刻む日々



遅ればせながら3/2は酒田hopeにてKYOCO'S PARTYに出演しました。
「我、然奏者」が酒田hopeでライブするのはこのライブで最後でした。
そして県外のバンドと対バンするのは初でした。

やはり音楽というのはその地域に根付いている音楽が滲み出るものです。今回対バンした二つの県外バンドからも滲み出てるような気がしました。
でも、庄内っていう土地は実にフリーダムです。本当にいろいろな音楽が混在していて、皆がジャンルお構いなしに音楽を楽しんでいるんです。
こんなに音楽をする、見るにあたって恵まれた土地はそうそうないかと思います。
だからこの街が好きになったんです。

その想いを全力で届ける、その一心で僕はこのライブに挑みました。
みんなに伝わったかどうかは分かりませんが、それでもやりぬきました。
ミスなんていくらでもした、でもやりぬいた。後悔は一切ないです。

その後の打ち上げは、すごく貴重な話を聞くことができました。
人の熱い部分って本当に魅力的。
さらけだすのが苦手な人もいるけど、さらけださなきゃ伝わらない部分ってたくさんありますよね。


俺は岩手に行ってしまうけど、バンドを続けていつか酒田にライブをしに来れるようにがんばりたいっす。
また、酒田からもバンドをお呼びして対バン出来ることを夢見てます!
自分を信じてぶれずに頑張り続けます!




そして「我、然奏者」ラストライブの告知を。


2013.03.17.sun 学生オムニバスLIVE 酒田MUSIC FACTORY
open:12:30(予定)
start:13:00(予定)

act
equal
ONE BALANCE
小麦粉30g
「我、然奏者」
and more…


このライブでequal,「我、然奏者」の二バンドが参加したオムニバスCDを無料配布する予定です。
納得のいくものが録れたと思います。CDを聞いてもらいたいのはもちろん、ライブも是非見てもらいたいです。

僕達の演奏を見たことがない人には特に僕たちの伝えたい想いを感じに来てもらいたいです。
シャイな人が多いこの世の中、僕たちは全てをさらけ出して体当たりしています。
庄内の魅力と足りないもの、赤裸々に伝えます。

ラスト1本、ラスト1本。



残り少ない日々を噛み締め、軌跡を刻む。


鈴木直人



僕たちの居場所なんだ屋。


うおおおひさしぶりっす!
せっかく購読者が増えつつあったのに、更新遅れてしまい申し訳ありません。
この増え具合は、現在Twitter時代となり、若者はブログ・日記等に誰も綴らなくなったこと目を向けなくなったことを考えると嬉しいです。


自分は、Twitterやってないから(流行の最先端をいく特攻隊長気取るつもりで、4年前くらいにやってたけど楽しみ方わからなくてやめた...)、いまどんぐれえ盛り上がってるかとか現状がいまいちわからないからなんともいえないけど、いちいちガチなっちゃうから今はやらないんだよね。なんかその特攻隊長時代にもあったけど、どーしよーもねえ助けようのねえつぶやきとか見ると、「は!こいつ何言ってんな!?ファック!!!」ってすぐ熱くなっちまうからさ、やってるとストレス溜まっていってさ。そっからボルテージ上がっていって、最終的に「ネットワークコミュニケーション社会死ね!」って結論にいたることが多い、笑。だから、いちいちガチなっちまうからさ。そういうやつがいてもみんな迷惑だろー?だから、そういうのからは退いております。

