51uXPkS7nFL



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/24(金) 23:20:18 ID:hGrSTHRP.net
越前松平家やついでに結城家に付いても語れ









4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/25(土) 00:26:10 ID:hFNTwW7B.net
結城氏って頼朝御落胤に始まり
系統は違うけれど南北朝における白河結城氏の報われない忠義や
親朝の親房に対する無言とか
養子ではあるけど秀康の鬱屈とか
なんとも悔し泣き男泣きの似合う家系な希ガス

49: 人間七七四年 2007/09/09(日) 05:35:08 ID:k58T55lO.net
結城氏の頼朝落胤って本当なの?ありがちな自称でなくて?

50: 人間七七四年 2007/09/10(月) 08:23:06 ID:hrSdKkwk.net
初代朝光の母親が源頼朝の乳母だったことからでた話

頼朝が烏帽子親になったんだっけ?

52: 人間七七四年 2007/09/17(月) 23:46:17 ID:Nziakw/g.net
頼朝は武家政権の創始者で、武士からすれば神様みたいな存在だから、そう言うご落胤伝説が多いわな。
島津とか。

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/25(土) 00:37:53 ID:k6W5Ct1T.net
結城家と言えば埋蔵金のイメージ

8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/25(土) 01:44:16 ID:9iYPWqTx.net
なんせ、徳川・豊臣に並ぶ日本3大埋蔵金に数えられてるし

10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/26(日) 00:25:57 ID:AooBKJt8.net
越前系諸藩
越前福井32万石
松平越前守
出雲松江18万石
松平出羽守
武蔵川越15万石
松平大和守
美作津山10万石
松平越後守
播磨明石10万石
松平兵部大輔
母里、糸魚川など

11: 奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. 2006/11/26(日) 00:51:16 ID:BlRQuT/Z.net
可愛がっていない息子に100万石。家康もその宗家も寛大なことだ。

12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/26(日) 09:21:08 ID:BZbDRH0I.net
100万石の愛ってか。

20: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/01/26(金) 20:45:42 ID:mg+RBSQu.net
福井の人は全然この人のこと知らないです。

21: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2007/01/27(土) 13:13:08 ID:YcENbRQP.net
水戸家以外は吉宗に乗っ取られてるしな。

22: 奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. 2007/01/29(月) 23:02:31 ID:xVQXfkTS.net
吉宗というよりは治済だな。

24: 人間七七四年 2007/03/21(水) 23:38:44 ID:fJqRLIeM.net
松平忠直って、本当に暴君だったのかねえ?

28: 人間七七四年 2007/03/22(木) 17:30:50 ID:M6kgtGLn.net
>>24
配流先ではなかなかの好々爺だったって評価あった。

29: 人間七七四年 2007/04/16(月) 00:40:53 ID:5k1h2/Kz.net
>>28
まあ立場のせいでテンパっちゃったかわいそうな人なんだろ。
根は悪人じゃなかったってことでしょうね。

25: 人間七七四年 2007/03/22(木) 08:13:46 ID:qck/E94e.net
嫌われ秀康の一生という映画ができてもおかしくないほど家康に嫌われたお人

26: 人間七七四年 2007/03/22(木) 10:24:55 ID:HBlviSVQ.net
なんであんなに嫌われたんだろ?
そういや家康って子供に対する態度が子によって極端な気がする。

31: 人間七七四年 2007/05/17(木) 15:22:50 ID:ljFgvgKT.net
>>26
家康は当初、侍女腹の秀康を認知せず、
異母弟がいると聞いた長男信康が対面させ、認知されたらしいが?
まじ、家康の子だったんだろうか?

30: 人間七七四年 2007/05/17(木) 14:59:53 ID:jIvPtUxh.net
大坂の陣の時まで秀康が生きてたら、何か面白い展開が起きただろうか?

