no title




1: いちごパンツちゃん ★ 投稿日:2015/12/28(月) 13:57:44.56 ID:CAP
水中写真家の戸村裕行さんによるOcean Planetが、ミクロネシア連邦チューク州ウエノ島近海に沈んでいた日本海軍の「二式水戦」をメディアとして初めて撮影したことを発表しました。

「二式水戦」は第二次大戦中に大日本帝国海軍が使用していた水上戦闘機。
終戦時には24機が残存していたとされますが、処分されたために現存する機体はありません。
今回水中で撮影された戦闘機は2015年6月、地元住民が作業中に偶然発見したものですが、
その時には機体を判別できず放置されていました。撮影された写真は軍事専門誌「丸」の鑑定により、「二式水戦」であると判定されています。

発見された場所は水深約29メートル。ここに沈んだ経緯は明らかになっていませんが、
70年以上この場所に沈んでいたと考えられています。

この機体は中央部のフロートなどの破損以外、ほぼ原型を保ったままとなっており、
非常に貴重なものとのこと。

チューク州は沈船だけでも30隻以上みることができるなどダイビングのメッカとして有名なスポットで、
入海料を払って沈んでいる航空機や船を見られます(引き上げは禁止)。
ただしこの「二式水戦」が沈んでいる場所は私有地のため、許可なく潜ることは現在禁止されています。
今後一般のダイバーが潜れるようになるかどうかは未定とのことです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151224-00000081-it_nlab-sci





動画
http://www.youtube.com/watch?v=hsniL47OY98











2: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 13:59:50.04 ID:uL2QVmd10.n
二式の二って
何の二なんだ

7: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:02:09.17 ID:wbr1Cw7+0.n
>>2
皇紀

130: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 15:50:54.68 ID:k9KkdZdt0.n
>>2
皇紀2602年の2。

因みに2600年に造られたのが零式戦闘機(ゼロ戦)。
2601年に一式陸攻が造られた。


137: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 15:57:03.67 ID:s+O0RpqY0.n
>>130
ゼロって英語だよなあ

本当に当時はゼロ戦なんて敵生後使ってたんだろうな

150: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 16:07:41.31 ID:kYXlGl/R0.n
>>137
敵性語なんて言ってたのは当時のマスコミだけ
一般人はそんなの気にしてない
関連戦時中は英語が禁止されていたって嘘だよ


174: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 16:38:14.21 ID:oiAr9/Ke0.n
>>137
当時の読みは「れいしき」

175: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 16:47:16.56 ID:VoCjqR9r0.n
>>174
海軍のパイロットに聞いたけど、当時、平気で「ぜろせん」って言ってたとさ
俺がゼロは敵性語じゃないかと言ったら不思議な顔をしていた。

176: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 16:47:33.58 ID:lI2RHUwU0.n
>>137
当時の新聞報道で零戦が載ったのは昭和19年も終わり頃
キャプションも新型艦上戦闘機(だったはず)で、零式艦上戦闘機なんて紹介は無く、ほとんどの国民は名前を知らなかった
だからレイセンだのゼロセンなんて呼べなかった
ゼロセンって広まったのは戦後よ

177: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 16:51:36.15 ID:sXIb44D10.n
>>176
違うよ。
初公表された時、零戦には「ぜろせん」とルビが降ってありました。

それまでに「新鋭戦闘機」とか色々な名称で写真が公開されてましたけど、
昭和19年に名前が公表されました。

海軍はあまり公表しないんだけど、陸軍は非常に熱心でね。
「これが屠龍だ!」とか、「これが鍾馗だ!」とグラビア写真特集を組んだりしてるよ。

184: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 17:03:52.54 ID:SSXr+I/0O.n
>>177
どこを測量しているか超機密の測量艦宗谷が魚雷を撃ってきた潜水艦を返り討ちに沈めた快挙のときは(魚雷命中したけど幸運の不発で魚雷は戦利品)
新聞の片隅3行に目立たないように離れ業の祝いで、宗谷の名前があった。

結構、当時の新聞は超機密でも載っていたんだよね。

193: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 17:20:01.21 ID:VoCjqR9r0.n
>>184
当時の日本軍の情報管理が下手で、一見厳しそうで間の抜けていた
ところもあったんだろ。兵隊が行軍日記を書いていることを見逃していたり。

226: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 18:12:40.75 ID:aiqZu+e+0.n
>>193
見逃すも何も教育上の観点から兵には日記を付けるのを義務付けて
いたのだが?

274: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 20:11:25.92 ID:qJF9lZQf0.n
>>226
兵隊が、じゃなくて軍自体がだよ。
戦死体や捕虜の日記から情報がダダ漏れになるだろ
それを考慮してない

234: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 18:26:23.06 ID:bbrghlIy0.n
>>137
敵性○○だーとか言いまくったのは陸軍のほう、シャツ=襦袢
ズボン=袴、元々言い換えていたしね、でも海軍さんは英語使いまくっていたから
戦時中も英語の用語とかかなりあったよ、オスタップ=ウオッシュタブとかも英語由来だし

レッコするってのもレッツゴーからの言葉だし、ほかにもアフターフィールドマウンテン
なんて隠語もあったし、女性のことはウー(ウーマン)とかいってたし、松のつく料亭は
パインと呼んでた。

310: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 22:40:59.84 ID:J9GGHtoV0.n
>>234
細かい突っ込みでスマンが、レッコはレッツゴー(Let us go)ではなく「Let go」な。

