君にブログの才能はない。

東京に住み始めた社会人の日記。シンゴジラ>アイマス>ラブライブ

逃げ恥最終回を経て改めてガッキーを紐解く会

59

逃げ恥が昨日ついに最終回を迎えましたが、不思議な視聴感の最終回でした。
わりと王道にクロスオーバーの構成で盛り上げてきた十話と違い、
二人のすれ違いにあまり焦点を置きすぎずにさらっと済ませた上に、
最終回にもかかわらずパロディをふんだんに取り入れた構成は、
こちら側にうっとりさせないようにわざと仕向けているかのようでした。
ツイッターではわりと好評ですが、かなり理屈っぽい構成だと思いますし、
後々賛美両論になるのではないかと思っています。
個人的にはもう少ししんみりして泣かせたりときめかせてくれてもよかった気も。

さてそれはそれとして、今回改めて魅力を振りまいた新垣結衣ことガッキー。
そのガッキーについて、今しかないこのタイミングで語ってみようと思います。

正直筋金入りのファンの方には足元にも及ばない、
先輩に「お前のガッキー好きはポーズ」とまで言われた
私の思い込みであることを最初に強調しつつ、
隣のタブで新垣結衣の wikipedia を開きながら
根拠のない妄想を垂れ流したものであること前提でお楽しみあれ。
続きを読む

女の子のイデアと謝罪文

僕はね、大人になったら好きとか嫌いとか卒業すると思っていたのです。
子供が生まれて、自分が命のバトンをつなげていることを実感しちゃったりて、
これまでとは違った地平線の上に立って、
世界のさいわいを祈りながら蠍のように赤く燃える星座になると思っていたのです。

けれど、現状はどうでしょう。

お祖母様は未だに僕を彼女ができたことのない
みくりに合う前の星野源だと思って本当に心配しているし、
そんな僕は未だに宮沢賢治の一節を呟くような女の子に憧れているし、

「僕たち二人きりになったねえ
どこまでもどこまでも一緒に行こう」

「きっとみんなのほんとうのさいわいをさがしに行く」

東京に住んで一人暮らしを始めても特に何も変わらないし、
0時を回った終電さえも人でひしめく東京に途方に暮れながら、
世界の中心でガッキーかわいいとつぶやいている。

これが大人なのか。大人とはなんなのだろうか。
君の名は。の英語タイトルはYour Name.で本当にあっているのだろうか。

僕はそもそも誰かに言われないと外に出ないのだ。
彼女がいるから外に出て書店で待ち合わせもするし、そこで技術書とか見つけるし、
新しい場所に向かえるというものだ。
映画を一緒に見て感想をつぶやきあったり、
一緒にFF15をやりエンディングで崩れ落ちながら泣いたりしたいのである。

例えばここに女の子のイデアがあるとする。
イデア論については高校の哲学の教科書を読み返して欲しい。
彼女は僕の目を見てこう言う。

「私のこと好き?」

僕は恥ずかしいので目を合わせないでこう答える。

「多分、好き」

すると彼女はこう答える。

「多分があったので10点減点!ついでに目を合わせてくれないから50点減点!
罰として今日は私を映画館に無料招待すること!」

そして映画館にたどり着く。僕はこう言うだろう。

「お嬢様、キャラメルポップコーンと塩ポップコーンとチュロス、どれになさいます?」

「サワークリームオニオンで」

「いや、そんな味のポップコーンはないのですが」

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」

「マリー様、下々の民のことをお考えになってください。
あなたは一国の王女であらせられるのです」

そういえば、FateGO を友達に激烈に勧められたので、
初めて見てようやく1章をクリアしたのですが、
マリーアントワネットが可愛かったのでだいぶ調べて詳しくなりました。

最近はネロ皇帝について興味があります。

そんなこんなで「この世界の片隅に」とかもう一度見ちゃった僕らは、
おおよそお姫様にふさわしくないブラック企業感あふれる居酒屋でキャベツをかじり、
席に備え付けられているテレビをみながら、
1mmも価値がない吹けば飛んでなくなる言葉を言い合う。

「トランプとかベッキーとか文春とかそういうのだよ」

「だよだよ」

「ほんとだよだよ」

「よよよ」

「眠いね」

「この焼き鳥美味しい」

「スーパーマリオランやりたい」

「そんなことよりFateGOをゴーって読むのやめて。ポケモンゴーとかぶるし」

「はあい」

実験的に意味のない言葉を語り合う場をそのまま文章に落としてみた。
そして僕はその女の子(のイデア)に対してこう思うのだ。

この子と結婚したら、こんな感じで毎晩楽しく過ごせるのかなと。

「僕たち二人きりになったねえ
どこまでもどこまで一緒に行こう」


「あなたと二人きりで、ほんとうのさいわいがみつかるかしら」

「大丈夫だよ。宮沢賢治的考えであれば、
世界がさいわいにならなければ個人のさいわいはない。
逆に言えば、世界の一要素たる僕がさいわいにならなければ、
世界がさいわいにならないのだ。
そして僕がさいわいになるためには君が必要だ」

