514oiGQD2iL



1: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/09/26(土) 03:59:43
一応建てとくわ








3: ひょーりみ ◆00/FP3k5IQ 投稿日:2009/09/26(土) 04:02:45
頼れるじーさん

15: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/09/28(月) 21:02:31
正史だとあんまり語ること無いんだよな、記述少なすぎて

18: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/02(金) 15:26:03
正史には黄忠が没した際に何歳であったかの記述がなく、
劉備に仕えていた頃の黄忠が老人であったかどうかも定かではない。
しかしながら、これらの老いても勇猛果敢な黄忠の伝説から、
老いてますます盛んな人の事を 老黄忠と呼ぶようになった。

25: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/03(土) 01:49:22
>>18
関羽が老人と言っていたくらいだから爺さんだったのは間違いないと思う
ただ生年の記述がないだけ

20: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/02(金) 16:02:53
老人キャラなのは関羽が老いぼれ呼ばわりしたからだろ

22: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/03(土) 01:35:57
74歳で鍾会を作った鍾繇こそ、老いてますます盛んな人、「老鍾繇」と呼ぶべきだと勝手に思ってる

28: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/03(土) 16:39:05
>>22
オマエいいこというな

29: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/03(土) 16:46:36
髭殿が黄忠の扱いに不満をつのらせ、ジジィ扱いしたのか?
嫉妬深過ぎだろ

35: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/03(土) 17:42:45
>>29
ジジイ扱いっていうか実際ジジイだったんだろ

43: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/07(水) 03:04:46
黄忠に比べて、韓玄や劉度ってどうなったんだろうな。
降伏してからの記録がないのは、特に官位も無く埋没したって事なのか。
黄忠といえば、張著も思い出す・・・・

47: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/07(水) 11:07:35
>>43
そのあたりの人間だと字が残ってるの黄忠と金旋だけだってな。
黄忠は武功があるから分らんが金旋は家柄良かったかも知れん。

52: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/07(水) 15:03:13
>>47
良いも何も金日テイの後裔なんだが

44: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/07(水) 03:33:40
夏侯淵を斬ったのは素晴らしい

45: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/07(水) 03:54:44
当時で70ぐらいまで生きたってことは今の90~100歳に近いものがあるよな

48: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/07(水) 11:24:11
70歳7ヵ月でエベレスト登頂した日本のじいさんみたいだな。

49: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/07(水) 11:38:49
日本には92歳で討ち死にした武将がいるんだぜ

58: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/07(水) 18:53:23
>>49
龍造寺家兼

ともに日本の宝
一栗 放牛

一栗 放牛(いちくり ほうぎゅう、明応9年(1500年) - 天正19年(1591年))は、戦国時代・安土桃山時代の武将。放牛は入道名である。一栗高春の祖父にあたる。居城は一栗城。大崎氏に仕え家中最大の勢力を保持した。

1590年~1591年に葛西大崎一揆が起こるが、放牛も高春とともに一揆方につく。放牛は佐沼城に一族郎党とともに立てこもり奮戦するも衆寡敵せず、やがて敗色が濃厚となるや孫・高春を落ち延びさせて放牛自身は城を枕に討ち死にした。このとき放牛92歳であったという。


53: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/07(水) 16:31:56
五虎将で一番すごいのは黄忠だと思ってる

55: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/07(水) 16:59:13
夏侯淵を討ち取った功績は大きい
他の五虎将って名のある将軍討ち取って無くね?

57: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/07(水) 17:17:53
討ち取った演義の話?
正史なら関羽が顔良を自分の手で討ち取ってるが

74: eoe ◆FF7n8hTmho 投稿日:2009/10/21(水) 00:02:24
流し読んだ変な小説で息子の黄叙が大活躍してた

75: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/21(水) 02:25:05
反三国志か?

77: eoe ◆FF7n8hTmho 投稿日:2009/10/21(水) 23:45:07
>>75
ああ、そんな感じのタイトルだった筈です
徐庶もかなり贔屓されてた気がする
昔は他にも超だの何だの上についてたのがあったので、定かではありませんがw

76: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/10/21(水) 21:22:15
活躍したのは厳顔の倅の厳寿で黄叙は留守専でなかった?
いまいち忘れたけど

77: eoe ◆FF7n8hTmho 投稿日:2009/10/21(水) 23:45:07
>>76
呉戦とかで結構でてたような…自分もうろですけども

81: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/12/19(土) 16:20:51
関羽より強そう

82: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/12/19(土) 22:50:47
演義じゃ関羽より強そうだな
年齢のハンデ除けば

83: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/12/20(日) 19:59:42
夏侯淵を討った黄忠
だれも討ってない関羽
一応、強い?顔良を破ったらしい関羽

92: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/12/25(金) 14:38:12
黄忠が荊州守ったらよかったのに

86: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/12/23(水) 14:48:50
黄忠って、やっぱりその氏や所在から考えて
黄祖の一族なのかねえ?

87: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/12/24(木) 12:57:18
>>86
そう言われればそんな気もする

88: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/12/24(木) 13:15:02
司隷校尉黄?は江夏郡安陸の人だが、黄祖もその一族で江夏の大姓だったのかも知れない。

95: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/12/30(水) 14:08:11
黄蓋って、やっぱりその氏や所在から考えて
黄忠の一族なのかねえ?

