51ktqgz64FL




1: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/01(水) 23:13:58
あらあら、あそこの人が記憶喪失になっているみたいですよ。
どこかで見た顔のような・・・・? 歴史上の人物のような気が・・・・?
さあ皆さん、質問をして得られた回答を元にその人が誰かを推理して下さい。
そうすればその人の記憶喪失は多分すぐに治ります(笑)。
記憶の戻った方はその御礼に、あなたの名前を尋ねられると思うので、
是非、名乗ってください・・・・もし記憶がはっきりしているものならば。
もし記憶喪失になっていたら、他の人に助けを求めましょう。








11: 前スレ994 ◆sWl5cpWPGg 投稿日:2008/10/02(木) 09:12:57
さて私の名前ですが、どうしたことか全く思い出せません
何やら周囲が騒がしく、名前どころではないような気もしますが、
どなたか助けてくださいませんか?

12: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/02(木) 11:20:51
海はどちらの方角にありますか?


東、それから南です

13: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/02(木) 11:32:12
まあなんか飲みねえ・・・酒、ビール、ワイン、ウオッカそれともお茶、コーヒー。タバコやLSDやナムの葉っぱもあるでよw

 
どうも見たことも聞いたこともないものが多いようです
平時であれば酒かお茶をいただきますが、今は遠慮しておきます

14: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/02(木) 12:12:52
独裁者ですか?

 
いいえ、宮仕えの身分です

15: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/02(木) 12:13:11
エジプトのアレキサンドリアはどの勢力下にありますか

 
うーむ、聞いたことのない地名のようですね

16: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/02(木) 18:27:50
「お前は鶏が鳴く前に三度、私を知らないと言うだろう」という言葉を知っていますか?

 
心当たりがありません

17: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/02(木) 20:03:42
ご宗旨は?

 
祖先を敬うくらいでしょうか

18: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/02(木) 20:04:56
ご家族は?どういう家の出身?

 
妻子がありますが、詳しいことはちょっと思い出せません
父は私が少年の頃に讒言により刑死し、その後は父の友人が父代わりの存在でした
母は比較的名家の出身です

19: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/02(木) 20:36:40
航海中に経度を正確に測る技術は存在しますか?

 
すみません、何のことを質問されているのか理解できないようです

22: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/02(木) 22:44:14
今都は開封?洛陽?長安?大都?それともいっぱいある?

 
洛陽です

23: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/03(金) 00:05:52
史書に名高き四度の仏教弾圧を称して、
「三武一宗の法難」と呼ぶそうですが、
貴方は何度目をご存知ですか?

 
聞いたことがないですね
仏教は弾圧されるほど盛んではありません

25: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/03(金) 00:17:04
元号は施政方針の変更の都度変わりますか?
それとも皇帝の代替わりの時にしか変わりませんか?

 
変更の理由は施政方針に限りませんが、前者です

26: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/03(金) 00:38:49
とある宦官が樹皮やアサのぼろから「紙」を作り
皇帝に献上したことをご存知ですか?

 
蔡倫の蔡侯紙のことですね

27: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/03(金) 00:41:52
匈奴の情勢はいかがでしょう。

 
北方で脅威となっていたのは過去のことで、長城内に移住した者も多いです
しかし最近有力者は重職を与えられ、力をつけているので注意が必要かもしれません

28: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/03(金) 00:49:35
九品中正についてどう思いますか?

 
現状では制度の本来の目的からは逸脱して、弊害が多くなっているように思います

29: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/03(金) 01:01:24
太平道という怪しげな新興宗教を御存知でしょうか?

 
既に廃れているので新興というのは当てはまりませんが、黄巾の乱を起こしたという宗教集団ですね

31: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/03(金) 10:05:21
お国の国号は晋でよろしいですね?

 
はい、そのとおりです

32: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/03(金) 21:53:04
現在の天子は、ひょっとすると暗愚なること白痴のごとしですか?

 
私の口からはなんとも申し上げられませんが、
重臣に廃嫡を進言するものがおり、先帝も悩んでおられたのは事実です

34: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/04(土) 09:31:09
なにか仕方なく暗君に仕えていらっしゃるような口振りですが、
どうして隠棲して酒や清談で人生を楽しもうとされないのですか?