「たまに歯が浮くようなことを言うよね」

「歯は浮かないけれど、心は浮かれている」

「本当に、どうでもいいわね」

そう。僕が言いたいことは(実のところ特にないが)ただ一つだ。
大人になっても特に何も変わらないから安心していい。
万が一奇跡が3回ぐらい起こって、僕が結婚してもきっと変わらないのだと思う。
ごめん、ばあちゃん。

恍惚の代償 / 初音ミクオリジナル



key = Cm/tempo = 130

A
Cm Cm Gm Gm G#maj7 G#maj7 Gm Gm
Cm Cm Gm Gm G#maj7 G#maj7 Gm G

B
Cm Cm Gm Gm D# D# A# Bdim *2

サビ
G# G# A# A# Gm Gm Cm Cm *3
G# G# A# A# Gm/C Gm/C Cm Cm

----

無邪気な夜の話をしよう
混ざりきれない私と君の
心の距離 縮める試み
千夜一夜の物語

無駄に遠くの仮装パーティ
招待状はかなり怪しい
午前零時に魔法が解けて
そこから始まる悪霊退治

夢見がちな私 りんごの吐息
キスで目覚める 朝を待つ
未来とか過去は所詮は化粧
今の私が美しい

愛しい君をアルコールで誘いながら
耳元で魔法の呪文を囁くのさ
それが例え使い古された言葉として
いい感じに溶けたらおいで

無価値な夜の話をしよう
混ざりきれない私と君に
残るは魑魅魍魎の類
私の今を食い散らかすの

時計の針が零時を指して
ドレスが溶けて ボロの作業着
狙い定めた一人 狼
馬車は夜の帳を駆けていく

恍惚の代償 黄色い吐息
頭痛で目覚める 朝が待つ
後悔の果てに 私は気づく
今の私は美味しそう

オブリビエイトの呪文にかけられたら
王子様を取り違えてお城に着く
所詮酷い泡沫の夢の末路として
今は彼の言葉を信じよう

(無意味な夜の話をしよう
混ざりきれない私と君が
小さな箱で踊り狂って
心を閉ざす物語

私が彼に汚されたのか
彼が私に汚されたのか
午前三時に魔法が解けて)

逃げ恥とガッキーと生産性と

 以前、上司に「職場にガッキーを導入すれば生産性が上がります」と提案し、結果ガッキーのCM出演料から試算したところ生産性を100倍にしても足りないことが導き出され「これが折衷案だ」とガッキーが「お疲れ様です」と話す動画が送られてきた事件があった。

 僕はこれを11.11事件と呼んでおり、それはガッキーとポッキーをかけたわけで11月11日とは全く関係はないのだが、残業は悪だという価値観が世間に波紋を立てている昨今において、非常にタイムリーな話題だったといえよう。
 ガッキーの導入は難しい。ではどうすればいいのか。僕はなぜガッキーを導入すると生産性が向上すると思ったのかまで遡り、なぜを繰り返しながら考えることにした。


続きを読む

__NANIMONO's キッチン #3

夜遅くまでつい仕事をしてしまって、
家に帰る前にお店に行くのも面倒、だけどコンビニに食べたいものがない。
そんなときってありませんか。僕はあります。

こんな時にこそ、何者にもなれない私のためだけの料理が必要です。
5分で終わります。ナニモノズキッチン。

#何者料理 #nanimono #ryouri #cocking #一人暮らし #冷凍都市の暮らし
#一人暮らしのあいついつの間にか姿くらまし

続きを読む

__NANIMONO's キッチン #1#2

どうもこんばんは。東京一人暮らし生活の私です。
外食をするとお腹を壊す私はよい定食屋を探すのをあきらめ、
ついに象印の炊飯器とフライパンを購入し料理を始めました。

この何者にふるまうこともなくただ自分のために行う料理を、
ひたすら自分で自己評価する試みです。僕の心が折れるまで続きます。

「これは生活力がスライムレベルと馬鹿にされた一人の社会人が、
スライムベスレベルに達するまでの奮闘の記録である」


#何者料理 #nanimono #ryouri #cocking #一人暮らし #冷凍都市の暮らし
#東京 #本当は神奈川 #東京も神奈川も一緒でしょ
#包丁を使わない #無洗米 #洗わないで美味しいのか
#血液サラサラ #生産者が見える野菜

※太字は特に健康志向で意識の高いタグ
続きを読む
記事検索
プロフィール

組み込み系エンジニアのような何か。
メルアドはこちら。
waruiko6★gmail.com
★を@に変えてください。
◇◇◇◇
アニメ本棚
月別過去記事
カテゴリー
最新コメント
twitter
忍者ツールズ

アクセスカウンタ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