51FJWXZ6m9L



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/17(月) 15:13:45 ID:CFgMcmtz
戦国時代も末期、親の世代よりも「小振り」「見劣り」などと酷評されている武将多いですが・・・
実際のところ、土着勢力を率いて隣国と戦っていた彼らの親の時代とは違い、信長秀吉家康の時代となると両国を遠く離れて見ず知らずの土地で野戦築城技術を駆使して戦った次世代武将の方が優秀なんじゃないかと思う次第。

また、検地などで兵農分離を進めて政権の兵役に耐える近代大名に適用した武将も含めてウダウダ言うスレです。








2: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/17(月) 15:17:35 ID:44fbUhZF
>>1
長政って黒田長政の事ですよね

3: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/17(月) 15:22:48 ID:CFgMcmtz
浅野長政でも良いんですが・・・黒田を想定。

黒田長政は孝高と比較されてスケールが小さいと言われるが、実際はどうなんでしょう?

4: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/17(月) 16:05:33 ID:CFgMcmtz
朝鮮出兵あたりで結果出している武将の方が地元で戦っていた武将よりも適応力が高いと思います。

8: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/17(月) 18:03:47 ID:cGLRCf70
家政は蜂須賀家政か。
前三者に比べると領地は小さいけど、藍作を推奨して「藍五十万石」を築いたから実質的にはスレタイ全員50万石か。
ちなみに、水野勝成の息子がなかなかの美男子で、家政の孫娘が押しかけて嫁になったとかいう逸話もある。



……もっとも、その孫娘が生んだひ孫は天下の大うつけだったわけだがorz

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/17(月) 18:11:51 ID:96e0g11v
立花宗茂は何故にスレタイに入ってない?

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/17(月) 19:09:49 ID:CFgMcmtz
>>9
入れても良かったんですが・・・

中央政権に適応して一本でやってますし、
地元以外へ派遣されても実績を残してますし。

13: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/17(月) 20:27:19 ID:CFgMcmtz
他に誰ですかね?
福島正則とか秀吉系は沢山思いつきますが。

小早川隆景とか実は新世代適応ですよね。

14: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/17(月) 21:13:34 ID:96e0g11v
細川忠興

15: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/18(火) 07:02:24 ID:QH3IEYRc
細川忠興は遠隔地で武功を挙げてたか?
つうか、藤孝もだが…

18: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/18(火) 08:00:43 ID:Amoq/mix
如水より長政が優れているという事実

35: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/19(水) 07:03:49 ID:kfIu+9IC
黒田長政は朝鮮役や関ケ原で実績を残しているし部下の後藤又兵衛も大阪で実績を残した。
大名としての黒田如水は九州で少し戦ったぐらいでは?

37: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/19(水) 14:23:22 ID:xGRP9uxQ
長政がいなきゃ黒田家も潰されてたんじゃねーの?
如水の凄さがよくわからん。野心家だったとしても徳川政権に刃向かえるとは思えんし。

38: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/19(水) 17:20:48 ID:CBUhgrrR
親父が織田家を見込み、秀吉の天下取りに貢献したように
長政も徳川家を見込み、家康の天下取りに貢献してる
加えて槍働きも並み以上だからな

39: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/20(木) 20:42:15 ID:TrSK3iWk
この世代は結構知り合いが多くて互いに仲良かったり悪かったりするから好きだ

40: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/21(金) 14:00:55 ID:s3ABPsVT
正信より正純が優れていた事実。

それはそれとして徳川配下にはこれらの近代大名と張り合えたのは誰でしょう?

44: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/23(日) 13:42:35 ID:dDZxBrF9
>>40
正純の功績は認めるが謀臣としての分をわきまえてた正信の方が上だろ
徳川で同格ってゆうと市松とタメの井伊直政じゃね?あと毛利の吉川広家もタメだね
知行には結構差があるけど能力的には見劣りしないね

41: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/21(金) 18:36:26 ID:mhNB+xwV
本多忠政?

