豊臣家の人々

51qHX7qP4bL



1: 日本@名無史さん 2013/10/27(日) 01:32:54.65
豊臣家のスレッドないよね?

続きを読む

星の信仰・伝説と術、学問

511R8CMTR6L



1: 世界@名無史さん 2011/12/18(日) 20:34:29.12 0
占星術から天文学への移行、民族独自に伝わる星座や伝説、
彗星に対する畏怖、月や北辰に対する信仰などについて語ってください。
また、陰陽道や暦学についても必要に応じて。

※太陽については、単独で語れるほどテーマに広がりがあるので、
このスレでは対象外とさせてもらいます。

続きを読む

【考古】「犬の骨も一部あったが、食用か愛玩用だったかは不明」 高知・帯屋町遺跡、高級品の尾戸焼出土…上級武士の暮らし知る史料

1: ニカワ ★ \(^o^)/ 2016/09/24(土) 06:55:41.26 ID:CAP_USER9
帯屋町遺跡から出土した土佐藩の御用窯で焼かれた尾戸焼=高知市本町5で、柴山雄太撮影
no title

17世紀前半に掘られたと見られるゴミ捨て穴=高知市本町5の帯屋町遺跡で、柴山雄太撮影
no title

江戸時代の木札が大量に出土した帯屋町遺跡(高知市本町で)
no title

出土した木札の一部。右側には清酒を進呈したことを示す「進上御諸白」の文字が、左側には「山内織部」と人名が書かれている
no title


 高知市教委は22日、17~19世紀(江戸時代)の帯屋町遺跡(同市本町5)で、土佐藩の御用窯で作られた尾戸(おど)焼の茶わんや中国・景徳鎮の磁器の破片などが出土した、と発表した。初期の尾戸焼は本来、藩外向けの贈答用高級品で、藩内で見つかるのは珍しい。文献には周辺に家老など屋敷があったと記されており、市教委民権・文化財課は「上級武士の豊かな暮らしぶりがうかがえる史料」としている。25日に現地説明会がある。【柴山雄太】

 県庁南側の市役所の建て替えに伴い、2014~16年度に4回に分けて発掘し、今回は7月から市民図書館跡地の約1540平方メートルを調査。屋敷の境界を示す溝のほか、ゴミを捨てた穴とみられる遺構が多数出土した。穴からは陶器や金属製品などと共に動物の骨や貝殻、木札などが大量に見つかった。

 食器類では、景徳鎮や土佐藩の御用窯の品ほか、蒔絵(まきえ)を施した漆塗りのわんも確認され、上級武士の優雅な生活ぶりが見てとれる。

 また、シカやイノシシの骨が部位ごとにバラバラに出土していることから、切り分けられた肉を購入して調理したと見られる。犬の骨も一部あったが、食用か愛玩用だったかは不明という。

 木札は、土佐藩の家老が連名で宇和島藩の家老と見られる人物に贈り物をした荷札や、酒や米の荷札などがあり、当時の交遊関係や流通状況を知る手掛かりになるという。

 現地説明会は25日午前11時から小中学生向けに、午後1時から一般向けに、それぞれ開かれる。小学生は保護者同伴。問い合わせは民権・文化財課。

http://mainichi.jp/articles/20160923/ddl/k39/040/337000c
http://www.yomiuri.co.jp/local/kochi/news/20160922-OYTNT50120.html

続きを読む

【福岡】「博多湾全体を囲むように元寇防塁が築かれたことを裏付けるもの」九大に石積み、元寇防塁か…長さ17メートル以上、文献裏付け

1: ニカワ ★ \(^o^)/2016/09/24(土) 06:32:18.11 ID:CAP_USER9
福岡市東区箱崎の九州大構内で見つかった、元寇防塁の一部とみられる石積みの遺構=20日午後
no title

九州大箱崎キャンパスで見つかった元寇防塁とみられる遺構
no title

元寇防塁の位置と主な国史跡地区
no title


 九州大は20日、福岡市東区箱崎の同大構内で、蒙古襲来に備えて鎌倉幕府が造らせた元寇防塁の一部とみられる長さ17メートル以上の石積みの遺構が見つかったと発表した。文献から当時の薩摩国が箱崎地区に防塁を築いたとされており、それが裏付けられた形だ。保存状態が良く、構築方法などを分析する上でも貴重な史料となりそうだ。

