51WTTNRYK9L



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/25(土) 05:08:18 ID:KR5J1ncz
このスレでは主家を見捨てたり、寝返ったり、弑したりした、不忠者または佞臣(といわれている)方々についてまったり熱く語りましょう。








2: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/25(土) 05:36:08 ID:xG9Vb5x6
なら将軍足利家を蔑ろにする
全ての武将が対象ですね

3: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/25(土) 06:24:23 ID:OUsmL+dI
トップは足利将軍を自らの手で首を跳ね、その首を寺に投げ込んだ赤松さんでしょ。

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/25(土) 07:46:35 ID:CKcprKSL
私は帝の臣であって、足利の家来ではございません。

4: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/25(土) 06:48:30 ID:5uz0GaS0
福島正則
小早川秀秋
加藤清正
黒田長政
毛利輝元
小山田信茂

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/25(土) 07:57:20 ID:tpzIvRSr
松永久秀【乱世の梟雄】 細川氏の被官三好長慶に右筆として仕える。

・主家の実権をめぐって対立する安宅冬康(長慶の弟)を謀殺する。
・三好三人衆と室町幕府第13代将軍足利義輝を攻め殺す(永禄の変)
・三好三人衆が立てこもった東大寺を攻撃して大仏殿を焼き払う。
・織田信長が上洛すると降伏して恭順の意を示し大和一国を安堵される。
・元亀2年武田信玄が上洛を開始するとこれに呼応し信長に背く。
・義昭が追放されて幕府が滅亡すると再び信長に帰順する。
・石山本願寺や毛利氏と連携、信長に反抗したが信貴山城に包囲され、名器平蜘蛛茶釜を道連れに爆死ww

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/25(土) 10:15:07 ID:Mrxzq4vN
当時は忠義とか忠誠心という考えはあまり浸透してなかったのでは?
今の感覚で語っていいんだろうか。

8: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/25(土) 10:35:05 ID:ckSE7cny
いけないとは言わないが、今の感覚で忠不忠を語るのは無粋極まるな。
逆に今と当時の忠誠心の差を把握した上で語るのは面白いかも。

まあ、要するに書き込む奴の品性と知性が如実に現れるスレになるだろう。

10: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/25(土) 12:11:18 ID:LdsFW/9P
まあ松永だけはガチ

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/25(土) 12:19:22 ID:cIGnrZva
家督を相続してからわずか数年の間に越後守護と関東管領を殺した長尾為景最強。
関連【親父】長尾為景【強い】


15: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/25(土) 21:00:57 ID:hvqL5Qgh
藤堂高虎は断じて不忠者じゃないです><

16: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/25(土) 22:15:47 ID:Z/3lDNNk
主家が滅亡したから、仕方無く主君を変えただけだよな

17: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/26(日) 00:01:31 ID:2VcS4i9X
豊臣本家は?

18: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/26(日) 09:07:09 ID:RIaCBPzp
あれも豊臣家ではなく秀吉に仕えていた、と考えれば問題ない。

実際、戦国時代には代替わりには主従の契約確認を行うのが通例。
秀吉が死んで、再契約せずに家康と契約しただけ。

19: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/26(日) 09:26:50 ID:ZiWIKOQU
秀吉の忠誠は織田家に対してではなく信長個人に対するもの
清正、正則らの忠誠も秀吉個人へのもの
小山田、穴山の忠誠は信玄個人へのものと考えれば・・・そう不忠者には思えない

光秀の様に主従を結んだ主君が生存中に謀反を起こして誅した輩はともかく

20: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/26(日) 10:21:36 ID:BZbDRH0I
秀吉は信忠の息子を利用しといてだからね。

21: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2006/11/26(日) 21:45:36 ID:RIaCBPzp
そうだな、秀信を自らの主と自分で推戴したから質が悪い。
まあ、秀吉にしろ家康にしろ簒奪自体は悪いことではないと思うが。

あと、小山田・穴山は勝頼との契約更新に応じているからアウト。

23: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2007/01/25(木) 22:28:39 ID:4T6BA2XW
秀吉は不忠だろ。常識的に考えて

