51zsBKCAdNL



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/03/25(日) 21:34:53 ID:BTFyyOMS0
例えば日本でよく使われる「完璧」という言葉。
実は中国の故事成語なんです。
始皇帝の時代、璧を託された使者がいました。
使者の名前は藺相如。
一代の英傑といえる人物でした。
完全な形で璧を守るという任務を全うしたことから
「パーフェクト」という意味の故事成語となりました。








70: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/03/26(木) 23:26:45 ID:4GxB3Rm/0
>>1 
そもそも藺相如が「和氏の璧」を携えて秦へ赴いたのは、趙恵文王(武霊王の子)と秦昭襄王(始皇帝の曽祖父)の時の話なんだが… 
何故誰もツッ込まないんだ?

3: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/03/26(月) 14:10:35 ID:RJWhgmjr0
蛍雪の功

晋の車胤が蛍の光で、孫康が雪明かりで書を読んだという故事から、苦学して成功する意味になったらしいです

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/03/26(月) 15:36:06 ID:1aOMKual0
【折檻(せっかん)】

「漢書」の「朱雲伝」に由来。
西漢の成帝の時代、朱雲が成帝の政治を強く諌めたため、朱雲は皇帝の怒りを招き、朝廷から追い出されそうになった。その時、朱雲は欄檻に掴まって動こうとしなかったために、それが折れてしまった。その様子に、成帝は反省して朱雲の意見を受け入れたという故事。

本来は厳しく忠告し、叱ることを意味していたが、現代では子供等の目下の者への体罰や虐待の意味が強くなっている。

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/03/26(月) 17:29:58 ID:W8VxYUcu0
逆鱗に触れる

竜の顎の逆さに生えた鱗に触ると、竜が怒ってその人を殺すという故事から、天子や主君をいさめてその怒りを受けること、という意味になったそうです。

8: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/03/27(火) 17:57:48 ID:Svy0jdlv0
画竜点睛を欠く

竜を描いて最後に睛(ひとみ)を入れない意味で、最後の肝心な仕上げをしないこと。
絵の名人である梁(りょう)の張僧繇(ちょうそうよう)が竜を描き、睛を入れたら竜が昇天したという故事からきたそうです。

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/03/27(火) 20:35:14 ID:JClTh+sqO
馬鹿

10: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/03/28(水) 01:07:03 ID:qicqibWn0
>>9

昔、西安郊外の「二世皇帝墳墓」を見に行ったけど内部に趙高が胡亥を騙している「馬鹿」の状況を説明している蝋人形館があった。

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/03/28(水) 01:43:00 ID:csWowddz0
あまり知られていないのだと・・・・・・・

「散歩」

今でいう麻薬を散らすために歩いたことから・・・
「散歩」の語源

中国の三国時代に五石散(今でいうところのドラッグ)が貴族や文化人の間で滋養強壮薬として流行した。名前のとおり主材料は五石であり、服用すると体が熱くなる(散発)のだが、散発がないと体に毒が溜まり害になるとされた。そのため、散発を促すべく歩き回るようになった(行散)。散発のために歩くことを散歩というようになり、これが転じてただ歩くことを散歩というようになった。しかし、散発があろうがなかろうがひどい中毒症状が出るため、命を落とす者も多くいたという。

12: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/03/28(水) 13:44:51 ID:t6x+NOXt0
杜撰

宋の杜黙の詩は格律に合わないものが多かった故事から、誤りの多い著作のことや、いい加減なことを意味するようになったそうです。

14: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/03/28(水) 16:16:30 ID:csWowddz0
共和

周代に不在の王にかわって諸侯の合議によって政治が取られた、もしくは共伯の和によって政治が行われた時代が『史記』に「共和」と記されたことに由来し

16: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/03/31(土) 19:22:17 ID:/ty2dYmI0
出藍の誉れ(青は藍より出でて藍よりも青し)

青い色は藍草から採るが、その色はもとの藍色より青い、という荀子の句より、
弟子が学問に励み、師より優れるという意味になったそうです。

17: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/04/01(日) 00:03:50 ID:SS0ilgi20
死中に活を求める(死中に生を求める)

後漢の光武帝に最後まで戦いを挑んだ猛将延岑の言葉。
光武帝の軍に対し、何度敗れようと立ち上がりしぶとく戦い続けた。
しかし残念ながら死中に活路を見出せず、降服し斬られた。

18: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/04/01(日) 17:26:36 ID:MAq7PV7X0
推敲

唐の詩人・賈島(かとう)が、「僧推月下門」の詩句の「推」を「敲(たたく)」にしようかと迷った故事から、詩文の字句を練るという意味になったそうです。

20: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/04/06(金) 16:48:45 ID:8ch11Iki0
断腸の思い