レッツゴーじゃ乗員もアンカーと一緒に沈んじゃいそうだw。

478: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/29(火) 14:09:28.73 ID:up1aMX9t0.n
>>234
沖縄の海軍地下壕跡の博物館見に行ったらたぶん当時の士官のメモ帳だとおもうけど所々アルファベットの
英単語の混ざったメモとかあったよ。士官学校では英語教育していたよね

480: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/29(火) 14:36:07.92 ID:6JpA6HXb0.n
>>478
海軍は兵学校な。戦争中も英語の授業は減らさなかった。

英語の授業を続けた学校は中学校とかあるよ。

293: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 21:32:10.18 ID:983xsLoe0.n

俺の母方の爺ちゃんも海軍だったけどゼロ戦と言ってたな。兵隊やパイロットではなく技術者だが。
本人曰く、三沢でゼロ戦や紫電改を造ってたと言っとった。戦時中に組み立て工場があったとか。
まあ俺が子供の頃に聞いた話だから俺に判りやすくゼロ戦と言ってた可能性もあるけど、少なくともれいせんという呼び方をしてた事は俺が知る限り一度もなかった。

332: >>245 (父ちゃんは大和乗り) 投稿日:2015/12/29(火) 02:00:29.68 ID:XQzs0KdR0.n
>>293
戦時中は敵国語を避けたいとは言っても戦場は極限状態だしね
日本人は言霊の思考や、神にすがってでも生きて帰って欲しいと願うので
零(レイ)→霊 ってのも縁起が悪いって

千人針とか、当たり前の時代だもの

280: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 20:35:08.19 ID:fVAuIUhc0.n
プラモ持ってたなあ・・・ロマンだよなあ
水面から戦闘機が離陸するなんてさあ!
紅の豚みたいに


5: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:00:35.48 ID:0d2xSe3f0.n
なんで日本軍機は飛べる完成体でほとんど残ってないんだろうな
ドイツの航空機とか結構残ってるんじゃないの

33: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:19:07.05 ID:nSkAHaws0.n
>>5
第2次世界大戦の機体とかを歴史の遺産って認識してなかったからなぁ
疾風だっけ?アメリカで保管してるのを返却してもらったけど
野ざらし展示で劣化と部品紛失(盗難)でひどい状態になったのは

6: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:01:47.08 ID:JdedQhKh0.n
引き揚げられる?揚げたら崩れちゃうかな

13: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:09:19.06 ID:uEEiNes20.n
原型保ってますか?

15: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:11:43.99 ID:rjzTPGIV0.n
水戦は、現存機が無いんでなかったか? 貴重!

17: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:11:52.11 ID:ZLcFOzsK0.n
ファインモールドの社長の出番だ
引き揚げろ

22: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:13:56.58 ID:9aUtiA+I0.n
ゲタ履きってかっこいいよね

23: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:15:10.78 ID:YpcbncxC0.n
計器盤とか、70年も海中にあったとは思えんほどよく残ってるな。
水質がよくて、やたら生物がはびこらなかったおかげか。

27: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:16:02.01 ID:nbZZA5m70.n
私有地の海とかすげぇ

32: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:18:27.33 ID:TdBTaiNl0.n
紅の豚みたいなのかと思ったら
真ん中だけに着いてるタイプなんだね

42: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:24:57.63 ID:orQFDPTn0.n
日本の模型メーカーは、金出し合って回収修復事業とかやらんのかね。
海外の博物館巡りじゃ情けない。

44: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:26:28.86 ID:VoCjqR9r0.n
いざとなったらフロートの付け根を爆薬で爆破することができる奴も
あったけど、これは違ったはず。なんでそういう仕組みにしなかったのかね?

45: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:26:32.29 ID:5LTF4S2D0.n
船の科学館にあるのは一式大艇だっけ

54: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:31:15.11 ID:d4rTamcm0.n
>>45
二式大艇。
今は鹿屋の資料館にて展示されてる。

no title

62: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:36:54.96 ID:9aUtiA+I0.n
>>54
なにこれすごい
ドイツくらいまで飛んでいけたの?

90: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 15:12:43.68 ID:vp4RIPG20.n
>>62
片道ならハワイまで

135: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 15:55:36.55 ID:OLcYFanJ0.n
>>90
あまり知られていないが二式大艇は、1941以降に単独でハワイ空襲作戦を遂行している。
もちろん片道でなく往復なので途中で給油している。

48: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:27:26.66 ID:jQ+aD8pO0.n
日本は大戦機に冷たいな、今も飛べる状態の零戦日本に帰ってきてるけど、スポンサーが中韓に気がねして
下りちゃってて飛行計画頓挫してる

世論の壁 飛べぬ零戦 鹿児島の飛行計画 スポンサー相次ぎ撤退
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/205880

むかし日テレで彗星復元したときも、成田の航空博物館に譲渡しようとしたら兵器は要らないって断られたとか

50: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/12/28(月) 14:29:10.87 ID:0YFlnXDT0.n
今年は色々発見されたね
武蔵や伊400とか
戦後70年にふさわしい年だった

引用元: ・【軍事】海に沈んでいた日本海軍の「二式水上戦闘機(二式水戦)」が撮影される ほぼ原型を保った状態





1/48 傑作機 No.17 1/48 日本海軍 二式水上戦闘機  61017
タミヤ (1973-04-05)
売り上げランキング: 19,175