 
これは私の不徳の至すところで、誤解を招いてしまったようですね
少なくとも今は仕方なく仕えている、ということはありません

父の件があったので、出仕前の時期に隠棲するべきかを悩んだことがありましたが、
一度仕えることを決意した以上、全身全霊を以って忠誠を尽くすだけです

36: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/04(土) 14:10:09
でもあなたの亡きご尊父も、そのご友人も、清談がお好きだったのではないのですか

 
はい、そのとおりです
特に父は母の縁で官職を与えられたものの、官界に関わることを避けていました

38: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/04(土) 23:11:57
そうでした。でも、ご尊父とは異なる道を歩まれることを決意なさったのですね。
ご決心の固さを拝見し、もう何も言いますまい。とことん陛下に忠勤を
励まれますよう。
陛下も普段はあんな風ですが、ちゃんとあなたのお気持ちには気づいて
いらっしゃるようですよ。ケイ紹どの。


 
あなたのお陰で全て思い出せました、どうもありがとうございます
私は晋の侍中、ケイ紹(嵆紹)でしたね
陛下はお優しい方ですが、本来補佐すべき皇族の方々が野心旺盛な方ばかりなのが惜しまれます

しかし陛下の身に危険が及ぼうとしている最中に記憶を失うとは、なんという不覚でしょうか・・・
ゆっくりお礼をしたいところですが、今はこの身に代えてでも陛下をお守りしなければなりません
せめてあなたのお名前だけでも伺っておきたいのですが、教えていただけないでしょうか?

嵆 紹

嵆 紹(けい しょう、253年 - 304年)は、中国の西晋代の政治家。字は延祖。父は竹林の七賢のひとり嵆康。

263年に父の嵆康が処刑されたあと、前々から嵆康にその後事を託されていた山濤に引き取られた。成長後いよいよ出仕というとき、父を殺した司馬氏の王朝に仕えるべきか悩んでいたが、山濤に状況に応じて出処進退をはかることを恥と考えるべきでないと説かれた。よって山濤の推薦で武帝司馬炎のとき秘書郎として仕官した。その後趙王司馬倫が位を簒奪したとき侍中となり、恵帝が復位するとそのまま仕えた。

恵帝はこれまで成都王司馬穎に皇太子の廃替などの無理難題を要求され、横暴を許してきた。これに我慢できなくなった恵帝は304年7月に討伐軍を率いて出征、嵆紹はこれに従軍した。しかし恵帝の軍は大敗を喫してしまう。皆が算を乱して逃げるなか、嵆紹ただ一人だけが恵帝のそばを離れず、身を挺して守ったために殺された。このとき嵆紹の血が恵帝の服に付いてしまったが、その忠義を重んじて服を洗わせなかったという。諡は忠穆公。

嵆紹の事績は語り継がれ、謝霊運の辞世の詩や南宋の文天祥が作った『正気の歌』などに取り上げられている。


40: 38 ◆PfcoGJFIfY 投稿日:2008/10/05(日) 06:45:44
 私の名か・・・
 いくつかあったような気がするが、もはや思い出せもしないようだ。
 誰か!誰かある!わたしの名前は、なんだったか?

41: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/05(日) 07:18:25
下に仕える人をお持ちなのですね。

そう呼んで出てきそうな人は、奴隷や宦官ですか?部下や(奴隷ではない)従僕ですか?


宦官以外全てだ。宦官は遠く離れたところにいる。

42: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/05(日) 07:32:17
この中に知っている話がありますか?

1 都が賊に占領された時、自分の娘を斬り、庭園の木で首を吊って死んだ皇帝

2 雪の中、城門の前に三日間立ちつくし、懺悔して許しを乞うた皇帝  

3 天空に十字の印を見て戦いに勝ち、死の直前に異教から改宗した皇帝 

4 最初は名君と称賛されたが、年下の美女にうつつを抜かして大反乱を招き、
  帝位も愛人も失って寂しく死んだ皇帝

5 政治と社会の改革に力を尽くしたのに、爆弾テロで暗殺された皇帝


1、2、5は全く見当がつかない。4も、そのままの逸話には心当たりがない。
似たような話はよく聞くが。女に溺れるなど馬鹿のすることだ。
3は聞いたことがあるような気がするが、確かではない。

43: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/05(日) 09:30:00
まあなんか飲みねえ・・・酒、ビール、ワイン、ウオッカそれともお茶、コーヒー。タバコやLSDやナムの葉っぱもあるでよ

 
お前、わたしがいくら衰弱しつつあるからといって、葡萄酒などに頼ると
思うてか。随分と安く見られたものだな。
茶やコーヒーなどというもの、聞いたことがない。冷たい水を所望したい。
(中の人:ナムの葉ってぐぐってもよくわかりませんでした。)

タバコ?・・・この煙を吸えというのか?