東晋の将軍であった桓温が蜀地方に割拠していた成漢を征討しようとした際に、兵士の一人が猿の子供を捕まえ、それを追いかけてきた母猿は百里あまりも追いかけた後で死に、腹を割いてみると悲しみのあまり腸がねじ切れていた。桓温は怒ってこの兵士を罷免した。

25: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/04/29(日) 12:42:10 ID:DWTSJYdx0
破天荒

荊州は学問が盛んな土地だが、科挙が始まってから長く合格して進士となるものがでなかったので、土地の人はこの地を不作を意味する「天荒」と呼んで自嘲していた。
そして、やっと進士となったものが出たとき「天荒を破った」と喜んだのが由来と云われている。

27: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/04/30(月) 18:22:10 ID:wH9GPmjw0
登竜門

黄河上流の竜門を登りきった鯉は竜になるとされた故事から、立身出世の関門や、人が栄達することを意味するようになったそうです。

32: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/05/15(火) 21:34:49 ID:HnaA6KJd0
始めは処女の如く後は脱兎の如し

擬態を用い相手を油断させ、素早く行動して功を立てる。
出展は孫子

虎の巻

兵法書「六韜」は文・武・龍・虎・豹・犬の六巻があるが、その中の「虎韜」には兵法の奥義が記されており、最も重要視された事から秘伝書などの異名となった。

30: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/05/07(月) 00:57:50 ID:vBdQ5A8X0
指南

常に戦場において南の方角を指し示したと言う指南車から

34: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/06/15(金) 01:53:38 ID:uuKYsLoT0
もしかしたらスレ違いかもしれませんが
質問してもよろしいでしょうか?


昔、中国周辺の異民族(遊牧民?)が中国帝国の巨大さ強大さを知らずに中国の皇帝(役人だったかも知れません…)の前で恥知らずにも尊大な態度をとった話が元になりできた
四字熟語、もしくは故事成語をご存知の方いらしゃいましたら教えてください。
意味は逸話のまんまで「無知ゆえに、自分より優れた相手の前でエラそうに振舞うこと」のような内容だったと思います。

35: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/06/15(金) 01:58:37 ID:9/w2IIhX0
『夜郎自大』かな?

37: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/06/15(金) 23:16:46 ID:wcU5SxCh0
大樹将軍

後漢の名将馮異の渾名、彼は他の将軍達が自分の功績を自慢している時、それに加わらず、大樹の根元に座っていた。
その奥ゆかしい人柄から兵に慕われ、みな彼の配下となることを望んだ。
日本では征夷大将軍に対する尊称(大樹公)として武士の間で使われた。

43: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/08/04(土) 11:50:00 ID:/xz/sbvh0
後漢の初め頃に結構多いがとりあえず一つ

烏合の衆(耿エン伝・ヒトウ伝)

49: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/01/04(金) 21:28:17 ID:+JxhZOHG0
烏合の衆は後漢初あたりに初めて出て来た言葉だが
日本だと漢書の訳本で麗β食其のセリフに「烏合の衆」が出て来て秦末の言葉だと誤解された事があったらしい

44: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/08/04(土) 22:54:15 ID:s87jGtW70
天知る、地知る、我知る、子知る

後漢の名臣として知られる楊震が東莱郡の太守だった時の事。
深夜、かつて彼が官吏に推薦した王密という人物が、その恩返しにと黄金を持って訪ねてきた。清廉で知られた楊震が受け取るのを拒むと王密は「深夜なので誰も知りません」と答え、黄金を置いていこうとした。
楊震は「天が知っている、地が知っている、我も知っている、子(君)も知っている。なぜ誰も知らないといえるのか」
と叱りつけたので、王密は恥じ入った。
これを人々は「楊震の四知」と言って褒め称えた。
ちなみに後漢書では「地知る」ではなく「神知る」と記されている。

46: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/08/08(水) 22:50:57 ID:yTsM9xaa0
君子に三楽あり

孟子は「君子には三つの楽しみがある。
その一は、父母が健在で兄弟の仲が良いこと。
その二は、俯仰天人に恥じないこと。
最後は、すぐれた人物を教育することで、
天下の主となることは三楽には入っていない」と語った。
なお、孔子は驕楽(驕り)、佚楽(淫乱)、宴楽(酒食)の三楽を戒めている。

48: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/01/04(金) 20:03:52 ID:oDBbHHWg0
泣いて馬謖を斬る

三顧の礼(孔明より前、伊尹が最初とか)

苦肉の計

15: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/03/28(水) 18:40:30 ID:sY/iIl3y0
大器晩成