45: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/23(日) 16:23:40 ID:7h7vtfdq
土井利勝はギリギリこの世代か?

46: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/23(日) 16:25:57 ID:43xQh6CT
石川数正や酒井忠次は新世代非対応?

47: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/07/23(日) 16:32:10 ID:b4uVQ28r
前田利長・利政
長宗我部盛親
田中吉政
山内一豊
真田信之
藤堂高虎
吉川広家

どうよ?

61: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/08/27(日) 07:43:48 ID:zQPFKZi1
正則は過少評価されていないか?
清正はもてすぎ。

63: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/09/04(月) 12:07:39 ID:VYRq1DrL
>>61
正則に国持ち大名に列せられるに相応しい戦果があれば挙げてみてくれ

72: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/09/06(水) 08:34:31 ID:GXAf8SFP
正則は酒乱ってのも、あまりよいイメージがない原因かもね
酒飲んで、船から降りないって駄々こねて家臣切腹させた事件あったはず
ググっても、出てこないがやっぱり短慮のそしりは免れないかな

73: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/09/06(水) 15:55:12 ID:fdruE84b
蜂須賀家政も、もっと評価されてもいいと思うがな。

関ヶ原での対応もなかなか面白いし、阿波の領国経営の手腕は見事。
隠居してからの息子・孫へのサポートぶりも含めて、
家政は豊臣恩顧の2世代目の中でも、優秀な人だと思う。

74: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/09/06(水) 16:53:46 ID:Ad57wepK
子孫も明治維新後の元藩主の中じゃ異例の出来人だったらしいね>蜂須賀

75: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/09/06(水) 22:36:10 ID:0payWMTX
家政は、そつがなさ過ぎてかえって過小評価されてる感じだな。
伊達政宗から「阿波の古狸」なんていう、褒め言葉か悪口かわからない渾名を付けられてるし。

76: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/09/07(木) 02:05:20 ID:FvTOQbNW
>>75
政宗からすれば最大の褒め言葉だろ、それw

77: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/09/07(木) 02:28:32 ID:sNf8e/Ub
家政の肖像画や銅像は丸顔で愛嬌あって、ほんと狸みたいな顔ではあるんだよw

80: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/09/09(土) 00:34:27 ID:79VmXJIZ
家政は関ヶ原も大坂の陣でも結局家政自身は戦わなかったが
領地は守り切ったもんな
豊臣に義理立てしながらも生き残る手腕はなかなかのものだよ

81: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/09/09(土) 01:38:18 ID:fxEY+Eu/
関ヶ原の蜂須賀家政の対応、知らなかったんで調べてみた

いきなり領国阿波と京屋敷を豊臣家に返上して、家政は出家して高野山へ
→家政自身は、豊臣家に極めて近い中立を維持するけど、西軍には不参加
一方で息子の至鎮は、東軍で関ヶ原本戦に参加
→息子はその時点で、領国もなく大名でもなくいわば無職
ポンと領国丸ごと返上って、結構な大技を使ってるな

で、戦後は息子にそのまま阿波が安堵され、自分は中立だからお咎めもなし
仮に西軍が勝っても、領国献上した蜂須賀を悪く扱うわけがないだろうし

というか、このひと、もしかしてものすごく頭良くない??