・・・ごほごほっ!吐き気がこみ上げてきた。誰か!この頭のおかしな奴をつまみ出せ!

44: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/05(日) 10:42:25
同性愛は異常なことですか?


異常というほどのものではあるまい。

45: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/05(日) 11:26:00
百年戦争って知ってますか?


知らないな。

46: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/05(日) 11:59:28
時代は戦乱の世ですか?それとも比較的落ち着いてますか?

 
もうだいぶ落ち着いてきたと言ってよいだろう。頑張ったかいがあった。

47: 前スレ994 ◆sWl5cpWPGg 投稿日:2008/10/05(日) 13:29:07
名前がいくつかあるというのは、言語の違いで読み方や世代が変わったのでしょうか、
完全に改名されたのでしょうか、それとも何かあだ名をお持ちなのでしょうか?


自ら名乗った名前があったか・・・ああ、頭が!頭が割れるように痛む!

49: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/05(日) 15:30:44
                 \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< 教皇は太陽のごとく、
                 \_/   \_________
                / │ \
                   ∩  ∧∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \ ( ゚∀゚)< 皇帝は月のごときものである
 ものである~~~   >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /

この言葉にコメントを一言おねがいします。



そもそも不遜な言い回しだ。そうやって未来永劫争っておればよかろう、
としか言えない。

53: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/05(日) 17:03:12
都はコンスタンティノポリスでしょうか?

 
その街は、わが国の都ではない。

55: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/05(日) 17:19:02
皇帝の国と隣接していますか?また友好・敵対いずれの関係にあるでしょうか?



皇帝の国とは、どちらとも接していない。
片方とは、比較的良好だ。もう片方とは、あまり交流はない。

56: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/05(日) 17:43:23
信仰の対象は?


 
アッラー以外に神はなく、ムハンマドは神の使徒であることを誓言する。

58: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/05(日) 20:11:29
現在いる場所は巨大な大陸の一部ですか、大きな島でしょうか?
それとも徒歩で数日間で横断できる程度の小島?


 
大陸の一部だ。

59: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/05(日) 21:11:09
そもそも、「皇帝」という概念をご存知なのでしょうか?


 
ルームの君主の称号のことであろう。また、フランクの君主の中にも
名乗っている者がいるというではないか。

62: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/05(日) 21:22:34
十字軍って知ってます?もし知っていたら何かコメントはありますか?


 
アル・クドゥスを征服しようとする不信心者どもの軍勢だと?
いや、聞いたことがない。

64: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/05(日) 22:17:07
ムスリムがルーム人の首都を包囲して失敗した戦役のことを御存知でしょうか?


 
最後の攻囲は、信徒の長アブドゥルマリクによるヒジュラ99年のものだな。

65: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/05(日) 22:35:29
汝アリーの血縁ではない者をカリフと認むや、否や?


 
断固として認める。クライシュの血を引く者に対して、信徒の長にふさわしくないなどと
なぜ言えるのだ?

67: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/06(月) 00:12:47
世の中が落ち着いてきたということは、
あなたが軍事上での功績を立てたのでしょうか?
どんな功績ですか?


 
わたしはこれまで50余の戦いに勝利し、富裕な都市を攻略し、財宝に満ちた
教会や修道院を劫掠し、不信心者どもを再び服従させた。
この国が取り戻したばかりの威信を磐石のものにしたという自負が、
わたしにはある。

68: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/06(月) 00:15:21
アッバース家についてどう思われますか?


 
もうほとんど力も権威もないといっていい。大アミールがなぜ奴らをさっさと
廃してしまわないのか、理解に苦しむ。

69: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/06(月) 00:30:23
サラゴサの戦いはご存知でしょうか?


 
あの周辺では、最近は大きな戦いはなかったが?私の生まれた頃に動乱が
あったとは聞いたことがあるが。

70: かきつばた ◆O1SdlnknBs 投稿日:2008/10/06(月) 00:50:03
ご自身は、クラいシュゾクにして信徒の長?それとも、その部下?