 遺構は地下約1・3メートルで見つかり、加工した形跡のある40~70センチの石が、当時の博多湾の海岸線に並行して南北にほぼ直線に並んでいた。一部は、石が3段ほど積み上がった約0・9メートルの高さで残っていた。海側に大きな石を積むなどの特徴があり、文永の役(1274年)の後、薩摩国が造ったとされる元寇防塁の可能性が高いという。

 同大埋蔵文化財調査室の宮本一夫室長(58)は「博多湾全体を囲むように元寇防塁が築かれたことを裏付けるものだ」と指摘。さらに数段積み上げられ、高さが約2メートルに達した可能性があると分析している。

 元寇防塁は、九州各国が分担して博多湾岸の計約20キロに造られたとされ、これまで10地区が国史跡に指定されている。現地説明会は、21日午後2時から行われる予定。

http://www.sankei.com/west/news/160920/wst1609200079-n1.html

続きを読む

【戦国時代の】戦国十五雄【政令指定都市】

61XrO94iFfL




1: 人間七七四年 2008/05/02(金) 19:30:00 ID:gTEYBKWY
最近、中国の戦国七雄を真似した日本の戦国七雄なるものを見かける。
上杉謙信・武田信玄・北条氏康・今川義元・織田信長・豊臣秀吉・毛利元就の七大名らしい。
しかし、誰が決めたのかはわからないが、これには明確な基準がないようだ。
多くの勢力が割拠したはずだが、中国の七雄に合わせて無理矢理七大名を選んだように思える。

そこで、七雄の枠にとらわれない新たな枠組として「戦国十五雄」を考えてみた。
選んだ大名は以下の通り。
伊達政宗・上杉謙信・武田信玄・北条氏康・今川義元
徳川家康・織田信長・豊臣秀吉・三好長慶・長宗我部元親
尼子晴久・毛利元就・大友宗麟・龍造寺隆信・島津義久
基準は、1560~90年の間に最盛期が70万石以上だった大名家の当主。
織豊系の大名はあくまで織田・豊臣の傘下の大名なので除外。
1560年からとしたのは、あまり遡ると厳密な戦国大名と言えない大名まで入りそうだったから。
区切れがよく、桶狭間で信長が全国に名を馳せた年でもあり妥当だと判断した。

ただ、まだなんとなく不安が残っているので異論(追加、削除等)やその他意見をお聞かせ下され。
異論がないようならば、是非布教をお頼み申す。

続きを読む

【歴史】「蝦夷地99年間貸与」 会津・庄内両藩、戊辰戦争でドイツに打診…「戊辰戦争が長引いていれば実現していた可能性がある」

1: 2016/09/23(金) 04:08:37.95 ID:CAP_USER9
no title


戊辰戦争さなかの1868年(明治元年)、新政府軍(官軍)と戦っていた会津・庄内両藩が、プロイセン(ドイツ)から資金を借りる担保として「蝦夷地(えぞち)の領地を99年間貸与すると申し出た」と記した駐日公使発本国向けの外交書簡を、五百旗頭(いおきべ)薫東大教授らの研究チームがベルリンで発見した。内容通りなら、ドイツの蝦夷地租借構想が水面下で具体化していたことになる。東大史料編纂(へんさん)所の箱石大(はこいしひろし)准教授は「戊辰戦争が長引いていれば実現していた可能性がある」とみる。

これまでは、日大のアンドレアス・バウマン教授が1995年にドイツ連邦軍事文書館で見つけた文書から、1868年7月に両藩から蝦夷地の土地売却の打診を受けたものの、10月に本国のビスマルク宰相が却下し、交渉は立ち消えになったとみられていた。

その後、ボン大学の研究者と箱石准教授が同文書館で、宰相が3週間後に一転、交渉を認可していた文書を見つけ、本国側ではゴーサインが出ていたことが明らかになっていた。

今回見つかった外交書簡を書いたのは、横浜にいた駐日プロイセン公使マックス・フォン・ブラント。貸与期間を具体的に盛り込むなど、両藩との間で交渉妥結の下地が整っていたことがうかがえる。

