511ggYRkvHL



1: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:35:36 ID:7mT
お前ら歴史を学べ








3: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:37:04 ID:5ac
七生BBA乙

5: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:37:53 ID:7mT
>>3
色々言われるが俺は古代ローマでお勧めは?と聞かれればまずローマ人の物語を勧めるぞ

7: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:38:38 ID:Oaf
>>5
それは入門書として?

8: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:39:03 ID:7mT
>>7
単に読みやすい
これに尽きる

9: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:39:34 ID:Oaf
ほかにオススメは?

12: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:40:11 ID:7mT
>>9
アルベルト・アンジェラ

16: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:41:27 ID:Oaf
古代ローマ人の24時間 ---よみがえる帝都ローマの民衆生活
っての読めばいいの?

21: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:42:29 ID:7mT
>>16
それもお勧め
塩野さんよりはもっと現実的な部分に切り込んだ内容

14: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:40:54 ID:U85
ローマ皇帝の中で誰が一番好き?

17: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:41:49 ID:7mT
>>14
アウレリアヌス

18: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:42:08 ID:qDm
反カト論とかアウグストゥスが処分したガリア戦記と内乱記以外のカエサルの著作ってもう一切現存してる可能性はないの?

26: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:43:51 ID:7mT
>>18
どうだろう
古代ローマの都市の上に現在のイタリアの首都ローマが築かれてるからな
現在の地上は古代言う二階ぐらいの位置なんだ

でも街をぶっこわして遺跡を調査できるはずもなく・・・

19: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:42:09 ID:UE2
ワイソムリエ、ワインの勉強してるうちに古代ローマ史に興味を持つ
遺跡の中にワインバーがメニュー表まで丸々残ってるとか胸熱

25: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:43:39 ID:qDm
>>19
ソムリエ的にワイン水割ってどうなの?

29: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:46:31 ID:UE2
>>25
今でこそ水割りワインなんて考えられんけど
当時は海水とか蜂蜜とかで割ってたみたいやな
でも上級ワインは今みたいに格付けがされてて金さえ出せば一般市民も飲めたみたいやで

30: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:46:47 ID:7mT
>>25
古代のワインはクッソ強い渋くて度数が高い
だから水で割るのが主流だった

32: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:48:30 ID:fYH
>>30
むしろ甘かったって言ってなかったっけ。
だれのセリフか忘れたけど。

35: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:49:17 ID:7mT
>>32
それはないと思う
ワインをストレートで飲む人間は酒豪と呼ばれてたようだし

39: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:50:22 ID:fYH
>>35
甘すぎたんで水で薄めたんよ

42: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:52:41 ID:7mT
>>39
ワインにしても200種以上あったみたいな記述もあるし様々かもな
勉強不足で済まんな

46: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:54:15 ID:UE2
当時の叙事詩には「1杯のワインを水で20倍に薄める。
そうすると、この世のものとは思えぬ香りがする」なんてのがある。
当時はワインは「割って飲むもの」という認識が常識としてあったみたい。
蜂蜜やハーブ、スパイスを混ぜて薬みたいに使ってた記録もあるし。

49: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:56:07 ID:7mT
>>46
今調べたが時代で変わっていくみたいだ
初期のワインは甘かったそうで次第にアルコール度数が強めのものに変わっていったそうな

55: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:57:34 ID:UE2
>>49
醸造技術の進化とともに変わっていったんだろうね
つかワイン談義でのっとってすまんな
22: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:42:46 ID:qIR
どうして皇帝のフルネームってあんなバカみたいに長いの?

27: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:45:21 ID:7mT
>>22
まず帝政の立役者カエサル
そして一代目皇帝アウグストゥス
この二名の名前は尊称として歴代皇帝に必ず付いてる

だからカエサル・アウグストゥスときて個々の名前がくるから長くなる

33: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:48:42 ID:7mT
因みに何でこんなスレ立てたかといえば塩野さんが
ローマ人の物語ならぬギリシア人の物語なんてのを執筆しだしたから
なんだかんだあの人の書く本は面白い

36: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:49:39 ID:fYH
なにそれ大丈夫かな。
あのひとイタリア以外には冷たいから…

41: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:50:53 ID:7mT
>>36
どうだろうねw
でもフリードリッヒも割りとまともに書いてたから大丈夫かと
感情はいると暴走しがちだけどなw

34: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:48:58 ID:wpo
古代ローマのビール(ジュトス)って現代に復活したとして
ウケつのだろうか

38: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:49:58 ID:7mT
>>34
ビールはあまり一般的な飲み物ではなかったようだね

40: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:50:25 ID:SXw
>>1はローマの研究をしてる人なのか?

