419J-87pRuL1


1: 世界@名無史さん 投稿日:2007/01/15(月) 23:22:40
あらあら、あそこの人が記憶喪失になっているみたいですよ。 
どこかで見た顔のような・・・・? 歴史上の人物のような気が・・・・? 
さあ皆さん、質問をして得られた回答を元にその人が誰かを推理して下さい。 
そうすればその人の記憶喪失は多分すぐに治ります(笑)。 
記憶の戻った方はその御礼に、あなたの名前を尋ねられると思うので、 
是非、名乗ってください・・・・もし記憶がはっきりしているものならば。 
もし記憶喪失になっていたら、他の人に助けを求めましょう。 










745: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/16(土) 11:38:03
このような状況から逃げ出したいばかりに、私は自分の名前まで 
忘れてしまったようだ!! 
誰か、私の名前を思い出させてほしい・・・。


747: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/16(土) 12:13:29
あなたの信じるのはキリスト教ですか?


確かに私はキリスト教徒だ。だが・・・、

749: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/16(土) 12:55:25
破門されているか、あるいはその危機にあるのでしょうか?

 
すでに破門されている。だが、今や精神的な危機だけでないのだ、
私を取り巻く状況は・・・。

750: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/16(土) 13:59:51
十字軍について一言お願いします。

 
知っているが、今現在の話ではないね。

751: アンデルセン神父 投稿日:2007/06/16(土) 14:15:25
汝は敬虔なカトリックか?


「破門」されている、ということでお分かりいただけると思う。

753: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/16(土) 15:24:29
免罪符って知ってます?

 
今は亡きレオ10世が発行した贖宥状のことだな。

754: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/16(土) 15:24:46
アレクサンデル6世はご存知ですか?

 
知っているよ。彼は結果として教皇庁に対するカスティーリャ=アラゴンの
発言力を強めてしまった。私の幼年期もその影響を受けてしまったのだ。

補足だが、彼の教皇は私が生まれる前に
亡くなっているので、影響はあくまで間接的なものだ。

755: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/16(土) 15:51:23
破門されたのはカトリックの教義に楯突くような事をしたのが原因ですか?
それとも向こうから一方的に破門を宣告されたのですか?

 
自分自身はカトリックに反抗したとは思っていない。
破門されたのは幼い頃なので、一方的に破門されたといえるかな。

756: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/16(土) 15:57:02
ヤン・フスに対して思うところはありますか?

 
火刑にされた、ボヘミアの説教師のことだろ。
(中の人:知ってはいると思いますが、それ以上は調べがつきませんでした。)

757: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/16(土) 17:02:21
あなたは王侯ですか?

 
確かに私は王侯である。

758: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/16(土) 23:34:55
シクストゥス4世について一言お願いします。


昔の教皇だな(中の人:これも論評している資料が見当たりませんでした。)

761: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/17(日) 09:32:03
トルコ人について一言

 
ボヘミアやハンガリーにとっては脅威だが、わが国には切迫感はないな。

762: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/17(日) 17:19:01
レパントの海戦はご存知ですか?

 
知っているよ、あの戦勝のせいで、今でいうスペインが影響を強めている。
それどころか、今やスペインは周辺諸国に対し内乱と陰謀を煽っているのだ。

763: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/17(日) 19:42:17
皇帝はあなたの敵ですか?

 
とりあえず神聖ローマ皇帝は私の敵ではない。
ただ、私は主君に圧力をかけられている。おかげで私は今、
この建物から一歩も出られなくなっている。

765: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/18(月) 22:02:59
あなたの主君はイスパニアの支配者と対立していますか?

 
スペイン王は我が国の内紛に介入して主君と対立している。
しかし、いくら私が圧力をかけられているからといって、スペイン王と
手を組むわけにはいかないのだ。

766: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/19(火) 01:35:31
ユグノー戦争について一言お願いします

 
「ユグノー」が原因の戦争ということなのだろうか・・・、
実に忌々しい響きの言葉だ。

768: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/20(水) 00:25:47
あなたは幽閉されているようですが、カトリックへの改宗をせまられていますか?
あるいは既にカトリックへ改宗されましたか?