24: 名無し議論スレにて投票方法審議中 投稿日:2007/02/12(月) 17:29:51 ID:PjVvgFj0
佞臣といえば、久武親直

48: 人間七七四年 投稿日:2007/05/28(月) 01:43:14 ID:IHThSZrR
久武ってなにしたの

50: 人間七七四年 投稿日:2007/06/17(日) 16:35:45 ID:fnP7B87L
主君の甥などを讒言して殺し、主家改易後は何事も無かったのように加藤家に仕えた。
スケールの小さい弾正みたいなもん。

51: 人間七七四年 投稿日:2007/06/17(日) 18:52:15 ID:S7WIciFp
弾正の方が芸術センスがあっただけまだマシだ罠
一番アレと思われる大仏の件はキリシタンバテレンの誹謗中傷らしいし

それに比べて久武といったら(ry

25: 人間七七四年 投稿日:2007/02/12(月) 18:23:33 ID:Dm35PwfI
長尾家に支援してもらうべく関東管領上杉憲政が越後に行ってる間に憲政の子供を北条に差し出し裏切ったやつで氏康に「不忠者め!」と殺された人。

妻鹿田 新助

妻鹿田 新助(めかだ しんすけ、生年不詳 - 天文21年(1552年))は、戦国時代の武将、関東管領山内上杉憲政の家臣。

天文20年(1551年)、敵対関係にあった北条氏康による上野国侵攻戦に抗戦するが、翌年には憲政は平井城を脱して越後国へ逃れる。しかし、龍若丸や新介は御嶽城に留まって抵抗したものの、やがて妻や弟の長三郎・三郎助、伯父の九里采女正らと謀り、龍若丸を氏康に差し出して自家の保全を謀る。龍若丸は殺されたが、新助らも氏康から不義をとがめられて誅されたという。

26: 仙台藩百姓 投稿日:2007/02/12(月) 19:48:03 ID:O7l9J0Kc
信長、秀吉は主家の衰退に付け込み乗っ取っりを謀った奸臣
光秀、家康は家臣の立場で主君を殺した大罪人
ただの反逆者であり弁明の余地はない

27: 人間七七四年 投稿日:2007/02/12(月) 19:57:11 ID:ZHvQfESs
家康の正室を寝取って勝頼に通じて売国使用とした大賀弥四郎


大賀 弥四郎

大賀 弥四郎(おおが やしろう、生年未詳 - 天正2年(1574年)?)は、戦国時代の武将。徳川氏の家臣。

『徳川実記』によると、初めは徳川家康の中間だったが、算術に長じていたため会計租税の職に試用された後、三河国奥郡20余郷の代官に抜擢された。普段は家康の居する浜松にありながら、ときどき岡崎にいる嫡男松平信康の用も務めるようになり、両者の信任を得て権勢並びなき者となり増長した。しかし、家康の家臣近藤某が領地を加増されたとき、大賀弥四郎が自分のとりなしによるものだと言ったため、近藤は大賀に追従してまで加増されたくはないと返上を申し出でた。このことがきっかけで、家康が大賀の日頃の悪行を耳にすることとなり、大賀は捕らわれて家財を没収された。

すると、大賀が小谷甚左衛門・倉知平左衛門・山田八蔵と共謀し、岡崎城を乗っ取って武田勝頼を手引きすることを書いた、武田方への書簡が発見された。山田八蔵も変心して信康に訴え出たため、大賀は馬に乗せられて浜松城下を引き回され、妻子五人がはりつけにされたのを見せられた後、岡崎で土に埋められ首を通行人に竹鋸で引かれ、七日後に死亡した。

山岡荘八の『徳川家康』などのフィクションでは、築山殿とも共謀して武田勝頼に内通していたように描かれているものもあるが、史料の裏づけはない。


32: 人間七七四年 投稿日:2007/02/13(火) 00:16:48 ID:xy6Izkxk
柴田、前田あたりは織田家と信長のどちらに仕えていたのだろう

34: 人間七七四年 投稿日:2007/02/14(水) 16:52:30 ID:xgjwxKp0
美濃のマムシと宇喜多直家はどういう扱い?

35: 人間七七四年 投稿日:2007/02/15(木) 17:57:15 ID:AJlfw44a
秀吉って本当に信長の娘を手篭めにしたの?

