61B2SN8TR2L




1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/24(火) 16:29:54 ID:WJXOjL0Z0.net
『隋唐演義』は、清代に書かれた通俗歴史小説で、『隋唐志伝』『隋煬帝艶史』『隋史遺文』などを基に、唐代宋代の伝奇小説や筆記、民間の伝承文芸から題材を集めて創作したとされるもので、隋による天下統一と、隋崩壊後の戦乱、唐による天下統一、武則天の登場、安史の乱までを描いている。
日本では安能務版と田中芳樹版の二つの日本語翻訳版が存在する。








4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/24(火) 16:34:33 ID:p6hSK/du0.net
安能務版が独自にアレンジを加えているのに対し、
田中芳樹版は原典に比較的忠実に翻訳した感じ。

両方読んでみたけど、安能務版が面白かったかな。

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/24(火) 16:36:23 ID:p6hSK/du0.net
内容としては、隋が崩壊して、群雄が割拠し、そのなかから唐朝が興って、
天下を平定していく部分は面白い。
だけど、唐朝による天下が定まった後の、武則天や安史の乱の逸話は、
蛇足の感を否めない。削ってもよかったんじゃないかと思う。
後、隋末戦乱の部分では、秦叔宝が活躍する部分が、武侠色が強くて面白い。

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/24(火) 20:15:11 ID:6IO3YM3P0.net
三国演義に比べると、ちょっと雑多な印象があるけど、
登場人物の個性が強いね。
特に、女性キャラクターの活躍が目立つ作品だと思う。

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/24(火) 22:58:39 ID:1mQzRoWo0.net
逆に言えば、三国演義の女性キャラクターに、存在感があまりないからね。
数はそこそこいても、受身的な女性である場合が多い。
だから、三国演義は漢たちの物語という色合いが濃い。

隋唐演義は、物語を貫く軸というのがあまりきっちりとは定まっていない。
きっと作者は、いろんなものを参考にして取り入れたんだろう。

10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/26(木) 00:23:44 ID:mSuJtNLl0.net
ところでいわゆる四大奇書と比較して本場中国での知名度はどうなの?
そもそも向こうでも四大奇書なんていう括りはあるの?

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/26(木) 00:37:38 ID:0ZZNTNDE0.net
>>10
中国じゃ、三国演義、水滸伝、西遊記に加えて、金瓶梅ではなく、紅楼夢を入れて、
四大奇書とするのが一般的。

紅楼夢は、紅楼夢を研究する「紅学」という学問ができてしまうぐらい人気がある。

隋唐演義は四大奇書に比べたら落ちるとは思うけど、
隋唐期の英雄たちは、三国期の英雄たちと同等以上に人気があるよ。

日本のように、三国志だけが異常に突出して人気というような状況ではない。

31: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/06(月) 21:38:54 ID:hS4yZDK80.net
>>11
俺が聞いた中国人(香港)留学生は楊家将と言ってた記憶がある。
楊家将演義

『楊家将演義』(ようかしょうえんぎ )は、北宋の楊一族の活躍と悲劇を描いた中国明代の古典文学。中国の河北省など北方地域には、楊一族にまつわる伝説が民間故事として多数伝わっている。



33: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/07(火) 15:22:02 ID:kXQLmcCq0.net
>>31
宋代の英雄が一番人気があるように思う。
ちょうど異民族の侵略にさらされていた時代で、
それへ立ち向かって行ったというタイプの英雄が多いから。

13: AlanShaka 2006/10/26(木) 01:57:02 ID:2DQJkB+50.net
http://post.baidu.com/f?kz=40324356
興唐傳 中的羅成全析
これはbaiduの興唐に捜し出すことを伝える.
おもしろいものは話す.
誰は翻訳可能ですか?