あと塩野さんが新作書いてることを今知ったわw どうもありがとう
年齢的には、失礼だけどギリギリだよなあ…
完結できるんだろうか


48: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:55:58 ID:ytm
ギリシアを束ねてアケメネス朝を撃退してオリエントを目指し東方遠征を行った(それにアーッ♂かもしれない)アレキサンダー大王が好きです

53: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:57:02 ID:7mT
>>48
カエサルにハンニバルを始め誰もが認める英雄だな

52: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:57:01 ID:LMe
ハドリアヌスってそんなにすごい人なの?

200px-Bust_Hadrian_Musei_Capitolini_MC817


ハドリアヌス

プブリウス・アエリウス・トラヤヌス・ハドリアヌス(76年1月24日 - 138年7月10日)は、第14代ローマ皇帝(在位:117年 - 138年)。ネルウァ=アントニヌス朝の第3代目皇帝。

帝国各地をあまねく視察して帝国の現状把握に努める一方、トラヤヌス帝による帝国拡大路線を放棄し、現実的判断に基づく国境安定化路線へと転換した。


58: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:59:28 ID:7mT
>>52
ハドリアヌスか?
徹底的にあの広大な国土を見て周り防衛策を整備した偉大な皇帝だぞ
汚点もあるが何より後継者に経験をさせなかった点が一番失敗だったと思ってる

63: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:01:05 ID:fYH
>>58
あれは首都で嫌われて辺境いってただけですやら

66: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:01:59 ID:7mT
>>63
まあでも仕事をしたのは事実でしょう

70: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:03:03 ID:fYH
>>66
うん。しかし前任者がらみを粛清したのはなぁ・・・

72: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:03:31 ID:7mT
>>70
そこは汚点だな
あと老後の酷さと言ったら・・・

57: 本当にあった怖い名無し◆NhlsMePHQE 投稿日:2016/01/13(水)22:58:58 ID:Ddx
ローマの将軍で一番強かったと思われる人って誰かな?

65: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:01:26 ID:7mT
>>57
時代も全然違うし何とも言えんな
でも末期が一番過酷だったことを思えばスティリコなんかは強そう
少し違うかもだがベリサリウスも相当だ
スティリコ

フラウィウス・スティリコ(365年 - 408年8月22日)は、西ローマ帝国の軍人。半蛮族出身の司令官として斜陽の西ローマ帝国を支えた。

功績を挙げる彼には必ず「蛮族出身」「アリウス派」という肩書きがついてまわり、また地位としては皇帝の配下の司令官という肩書きゆえに元老院、皇帝の側近から数々の政治的妨害を受けた。ホノリウスが幼かった頃は彼の後見人として軍、政治を動かせたが、やがて成人すると彼とは疎遠になり、皇帝側近のオリンピウスがその対抗勢力の筆頭となる。そしてアラリックを捕らえる事ができなかったのも実は彼と内通しているためという噂がついてまわった。

最後は西ゴート族との内通を疑われ、ホノリウスへの弁明のためにラヴェンナへ行く。しかしホノリウスの命令で処刑、彼は抵抗せずに従容として刑を受けた。


ベリサリウス

フラウィウス・ベリサリウス(505年 - 565年)は、東ローマ帝国の将軍。その用兵の才のため、歴史家エドワード・ギボンは彼を「大スキピオの再来」と評した。

常に寡兵をもって勝利を収めてきたベリサリウスは東ローマ帝国最高の名将と言っても過言ではない。強固な防御陣地、従来は主力とされてきた重装歩兵などを囮にすることで自らに有利な戦場へと巧みに敵を誘導し、騎兵によって撃破するという戦術は、その後の東ローマ帝国の将星やナポレオンの戦術にも多大な影響を与えた。また「間接アプローチ」の提唱者である20世紀の著名な軍事史家リデル・ハートは、彼の「用兵の才」を賞賛している。

