April 2008

April 29, 2008

薪棚1号

b4edd131.jpg

薪棚を作りました。
SPFを主な材料にしましたが、足元はホゾ組みです。
ビスで組み立てたほうが手っ取り早いのですが、薪をびっしり積むと重さで折れたりしますからね〜。
屋根はカラマツ板張りで、全体にウッドロングエコを塗布しました。

う〜ん。

・・・かっこ悪いorz
めっさ気に入りません(ノ`Д´)ノ
薪棚1号はボツですわ!
車庫裏でひっそり使いたいと思います。






warayar9 at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) セルフビルド | ライフ

April 26, 2008

Freeeeee

fb2c7524.jpg

五輪のリレーが長野にやってまいりました。

直前まで行くかどうか迷いましたが、中国人が2000人以上集うらしいので、これは洒落にならんと思い、大人しく仕事してました。

ただ、外蒙古帰りの名古屋の友人が今日、遊びにくるんですよ。
長野駅から途中下車して、北国街道を歩いて・・・なんて言ってました。
心配なのは、彼は外見も外蒙古帰りなんですよ。
・・・・無事を祈ります。



warayar9 at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ライフ 

April 24, 2008

ゆきどけ

そろそろ妙高も雪が融けてきたよーなので、妙高に戻ります!

本格的にセルフビルド再開です!!



warayar9 at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) セルフビルド | ライフ

April 20, 2008

80本

86b830c7.jpg今日から本格的にナシの枝払いです。
一人では寂しいので助っ人を呼びました。
毎度お馴染みのAっちです。



ありがとさんです(^^)


warayar9 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ライフ 

April 17, 2008

弾丸ツアー

a1f50a61.jpg

前回、飯田にて積みきれなかったリンゴの小枝も運んだ。
りんご屋さんにリンゴの収穫コンテナを安く譲ってもらい、薪入れにした。
これが、サイズが丁度良くて具合がすこぶるよい。
薪のコンテナを置く場所がないので、代わりに使用予定の無いベイルを実家に持って帰る。
今回も1泊2日の弾丸下道ツアー。

 



warayar9 at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ライフ 

April 14, 2008

心を鬼にして

adf74037.jpg

ナシの花も綺麗です。

サクラよりも白く可憐で、心和みます。

 

 

今から全部切り落とすんですけどね!!





warayar9 at 22:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ライフ 

April 13, 2008

お花見

1b25c9ef.jpg

満開で〜す!!

 

・・・が、サクラではなくナシの花です。

薪を探して、豊田まで足をのばしたところ、ひょんな話が舞い込みました。
「隣の畑がやめるから、枝とか幹とか持ってっていいよ。持ち主に話しといてあげるよ。」という農家のおじさんと出会いました。
隣の畑は、確かに管理されてないようで、枝が伸び放題。
見た目には満開で綺麗でしたが、放置しておくと、害虫やら病気やらで困るとのこと。
ありがたく頂くことにしました。



warayar9 at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ライフ 

April 09, 2008

薪薪薪

48ad6513.jpg

早朝、高浜出発。
飯田にて玉切り、積み込み。
深夜、妙高着。

 

ブログ更新してる暇はありません(TT)



warayar9 at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ライフ 

April 06, 2008

リンゴ→イチジク→?

4d2303c0.jpg

ぼ〜っとして妙高に向かって走っていると気が付いた。
高浜のお隣の安城には、ナシの果樹園が意外と多い。
冬場に剪定したらしき小枝が積んであったりもする。
リンゴと同じバラ科で堅い木であるから、薪にも向くと思う。
高浜周辺で薪を集めても、また運ばなければならないので、全然おいしくないのだが、ただ燃やされてしまうのもしのびない。
近場の梨園に声をかけると「どーぞ、どーぞ、持ってって」という状態だった。
やはり、愛知県の平野部では薪ストーブユーザーも少ないようだ。
携帯電話の番号まで聞かれて、「来年も連絡してあげるから取りに来て!」とまで頼まれた。
どっちがお願いしてるのか、わかりゃしない。
ただこの梨園は、細い小枝は粉砕して、ある程度太い小枝だけを焼却する予定だったので、こちらとしては分別する手間が省け、よかった。
さらにその周辺をぐるっと廻ると、三軒の梨園から薪をいただけた。
妙高周辺でもこの調子で集まると嬉しいんだが・・・。



warayar9 at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 04, 2008

ここはどこ?

83a86ada.jpg

昨日、高浜にて壁土、小舞竹を積み込み、12時間かけ妙高へ。

朝、荷を下ろし、12時間かけ再び高浜へ。

 

目覚めると、どこにいるかよく分からなくなってる・・・。



warayar9 at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) セルフビルド | ライフ