15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/26(木) 11:00:02 ID:o3xkLot+0.net
>>13
中国の2chこと百度掲示板からのお客様来訪歓迎。

すごく力の入った羅成分析。

でも、それだけ長いと訳すのは無理だなあ。
短い文なら、頑張ってみるんだけど。

隋唐演義は、内容的には興唐伝の方が、しっくり来るかもね。

17: AlanShaka 2006/10/28(土) 02:05:49 ID:Gn5ji5RU0.net
>>15
惜しいな!
羅成に関して死ぬあの1段は精彩ある。
隋唐期の英雄たちは,英雄の排名:
排名 名號或官銜 馬 武器
第一傑:西府趙王 李元霸 千裏一盞燈 擂鼓甕金錘 
第二傑:天寶大將 宇文成都 賽龍五斑駒 鳳翅镏金镗
第三傑:銀錘太保 裴元慶 一字沒角癞麒麟 八棱梅花亮銀
第四傑:紫面天王 雄闊海 熟銅棍
第五傑:雙镗無敵 伍天錫 青龍馬 短把鳳翅镏金镗
第六傑:南陽太守活趙雲 伍雲召 踏烏白雪馬 鳳翅镏金镗
第七傑:少保羅成,又叫羅神槍 西方小白龍 五鈎神飛亮銀槍!從沒打過敗仗,人稱“常勝將軍”
第八傑:靠山王楊林 金睛獸 囚龍雙棒
9、魏文通
10、尚師徒
11、新文理
12、韓擒虎
13、秦瓊/尉遲恭

繁体中国語、簡体は表すことができないか?


18: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/28(土) 02:55:29 ID:cDTcpeiz0.net
三国志演義だと割とメジャーどころの架空の人物として貂蝉や周倉がいるけど、隋唐演義にもそういう人物いる?

19: AlanShaka 2006/10/28(土) 07:07:32 ID:Gn5ji5RU0.net
>>18
然り
小説中,秦瓊秦叔宝の武力は弱い
真実の歴史中,秦瓊は関羽と同様である闘将です。
百万の軍中に首級をすることに上がることを取って、極めてたやすいように。
あの羅成,史書中にひと言がただある:“羅藝有子名成。”
隋唐演義

 秦叔宝

姓は秦、名は瓊。叔宝は字。名よりも字をもって知られる。前半における主人公で、120斤の簡(鞭の一種)を振り回す豪傑。賊に襲われている李淵を義気から救出する場面が初登場。後に帰順することになる唐と縁を得ることになる。もともと隋の臣下で、高麗との戦争で大功を立てている。のち、李密や王世充と主君を変えながらも最終的には唐に帰順。尉遅敬徳との対決は見せ場。後世において、尉遅敬徳とともに門神となっている。




20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/10/28(土) 07:32:48 ID:UGCmZhxn0.net
繁体字のほうがまだ読めるな。
それにしても、李元覇は人気あるなぁ。

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/01(水) 17:40:02 ID:UWx6QdHU0.net
李元覇(映画俳優じゃなくて)と宇文成都は人気あるみたいだけど
説唐だけの英雄らしいね。

30: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/06(月) 14:28:31 ID:V8MlL4X+0.net
興唐伝にした方がかっこいいと思う

36: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/15(水) 23:19:43 ID:4OibmrCs0.net
平陽公主が主人公の物語を読んでみたい。

40: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/29(水) 23:14:41 ID:Ixm7SSgA0.net
単雄信がなぜでてこないの?

単雄信

単雄信(ぜんゆうしん、581年 - 621年)は、中国の隋末唐初の人物。

616年、翟讓が隋に反抗して叛乱を起こすと、雄信は徐世勣とともに翟讓の軍に投じた。騎兵突撃用の長槍(槊)を用いるのを得意として「飛将」と号された。

618年、李密が偃師で大敗すると、雄信は王世充に帰順して大将軍となった。

621年、李世民が東都を攻撃すると、雄信はこれを迎撃して唐軍の李世民本陣に肉薄した。勇戦したが唐軍に捕らえられ、洛水の渚の上で斬られた。享年は41。


41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/29(水) 23:19:40 ID:t+TopxF60.net
飛将・単雄信は王世充の武将となったから。
この時代もまだそれほど知られていないから、敵方の名将とかって注目されないんだろうな(あくまで唐陣営からみてだけど)。

42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/30(木) 13:32:43 ID:qmT2Dms50.net
まあ、敵方の武将を褒める理由はないしな。

43: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/30(木) 14:08:52 ID:lfUMpfJA0.net
そういう意味じゃなくて、娯楽軍記モノとしての、ここの住人の興味の対象には、まだなっていないということで。
もっとみんなが掘り下げられるようになれば、三国志みたいにココにはこういう武将がっ、というふうになるだろうと期待してはいるが…

44: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/01(金) 23:43:51 ID:MR3uAW220.net
ゲーム「隋唐無双」が発売されれば、一気にメジャーになるんじゃないか。
三国志よりずっと使いがいのあるキャラがたくさんいると思うし。

46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/04(月) 20:55:07 ID:YMpGvHPm0.net
>>44
隋唐無双やりてぇー!
でも武器が特徴的なのは秦叔宝の金双カン、尉遅恭の鉄鞭、程知節の大斧、単雄信の槍、くらいか?
あと名のある武器使い誰かいたっけ?