32: 人間七七四年 2007/05/17(木) 16:07:18 ID:rmDFpS8g.net
>>30
本人の生前の発言通り
堀尾や中村と同じく、豊臣恩顧として大坂入りするだろう。
秀康が加わって戦力がそれほど上がる訳でもないが
徳川家分裂で大阪方の士気は上がるかも知れない


ちなみに史実でも家康の十一男が大坂方参戦してたと思う

34: 人間七七四年 2007/06/12(火) 20:26:43 ID:CUb5Ozi/.net
>>32
秀康が生きていれば大坂方に味方するってよく言われるけど、実際どうなのかなあ。
彼が数万石の小大名ならともかく、七十五万石の大大名でしかも家臣には徳川家譜代の者が多くいて、
そういう状況で大坂城に入れるかって言ったら、そりゃ無理だろうと思うのだが。
禁教令で改易になった小笠原権之丞とはわけが違うよ。

そもそも秀康って豊臣恩顧ではないし

35: 人間七七四年 2007/06/12(火) 20:48:29 ID:CXTaPkup.net
改易覚悟で一歩も動かず、秘密裏に豊臣支援するんじゃない?

36: 人間七七四年 2007/06/12(火) 21:25:15 ID:CT2xKfwe.net
>>35
なんでそうなる?
秀康には秀頼に恩も情も無いのに。

37: 人間七七四年 2007/06/12(火) 21:30:53 ID:2KrO610e.net
>>36
秀頼を自分の弟(子供?)のように思ってたと、何かの本で読んだ気がする。

40: 人間七七四年 2007/06/13(水) 04:20:44 ID:b45X9NmB.net
実際個人的感情では秀康は秀頼に好意を抱いていたんだと思うが、
だからと言ってそういう私的な感情で七十五万石を動かせるか?
当然家臣は大反対で、反対を押し切って強行したとしても秀康に従うのは少数のような。
家臣から駿府と江戸に注進が入って、結局は挫折ってことになりそう。

それから、家康の子供で大坂に入ったのは小笠原権之丞のこと。
まあ家康の子であると言う確証はないわけだが。
この人はもう完全に家康から見捨てられた人なんで、秀康とは事情が違う。

53: 人間七七四年 2007/09/27(木) 20:02:49 ID:wnLduldW.net
>>40
10万石では戦力が少なすぎるし、逆に75万石もあったら個人の勝手な
感情じゃ動けないよね。前田家と牽制しあうくらいで終わる可能性もあった。

55: 人間七七四年 2007/10/28(日) 16:56:28 ID:BDK5F9KO.net
結構面白い(キーマン)になる人物だよね
家康秀吉どっちについても息子なのはでかい
イフ小説だったら使いたいわな
宇喜多秀家がもう秀吉一辺倒のように青年のうちは裏切らないからな

58: 人間七七四年 2007/11/06(火) 12:29:28 ID:Rkb74ufV.net
石高は67万石説と75万石説があるけどどちらがただしいの?

60: 人間七七四年 2007/11/21(水) 05:16:59 ID:FLII65LE.net
しかし、何で越前だったんだろ?
大国なら他にもあったけど、やはり便利な所に置くのは危険と思われてたのかな?

61: 人間七七四年 2007/11/21(水) 05:43:16 ID:JvuiJ+m8.net
>>60
北陸の押さえだろ。特に前田。

63: 人間七七四年 2007/11/21(水) 14:21:03 ID:+uOfvGBN.net
後継者はこいつにすべきって、珍しく本多忠勝と佐渡の意見が一致してるんだよな

67: 人間七七四年 2007/11/30(金) 15:02:52 ID:P7V0iHlT.net
>>63
忠勝は武勇を買って、正信は兄弟の序列にならって、って感じか。

73: 人間七七四年 2008/02/16(土) 17:40:37 ID:NlZNmiZC.net
関が原合戦後、「越前と播磨どっちがいい?」
と言われて、
越前をチョイスしたらしいが、なんか理由あるんかねー

74: 人間七七四年 2008/02/16(土) 17:57:11 ID:mqFKdxoB.net
>>73
播磨は東西交通の便が良すぎて草刈場になっちゃうから独自の勢力を作りにくいからでは?
その播磨に入った池田輝政は「美濃と播磨とどっちが(ry」と聞かれて同じ理由で播磨にしたそうだから、美濃っていうのは
余程にまとまった勢力を作るのが難しい地域なんだな。