 
「ミサに出るか、さもなくば死ぬか」と迫られている。
改宗してもその事を宣伝された挙句、用済みとなれば暗殺されるかもしれない。
しかし、命が惜しいのも愚かな私の偽らざる気持ちだ。

769: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/20(水) 01:03:40
ナバラの王について何か一言ありますか?


一言もなにも。つい最近、私はナバールの王となったのだ。
改革派の地の統治者として、和解のためにここに来たのだ。だが・・・、

770: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/20(水) 18:14:45
あなたが幽閉されている建物の近くには山がありますか?それとも海がありますか?


山も海もないが、私の目の前には血に染まった川が見える・・・。
怒号や銃声が聞こえる・・・、あの悲鳴は私の友人達にちがいない!

・・・そろそろ全てを思い出し、そして決断せねばならぬのか。

772: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/20(水) 23:02:51
もしや、王の妹と結婚式を挙げるためにやってきて、はめられましたか?


我々は嵌められて敗北したのだ。しかし、カトリック同盟の連中は、
その偏狭さのゆえに、勝利しても恐怖と混乱しかもたらさないであろう。

773: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/21(木) 05:51:31
ナヴァール王エンリケ3世、もとい後のフランス王アンリ4世ですね?

 
そうだ、確かに我が名はアンリ!
ナヴァール王にしてブルボン・ヴァンドーム公爵である。
しかし、シャルル9世陛下に王弟殿下が2人もおわすのに私なぞが・・・
君も戯言が過ぎるぞ。
ただ、君のおかげでようやく決心がついた。私は改革派とカトリックが
共に暮らせるフランスにするべく、我が生涯を捧げようと思う。

フランス王になったら・・・というと冗談になってしまうな。とりあえず
私が自由の身になったら、君をベアルンの料理とワインでもてなしたい。
是非とも、君の名前を教えてくれないか?


200px-King_Henry_IV_of_France


アンリ4世

アンリ4世(1553年12月13日 - 1610年5月14日)は、ブルボン朝初代のフランス国王(在位:1589年8月2日 - 1610年5月14日)、およびナバラ国王エンリケ3世(在位:1572年6月9日 - 1610年5月14日)。

ユグノー戦争で叔父コンデ公ルイが戦死したため、年少にしてユグノーの盟主となる。1572年、自身の婚礼に際して企てられたサン・バルテルミの虐殺に遭遇したが、カトリックに改宗して難を避け、1576年に脱走して再びプロテスタントに復帰し、1589年のアンリ3世の暗殺により王位を継承する。その後再度カトリックに改宗して国内を平定し、1598年にナントの勅令を発布してカトリックとユグノーとの国内融和に努め、40年近くにわたる戦争を終結させた。



777: 773 ◆h7OyBTTgOs 投稿日:2007/06/22(金) 02:38:33
>>774
エンリケ3世陛下、記憶を戻されて何よりでございます。

私ですか?私の名は…思い出せないようです。
どなたか、私を知る人は手がかりを教えて頂きたいです。


779: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 03:42:15
地球は丸いとか言ってる人がいたんだけど、平面だよね?


丸いとな?この大地は平面ではないのか?

782: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 03:46:15
コンスタンティノープルの君主はキリスト教徒か?ムスリムか?

 
キリスト教徒、だと聞いたことがある。

787: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 08:07:56
キリストの教えを公認したコンスタンチヌス帝由来の都市名を
治める君主がムスリムはないかと。実際、トルコ陥落後はイスタンブール


ん、何を言ってるのだ?
何か言いたいのなら質問して欲しいのだが。

中の人:
「コンスタンティノープルは、この人物が
 亡くなった後の時点でもまだ東ローマ帝国の都です。」

788: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 08:45:35
 
イベリアはイスラムとキリスト教のどちらの勢力が優勢ですか?


キリスト教の勢力が優勢だ。

私がうわさで聞く限りの情報・・・ではな。
ただし、ここから遥か遠くの話なので
明確な状況は分からぬが・・・。

784: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 05:18:26
ノルマン人について一言。

 
関係が無いため、特になんとも思わない。

785: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 06:45:09
御宗旨はカソリックで?


それは違うな、はるか西の宗教だと聞くが。

791: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 09:14:30
仏教と貴方は何か関わりはありますか?


仏教よりも儒教が国内では広まってきているようだ。

ただ、私は仏教徒ではあるのだが・・・。

793: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 10:29:07
モンゴル人に関して思うところは?

