51+ORIMAmUL



1: 人間七七四年 2011/08/05(金) 14:20:48.15 ID:FeblkH5k.net
失敗した者と言えば秀信や信雄や秀頼か。








2: 人間七七四年 2011/08/05(金) 14:21:54.16 ID:ZpPFu/ZL.net
成功例として誰を出したいのかだいたいわかったから終了

5: 人間七七四年 2011/08/05(金) 14:55:57.26 ID:FeblkH5k.net
>>2
私は道三を殺した斉藤義龍を出すつもりでした。

8: 人間七七四年 2011/08/06(土) 01:22:36.42 ID:O4Co4OEx.net
>>5
そういや斉藤義龍も家臣団による合議制に後退しちゃったよな。

9: 人間七七四年 2011/08/06(土) 06:37:30.98 ID:FhWFZWhF.net
すると道三の頃は独裁みたいな具合か?
まあ尾張織田弾正忠家のような守護代の家臣筋と縁組するなんて、重臣合議制だとまず反対くらうだろうし

10: 人間七七四年 2011/08/06(土) 14:21:39.78 ID:mW5r8/lQ.net
>>8
合議制=傀儡というのは違うんでないの。

3: 人間七七四年 2011/08/05(金) 14:27:08.67 ID:y85jJSw+.net
最終的には殺されて、時代も違うけれど、
足利義教とかは?

4: 人間七七四年 2011/08/05(金) 14:51:20.54 ID:eYlI9vJL.net
父が殺された大友宗麟と
父が追放された武田信玄
いずれも重臣たちによる合議の衆議によって政策決定される傀儡にされてる。
守護大名家が下克上された際の典型的なモデルに成り下がっている。

6: 人間七七四年 2011/08/05(金) 18:33:29.71 ID:YTe+jzfM.net
今川義元
雪斎がいなければ、重臣とか信玄の言いなりだったろう

7: 人間七七四年 2011/08/05(金) 19:54:54.17 ID:hEoylKUp.net
雪斎がいないとそもそも家督継承時の正当性と勢力を確立できないから
義元は当主の座にあがれないのではないか

12: 人間七七四年 2011/08/06(土) 15:13:58.04 ID:SXY53EsR.net
>>7
今川重臣は福島一族に反感抱いてたようだから、どうあっても義元派に回ったろう
まあ、武田か北条の介入受けるかなあ

14: 人間七七四年 2011/08/07(日) 01:16:41.17 ID:6j+Ig3dC.net
>>12
還俗して跡を継ぐタイプは傀儡にされかかるけど脱するケースも多いね。
謙信もそうだったし。
還俗直後は周囲の家臣も「坊主が」と舐めてかかるからね。

16: 人間七七四年 2011/08/07(日) 02:46:30.41 ID:6qDIYWP7.net
>>14
謙信も氾濫して川筋が変更されたのちの国人の領地争いを謙信が裁判したが拒絶されたことで
謙信の当主権限を完全否定されてしまい
越後当主の座から「お前らワガママ過ぎてさすがにもう当主は嫌になったわ。言うことを聞かないなら後はお前らで勝手にやれサヨナラ」とか言って出奔したな…

13: 人間七七四年 2011/08/06(土) 19:15:38.26 ID:/0SdCgpm.net
武田晴信はうるさい家臣らをうまいこと始末していって自分の体制を取り戻せたね

18: 人間七七四年 2011/08/07(日) 09:37:44.73 ID:5bOHQTY1.net
赤松義村は家中を牛耳る浦上村宗を排斥してキレて居城に篭った村宗の討伐令出すまではシナリオ通りだったのに…

まさかあんな惨めな死に方するとは思いもしなかっただろう。
赤松 義村

赤松 義村(あかまつ よしむら)は戦国時代前期(室町時代後期)の播磨の守護大名・戦国大名。

義村は政則の代から行われていた赤松家の戦国大名化をさらに推し進めるべく大名権力の強化を図ったが、守護代の浦上村宗がそれに反発して対立。播磨など赤松領で内紛となる。義村は村宗に敗れ、家督を嫡子の才松丸(のちの晴政)に譲って隠居したが、復権を図って再度村宗と対立したため、村宗により暗殺されて赤松家は没落した。


21: 人間七七四年 2011/08/07(日) 18:01:09.53 ID:MLR7INB2.net
那須資胤は苦しみながらも一応は傀儡からは脱却できてるかな

那須資胤

那須資胤(なす すけたね、生年不詳 - 天正11年2月11日(1583年4月3日))は、下野国の戦国大名。

当初、森田氏を継いだが、異母兄で那須氏当主である高資と対立し、一時逐電する。しかし、天文20年(1551年)、高資が芳賀高定の調略により千本資俊に殺害されると、復帰して家督を継いだ。

永禄3年(1560年)、小田倉の戦いで、自身も負傷する程の苦戦を強いられ、その際に家臣の大関高増、大田原綱清兄弟を叱責、責任を追及したのを機に、大関氏・大田原氏らとの対立が表面化。高増は佐竹義重の弟・義尚(那須資綱)を那須氏の養子に迎え、資胤排斥を画策する。以後、佐竹義重の援軍を得た高増と永禄6年(1563年)から永禄10年(1567年)まで戦いを繰り返し、烏山城下まで侵攻された事もあったが、いずれも撃退。翌年、高増・綱清兄弟は、資胤の隠居を条件に和睦した。