82:   投稿日:2006/09/09(土) 04:23:20 ID:as1mIY4f
次世代武将の
有能な奴を教えてくれ(山ノ内一豊みたいな雑魚はいらんから)
思いつくのは・・

伊達政宗、真田幸村、石田三成、加藤清正、福島正則、宇喜多秀家
黒田長政、池田輝政、細川忠興、蜂須賀家政、藤堂高虎、小西行長・・

って・・腐るほどいるじゃんw

84: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/09/10(日) 18:20:16 ID:HiCfXQtx
>>82
実力の割りに過少評価されてる人が多いよね。

85: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/09/24(日) 07:57:13 ID:1GvNJgpT
山内一豊
堀尾吉春
中村一氏
田中吉政
加藤嘉明
脇坂安治
生駒一正親政

88: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/09/24(日) 13:17:02 ID:0I03X8Fg
>>85
なんだかんだで最終的に勝ち組になってる人達だね。

90: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/09/26(火) 00:40:46 ID:GIIHCwuP
>>88
しかし一豊と脇坂以外息子の代で取り潰しか大幅減封……

91: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/09/26(火) 02:31:36 ID:ozoH3frQ
加藤嘉明の息子・明成は、馬鹿殿ランキングにガチで3位入賞できるが、
ある意味スゲー価値観の殿さまだと思う。

家老・掘主水の首級>>>(越えられない壁)>>>会津42万石

死んだ親父も家臣も息子もみんな泣かせて、でも本人は隠居して長生き。

102: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/10/03(火) 22:34:17 ID:Qdm5vo4J
で、ぶっちゃけ

次世代武将の内、誰が一番有能なの?

俺は三成だと思うんだが

111: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/10/07(土) 12:02:10 ID:ElsflPxm
>>102
一番有能かどうかはともかくこの世代で一番メジャーなのは三成だよな。

103: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/10/03(火) 22:53:18 ID:UzfpyMrV
池田輝政さんを推薦します

105: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/10/03(火) 23:02:59 ID:OFB22frz
やった事のでかさや後世に残した影響の大きさを考えれば三成だと思う。

まぁ正直「有能」だけじゃ基準が曖昧過ぎて絞れないから言ってみただけだけど。

106: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/10/04(水) 01:04:11 ID:WarRGNdR
藤堂高虎じゃねえの?

しかし曖昧な問いだな。

112: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/10/07(土) 17:26:15 ID:JzPihEa+
池田輝政は大した武功が無いのに30万石クラスの家2つ残してるんだから、相当有能なんじゃないかという気がする。
家康のお気に入りで娘婿ってだけでは、これだけ残せないだろ。政治力(裏芸含めて)ありそう。
明らかに父の信輝(恒興)より有能。

黒田長政は、父親が17万石しかなかったのを50万石クラスに格上げしたから有能。
如水は実際、関ヶ原の時にはド素人ばかりかき集めて九州席巻したんだから軍事的に有能だったことは認めるし、知謀も相当なモノだったんだろうが「策士策に溺れる」傾向がある。
その点、天下取りとか夢見ず所領拡大を考えた現実派長政のほうが、大名としては大成したんだろう。
関ヶ原の後で如水の「その時お前の右手はどうしていた」とか有名なセリフがあるけど、それ聞いた長政は「そういう事言うからアンタは17万石止まりなんだよ」とか思わなかったんだろうか。

同じく、18万石クラスの家を継いで最終的に50万石格にした忠興も有能。

116: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/10/08(日) 09:46:41 ID:mQAIV1rA
>>112
細川家の肥後五十万石への栄達は不可解だよな
特に武功もないのに

117: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/10/08(日) 21:47:59 ID:rUltaPT3
>>116
そう、関ヶ原後に36万石まで上がったのは、ガラシャ夫人のこととか関ヶ原での勇戦もあるから不思議じゃないんだけど、その後50万石まで上がってるのよ。
やっぱ、裏の政治力があったんでなかろうか。

ところで、細川忠興って「豊臣恩顧」扱いなんだけど、実は丹後の18万石は藤孝が信長からもらったもんで、秀吉には1石たりとももらってないという話をどっかで読んだおぼえがあるんだが、だとすると別に豊家には恩は無いよな。

129: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/03(金) 18:21:26 ID:ttNBhZkR
>>116
細川が肥後加藤の後釜で54万石もらったのは、忠興の功績というより、
息子の忠利の譜代大名や将軍家とのそつのない交際術とコネのおかげというかんじ。
忠利が子どもの頃の江戸での人質時代の幼馴染が、当時の幕政の有力者だったので、
その恩恵もあって細川家は大領をゲットした。