38: 人間七七四年 投稿日:2007/02/15(木) 19:41:58 ID:2355tMbD
>>35
手込めかどうかは不明だけど

信長の娘を側室にしたのは事実。「三の丸殿」でググって見なさい。

37: 人間七七四年 投稿日:2007/02/15(木) 19:35:40 ID:0Vfpxlco
長坂

41: 人間七七四年 投稿日:2007/02/18(日) 02:02:28 ID:RKrPPZe9
>>37
長坂は実際は忠臣だったらしいじゃないか跡部も

40: 人間七七四年 投稿日:2007/02/15(木) 22:05:03 ID:CccHk940
伊達政宗って、「しなかった」じゃなくて「する機会がなかった」の方が正しいと思う

42: 人間七七四年 投稿日:2007/02/18(日) 19:47:54 ID:KRzdGX7u
穴山あたりは、勝頼なんかより自分のほうが格は上だと
信じていたようだし、裏切りなんて意識はなかったろうな。

43: 人間七七四年 投稿日:2007/03/12(月) 13:48:01 ID:y99GGXTJ
海音寺潮五郎曰く
謀反を企てる人間の性質には二通りあるという。
深刻冷酷型と誠実型。
前者は計算を立て、長い年月をかけてやるため、成功する。
後者は抑えに抑えて我慢しているのでその謀反は爆発的だが
計算が成ってないため、失敗する。

57: 人間七七四年 投稿日:2007/07/25(水) 18:12:03 ID:PvUzW6jh
>>43
明智光秀はどっちの型なのかな?

59: 人間七七四年 投稿日:2007/07/30(月) 06:53:48 ID:cGWEWXjo
>>57
明らかに後者。

47: 人間七七四年 投稿日:2007/05/28(月) 01:14:20 ID:/EtyCe+O
浦上家の場合は宇喜多 直家
長宗我部家の場合は 久武 親直
大内家の場合は 陶 晴賢(隆房)

52: 人間七七四年 投稿日:2007/06/19(火) 19:18:27 ID:5ADAE6Ah
豊臣秀吉
石田三成
穴山信君

53: 人間七七四年 投稿日:2007/06/20(水) 15:00:21 ID:0/t2cZiE
藤堂高虎はどうだろう?

関連藤堂高虎について語るスレ


55: 人間七七四年 投稿日:2007/06/20(水) 18:20:47 ID:Xp7M8hrf
>>53
毎年契約交渉でゴネてFA権取得したらさっさと他所に行くスポーツ選手
のようなもん。佞臣とは違うでしょ。

54: 人間七七四年 投稿日:2007/06/20(水) 17:41:06 ID:dtuRpx9V
高虎は自分で仕えるべき主君を選んでいるだけ
秀長や家康には忠実に仕えている
どうも秀吉を内心嫌っていたらしいが

61: 人間七七四年 投稿日:2007/08/01(水) 06:30:39 ID:F9IfWlz/
宇喜多とか松永とか豪快な謀略家よりも大野治長とかのマイナーな佞臣を教えてください

62: 人間七七四年 投稿日:2007/08/01(水) 07:32:25 ID:UczQve3n
>>61
久武親直
兄親信の戦死により土佐・長宗我部氏家老を継ぐ。
尚、親信は「自分が戦死しても、弟には決して後を継がせないでほしい。弟は腹黒く、必ずやお家の災いとなる」旨言い残していた。
しかし、政治力に優れたことから重用された。讒言を用いて家中を牛耳ろうとし、長宗我部氏滅亡の遠因を作る。
主家滅亡後、謀略、讒言多い佞臣と評判が立ち、再仕官の当てが見当たらずに帰農したという。

63: 人間七七四年 投稿日:2007/08/01(水) 08:33:16 ID:A8HBPjxK
>>62
>尚、親信は「自分が戦死しても、弟には決して後を継がせないでほしい。弟は腹黒く、必ずやお家の災いとなる」旨言い残していた。

これって、何という史書に出てるんだろ。
もしかすると講談屋が江戸時代に創作したネタとかじゃない?