自分はFacebookはやってるんですけど、名前出して実名で堂々とやってるからとりあえずよしだよな。でも、本当に自分の考えとか発信してえなら、自分達の形しっかりとってるHPとかさ、その中のブログとかさ、自分のとこにみんなが寄ってくるような形のほうが自分は楽しいです。直接メールや電話すればいいんじゃないの?なんで、Twitter上で話しなきゃいけないの?ましてや俺はバンドマンだし、Twitterなんかやっていちいち自分の考えぶれたくねえ。Twitterは確かに情報いっぱい入ってくるし便利なツールかもしれねえが、それでも俺は別にTwitterやらなくても情報入ってくると思うし、そういうふうにどこかで便利さばっかり求めると、ちょっとずつ人は努力しなくなると思う。そうやって廃れてく自分もいやだし。みんながワイワイしてるところに、自分を安売りしちまう可能性持って飛び込む勇気ってのもなくなっちまった自分がいるのも確かなのですが、、。


しかし、はい俺の結論

【Twitterは絶対にコミュニケーションツールとして認めん。】

これだけについて、ずっと熱く自分の考え発信したかったっす。笑
すんません。
だからといって、Twitterやってる人を非難してる訳じゃないです。自分が大嫌いなツールとして、ここに自分なりに紹介したかったです。



日記さぼってたのでいっぱい書きますよー!
話は変わり!



卒業試験、卒業論文、ほぼ終えましたよ!論文はまだ先生から添削段階だけど、あと直さねえ、笑。あとは、残り1ヶ月鶴岡酒田で音楽やって突っ切るだけやー!

先日は公益バンド丸太(以下略)の企画でした。われぜん、なんだ屋ラストライブでもあった。すんげー楽しめた。その日はあったけー雰囲気で、企画の意図にしっかり合った雰囲気で、ほんていい企画だったと思う。丸太のみなさんお疲れ様でした。

俺たちのなんだ屋ラストライブもしっかり締めくくれたし。別に涙沸き起こすつもりなかったけど、多くの人が泣いてたみたいで。自分とも照らし合わせてくれたんだろうな。俺たちの曲で、俺たちがいなくなること悲しんでもらえるのはすげー嬉しい。けど、それ以上に、俺たちの曲で、自分と向き合うっていうか自分と重ねてもらえたら、俺たちは1番嬉しいです。そういう意味で、俺たちは伝えたいってこの一年言ってきました。そうやって、誰かをちょっとでも影響できるように頑張っていこうって2人で言い聞かせながらこの音楽やってきました。それは、俺個人として強く思ってることでもあって。われぜんというバンドには、それが強く反映されてます。われぜんは、俺とあいつしかできない音楽だと改めて感じました。なんだ屋にも最後しっかり挨拶できたし、打ち上げでもこれからの庄内学生シーンについて真剣に話し合えたし、楽しかった。あとは、本当に後ろに託すしかねえんだよ。後ろと、この街で、音楽やってる人達に。勝手に背負ってる感じでうるせえかもしれないけど、みんなでこの街のシーン背負っていこうよ。頼むよ、本当に。最後に、僕たちの居場所なんだ屋ありがとう。

酔ってるからこそ

本音中の本音が引き出せて、すごく日記が書きたい気分になるんす。



俺は音楽においての馴れ合いが1番嫌いだ。
けんやもいつだかの日記で言ってたけど、俺もすごく共感した。

主にTwitterでの馴れ合いにはうんざり。下心みえみえ。でも、そういう奴に限って彼女やら彼氏やら出来るんだぜ。本当に世の中腐ってるね。
本質を見てる奴って100人に1人くらいなんじゃないの?
俺的な判断基準でね、文句ある奴はコメントしてください。あなたの人生論を聞かせてください。


だからこそ俺はけんやと音楽がすごくやりたかったし、本当にけんやと音楽がやれてて嬉しい。


だからこそ俺達の音楽っていうのは万人に受けない。1人でもいいんだ、何度でも言うけどそういうスタンスでやっているから。

俺にはお前らの音は本当に薄っぺらく感じる、いかにも顔で演奏しててもそれは分かるんだぜ。
まず本気の大人の演奏を見て来い。それで響かないなら、お前はそれまでだ。そのくらい俺は極端な人間だ。


生ぬるい。



鈴木
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