 
わたしは信徒の長の忠実な臣下だ。なお、わたし自身はクライシュ族出身ではない。

73: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/06(月) 19:57:30
お国の首都はコルドバでしょうか?


 
いかにも。

74: かきつばた ◆O1SdlnknBs 投稿日:2008/10/06(月) 20:41:32
あなたがお使えなさっている「信徒の長」は、ヒシャーム2世陛下で?


 
その通りだ。大変聡明な御方―信徒の長に平安あれ―であらせられ、
まつりごとの滞りのない効率的な遂行にわれら臣下が力を尽くせるよう、
いつも穏やかに見守られておられる。

76: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/06(月) 22:30:52
宰相だけでなく、侍従の地位を得たのでしょうか?


 
わたしは長くハージブの職に就いている。わが国ではハージブ(侍従)は
ワズィール(宰相)より上位である。


77: かきつばた ◆O1SdlnknBs 投稿日:2008/10/06(月) 22:34:51
奥方はナバーラ王国のお姫さまで?
それとも、お母上が?




わたしの2番目の妻が、ナバーラの君主の娘だ。今はムスリマとして
アブダと名乗っている。
ナバーラの女といえば、

・・・いや何でもない。わたしは全てを思い出した。
そなたらもすでにわたしの名を知っているのだな。

80: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/07(火) 22:07:03
余りお待たせするのも失礼なので僭越ながら・・・
アル・マンスール・ビッラーこと、ムハンマド・イブン・アビー・アーミル閣下ですかな?


 
配慮に感謝する。あなたの言う通りだ。
わたしは「アッラーにより勝利せし者」、アブー・アーミル・ムハンマド・イブン・
アブドゥッラー・イブン・アビー・アーミル。
不信心者どもはわたしをアルマンソールと呼んでいると聞く。

征旅の帰途、このマディーナト・サーリム(メディナセーリ)の街で、わたしは
最後を迎えることになるだろう。
息子のアブドゥルマリクはまだ若いが分別があり、信徒の長を支えてあやまたないで
あろう。血迷ってあやつが信徒の長に取って代わろうとしさえしなければ、
この国の繁栄とわが一門の栄華は長きに渡って続くと信じている。
ウマイヤ家の威信は再び赫々たるものとなった。思い残すことは何もない。
冥府でスブフに逢うのが楽しみだ。さぞや若返って、美しさがいや増していることだろう。

老人の話は長くて、退屈させたようだな。あなたの名前を是非伺いたい。

82: 80 ◆.NCtlh1sOs 投稿日:2008/10/07(火) 23:54:11
長年国政の一線で激務を続けてこられた疲れが出ているのでしょう
後のことは気になさらず、ゆっくりと休息されるのがよいですよ

・・・え、私の名前?そういえば、なんだったかな?

83: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/08(水) 00:11:11
文書はおもに何に記しますか? 
粘土板?パピルス?木簡・竹簡?羊皮?植物繊維で作ったシート?



植物繊維で作ったシート、つまりは紙だね

84: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/08(水) 00:11:23
真っ白くて薄くて堅いやきものは、ありふれていますか?貴重品?それともそんなの見たことない?



ありふれたものだね

85: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/08(水) 00:31:27
天空から謎の物体が人跡稀な森林地帯に落下して、大爆発を起こしたが
人的損害はほとんどなかったという奇妙な話を御存知ですか?



ツングースカ大爆発のことかな?
都市部であんなことになったら、と思うとぞっとするな


86: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/08(水) 00:56:32
海はどっち?



一番近いのは南だけど、四方を海に囲まれている

87: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/08(水) 03:08:36
汝、唯一なる神を信じるか?




もちろんだとも、神は唯一絶対のものさ

88: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/08(水) 07:06:59
鉄で船を造るのは当たり前? それとも浮かぶわけがない?


鉄製の船は当たり前のものさ

90: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/08(水) 10:13:52
ジョージ六世はご存命ですか?

 
いや、今は女王陛下の御世さ

91: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/08(水) 10:32:48
核爆弾をご存じ?

 
ああ、知っているとも

93: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/08(水) 14:17:43
お仕事はポピュラー音楽と関係ありますか?