98: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2010/01/11(月) 11:28:38
>>95
遠い遠い遠い親戚な可能性はあるが
あの辺、黄氏ってのは古く春秋戦国の時代から色々いるから
黄氏ってだけで一族というのは無理じゃね?

94: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2009/12/25(金) 20:18:56
記述の殆ど無い黄忠をあれだけ個性的なキャラクターに仕立てあげた辺りに羅貫中の凄さが分かる
単に講談の影響かも知れんけど

111: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2010/01/25(月) 19:40:38
田舎武官→降将→→→勢力最高ランクの将軍号

出世の神様じゃなかろうか

116: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2010/01/31(日) 23:16:09
60歳近い関羽に「老兵」て言われたのか。何歳だったんだろう。

118: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2010/02/24(水) 03:19:15
>>116
関羽の歳自体不明だからな
ホウ徳に小僧呼ばわりされてるけどこれも小物とかそういう意味だろうし

119: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2010/02/24(水) 16:51:05
>>116
劉備と孫権が語り合った時にあの老害が死ななけりゃ戦乱は終わらない、って劉備が言ってるわけで
多分、老人ってのはただの罵倒のための言葉だろうね
劉備と曹操って6歳くらいしか違わない

まあ10年1世代として考えると6歳差は充分世代が違ってて劉備からすると曹操は年上に感じるのかもしれないが

120: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2010/04/16(金) 19:15:51
10年一世代はさすがに計算がおかしいんじゃないか?

121: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2010/04/20(火) 12:52:34
>>120
んなことはない
1世代は数年から数十年まで結構範囲の広い言葉だよ

122: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2010/04/24(土) 18:47:22
言葉の定義(というか実際の使われ方)はそうだけど、数年一世代ってのは流行文化
を話題にするときじゃないか?

155: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2011/05/28(土) 22:02:25.36
黄忠の正史の記述が非常に短い。それでも三軍に冠するとの高い評価をされています。

性格も「義に厚かった」と記載されるのみ。年寄り扱いされる理由も、関羽の悪態から来ている。

つまり突っ込み所がないから、突っ込めないのだ。

156: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2011/08/02(火) 08:09:36.33
張飛は名士コンプレックスで夏侯淵の姪を妻に持つ。
馬超は夏侯淵に滅ぼされた過去あり。
関羽は劉備から離れた遠方を守備していた。

黄忠は彼らへの牽制カウンター役としてうってつけの人物。
不穏なそぶり見せたら黄忠が首を取りますよと。

関羽はテキトーに費詩に言いくるめられたけどあせっただろうな。

157: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2011/08/11(木) 07:36:48.50
>>156
関羽は顔良を直接斬ったけど,それは白馬での勝利を決定付けただけで,
曹操と袁紹の戦いそのものには大きな影響を与えていないからね。

直接ではないにしても夏侯淵を斬って,劉備に主導権を握らせて,
漢中攻防戦そのものに勝利をもたらした黄忠の方が功績としては上だろう。

175: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2012/07/19(木) 11:55:35.30
>>157
正史では黄忠の年齢は定かではない。
関羽より年上のようだが、当時の関羽自身もそろそろ初老のお年頃

呉の呂岱は80過ぎまで現役で、反乱軍の鎮圧に戦場を跋扈していた。
晋の王濬は70代で呉討伐戦で活躍している。

60代くらいの現役将軍なら割と居る。
十分に矍鑠であることは間違いないけどな

186: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2013/10/30(水) 08:40:55.00
>>175
当時の平均年齢は今より遥かに低かったが、それは乳幼児の死亡率が高いからであり、60代70代の老人は珍しくもない。
孫権は享年71だし、曹操だって66、劉備だって61だ。
60過ぎの武将など珍しくもない。

黄忠が凄いのは、老人でありながら武勇の将軍だったことだね。

158: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2012/01/07(土) 21:30:23.22
実際に老いた黄忠ってどれくらい強かったの?
一騎討ちに関してはほとんどフィクションだろうけど
座って指揮しているだけでなく自ら戦場に出て戦っていたのが事実なら
60過ぎとしてはそれだけでも凄いことだと思う。

161: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2012/01/09(月) 06:32:49.06
夏侯淵を斬ったのは黄忠の功績だけど
曹操から漢中を防衛したのはあきらかに大将である劉備の功績だろ

162: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2012/01/09(月) 07:16:58.16
だが淵を斬ったことで士気が一気に高まったんじゃない?

177: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2012/12/06(木) 22:02:30.23
関羽と似たような気性。老害だったのでは。

178: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2012/12/07(金) 00:14:33.53
でも蜀で優秀なのは黄忠>>>関羽だろうな
荊州奪われた関羽
漢中奪った切っ掛けを作った黄忠

204: 無名武将@お腹せっぷく 投稿日:2014/10/19(日) 08:42:36.28
五虎将て我の強い連中ばかりだよな
関羽も張飛も黄忠も。南蛮遠征では趙雲も


引用元: ・なんで黄忠のスレが無いんだ!







正史 三国志〈5〉蜀書 (ちくま学芸文庫)
陳 寿 裴 松之
筑摩書房
売り上げランキング: 119,086