 
蒙古と私は敵対関係にあった。

800: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 20:49:33
 
今は敵方に降ってらっしゃる?


蒙古に下っているとな?まさか!
今はこの国は蒙古と敵対しているのだ。

この国のことを思い出そうとすると・・・うぅ・・年のせいか頭が痛む。
すまぬが、もう少し詳細な質問をいただきたい。

794: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 10:42:45
あなたの国で科挙は実施されていたましたか?


実施されている。

797: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 19:13:09
あなたは軍人で、
どこかの都市を守備してらっしゃいませんでしたか?

 
私は軍人で、都市というよりもとある戦線の防衛をしていた。
しかし、それも過去の話だ。

798: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 20:30:39
状元で科挙を合格されたました?


いや、科挙を受けたという記憶はないが・・・。

(中の人:この人物の資料に科挙絡みの内容は確認されていません。)

802: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 21:22:22
あなたは、あなたの国の王と血縁関係はありますか?


今の国王は、私の息子である。

息子のことを詳しく思い出そうとするとなぜか悲しくなる・・何故だ?
・・・私と息子との間に何があったのだ。

804: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 21:34:29
高麗国に行ったことはありますか?

 
行ったも何も私の生まれはそこだ。

土地としては今いる場所も高麗の領土だったが、
高麗はすでに・・・深いことを考えようとすると頭痛がするな。

805: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 21:42:19
金って知ってます?


女真族が立てた国でそのような名前の国があったそうだな。

806: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/22(金) 21:58:24
あなたのお国に海はありますか?


わが国は海に三方を囲まれた半島に存在しておる。

807: . 投稿日:2007/06/22(金) 22:56:34
鷹の絵がお得意ですか?


私は、絵に秀でているわけではない。

少なくとも絵で有名になったことはないぞ。

810: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/23(土) 09:52:44
三田渡碑をご存知か?

 
いや、聞いたことがないな。

812: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/23(土) 12:15:39
失礼ですが、あなたは主君に反逆をし、王城を攻めたことはありませんか?


昔、そのようなことをしたな。
それで政治の実権を握って…。

814: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/23(土) 18:49:37
ははーん、あなた李氏朝鮮の太祖、李成桂さんですね?


そうだ、思い出したぞ。私は朝鮮の初代王、李成桂だ! 
もともと高麗の武人だった私は鴨緑江の一帯で守備に着いたが、 
鴨緑江の中州である威化島で反旗を翻すことを決め、 
王がいる城へと攻めて高麗の権力を掌握することに成功したのだ。 

権力を掌握した後は、高麗の友好国であった元とは手を切り、 
中華を席巻しつつあった明と結ぶこととなった。 

そして、ついには自らの国である朝鮮を興すまでになった。 

今、この国の王位に就いているのは息子の一人である芳遠だ。 
あやつは兄弟間の権力闘争のあまり、他の私の息子を殺したり、 
先に王位を継いだ兄の芳果から王位を奪ったりしたが、 
親としては自分の子供達が争うことほど悲しいことはあるまい。 

政治の中枢から離れ、隠居の身となった今の私に出来ることは、 
先になくなった息子達の菩提を弔うことのみだ。 

すまない、年のせいか一度口を開いたら話が長くなってしまうな…。 
>>814殿、私の名を思い出させてくれたお礼を言いたい。 
ぜひとも貴殿の名前を教えて欲しいのだが。


200px-King_Taejo_Yi_02


李 成桂

李 成桂(り せいけい、イ・ソンゲ、太祖 康献大王 忠粛王4年10月11日(1335年10月28日) - 太宗8年5月24日(1408年6月18日))は、元(モンゴル)の武官、1357年から高麗の武官、李氏朝鮮の創始者にして初代国王。



816: 814 ◆tgyCtiCGso 投稿日:2007/06/23(土) 20:41:51
へえ、王様か。えらく時代がかってるな、と。
おっと、名前ね名前…あれ?なんだっけ?
ありゃりゃ、僕は誰だっけ?

817: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/23(土) 20:47:06
あなたは科学者でしょうか?


ちがうちがう、科学者なんかじゃないよ

819: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/23(土) 21:08:35
太陽、星、月、貴方の国の国旗にデザインされているものは?