25: 人間七七四年 2011/08/10(水) 20:41:01.50 ID:XYAam9bI.net
50歳くらいまで井上の影響力下にあった毛利元就とか。

26: 人間七七四年 2011/08/10(水) 22:48:48.47 ID:paf1nSpX.net
時代が全く違うけど、北条貞時が真っ先に思い浮かんだ

48: 人間七七四年 2011/11/26(土) 11:14:17.93 ID:0+l7uZwn.net
一応というか一時なら畠山義綱かな?
粛清とかして大名権力を復活させたし
まあそのあと無理なことして追放されたけど

個人的には第一次、第二次の七人衆の長家が好きだけどね

60: 人間七七四年 2011/12/04(日) 20:52:22.90 ID:EZ0K4h86.net
戦国時代とは少し時代がずれるが
自分を傀儡としていた跡部家を粛清した武田信昌

武田 信昌

武田 信昌(たけだ のぶまさ)は、室町時代後期から戦国時代前期の武将、守護大名(戦国大名)。武田信玄の曾祖父。

父の早世により、康正元年(1455年)に幼くして家督を継ぐ。父も若年での相続だったこともあり、信昌期の武田氏は守護代の跡部明海(駿河守)・景家(上野介)父子の専横を許していた。

長禄元年(1457年)には小河原合戦[2]、馬場合戦[3]において一門の吉田氏や岩崎氏らを失い(『一蓮寺過去帳』)、寛正5年(1464年)に明海が死去すると、翌年には信濃諏訪領主諏訪信満の援助を受け夕狩沢合戦において明海の子の景家を撃破し、小田野城で景家を自害させる。これにより跡部氏は排斥したが、甲斐国内では有力国衆の台頭や対外勢力の侵入に悩まされた。


62: 人間七七四年 2011/12/11(日) 22:10:49.67 ID:R+PwrGGA.net
武田って傀儡からの脱出が歴代の悲願みたいなもんだったからなあ。

67: 人間七七四年 2012/06/29(金) 14:58:12.52 ID:b/+HKYH8.net
足利義輝じゃないかな
結局殺されるけど

68: 人間七七四年 2013/01/12(土) 11:03:48.00 ID:v1TBfdEu.net
義満や義教ならまだわかるが

69: 人間七七四年 2013/06/21(金) 10:47:31.44 ID:UbI1pXNB.net
父が殺された大友宗麟
父が追放された武田信玄
父が強制隠居に追込まれた上杉謙信
父を打倒せざるを得なかった斉藤義龍
父を竹生島に幽閉したがのち融和した浅井長政←失敗例

70: 人間七七四年 2013/06/22(土) 23:43:08.68 ID:4kI26HX7.net
宇都宮成綱
苦闘の末に芳賀一族を粛清して中央集権化を半分成功させた

72: 人間七七四年 2013/06/27(木) 08:46:56.33 ID:ZHVepmf8.net
基本的には守護大名は傀儡化されてたり、
守護代の専横が酷い状況だった。
信濃守護だった小笠原長秀は大塔合戦によって国人たちに追放され、
その後はそれぞれの国人が小笠原の血筋を好き勝手に傀儡にし守護家乱立し割拠。
跡部氏や逸見氏らが専横していた甲斐では、
甲斐守護武田信重が甲斐への入国を将軍から言われても拒否するほどだった。
17年後に無理やり入国させたが穴山氏に暗殺される始末。

鎌倉公方と将軍が勢力圏を争った信濃と甲斐はそれぞれが対抗勢力を支援して抗争させた為に、
守護権力は無力化されていった。

73: 人間七七四年 2014/03/15(土) 11:37:23.88 ID:u7kM3jOb.net
信濃・甲斐・越後といった山谷国は群雄割拠しやすく、
国主の命に比較的早期からまったく従わずに利益追求が行われた。
それは国主在京とそれを支える在京費用負担によるところが大きい。

74: 人間七七四年 2014/03/17(月) 09:24:59.07 ID:ZyWn4Buc.net
針の筵だろうな。
まじストレスで病気になるわ。

75: 人間七七四年 2014/04/10(木) 18:38:32.41 ID:Xfj0TQYT.net
うーむ… 六角義賢…

在地有力領主や権臣を粛清して集権化を進めようとしたが、
領国という組織がガタガタになる副作用もあった

76: 人間七七四年 2014/09/24(水) 15:16:03.92 ID:BAnClos+.net
諫言する家臣による傀儡から脱皮なら

一条兼定とか斎藤龍興とか。
手討ちや見限られてw。

77: 人間七七四年 2014/10/14(火) 17:35:13.76 ID:q2PUs9EG.net
傀儡にされたまま過ごせば安泰に人生を送れるのにね

尾張守護職の武衛様(斯波)も、変に肩入れしなければ安泰だったはずだ


引用元: ・権臣達に擁立された傀儡から脱皮できた大名