2020年01月

ゾロアスター教の歴史

41cfKBDxtsL



1: 世界@名無史さん 2012/02/24(金) 01:58:03.82 0
世界4大宗教の1つゾロアスター教を語りましょう

関連記事
ゾロアスター教について話しませんか


続きを読む

【J】劉備が逃してしまった逸材

51Cw60G9tsL (5)



1: 名無しさん@おーぷん 20/01/27(月)19:43:04 ID:GqP
田豫、陳羣、陳登
こいつらが着いてきてればなあ

続きを読む

【考古学】北極に暮らした伝説の古代民族 その居住地が発見 ロシア

1: しじみ ◆fbtBqopam767 しじみ ★ 2020/01/30(木) 06:46:42.01 ID:A0JPcCmS9
ユーラシア大陸の最北端にあたる東シベリアの北部タイミル半島で、未知の北方民族のものだと考えられる発達した文化の痕跡が発見された。発掘したクラスノヤルスク(ロシア・シベリア中部)の考古学者らは、この民族は北極に住んでいた「シヒルティヤ」と推測している。「シヒルティヤ」とは、タイミル半島に暮らす先住民族ネネツ人の神話に登場する伝説の古代民族。

その文化の痕跡が発見されたのは、タイミル半島の北西沿岸に位置するマカロフ湾。考古学者らによると、この地域は考古学的調査が行われていない。

今回見つかったのはマンモス骨製のものを含む地下住居や生活道具。考古学者らはこれらの出土品が「シヒルティヤ」の秘密のベールを破るのに一役買うのではないかと期待を膨らませている。学者らの指摘によれば、ロシア中心部(モスクワ周辺)からこれほど遠く離れた北東部で、ロシア人ではない先住民族の文化の痕跡が発見したのはこれが初めて。 

出土品は放射線炭素年代測定による解析で14世紀のものであることが判明した。この民族は15~17世紀に起きたいわゆる小氷期による大寒波が襲う前に、タイミル半島に定住を果たしていた。主な生業は漁業だったと見られており、タイミル半島に居住していた古代民族はおしなべてトナカイを狩猟して暮らしていたことから、今回の民族は現在分かっているなかでは唯一の稀な例となっている。

(以下略)

全文は
https://jp.sputniknews.com/russia/202001227039059/

https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/images/703/90/7039026.jpg
https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/images/703/90/7039023.jpg

続きを読む

【26】食物と酒、嗜好品の歴史

51vu7i3mOOL


1: 世界@名無史さん 2007/11/06(火) 20:02:47 0
古今東西、食文化の歴史について語りましょう。
続きを読む

【殺生】羽柴秀次【関白】

41EsaNCveoL



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/09/16(土) 20:07:32 ID:2kl/Yh2s
彼が生きていたら、豊臣家の運命も変わっていたのでは?

続きを読む
 当ブログについて
当ブログについて にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログは勝つーる.dat様の編集ツールでまとめております





     Twitter
こっそりTwitter始めました。
   最新コメント
記事検索
  スポンサードリンク
    無料アプリ
NEWSch

大手ニュースサイトから、 2chまとめブログまで、 情報収集に最適 antenna 無料アプリ
10個のカスタムチャンネルがすごく便利。
テレビのチャンネルを変えるかのようにニュースの各ジャンルを変更する快適機能 リーダー

  • ライブドアブログ