まじまじと見てみたけどどれもないなあ

820: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/23(土) 22:09:48
では、文筆の方面で名を上げられた方でしょうか?


そうだ、つるんだ奴らのなかには違うことしてたやつもいたが僕はペンだよ

822: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/24(日) 00:40:23
国旗は三色の色分けで構成されたお国のかたでしょうか?

 
そうそう、3色だ

823: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/24(日) 01:24:20
あんた、犯罪者かい?

 
どうも頭がはっきりしないが
サツのお世話になったこともあるし、捕まったらやばい立場に居たこともあるよ
ただし僕自身は犯罪者と呼ばれるより反逆者が近いと思ってる

824: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/24(日) 02:22:39
国旗てのが当たり前にある時代なんだね

 
あるよ、これでも20世紀を生きてるんだ

825: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/24(日) 03:31:37
革命はお好き?

 
諸君、私は革命が好きだ(ry
失礼、結構好きだよ

827: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/24(日) 07:43:38
21世紀まで長生き出来そうな予感はしますか?

 
そいつは無理っぽいな、今でも十分長生きだと思ってる
あいつらだって僕がこんなに長生きすると思ってたかな?

829: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/24(日) 11:30:55
お父上は戦死しておられませんか?

 
親父は戦死なのか?あいにく僕は私生児だったものでよくしらないんだ

830: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/24(日) 12:02:59
アラファト議長と面談し、パレスチナ解放のルポなど著してます?


パレスチナ解放だって?成功したのかい?

832: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/24(日) 19:26:12
中華民国と中華人民共和国
あなたのお国が承認している国家はどちらですか?

 
いわゆる西側だからな、結構前に中華人民共和国の拒否権移動を承認した

833: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/24(日) 20:07:04
文筆家ということですが、なにか有名な賞を受賞したご経験は?

 
んー、なかったな
おおっと失礼失礼、ルノードー賞だ、ルノードー、もらったことをすっかり忘れてたよ

836: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/24(日) 21:25:48
ユダヤ人をどう思いますか?


とりあえず僕を動かすのはユダヤ人ではない、それだけだな

837: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/24(日) 22:51:33
奥さんはロシア人ですか?


そうだ僕の妻はソヴィエト出身だ

なんだろう、彼女のことを思い出したら
僕の過去が、僕に対する非難の声が、ここまで追いついてきたようだ
全て思い出すのも、もうすぐなのか?

839: 世界@名無史さん 投稿日:2007/06/25(月) 00:46:27
貴方の名前はルイ アラゴンさんではないかな。



そうだ、僕はルイ・アラゴンだ、なぜ忘れていたんだろう

あのおかしなブルトンの奴とシュルレアリストたちの騒ぎ声、
ナチからの解放の日に鳴り響いたパリ中の教会の鐘、
そして、エルザ…僕の共産主義への憧れとソヴィエトの野蛮への失望
名前とともにいっぺんに思い出されてきた

世界の裏側にある超現実にふれたこと、詩人であること、
共産主義者であること、国を愛したこと、僕は矛盾などしていないだろうな

やれやれ、僕もすっかり老いぼれたな、
おや、向うからかつての友人たちの声がする
また演説をぶってるのかブルトンの奴は、

あれ、あいつ死んだよな?喧嘩したときのままだ…周りの奴らも
ああ、僕もまたあの頃のままだ、不思議なことだ、これは夢か

夢だろうが無意識の仕業だろうが結構、>>839君お礼に一緒に飲まないか?
なあに、こうみえて今日は持ち合わせがあるんだ、僕のおごりだおごり
あいつらに紹介するよ、一緒に今日は真面目な馬鹿話に付き合わないか?


Portrait_Aragon


ルイ・アラゴン

ルイ・アラゴン(1897年10月3日 - 1982年12月24日 )は、フランスの小説家、詩人、批評家。

 ダダイズム文学、シュルレアリスム文学を開拓、後は共産党員となり、共産主義的文学へと足を踏み入れていく。代表作は、「パリの農夫」、「共産主義者たち」など。原爆詩人の峠三吉もアラゴンの影響を受けたとされる。


引用元: ・ここはどこ?わたしはだれ?~十日目~




本日も、記憶喪失。 (ヴィレッジブックス)
ソフィー・キンセラ
ヴィレッジブックス
売り上げランキング: 238,146