君にブログの才能はない。

ひねくれ社会人の普通な日記。向井秀徳>アイマス>ラブライブ

名曲解析プロファイル vol.1 「みなと」 / スピッツ

名曲が人の心を打つ仕組みと、
格好良い男が女の子の心を落とす仕組みは同じである。

僕が高校時代のイケメンと11年ぶりに飲んだ時、彼はこう言っていた。

「夜景見ながら後ろから抱きしめて、びっくりした女の子に、
『抱きしめたくなっちゃった』って言ったら大抵落ちるよ」

殺意を抱いて藁人形を準備するのはちょっと待ってほしい。
確かに、僕もあなた同様こう思った。

「それ僕がやったら通報されるんだけど。
よくて振られた後、その女の子に笑い話として吹聴されるんだけど」

これが名曲と凡曲の違いである。
友達が名曲と名高い曲のフレーズを口ずさんで、
それどっかで聞いたことあるなあと思ったことはないだろうか?

違うのである、人は結局ベタでありきたりなフレーズに、
ベタでありきたりな落とし方に感動するようにできている。

だから、それを名曲たらしめているのは、
むしろそのフレーズに至るまでである。
僕らは知らず知らずのうちに、
そのフレーズにたどり着くまでに感動する準備をさせられているのである。

友人は意識的か無意識か、夜景を見ながら後ろから抱きしめる前に、
女の子の警戒心を少しずつほぐし、
友人の世界観の中に誘い、そしてタイミングを見計らって、
ここぞというときにその行為をしているから女の子が落ちるのである。

ここに一つ名曲がある。スピッツの「みなと」という曲だ。



「みなと」には一つのキラーフレーズがある。
一発でメロディがすっと頭に入ってきて、
二回目に一緒に口ずさんだ時には僕はもう涙ぐんでいた。
日本人の琴線をぐいぐい揺さぶる珠玉の一節である。

君ともう一度会う為に作った歌さ


スピッツがどのようにこの歌詞とメロディに至るまで準備しているか分析しよう。続きを読む

光の海でBUMPを見たよ - BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 "BFLY" ナゴヤドーム

2006年の “run rabbit ran”から実に
10年ぶりのBUMP OF CHICKENのライブに行ってきました。
とっても良かったのでライブレポートを書きます。

bump list band

(まだ光ってる。)
続きを読む

二次元ドリームフィーバー

この世界には二種類の人間がいる。
二次元に恋をできる人とできない人だ。

アルエ (限定盤)
BUMP OF CHICKEN
トイズファクトリー
2004-03-31

続きを読む

想像力なんてなくてもいいじゃない、愛があれば。

ゴールデンウィークに会った人達の50%(5/10)に開口一番、

「ゴールデンウィーク、どこに行った?」

と聞かれたんですが、何それ、パワハラですか?
続きを読む

涙のルール / 初音ミクオリジナル



珍しく歌詞が気に入っています。
GWの暇つぶしに是非聞いてみてください。
続きを読む

残業をやめて田舎に帰ろう。

いや、僕も意識高い系とか言ってすぐに馬鹿にするのどうかと思うんですよ。
意識高い系は意識低いままで別にいいや早く家に帰りたい系の人より、
やっぱりいい仕事すると思うし、責任感もあると思うし、
そういう人に頼んだほうがこっち側も安心して別の仕事できるし。

でもさー、やっぱり同じことばっかり言ってるのはいただけないのですよ。
同じことばっかり言ってるから「系」とか言われるんだと思うのです。
意識高い系ポケモン ウィンウィン みたいなね。

今日もFacebookで友達の育児日記を薄目で覗いて絶望していると、
今若者に一番熱いニュースアプリでこんな記事が紹介されていまして。

https://gunosy.com/articles/a79G1
だらだらと残業する社員には「マイナス残業代」だ
効率が悪い社員ほど出世していくのが日本の会社


まあ読まなくても大体内容分かると思いますけれど、
そんな皆さんの代わりに僕が読んだのでだいたい要約すると、

「日本の残業する人が評価される社会って遅れてるんだよ」
「人間の集中力ってのは三時間しか持たないんだよ、だから残業は意味ないのね」
「優秀な人材は早く帰って勉強したり外と交流を持つべきなんだよ」

10


※玉縄くんの画像に深い意味はありません。

まあ言いたいことは理解した。
500回ぐらい同じ要約になるコラムを目にした気がするけれど。
続きを読む
記事検索
プロフィール

組み込み系エンジニアのような何か。
メルアドはこちら。
waruiko6★gmail.com
★を@に変えてください。
◇◇◇◇
アニメ本棚
月別過去記事
カテゴリー
最新コメント
twitter
忍者ツールズ

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