直接の関係はないなあ
間接的にはあるといえるかもしれない

94: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/08(水) 19:59:43
軍役に就いた経験は?

 
若い頃に経験があるよ

96: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/08(水) 22:28:14
モスクワに行かれたことはありますか?


ちょっと自信がないけど、なかったと思うよ

97: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/08(水) 22:46:36
あなたの知っている核保有国はいくつありますか?


他にも疑わしい国はあるけれど、確実なのは5ヶ国だね

98: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/08(水) 22:51:38
現在の首相は誰ですか?


保守党が政権を握っているが・・・はて、首相は誰だったかな?

100: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/08(水) 23:37:25
映画に出演した経験は?


そんな覚えはないなあ

101: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/08(水) 23:59:42
爵位はお持ち?

 
爵位はないな、勲章はもらったけどね

103: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/09(木) 06:43:41
中東戦争はいくつご存じでしょうか

 
第3次までは知ってるよ
もし消耗戦争を別に数えるなら4つになるね

105: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/09(木) 16:54:35
軍務に服していた頃の御自分を「有能か無能か」「働き者か怠け者か」の
2つの基準で自己評価していただけますか?

 
ゼークトの組織論かい?
職業軍人でもなかったし、無能ではないにしろ有能とはいえないだろうね
途中病気を患って療養した時期はあるが、どちらかというと働き者だったと思うよ

106: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/09(木) 18:57:47
英国紳士ですか?

 
イギリス人男性という意味では肯定、社会階級的な意味では否定だね

108: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/09(木) 22:10:15
なにか発明をされた記憶はありますか?

 
いや、ないね

110: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/10(金) 00:16:01
小説を執筆したことはありますか?

 
あるよ
いくつかのキャリアがある中で、作家としての私が最も知名度が高いんじゃないかな

111: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/10(金) 00:53:01
何か会社を経営されていますか?

 
いいや、ないよ

113: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/10(金) 08:37:49
受勲されたのは、文筆活動が評価されてのことでしょうか


ああ、そのとおりさ

114: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/10(金) 08:46:58
秘密の仕掛けを満載したマニアックな改造車が大好きですか?

 
自動車なんて、まともな人間の乗るもんじゃないよ
君ももっと自分の足を使った方がいい
今度一緒にサイクリングに行かないか?

115: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/10(金) 20:28:17
お生まれはオレンジ自由国のブルームフォンテンでしょうか?

 
そのとおりだよ
ほんの子供の頃までしかいなかったが、懐かしいね

117: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/10(金) 23:29:43
指輪について何か特別な感慨がおありですよね?

 
書き進めるうちに最初の構想から外れてしまったし、
なかなか納得いかなくて世に出すまで時間がかかったけど、
苦労は十二分に報われたし、筆舌に尽くしがたいほどの感慨があるよ

119: 世界@名無史さん 投稿日:2008/10/11(土) 06:39:39
えぇえぇ、貴方の名前はようく存じていますよ。
確か…なんとか物語を書いたという…
ジョン・ロナウド・ロウエル・トールキン…さんだったかしら?



そうそう、私の名前はジョン・ロナルド・ロウエル・トールキンだったね
文献学者、大学教授にして作家でもあるけれど、指輪物語の作者というのが最も有名だろうね

まだ読んだことがないのなら、お礼に指輪物語をセットでプレゼントしますよ
本にサインを入れようと思うのだけど、貴女の名前を教えてもらえないかな?


Tolkien_1916


J・R・R・トールキン

ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン(1892年1月3日 - 1973年9月2日)は、英国の文献学者、作家、詩人。『ホビットの冒険』と『指輪物語』の著者として知られている。

オックスフォード大学で学び、同大学ローリンソン・ボズワース記念アングロ・サクソン語教授(1925年 - 1945年)、同大学マートン学寮英語英文学教授(1945年 - 1959年)を歴任。文学討論グループ「インクリングズ」のメンバーで、同会所属の英文学者C・S・ルイスや詩人チャールズ・ウィリアムズと親交が深かった。カトリック教会の敬虔なる信者であった。

1972年3月28日エリザベス2世からCBE(大英帝国勲章コマンダー勲爵士)を受勲した。



引用元: ・ここはどこ?わたしはだれ?~十五日目~




記憶喪失になったぼくが見た世界 (朝日文庫)
坪倉優介
朝日新聞出版
売り上げランキング: 124,438