現在これらの薬が必要な患者さんが増えているため、この知識は大変重要になっています。

まず血栓の防ぎ方では抗血小板薬では血小板の作用を抑えて血栓をできにくくするのに対して抗凝固薬では血液凝固作用つまり血が固まるもとになるたんぱく質などを抑えることで血栓を出来にくくします。

対象について、抗血小板薬は動脈にできる血栓を予防しやすいため、狭心症や心筋梗塞、脳血栓などに使われますが、抗凝固薬は静脈にできる血栓を強く予防します。そのため肺塞栓や心臓の不整脈とくに心房細動による脳塞栓(多くは心房でできます)の予防に使います。

薬としては抗血小板薬にはアスピリン、クロピドグレル(商品名プラビックスなど)、チクロピジン(商品名パナルジンなど)、シロスタゾール(商品名プレタールなど)などがあり、抗凝固薬としてはワーファリンが代表格です。

副作用では、抗血小板薬では出血しやすくなるものの抗凝固薬ほどではありません。ただしクロピドグレルやパナルジンなどは外科手術や内視鏡手術の妨げになるほど強力です。一方、抗凝固薬は効果に個人差が大きいため、定期的に検査を受けて効き目を調節しなければなりません。またビタミンKをたくさん含む食材(納豆など)を食べると効果がなくなります。出血の副作用は抗血小板薬よりも強い傾向があります。なお抗血小板薬は納豆を食べても大丈夫です。