殺し屋という裏の顔を隠して結婚した夫婦が、お互いに正体がばれて殺し合いを始める。
そんなおバカな設定の映画を、ブラッドピットとアンジェリーナジョリーがやる。
おいおい、これはコメディーではないのか?
コメディーをこんないい男・いい女がやるの?
ってことで、前から楽しみにしていた映画でした。

はっきり言って面白かった!
なんか、「ありえねー!」の続く展開には面白いし、派手なアクションシーンも最高。
そして、「ハッピーエンドな映画なんてこっ恥ずかしい」というような風潮に逆らうかのような、王道のハッピーエンド!

ブラピはすごくいい味出してて良かったですけど、オッサン目線から行くと、やはりアンジーはいいですね♪
ホームパーティの前に、夕飯前の暗殺のときの、女王様スタイルは★す★て★き★
よのオッサン達の何%が、『ああやって殺されたい!』と思ったことでしょう(笑)

そして、二人の壮絶な夫婦げんか?もすごい。
シティーハンターの海坊主夫妻を彷彿させるような派手なドンパチを、実写でほぼスタントなしでやるんだから迫力ありました。

最後の、殺し屋軍団と2人の戦いも。すばらしい。
すごい緊迫する場面なのに、2人がちゃんときれいにお着替えして戦うところとか、お互いちょこっと間抜けなミスをするところもあったり。
笑えました。その辺の微妙なさじ加減も、コメディー映画らしく良かったです。
ラストの撃ち合いは、「この人数比で勝てる訳ないだろう(笑)」というのを、美しく勝っちゃいます。
「良かった〜」って感動するのがいいのか「ははは・・・・」と笑っていいのかは分かりませんが。

途中、お互いに殺し合いのさなかに、アンジーが強がって、結婚したのもミッションみたいなせりふを言うけど、2人が現実にもつきあっているという噂を、記者会見でこれも映画宣伝のためのミッションだといえば、面白いなぁと思ったりしました。
ネタでやってくれんかな。

秘密を抱えながら倦怠期を迎えた夫婦に、実は愛は残っていて、困難に立ち向かう中で、真実を知り、再び愛を取り戻すスミス夫妻。
一方で、我が夫婦は、3年前に離婚合意しながら、ここには書けない事件後、今は一緒にこの映画を見に行ったりしている。
そんな我が家に愛はあるのか? それは内緒です(笑)