
諸先輩方、御指導御鞭撻のほどを〜(泣)


 



warayar9 at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)セルフビルド 

October 20, 2005

ポツーン

今日、山の麓の方に住む友人が、先月産まれた赤子を連れて来ました。
「すげ〜、ちっちゃいのが動きよる。」

こんなげんぞーでも『かわいい』とか思います(女の子の赤ちゃんですし)

月曜は友人が入籍いたしました。
偶然にも二組。
一人は「淡々」と、一人は「嬉々」と報告してくれました。

藁石家の地下で、木を刻んでいる間に世界は動いています。

「ワシャ、岩窟王か!」

 

 

 



warayar9 at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ライフ 

October 18, 2005

藁立て

4eecf996.JPG

去年の画像ですが、今年も藁立てですよ〜みなさん!

 

げんぞーは行きません!(キッパリ)
大島さん、のびのびとやってください(笑)

雪が降る前に上棟すべく、夏休み最終日のような状態です。
藁石家の土壁用の藁も混ざってますので、よろしくー!

 

藁立てワークショップ

10月23日(日) 11:00〜17:00 愛知県高浜市

詳しくは 「藁の家」http://blog.goo.ne.jp/wara-styl/ に跳んでね!



warayar9 at 20:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ストローベイル