75: 73 2008/02/16(土) 18:10:51 ID:NlZNmiZC.net
「越前を領せらるるの楽、久世但馬を家人にもちたまうこと第一の大望なり」
なんて言ったらしいから
よっぽど越前が好きなのかと思ったよw

76: 人間七七四年 2008/02/16(土) 23:28:45 ID:5yy9Y+L+.net
良い方の土地選ぶと野心が疑われる

81: 人間七七四年 2008/04/17(木) 19:23:10 ID:IYLztkrB.net
雪の降らない国が嫌だったって記録が残ってるね。
最初から北陸か東北が希望地だったみたいよ。

82: 人間七七四年 2008/05/25(日) 11:27:13 ID:HAwoOJ6j.net
>>81
珍しいね。

84: 人間七七四年@全板トナメ開催中 2008/06/04(水) 02:41:41 ID:3nRHkGxg.net
秀康と忠吉の封地が逆だったら、のちの御三家の場所も変わってたかも…

秀康や忠吉が長命だったら、徳川の賜姓はあったのだろうか?

85: 人間七七四年@全板トナメ開催中 2008/06/07(土) 05:39:07 ID:lpyFVPg+.net
なんでスレタイが【越前少将】?忠直の事か?
越前黄門か越前中納言の方が…。

しかし【制外の家】って言っても、天下普請に駆り出されたり官位も中納言止まり…orz

秀康より女婿の輝政の方が優遇されてる気がする。
姫路宰相100万石…とか、西国探題…。

秀康は雪の檻に押し込められた感じ…。

87: 人間七七四年 2008/07/04(金) 15:38:36 ID:Mukxm2sw.net
秀康はそもそも家康の子じゃないという話もあるしな
息子忠直共々、どこか徳川宗家とは違った視点を持っていたと思う
越前系は親藩ながら常に幕府に警戒されてたらしいし

112: 人間七七四年 2009/05/02(土) 17:45:30 ID:sr5oALth.net
>>87

秀康の母親は家康以外にも男がいたって言い伝えもあるからな

顔も魚に似ていったっていうし 

家康は秀康の容姿とその疑わしい血筋から、なにかと冷たくあしらったんだろうな

武将としては立派な男だと思うのだが  不憫だな

89: 人間七七四年 2008/08/28(木) 05:36:45 ID:7jq1dKK4.net
江戸時代後期、津山と福井は家格上昇合戦で将軍家や御三卿から養子を迎え入れ秀康の血統が絶えた…。

家臣達は何を考えてたんだか…。

藩祖の血統より、見栄と御家の安泰が大事だったんだろうな…orz


90: 人間七七四年 2008/09/01(月) 19:26:18 ID:OqZOmtq7.net
>>89
> 藩祖の血統より、見栄と御家の安泰が大事

何を当たり前のことを

95: 人間七七四年 2008/10/26(日) 21:46:20 ID:LOQXOktd.net
この人が主役で大河いけるね

96: 人間七七四年 2008/10/26(日) 23:12:52 ID:aCCVcdhL.net
>>95
良い原作があればね…

99: 人間七七四年 2008/10/30(木) 02:56:01 ID:H07K/RV0.net
結城秀康大河でやってほしい
家康に嫌われつつも、武勇に優れた優秀な人物
家康よりも一枚上手で数十万石を得ざるおえない状況を作ったみたいな感じで

104: 人間七七四年 2008/12/31(水) 07:34:28 ID:y6RnxHoz.net
登場しても・・・梅毒で鼻モゲラ設定ではないですよね・・・

107: 人間七七四年 2009/04/16(木) 17:58:27 ID:2yZ0Mhq9.net
秀康公の唐冠兜なかなか良いですなー
IP150319TAN000124000



119: 人間七七四年 2009/10/14(水) 12:48:03 ID:hW4NUGZY.net
諱の「秀」の字を捨てないままだったたのは不思議な気がする。

120: 人間七七四年 2009/10/14(水) 18:12:25 ID:I+o7ozeu.net
秀忠もそのままだったけど?
しかもパパの指揮下とはいえ自分の手で豊臣滅ぼしてるし