47: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/04(月) 21:21:36 ID:/RV05jNG0.net
作品名が『隋唐無双』では… ちょっとかっこ悪いw
女武将も、なんだっけ突厥のお姫様とか、竇建徳の奥様とか使えそうね。
後には、樊梨花あたりもバリバリの巾幗英雄だしね。

48: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/04(月) 22:28:55 ID:SLbhVCQr0.net
魏徴とか李密がビーム撃つとこ想像たら笑えてきた。
沈光とか使えたら楽しそうだな。

49: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/05(火) 06:21:38 ID:N6VG2gvQ0.net
煬帝も化け物みたいなボスキャラにできそうw

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/05(火) 18:15:52 ID:ZD0OeYPe0.net
十六院からヤケクソに強い夫人たちが続々と出てくるんじゃないか?

51: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/05(火) 19:05:14 ID:pqBOFSFC0.net
どこかどこまでをカバーするかにもよるが、少林寺関係もでてきたら燃える。 
李密なんかも颯爽とした美丈夫のイメージができあがると、いちファンとしてはにやけるが…
たぶんすぐ、「そんなもんは過大評価じゃ!なにあのキモイ李密!」と言い出すこと確定だ。

53: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/07(木) 14:37:34 ID:LLssZ0AR0.net
隋唐無双いいが、水滸伝とか楊家将とか説岳とか、
ライバルになりそうな存在が多いな。

54: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/13(水) 04:52:18 ID:EOThTMeo0.net
ようは、いろいろある中で、三国志だけが特別扱いされているということ

55: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/14(木) 23:53:43 ID:Mn1xrzZA0.net
三国志演義は物語としての完成度が高いからね
なにより、日本では室町時代の昔から訳本されたりして人口に膾炙してる所が強み
三国志を知らなくても、諸葛孔明はなんだか聞いたことがあるなんて人が多数いるのが何よりの証拠かと

56: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/15(金) 23:58:49 ID:JEeyU0e40.net
三国志の場合、群雄割拠で天下統一を目指すあたり、わりと単純な内戦で、

日本の戦国とも似たところがあるから、受け入れられやすいってこともあるだろうね。

57: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/19(火) 02:39:17 ID:L4p7ncy20.net
ドラマチックなエピソードにもことかかんしな。よく出来てるよ、三国志演義は。
それに比べ我らが隋唐演義は……orz
いや、まあ面白くないわけじゃあないんだが、完成度はね。

58: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/19(火) 23:58:31 ID:sYvBvphZ0.net
隋唐演義そのままのドラマってないねえ

61: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/11(木) 23:37:04 ID:z2Cr7Hb00.net
>>58
李世民とかを扱った時代劇はわりと多いけどね。
映画の少林寺なんかも、この時代だし。

59: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/12/20(水) 00:19:41 ID:OKqabo840.net
隋唐演義はどうも完成度が低いように思う。
宮城谷氏あたりに書いてもらいたいところ。

62: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/12(金) 00:10:38 ID:8XplCMPX0.net
煬帝と武則天は李成民が間に挟まるのでどうしても小物に見えてしまう。

63: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/13(土) 21:17:42 ID:qs15dPtQ0.net
玄武門の変の後は蛇足感が強いので、武則天は余計な感じがするけど、
煬帝は十分に大物なんじゃないかな。

64: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/14(日) 00:44:13 ID:EZHJNfNX0.net
仮に無双風になるなら、煬帝は董卓のポジション確定だね。

65: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/14(日) 18:03:51 ID:qqYrxi1j0.net
>>64
煬帝が董卓なら、楊玄感は呂布か。
李密はスケールの小さめな曹操あたり? 本当は楊素あたりが姦雄っぽいけど。

66: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/18(木) 23:54:36 ID:cfIuXVAX0.net
三国演義の劉備みたいに、主人公を一人決めるならば、
やっぱり李世民かな。