もっとも忠興は肥後転封を「中吉」だと言ってそれほどよろこばなかった。
肥後は表高の石高は多いんだけど、参勤交代には不便になるから負担も増えるし。
その頃黒田騒動真っ最中の黒田家が潰れるか転封されて、筑前52万石をもらえたら
「大吉」だったのに、とか言ってるw

130: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/03(金) 18:32:13 ID:dKtLt6JG
ほんと細川と黒田は仲悪いな、親子二代かと(w

133: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/06(月) 20:10:16 ID:dBpfvxb4
>>130
そうそう関ケ原の後に忠興と長政が喧嘩して
山内一豊と片桐且元が仲裁に入るんだよね

134: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/07(火) 04:03:48 ID:NPZnwuRl
インテリ同士気が合うわけでもないんだな。

145: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/12(日) 23:59:25 ID:fA669f4r
>>116
浅野家の加増も不思議なものがあるんだけど

146: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/13(月) 15:40:45 ID:eeN1MD7B
>>145
池田同様、徳川と姻戚になったからでは?
清正や正則みたいな形だけの養女と違って一応家康の実娘を正室に迎えたのは大きい

150: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/27(月) 22:56:53 ID:pFxrBuFF
>>146
なんで婚姻したんだろう
見所があると思ったんだろうか

151: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/28(火) 18:10:56 ID:ueIpu13B
>>150
北政所ラインの確保じゃね?

118: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/10/09(月) 20:23:56 ID:gFLbOYTW
大坂の陣で淡路8万石をもらった蜂須賀も謎だぞw
大坂の陣の蜂須賀なんて、夜討くらったくらいで、あとは何もしてないだろう。
おまけに豊家恩顧の筆頭みたいなものなのに。

……長曾我部盛親を捕まえた功績か?

119: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/10/10(火) 17:50:52 ID:E0XX1whs
>>118
多分大阪城に対して裏工作を担当していたんじゃないかな?蜂須賀と言えば
豊臣家譜代の代表と行っても良い。色々大阪城内につてもあるでしょうし。

131: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/06(月) 19:52:39 ID:MZ+p8Ri2
清正のことを詳しく書いてる小説とか無いでしょうか

132: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/06(月) 20:07:40 ID:1H/QL4nK
>>131
いくらでもあるだろ・・・・

135: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/07(火) 11:52:35 ID:leutX8fz
>>132
ただ講談レベルの物も多いよな
海音寺の「加藤清正」なんてコレが本当に戦後の作品かと呆れた
まあ本人の作家デビューは戦前だけど
自作を「史伝文学」とか銘打ってた人間の書いた物とは思えん出来だw

136: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/07(火) 12:47:28 ID:uUjMQb51
まあ、あの加藤清正はあくまで小説だからね
同じ海音寺氏の書いた本でも武将列伝の方の清正は割りとまともだな
あの人は小説以外の著作はおもしろいと思うよ

139: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/07(火) 15:46:31 ID:leutX8fz
ほかの人間もみんなあの調子ならいいけどさ
三成と足利義満だけ妙に卑小に解釈されてる気がした

140: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/07(火) 17:01:59 ID:uUjMQb51
>>139
義満は読んでないな
悪人列伝の方?
三成に関して言えば対談などではっきり嫌いと言ってるからねw

154: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2006/12/17(日) 16:10:23 ID:6jGWqxnk
真田昌幸って爺さんイメージが強いが、何げに次世代武将の年代なんだよなあ