とはいえ、ブラントが横浜から本国の宰相に新発見書簡を発信した日付は68年11月12日で、すでに会津藩の降伏から6日、庄内藩主が降伏を申し出てから5日経過しており、現実には交渉そのものが意味をなさなくなっていた。

書簡の保管先はベルリンの連邦文書館。五百旗頭教授らが2013年に着手したドイツの史料発掘プロジェクトの中で、国立歴史民俗博物館(千葉県)の福岡万里子准教授が読み解いた。

それによると「シュネル(当時東北にいたプロイセン人の仲介役)が、借り入れに対して蝦夷地の領地を99年間、担保として与えるとする会津・庄内領主の(シュネルに対する)全権委任状を持ってきた。100平方ドイツマイル(5625平方キロ)の土地を得るのに30万メキシコドルで十分だ」などと書かれているという。

幕末期の会津藩の領地は現在のオホーツク、根室管内の一部、庄内藩は留萌、上川管内の一部など。書簡には「会津・庄内藩の蝦夷地の領地に良港はないが、ひとたび足がかりをつかめば他の地の購入が容易になるだろう」ともつづられており、海軍拠点確保に向けた意図が読み取れる。

当時のプロイセンは2年前の1866年に対オーストリア戦争に勝利して北ドイツ連邦の盟主となっており、ドイツ帝国の形成に向かう軍備拡張期だった。(報道センター編集委員 小坂洋右)

09/21 17:15 更新
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0317478.html

続きを読む

【考古学】2000年前の人骨、「アンティキティラ島の機械」の沈没船で発見

1: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/20(火) 12:08:21.36 ID:CAP_USER
2000年前の人骨、「アンティキティラ島の機械」の沈没船で発見 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00000007-jij_afp-sctch


【AFP=時事】考古学者チームは、古代から現存する最も複雑な技術工芸品の一部である「アンティキティラ島の機械(Antikythera Mechanism)」が見つかったのと同じ地中海(Mediterranean Sea)の沈没船で、2000年前の人骨を発見した。英科学誌ネイチャー(Nature)が19日、伝えた。

 ネイチャーによると、ギリシャ・アンティキティラ(Antikythera)島の沖合で8月31日に発見されたこの人骨からDNAを抽出できれば、人骨の身元に関する手掛かりが明らかになる可能性があるという。

 また、頭蓋骨の一部、腕の骨2個、肋骨数個、大腿骨2個を含む、驚くほど保存状態の良いこれらの人骨により、嵐に遭遇して沈没したと思われるこの有名な紀元前1世紀の商船に関する謎を解明できるかもしれない。DNA検査については、ギリシャ政府の許可はまだ下りていない。

 今回の人骨は、非常に珍しい発見だ。沈没船の犠牲者の遺体は通常、海に流されるか魚に食べられてしまうため、数十年、ましてや数百年の間、残存していることは非常にまれだ。

 米ウッズホール海洋研究所(WHOI)の水中考古学者で、発掘調査の共同責任者のブレンダン・フォーリー(Brendan Foley)氏は「今回と同様のケースは、他に知られていない」とネイチャー誌に語っている。

 デンマーク自然史博物館(Natural History Museum of Denmark)の古代DNA分析の専門家、ハンネス・シュレーダー(Hannes Schroeder)氏によると、初期の調査から発見された人骨は若い男性のものであることが示唆されているという。「2000年前の骨のようには見えない」とシュレーダー氏はネイチャー誌に語った。

 シュレーダー氏は、耳の後ろに位置する錐体骨を回収できたことを特に喜んでいる。錐体骨には、他の部位の骨や歯よりも保存状態の良いDNAが残されている傾向があるからだ。

「これまでに分かっていることからすると、DNAが存在するならそこにあるに違いない」とシュレーダー氏はネイチャー誌に述べた。

 DNAを抽出できれば、髪や瞳の色、祖先や地理的な起源などを解明できるかもしれないと、シュレーダー氏は付け加えている。これまでに現生人類の骨から抽出された最古のDNAは、約4万5000年前のものだ。