67: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/01/20(土) 15:38:13 ID:3U9AujMN0.net
どうせ演義なんだし、少年時代の李世民が、各地を旅して、
悪人を退治するなど水滸伝の英雄ばりに活躍、
といった物語を前半に据えればよかったかな。

69: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/02/02(金) 23:47:50 ID:IZtifpwf0.net
>>67
やっぱり一貫した主人公があった方がいいと思う。
李世民英雄伝みたいな感じの物語に仕立てた方が、
分かりやすかったかもね。

70: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/02/03(土) 00:11:36 ID:syAtdupU0.net
>>67 
病弱で貴族な李世民は、世間知らずで体が弱い貴公子だけど才能は群を抜いているとか、そういう設定が似合いそう。
武勇伝を披露するタイプの英雄ではないと。
どっちかっていうと、李淵のほうが…(しかし一般には優柔不断おやぢ)

71: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/02/08(木) 09:30:35 ID:M8oit8+C0.net
李淵はぐうたらオヤジのイメージだな。
隋唐演義

李淵

唐公。のちに唐の高祖となる。70矢で70人の賊を退治したという弓の名手。ただ、物語においては活躍の殆どを息子である李世民に取られており、たいした活躍はしない。



77: 大唐無双 2007/02/25(日) 02:15:18 ID:VB/ku5FD0.net
李世民の凌烟閣24功臣

趙国公長孫無忌
河間元王李孝恭
萊国成公杜如晦
鄭国文貞公魏征
梁国公房喬
申国公高儉
鄂国公尉遲恭
衛国公李靖
宋国公蕭瑀
褒国忠壯公段志玄
夔国公劉弘基
蔣国忠公屈突通
鄖国節公殷嶠
譙国襄公柴紹
邳国襄公長孫順德
鄖国公張亮
陳国公侯君集
郯国襄公張公謹
盧国公程知節
永興縣文懿公虞世南
渝国襄公劉政會
莒国公唐儉
英国公徐世勣
胡国壯公秦瓊

78: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/02/25(日) 02:43:18 ID:J0eeXjKIO.net
24功臣の活躍を軸に再構成した
戦記ものとして生まれ変わった隋唐が読んでみたい

81: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/02/26(月) 05:06:31 ID:Ui5EfyU60.net
唐の爵位制度

親王、藩王 > 郡王、嗣王 > 国公 > 郡公 > 縣公 > 縣侯 > 縣子 > 縣男

83: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/11(日) 19:26:23 ID:ytTibeqn0.net
縣男ぐらいなると、一体どれぐらいの優遇を受けることができたんだろう。
単なる称号だけかな。

84: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/03/28(水) 15:01:27 ID:XISqMzd40.net
村の名士って感じじゃないの。

85: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/04/01(日) 23:43:19 ID:u0s7QLxJ0.net
ちょっとした地方の豪族だろう。
東漢を興した劉秀なんかも多分そんな感じ。

86: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/04/18(水) 21:08:03 ID:DWM6F6Os0.net
唐代では、地方で刺史なんかをしている皇族が反乱を起こすという事例が目につく。
特に武則天の簒奪の時とか。

87: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/04/21(土) 23:27:19 ID:ouhgef9Z0.net
漢なんかの場合、一度滅亡しても地方にいた皇族が復興させたりしたけど、
唐はそういうにはならなかったね。

88: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/04/22(日) 07:47:42 ID:mpAgslZN0.net
>>87
武韋の禍。
安史の乱。
皇族の動きをみるがよろしい。

103: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/19(日) 08:41:14 ID:5YZjLQHH0.net
隋唐演義って今は絶版状態なのか?

104: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/08/19(日) 11:45:47 ID:VzdvueC40.net
>>103
田中版は存在。絶版したらやっかいだから文庫本で集めるのをすすめる

111: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/10/10(水) 01:33:02 ID:2cPAdk4u0.net
すいません、隋末の群雄(李密とか王世充とか竇建徳)の下にどんな武将(文官)がいたか分かるサイトとか知りませんか?
李密に王伯當、王世充なら単雄信、竇建徳には凌敬ぐらいは分かるのですがもっといたと思うので分かってる名前だけでも知りたいのですが

115: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/01/20(日) 10:29:30 ID:0zz1BxyF0.net
>>111
ここはどうだ?
ttp://www2.ktarn.or.jp/~habuku/toutou.htm