155: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2006/12/17(日) 21:17:14 ID:S4Io20fl
さすがに次世代というには年くってるんじゃないかと。
加藤清正が1562年生まれで関ヶ原では38歳なのに対して、
真田昌幸は1547年生まれで関ヶ原では53歳。
さすがに15歳違うと1世代上だと思う。
一応幸隆の後をついだ2代目ではあるけれども、このスレで話題になってる新世代武将に比べると、やっぱり戦国生え抜き系に入るんではなかろうかと。
やはり、彼より彼の息子達のほうが次世代武将でしょう。信之は1566年生まれで清正の4歳年下だし。

156: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2006/12/21(木) 20:36:29 ID:sntAni0+
武田の中では新進気鋭の若武者だったけどね。

157: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2006/12/25(月) 20:56:04 ID:v+NNHbWw
このクラスの器量は五十万石がせいぜいで戦乱の中でそれ以上を保てそうなのは三成と政宗ぐらい?

158: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2006/12/25(月) 21:01:03 ID:Q5x93U7N
>>157
つ【前田利長】

159: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2006/12/25(月) 22:23:47 ID:Xuym92H8
>>157
戦乱の世と中央集権下では適性が違い過ぎて比べられないだろう
むしろ後世DQNバカ殿の評価されてる方が向いてるかもよ。
この下の世代でそこらじゅうお家騒動起きてるのは、この辺の確執が噴出したと思ってるんだが。
もちろん家臣含めて。

160: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2006/12/30(土) 21:36:06 ID:v3UKFYQi
三成は陪臣じゃなくて大名の跡取り息子に生まれてたら結構いいとこいったろうね。
自家の統制はかなり上手くいってたみたいだし領民もよくなついてたみたいだから。

161: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2006/12/30(土) 21:54:58 ID:JytnQHSv
>>160
五奉行筆頭でれっきとした佐和山領主を陪臣呼ばわりとはひどいなw

162: 160 投稿日:2006/12/30(土) 22:03:35 ID:v3UKFYQi
>>161
スマソ
どうも秀吉が信長の家来ってイメージが強くてw
豊臣政権だと陪臣じゃないもんね。

169: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2007/01/06(土) 09:21:34 ID:IztyGU13
・・・バリバリに戦国乱世経験者なんで新世代武将より一世代上っぽいイメージがあるが、実は直江兼続も実はこの年代なんだよな。1560年生まれだから。
こいつは実績からいっても戦、政、謀全部優秀で、実際に戦国乱世の中で主君を助けて領土保持したからなあ。
関ヶ原では負け組に乗っちまったんで大局的な戦略眼には多少疑問符がつくが、家康にあんだけ無礼な手紙書いたくせに、相当減らされたとはいえ主家を残したんだから、やっぱ大したもんだと思う。

173: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2007/01/06(土) 22:49:39 ID:cYPKoKuR
>>169
戦では関ヶ原でのミスが目立つ以外何も無いような・・・。

171: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2007/01/06(土) 12:23:20 ID:B3TZse77
直江兼続も義がフレーズの割には大阪の陣で活躍してるし本多親子との親交もなんなのって感じだが。
単なる世渡り上手か?

172: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2007/01/06(土) 19:29:02 ID:IztyGU13
世渡り上手は戦国武将としては褒め言葉だろう。
そりゃ、立花宗茂の方が好感は持てるが、藤堂高虎のほうが戦国武将としては正しい生き方じゃないかな。
「義」についてはイメージ戦略だから、実態とは異なっていてもかまうまい。「武士の嘘は武略」ってことで。
もっとも、師匠筋の謙信の「義」については、いまいち本気なのかイメージ戦略なのか区別できないんだが。

183: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2007/01/30(火) 16:13:56 ID:oLzoPqdJ
今川範以は評価がムズい。
偉大なる親父さんの光輪に霞んでしまっているかもしれんし、
第一、親父さんに先立ってしまった。

184: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2007/02/08(木) 22:59:06 ID:LFvtMQpL
たまには6大将と謳われた佐竹義宣のことも思い出してあげて下さい。
地味ですが三成を助けるなど、天下の表舞台には一度はたったことがあります。