121: 人間七七四年 2009/10/17(土) 08:22:04 ID:Fg+0dZhs.net
>>119-120
諱とか全然重視されてなかった証左か。

123: 人間七七四年 2009/11/06(金) 20:14:27 ID:CukRqtZt.net
>>121
違う。むしろ諱は重要なものだから、簡単に変えるものではない。と言う意識が
強まったためだと考えるべき。

124: 奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM 2009/11/07(土) 03:10:02 ID:PC7A+riw.net
秀忠ならともかく、この時代にあって秀康という諱を変えようとする奇特な御仁がいるだろうか。

125: 人間七七四年 2009/11/08(日) 09:31:38 ID:a2AYJgYA.net
秀康は一時秀朝に改名したが…「朝」は結城氏の通字の一つ
すぐに戻したみたいだね

129: 人間七七四年 2010/01/18(月) 15:16:56 ID:WCWzMOoR.net
ところで実際のとこ、家康と秀康ってほんとに不仲だったんだろうか?
逸話関係では不仲を強調することが多いけど、
家康から秀康への待遇とか秀康から家康への対応見てると
それほど不仲ってほどにも見えないんだが

169: 人間七七四年 2011/04/27(水) 21:09:45.28 ID:uO71RBj4.net
>>129
・秀康の母親は家康から側室待遇を与えられず
・家康は秀康の出生を疑い認知せず
 のちに信康の世話でしぶしぶ親子名乗り
・秀吉の人質に出すと秀康は秀吉を実父のように慕い
 秀頼を実弟のように可愛がっていたという

130: 人間七七四年 2010/01/18(月) 17:43:39 ID:sawaa3au.net
生まれて3年?も会えなかったのは家康がその時武田相手にしてて
忙しかったとかどっかの本に書いてあった

131: 人間七七四年 2010/01/18(月) 21:00:04 ID:7U7vJMjT.net
モンゴルの大遠征じゃないんだから会う暇がないってことないでしょう
しかも家康は守勢で自領にいるからね

133: 人間七七四年 2010/01/19(火) 08:59:27 ID:C+6j0wSD.net
>>131
秀康は自領のほうにいないんじゃなかった?

144: 人間七七四年 2010/05/29(土) 19:38:13 ID:5BzZYJK5.net
秀康マジで可愛そうだよな・・・・。
武将としての才能は秀忠なんかよりも遥かに上だったのにさ

146: 人間七七四年 2010/08/22(日) 22:48:48 ID:6z609g94.net
教科書だと家康の子供は秀忠と御三家だけしか載ってない(;ω;)
徳川氏ではないから仕方ないんだが、いないことになってるようで悲しい

147: 人間七七四年 2010/08/23(月) 08:56:44 ID:Ot8hlUC7.net
歴史的に重要な人物でもないから仕方ない

166: 人間七七四年 2011/04/14(木) 10:44:20.04 ID:VAU6qRPd.net
この人で大河ドラマを作ってほしい。派手な戦ないから無理?

167: 人間七七四年 2011/04/14(木) 12:59:00.86 ID:eDlpqc4B.net
せいぜい2時間か3時間ドラマかなー
自分もぜひ見てみたい でもちゃんとした脚本家頼む
原作は志木沢郁の結城秀康でもいんじゃね

171: 人間七七四年 2011/04/28(木) 10:42:44.44 ID:S2Q4GiEA.net
前半は家康に疎んじてられていたようだけど
後々はその武勇を認めて、一目置かれるほどになったよ

172: 人間七七四年 2011/04/28(木) 12:50:54.10 ID:9wdQyX8x.net
上杉相手に押さえの大任を任されたくらいだからなー
やっぱり力量は凄まじいもんがあるだろ
秀忠じゃ上杉を抑える大任は任せられないだろ

173: 人間七七四年 2011/04/28(木) 23:18:26.85 ID:W3p8PBCc.net
秀忠が合戦に向かなかったのは間違いないが
あの段階では能力云々の前に初陣だから任せられなかったんだろう