113: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/01/11(金) 00:34:00 ID:da7FX5/x0.net
女性陣の中では袁紫煙と梅妃が好き
あとは李白が郭子儀の才能を見抜いたり、楊国忠に仕返しをするのが
好きだった。酔っ払って手勅なくしたりとかね。
 
隋唐演義

袁紫煙

煬帝の寵姫の一人。楊義臣の姪という設定になっている。占いの達人で、才色兼備の女性。宇文化及らの反乱の際、他の寵姫や煬帝の息子である趙王とともに脱出。のち、李勣の妻となっている。



114: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/01/19(土) 13:03:58 ID:hL5/AhiM0.net
煬帝、結構人間的に描いているよなあ

116: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/01/20(日) 22:14:52 ID:hiK/Wn5N0.net
>>114
楊広を単なる暴虐な皇帝に描いていないところが、
この作品のいいところ。

118: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/03/06(木) 00:54:39 ID:qy07Y0ig0.net
隋唐演義久しぶりに読み返してみたら、結構、面白かった。
あのときは三国志演義のようなものを求めていたからな。
これはこれで再評価されてもいい気がする

119: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/03/06(木) 01:27:32 ID:W0FVwHaS0.net
三国志と水滸伝の両方の要素が入れられていると思えば、
また見方が変わってくるね。

120: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/10/13(月) 16:52:16 ID:RSMIyuuYO.net
安能版を読んでみて興味を持ったのですが、田中版はどんな感じなんですか?

121: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/25(水) 01:14:05 ID:cxz9VAvl0.net
安能版は面白い?

122: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/04/15(水) 21:48:06 ID:IHPE6ktG0.net
安能版しか読んだことないですけど
個人的には安能氏の作品で1番か2番くらいに好きですね

143: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/04/24(土) 00:33:17 ID:fizqChgt0.net
安能版はあるエピソードが故意に削られているなどの
改変があるとは聞いていたが
実際に田中版と比べるとエピソード所かキャラの性格すら違う気がする。

例えば田中版だと誠実そうに見えた李セキが
安能版だと薄っすら黒く感じる・・・。


144: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/06/10(木) 02:09:08 ID:542hiHti0.net
安能作品はキャラの味付けがあっさりだよね
実は読んだ本の半分は安能務作品なんだけど、たまに他の人の読むと
モノローグ的な心情吐露が新鮮

まぁあっさりな分、自分なりに程々に妄想できて楽しいんだけど

146: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/28(木) 07:33:12.84 ID:hX6Uq8m2O.net
安能は原作を削った部分に自分のイデオロギーを嵌め込むからなぁ。
日本人の心象に馴染み易い内容で書いてくれる点はいいんだが、ポロッといらんモノを混ぜ込むから
安能作品読む時は取り込まれないようこちらもそれなりの知識を仕込んで臨むか、充分注意しながらイデオロギーを取り込まず無視して楽しむようにせんならん。

179: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:w2BzLlZU0.net
隋唐演義って田中・安能両名が訳したもの以外に
同名の別小説でもあるの?
京劇に隋唐演義から引用したと言われる演目があるけど
明らかに隋唐演義の内容と違うんだけど・・・
あれは何?

184: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/30(日) 10:46:54.27 ID:nCououH7O.net
>>179
遅レスも甚だしいが、京劇の台本は本来の原作と違う事が非常に多く西遊記でも独自内容の改変はある。
それは地方巡業の折にその地方で流布するエピソードを盛り込んだり、宮廷の場合は京劇迷の西太后が改変を指示した例もあるし
客受け狙いに武生や旦の見所を増やすため改変した事例もある。
だから京劇のは物語の社会浸透に伴う一変容と見て、極端に深く考えない方がいいよ。

185: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/31(月) 10:10:07.04 ID:cYObaOvG0.net
>>184
じゃあ隋唐演義の名が出てきたのは
引用というより改変を重ねる前の原案という意味だったのでしょうね。
説明ありがとうございます。

180: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:C7JssLAD0.net
武侠ものや水滸伝みたいなのが好きな人はお勧め。
三国演義みたいな戦記ものを求める人にはちょっと。
レッドクリフ見てがっかりした人にはお勧めできない。


引用元: ・◎◎隋唐演義◎◎





隋唐演義〈1〉群雄雌伏ノ巻 (中公文庫)

中央公論新社
売り上げランキング: 547,522