185: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2007/02/09(金) 23:38:05 ID:B5OscYAj
義宣はむしろ出羽に転封されてからのほうが面白いな

186: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2007/02/10(土) 08:36:12 ID:yGbDfRte
1560年生まれ以降は新世代って感じだな。

197: 人間七七四年 投稿日:2007/04/26(木) 23:03:41 ID:IrDDpJe1
虎退治等の逸話が山ほどあり、朝鮮人に今でも嫌われるほどの猛将で
天下の堅城熊本城を作り上げ、三名城の名古屋城や江戸城普請の中心であったほど築城の名人で
佐々成政でさえおさえ切れなかった肥後国人をまとめあげ、卓越した行政手腕を発揮し
生涯秀吉→秀頼に忠誠を近い、豊臣家の存続に命をかけ
死んだときには徳川家の暗殺説が出るほど家康から恐れられ
当時の肥後の民だけでなく、江戸の民衆、さらには幕末にかけて絶大な人気を誇り
あの新撰組局長近藤勇が口に拳骨いれたのは清正にあやかっていたという話もあり
西南戦争時には西郷どんに、「おいどんらは清正公と戦争して勝てないようなもんですたい」
とまで言わせ
戦前には教科書に忠義の人として教科書にまでのっており
さらには著名な歴史、時代小説家(池波海音寺司馬等)に愛され
今でも熊本に行けばせいしょこさんせいしょこさんと親しまれている。

そんな加藤清正公が最強
当時の肥後の民にだけでなく
江戸時代~昭和にかけて絶大な人気を誇った
加藤清正公が最強

198: 人間七七四年 投稿日:2007/04/28(土) 00:47:42 ID:ydL6mnVh
一方で西郷さんは三成さんの事も高く評価してたらしい。

201: 人間七七四年 投稿日:2007/05/10(木) 17:53:49 ID:IwMXhxtf
清正の虎退治は創作で、鉄砲で狩りをしてたはず。
名前は覚えて無いけど、確か本当に槍で退治したのは黒田長政の部下だったような…

208: 人間七七四年 投稿日:2007/07/15(日) 14:34:36 ID:xpGclwFp
みんな先代と比べて評価が低いんだよな。
二代目のほうが優秀な奴も多いだろうに。

209: 人間七七四年 投稿日:2007/07/16(月) 01:19:27 ID:762wVGEG
丹羽長重は誰も挙げないのかい。
親父がムヤミに大身だったから、その死後、領国継承時はかなり縮小したけど、
当時長重はガキだったし、その後結構持ち直してる。前田に対する目付けになってるし、
関が原の時一万の前田勢とたった一千で遣り合って引き分けてる。
まあそれで西軍方として領地失ってるけど、大阪の陣前に大名復帰。
浮き沈みの激しい人生だけど、自分の器量で結構這い上がる手腕は中々だと思う。

まあその後、丹羽家は江戸時代もずっと前田家と仲悪かったらしいけど。
江戸城登城の時期もずらしてたとかどっかで読んだ。
てゆーか、二百年たっても先祖の事でケンカしてるとは、おめーらチ〇ンかと。

216: 人間七七四年 投稿日:2007/07/17(火) 02:53:57 ID:sLZBSMg4
>>209
転封先で城郭整備しまくってるね。
オヤジ譲りの築城の名手だったのかな。

218: 人間七七四年 投稿日:2007/07/19(木) 19:48:44 ID:zgn4vH5/
>てゆーか、二百年たっても先祖の事でケンカしてるとは、おめーらチ〇ンかと。

南部と津軽なんて(ry

引用元: ・【清正三成】新世代武将を語るスレ【長政家政】







戦国武将事典 乱世を生きた830人 (Truth In History13)
吉田 龍司 相川 司 川口 素生 清水 昇
新紀元社
売り上げランキング: 162,645