 1900年に海綿を採取する潜水士らによって最初に発見された水深約50メートルの海底にあるこの難破船は、考古学者らによる調査の対象となった史上初の沈没船と広く考えられている。

 この難破船から見つかった、紀元前2世紀に製作された機器「アンティキティラ島の機械」は、世界最古のコンピューターと呼ばれることがある。

 約40個の青銅製の歯車からなる非常に複雑な構造を持つこの機器は、古代ギリシャ人たちが太陽系の運行周期を計算するために用いていた。同程度の機能を備えた天文時計が欧州で製作されるようになったのは、その1500年後のことだった。【翻訳編集】 AFPBB News

続きを読む

【考古学】ブーメランは殺人兵器だった、13世紀の骨に痕跡 先住民間の争い示す証拠、オーストラリア研究

1: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/09/22(木) 11:00:37.00 ID:CAP_USER
ブーメランは殺人兵器だった、13世紀の骨に痕跡
 
no title

no title



 2014年、オーストラリアのある川岸で、頭蓋骨に長い傷をもつ、昔のアボリジニ男性の骨が見つかった。ヨーロッパ人たちが大陸全体に勢力を広げつつあった騒乱の時代に、剣や短剣で殺されたのだろう。当初、誰もがそう思った。

 ところが分析によって、この男性は13世紀に死んでいたことがわかった。ヨーロッパからの移民がこの地域にやってくる600年前、まだここに金属製の道具がなかった時代のことだ。(参考記事:「イースター島、人殺しの武器を作らなかったと新説」)


先住民の間で争いがあった

 学術誌「Antiquity」の9月15日号に発表された研究によると、この傷は先住民アボリジニが使っていたブーメランによって付けられた可能性があるという。研究者たちは、男性は意図的に殺害されたとしており、ヨーロッパ人の入植以前にアボリジニ間で争いがあったことを示唆している。

 今回の発見は、当時のオーストラリアにおける民族間の関係について新たな解釈をもたらしてくれる。

 植民地化される前のオーストラリアに限れば、他の人間に殺害されたと思われる骨はこれまでに1体しか見つかっていなかった。その骨は紀元前1600年ごろのもので、槍による傷が複数ある。儀式における罰とみられている。

 今回の研究の共著者の1人で、オーストラリアのグリフィス大学の生物人類学者、マイケル・ウェスタウェイ氏は次のように話している。「大陸全体で争いが起きていたかどうかはわかりませんが、オーストラリアのこの一帯には、部族間で争いがあった証拠が確かに残されています」

続きは
ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/092100358/

続きを読む

◆2◆周瑜の天下二分の計考察スレ

51T6t0KXaIL



1: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/13(日) 22:11:20
ただいま曹操は敗戦の憂き目を見たばかりで、
自分の身辺から変事が起こるのではないかと心配いたしており、
とても孫権さまと兵を動員して戦いを挑み合うといった余裕はございません。
どうか孫瑜さまとともに軍を進めて蜀を奪取することをお認めくださいますように。
蜀を手中にしましたあと、張魯を併呑し、そのうえで孫瑜さまにその地に留まって守りを固めていただけば、馬超との同盟関係もうまく結べます。
私は、蜀よりもどり、孫権さまとともに穰陽を根拠地として曹操を追いつめてゆけば、北方制覇も夢ではないのでございます。

周瑜が生きていたとして、この戦略について考察するスレです

続きを読む

◆68◆ここはどこ?わたしはだれ?

410suvOeWeL
続きを読む
 当ブログについて
当ブログについて にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログは勝つーる.dat様の編集ツールでまとめております





     Twitter
こっそりTwitter始めました。
    最新記事
   最新コメント
記事検索
  スポンサードリンク
    無料アプリ
NEWSch

大手ニュースサイトから、 2chまとめブログまで、 情報収集に最適 antenna 無料アプリ
10個のカスタムチャンネルがすごく便利。
テレビのチャンネルを変えるかのようにニュースの各ジャンルを変更する快適機能 リーダー

逆アクセスランキング
  • ライブドアブログ