ベリサリウスの軍事的才能と皇帝への愚直なまでの忠誠心がなければ、ユスティニアヌス1世による地中海再統一事業は到底実現し得なかっただろう。


74: 本当にあった怖い名無し◆NhlsMePHQE 投稿日:2016/01/13(水)23:04:23 ID:Ddx
>>65
なるほど分からん
高校の世界史レベルしかない俺はもっと勉強するべきだな
回答ありがとう

90: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:10:45 ID:qDm
>>74
強いっちゃ強いけど、ぶっちゃけ結果だけ見れば世界史上でそこまで重要な人物というわけでもないからな
教養的にはユスティニアヌスの名前知ってりゃ十分で、その再服の実務を担ったのがベリサリウス
スティリコにしても東西分裂直後に西ローマを担った程度の話だし

91: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:11:35 ID:7mT
>>90
両方とも権力者に振り回されまくる悲劇のヒーロー的な面がそそるんだよな

95: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:14:32 ID:qDm
>>91
そうそう、物語の主役級にはなれるけど、何か世界史上の偉業をなしたかといえばそういうわけでもないから、教科書に載ることはないヒーロー

77: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:05:01 ID:7mT
>>74
有名どころでは勿論カエサルやトラヤヌスでもよいぞ


Traianus_Glyptothek_Munich_72


トラヤヌス

マルクス・ウルピウス・ネルウァ・トラヤヌス・アウグストゥス(53年9月18日 - 117年8月9日)は、ローマ帝国の皇帝(在位:98年 - 117年)で、ネルウァ=アントニヌス朝の第2代皇帝である。

文武の両面で辣腕を揮い、帝国内の公共施設の強化と領土の拡大に成功した。特に対外面ではダキア・パルティアで功績をあげ、ローマ帝国史上最大の版図を現出した。


84: 本当にあった怖い名無し◆NhlsMePHQE 投稿日:2016/01/13(水)23:07:04 ID:Ddx
>>77
そこら辺はわかるな
五賢帝とか有名どころはなんとなく覚えてる

89: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:10:04 ID:7mT
>>84
興味のある部分から掘り下げればどんどん面白くなるぞ

98: 本当にあった怖い名無し◆NhlsMePHQE 投稿日:2016/01/13(水)23:16:23 ID:Ddx
>>89
世界史はローマよりギリシャの思想にはまっていってその流れで世界史よりむしろ哲学にいっちゃったからなぁ
世界史のなかで好きなのはどっちかというと近現代よりになっちゃうしなかなかローマの質問しずらいぜ

59: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)22:59:38 ID:lyN
この前ベンハーがやってたから何気なく見たけどとても面白かった

62: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:00:27 ID:533
ロムルスについて

68: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:02:43 ID:7mT
>>62
伝説上の狼に育てられたローマの建国者
ローマはロムルスが変化してできた名称だと言われている

67: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:02:20 ID:51t
カルディアのエウメネス

71: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:03:03 ID:7mT
>>67
ヒストリエ面白いよな

79: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:05:45 ID:51t
>>71
なんかトンデモ設定も多いとか言うけどな
アレクサンドロスの二重人格とか王様とか

69: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:02:58 ID:lyN
ティベリウスは優秀な引きこもりという評価でいいの?

73: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:04:15 ID:7mT
>>69
そうだね、色々問題あるけど
なんだかんだアウグストゥスの築いた帝国を見事に引き継いだと思う

82: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:06:14 ID:peo
ローマとギリシャややこしいわ

86: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:07:17 ID:7mT
>>82
ローマ文化はギリシア文化を模倣してる部分が多いからね

94: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:14:21 ID:ytm
ローマ法大全の編纂を命じたのもユスティニアヌスだっけ?

97: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/13(水)23:15:04 ID:7mT
>>94
そうだよ


引用元: ・古代ギリシャ・古代ローマに詳しいけど質問あるか??




ギリシア人の物語I 民主政のはじまり
塩野 七生
新潮社
売り上げランキング: 390