174: 人間七七四年 2011/04/29(金) 00:02:16.47 ID:kciOZKlj.net
秀康初陣は小田原だっけ

175: 人間七七四年 2011/04/29(金) 16:44:00.63 ID:P4tyyoWe.net
>>174
九州だろ。秀吉が「さすが我が息子」とほめたという。

176: 人間七七四年 2011/04/29(金) 17:23:39.94 ID:rYHzIC5X.net
秀康って立派な武将だけど冷遇の一生だったイメージ

181: 人間七七四年 2011/04/29(金) 22:33:24.00 ID:yH547AHr.net
>>176
親父譲りの癇癪のせいじゃね?

182: 人間七七四年 2011/05/01(日) 05:37:29.05 ID:UnB6XA4j.net
馬の供駆けをした秀吉の小姓を、無礼だとして斬り捨てたエピソードとか?

183: 人間七七四年 2011/05/01(日) 20:00:04.74 ID:zaJSUqbj.net
橋渡るとき、鉄砲持ってる人は通せないと言われて
うっせー 俺を誰だと思ってる とその橋番を殺しかけたとか、どこの鬼武蔵かと思った
秀忠もこの橋番に「お前殺されなかっただけ良かったよ」と言ったらしいし

184: 人間七七四年 2011/05/01(日) 21:06:52.14 ID:nzX/jVT2.net
橋じゃのーて関所

186: 人間七七四年 2011/05/01(日) 23:15:52.24 ID:CCley3v5.net
おまけに相当の酒乱だったらしいからな・・・

187: 人間七七四年 2011/05/02(月) 01:12:52.38 ID:CYqrpHKW.net
でも秀康に声かけられなかったのに絶望して、死んでしまった家臣の話もあるな
「うっかりしてた 別に嫌ってた訳じゃなかったのに」と秀康も後悔するし

188: 人間七七四年 2011/05/02(月) 12:03:32.89 ID:GId5ldjQ.net
それくらいで絶望?

190: 人間七七四年 2011/05/02(月) 19:55:05.11 ID:CYqrpHKW.net
>>188
皆は声かけられたのに、自分だけ掛けられなかった恥というのもあったんだろう
武士のメンツは常に命がけなんだよ っていう話だったと思う

189: 人間七七四年 2011/05/02(月) 14:05:28.18 ID:D4tB44+g.net
秀康の天下三名槍とうたわれた槍も戦災にあわなければなあ
まあ相当に重そうだから実戦には使えないだろうが。

143: 人間七七四年 2010/02/20(土) 14:03:15 ID:m41Z0Hll.net
天下三槍の一つ御手杵は戦災で焼失したんで正体不明だったが、茨城県結城市で復元
穂先138センチ 柄240センチ


no title

191: 人間七七四年 2011/05/05(木) 11:11:59.78 ID:Ig0ptpRp.net
このマイナー感と親から受けた仕打ちそして名前とすべてがかっこよすぎる。
ところで初陣の九州攻めで抜群の功を挙げたとあるが具体的には分からんの?

193: 人間七七四年 2011/05/05(木) 19:03:57.57 ID:PsBnqV5x.net
初陣であまり手柄立てられず悔し泣きして
それを見た氏郷から「まだ若いんだから気にすんな」と言われたけど
「今この時は、もう二度と来ないんだ!」って更に悔しんだ話ってのがあるけど
初陣だからやはり九州平定でいいのかな?

217: 丁ο児 ◆Kd2TSsZIFU11 2011/06/14(火) 18:57:48.42 ID:7uytzo9f.net
秀康と家康の墓を暴いて、両者の髪の毛をDNA鑑定にかけてくれ。
一致しなかったら、秀康は、お万がどこぞの馬の骨と交わり出来た子供と確定。
養子に出して、家督を継がせなかった裏付けになる。


引用元: ・【越前少将】結城秀康【制外の家】






結城秀康 学研M文庫 (学研M文庫)
学研プラス (2013-11-08)
売り上げランキング: 106,204