鐘や鼎(かなえ)など大きな器物はなかなか簡単にはできあがらない意味から、大人物は晩年に大成するということを意味するようになったそうです。

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/01/14(月) 00:21:21 ID:c8Tq/V/x0
大器晩成

後漢の名将馬援は、先祖が謀反人であったため立身出世の道を閉ざされていたため、学問に力を入れなかった。しかしその後、前漢は王莽に簒奪され馬家は謀反人の子孫では無くなった。そのため学問があった馬援の兄達は皆出世したが、馬援だけは小役人にしかなれなかった。
馬援が赴任のあいさつのため兄の馬況を訪れたとき、況は「お前は大器晩成の人間だ、時間を掛けて自分を磨けば大人物になる」と忠告した。
馬援はその言葉を守り、光武帝に仕えて信任され、晩年交阯(ベトナム)の叛乱を鎮圧し、
娘は明帝の皇后となった。

52: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/05/22(木) 09:53:20 ID:2QmbXGYs0
>>50
馬援は確かに、大器晩成と例えられたけど、言葉の語源は老子だね。


79: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/10/20(火) 23:55:03 ID:EBD3lz3y0
朝飯前

休憩して飯にしようという光武帝の提案に反対し自ら突撃して敵を敗走させた賈復に因む

と記憶してたんだがぐぐッたら江戸時代がどうのと出てきた
本当のところはどうなんでしょう?

80: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/10/22(木) 21:01:24 ID:EdErCRGZ0
日中辞典や中国語会話の本で「朝飯前」を引くと
「朝飯前」を表す成句として「軽而易挙」とか「易如反掌」とかが挙げられ「そんなことは朝飯前だ」は「那好弁得很呢」とある
「とても簡単」とか「手の平を返すがごとし」とか言うだけ
あと「小菜」ともいうらしいがこれはa piece of cakeみたいなもんだね
少なくとも中国語では簡単な仕事の比喩に「朝飯の前」は使わない

ということは「朝飯前」は日本語とみるべきだが、日本人が後漢書・賈復伝の光武伝召復曰:「吏士皆飢,可且朝飯.」復曰;「先破之,然後食耳.」をもとに「朝飯前」ということばを作ったという証拠も見当たらない
どうやら言い出しっぺは後漢初のファンサイトらしい
ネット上に後漢初の情報が少なかった頃からの老舗サイトでけっこう影響力があるみたいだから広まりやすかったんだろう

83: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/02/09(火) 23:43:14 ID:d2lju41KO
後漢書以前に左伝に朝飯云々という話があるし、求めるならそっちじゃないのかと
まあ負け戦だけど
てかまあ日本語だろうが

84: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/02/11(木) 19:36:31 ID:Rg1azmb10
「上に政策あれば、下に対策あり」

お上が政策を決めれば、下もそれに倣う。

出典は何だっけ?十八史略あたりかな?勘だけど。

89: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/02/14(日) 17:52:09 ID:wzsVh64X0
>>84
上有政策、下有対策。とは、
お上が政策を決定しても、下々も政策に対する対策を編み出す、という意味。
なかなか政策どおりにはいかないということさ。マイルール作るというのとはちょっと
ニュアンスが違うかも。

どこの国でも当てはまる言葉だと思うけど、そんなに古い格言じゃない。
だが出典はおれも知らん。知ってたら教えて。

90: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/02/14(日) 19:24:18 ID:4eac9dNm0
上有天堂、下有蘇杭をもじったらしい。

91: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/04/19(火) 17:03:34.12 ID:PoPDKZ+s0
虎穴に入らずんば虎子を得ず

後漢の班超の言葉

99: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/11/06(日) 01:35:42.99 ID:C/KpF3oB0
刎頚の交わりのレンパって
ただのドM野郎にしか思えない

100: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/11/06(日) 03:16:24.06 ID:3MzzuVlh0
>>99
罪の意識を感じて、相手が一番喜ぶであろう事をやってくれと言いに行ったのだから
ドSなんじゃないかな。
だが藺相如はドMだったのでそれを断り、互いの趣味を感じ取った二人は硬く結ばれた

103: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/12/25(日) 00:00:26.49 ID:LT8Rez4N0
金縷の衣は再び得べし、青春は再び得べからず。 王粲

「金縷の衣」は金糸で刺繍した衣服。
いかに高価な美服でも金を出せば再び買えるが、人生にただ一度の青春は千金を投じても買い戻せない。
王粲は中国三国時代の魏の代表的な詩人。

引用元: ・中国が由来の故事成語を挙げていくスレ



故事成語の知恵 (日経プレミアシリーズ)
松本 肇
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 368,296