君にブログの才能はない。

東京に住み始めた社会人の日記。シンゴジラ>アイマス>ラブライブ

サマソニ2016 day1

東京転勤後初のサマソニ。すでに三十路を迎えた私ですが、なんだかんだで毎年見に行っているサマーソニック、いつまで見に行くのだろうかと20代に囲まれながら思いました。そういえばまだ週刊少年ジャンプも読んでるな。
続きを読む

シン・ゴジラとエヴァ:Q 3.11以降の日本で希望を見出す物語

00

2012年12月。エヴァ:Qの公開後、僕は壊れました。
所謂、鬱状態となりました。
6年間、自分の魂を削って再びエヴァを作っていた事への、当然の報いでした。

http://www.shin-godzilla.jp/index.html

 庵野さんがエヴァ:Qを制作しているときに、3.11が起こった。それは実際に被害を受けた人も、それをTVの向こう側で知った人も、すべてを含んだ日本中の人々に影響を与えた。
続きを読む

シン・ゴジラ よくある質問

maxresdefault


Q1. シン・ゴジラの「シン」って何?
一緒に見に行った先輩や勧めた職場の人の多くに聞かれました。
まっとうに答えると、

・「新」しいゴジラ
・「真」のゴジラ
・「神」の化身のゴジラ

のトリプルミーニングでしょうね。
他にも、「震」えるとか「進」撃するとか、
庵野監督お得意の考察がはかどるタイトルです。
受け手の想像力を刺激しわくわくさせるためのもので、
きまった答えはないのでしょう。

Q2. エヴァもゴジラも全く見たことないけれど大丈夫?
僕はあまりにこの映画が気に入り、
職場の先輩二人を誘ってニ回目を見に行きましたが、
エヴァもゴジラも全く見たことなくて映画自体二年ぶりの先輩も、
面白いと言っていただけました。なので、大丈夫だと思います。

Q3. 子供と一緒に行っても大丈夫?
子供さんがつまらないと暴れるタイプの子でなければ、良いと思います。
シン・ゴジラは複雑な台詞を読み解かなければ楽しめない映画ではないです。
純粋に快楽的で刺激的なエンターテイメントとして、
考えず、感じられるお子さんも多いかと。

トラウマを残すかもしれませんが、少年時代のトラウマって貴重です。
僕は小中学生時代に火の鳥でトラウマを感じ、どろろに恐怖を感じ、
高校時代にくるりとナンバーガールを聞いてゾッとして、
そのすべてに二度と触れないと思いましたが、今ではそれらのファンです。

Q4. IMAX、4DX、2Dどれから見れば良い?
オススメは2Dです。純粋に映画そのものを素直に楽しめるからです。
IMAXでもいいですが、特にIMAXに特化した作りではないので、
音の品質が高く、スクリーンが大きくて迫力あるなぐらいに留まります。
4DXは座席が揺れたりしますが、
すでに情報量過多の映画なので人によっては邪魔でしょう。

ちなみに、昨日の新宿のIMAXでは上映後拍手が起こりました。
なかなか映画後に拍手ってないので感動します。
平日のサラリーマンが会社終わった後に来ることができる時間か、
休日の昼間に見ると同じ体験ができるかもしれません。

Q5. 面白い?
面白いよ。

(以降、ネタバレあり)続きを読む

リゼロ 18話 感想

13

18話のスバルくんの返答に納得できなかった人に捧ぐ。

続きを読む

シン・ゴジラ 日本の底力を見せつける傑作 ★★★★★

version 1.1 誤記訂正(7/31 15:48)

shingojira

エヴァQ以降調子を崩していた庵野監督の復活作であり、
ゴジラ2000ミレニアム以降迷走していたゴジラの復活作であり、
ひいては東宝の、邦画の復活すら予見させる名作である。

……と僕は言い切ってしまう。
とりあえず何も情報を入れず映画館へ行って欲しい。

僕のTwitterのフォロワーで感想をつぶやいている人は皆一様に、
ネタバレに気を使ってただ素晴らしかったとだけ言っている。
なぜ犯人当てやオチもない怪獣映画の映画のネタバレを避けているのか?
それを疑問に思っている方も多いことだろう。

その理由を「続きを読む」の後に説明する。
繰り返すがとりあえず何も情報を入れず映画館へ行って欲しい。
続きを読む

冷たくなったiPhoneと歩く冷凍都市

サイコパスというアニメにこんなセリフがある。

「あなたもスマートフォンに脳を外部委託しているじゃないですか」

そう、僕は攻殻機動隊の描く未来を待たず、
すでに義体化した人間なのである。
続きを読む
記事検索
プロフィール

組み込み系エンジニアのような何か。
メルアドはこちら。
waruiko6★gmail.com
★を@に変えてください。
◇◇◇◇
アニメ本棚
月別過去記事
カテゴリー
最新コメント
twitter
忍者ツールズ

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