66: 人間七七四年 投稿日:2007/08/01(水) 22:22:43 ID:rFUfKLaT
>>61
大野は力不足なだけで佞臣じゃないだろ。
忠臣あつかいされてる片桐なんかよりよほど忠臣。

関連小ネタ◆片桐且元ですが胃薬が手放せません


64: 人間七七四年 投稿日:2007/08/01(水) 21:59:15 ID:eLbnUntJ
今まででてきた中で直家と久秀は佞臣超えて天才としか言えない

67: 人間七七四年 投稿日:2007/08/01(水) 23:47:36 ID:p1eXFjtS
徳川家康でしょ。
結果次第では日本史上始まって以来の大奸物の認定受けていただろうし。

69: 人間七七四年 投稿日:2007/08/02(木) 00:16:43 ID:TRcX0a68
何故斉藤道三が出てこない?
宇喜多直家・松永久秀以上の神だぞ。

後、あまり目立たないが北条氏綱。
今川の家来筋の立場だったが独立し、対立する関係にまでなる。

70: 人間七七四年 投稿日:2007/08/02(木) 01:39:45 ID:7vFWojNU
今川からの独立の過程がよく分からん。
そもそも早雲は家臣というより客将という居候の身なのだから
独立という言葉が適切ではないんじゃないか

71: 人間七七四年 投稿日:2007/08/02(木) 13:13:06 ID:Zb+RU5zK
もとは浪人だろうと、興国寺城を拝領した時点で今川家臣だろう。

72: 人間七七四年 投稿日:2007/08/02(木) 14:40:11 ID:gwl4pVMO
>>71
客将ってことでは? 厳密には家臣じゃない。

83: 人間七七四年 投稿日:2007/08/22(水) 07:56:22 ID:B7rjSOVZ
北条氏綱かー

氏親からすれば思い通りに行かない従兄弟ではあるが
恩人の子でもあるので、あまり強く物を言えなかったか

77: 宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c 投稿日:2007/08/04(土) 03:45:38 ID:OipfNpdx
主家退去坂崎直盛

78: 人間七七四年 投稿日:2007/08/04(土) 14:13:59 ID:vGGmLKbJ
>>77
直盛(詮家)は不忠者に相応しい最期だったな。

79: 人間七七四年 投稿日:2007/08/04(土) 19:17:40 ID:IogRuP5C
下克上でのし上がったのは佞臣っていうイメージと違うんだけど。
実力主義でしょ。

もっとこう久武みたいなのを

85: 人間七七四年 投稿日:2007/09/09(日) 00:39:33 ID:Tde9XQiq
ここいらで笠原政堯を推しておく。
親父・松田憲秀はこいつのとばっちりを喰った様な感じがするぜ。


笠原 政尭

笠原 政尭(かさはら まさたか、生年不詳 - 天正18年6月16日(1590年7月17日))は、戦国時代から安土桃山時代の武将。後北条氏の家臣。松田憲秀の長男 。

笠原康勝の養子となり笠原姓を名乗る。天正7年(1579年)に武田氏と北条氏の同盟関係が解消されると、武田家と隣接する防衛線には重臣が配されたが、中でも要害とされた武田氏の沼津城に隣接している戸倉城の守備を任された。

そんな最中、武田家臣で沼津城主の曾根昌長(虎長の祖父または父)から内応を持ちかけられ、天正9年(1581年)10月には武田氏に内応し、北条氏を離反。武田氏の支援を受け、義弟(康勝の実子)の笠原照重(てるしげ)を攻めて敗死させている。

甲州征伐により武田氏が滅亡した後は戸倉城も失い、路頭に迷っていたが、父の取り成しもあって何とか北条氏に帰参を果たした。豊臣秀吉の小田原征伐では父・憲秀と共に秀吉方に降ろうとした事が露見、父は監禁され、政尭は城内で殺害された。




92: 人間七七四年 投稿日:2007/09/30(日) 07:05:42 ID:G6ovF6FR
>>85
あのタイミングで武田に寝返ったのは本当に理解不能w

86: 人間七七四年 投稿日:2007/09/09(日) 00:52:18 ID:wCZW3u6p
小田原開城後に切腹の大道寺政繁はどうかな?

87: 人間七七四年 投稿日:2007/09/12(水) 21:06:58 ID:3MIMozBH
一ヶ月近く籠城した上での降伏だから正直そこまで悪い印象はない。
むしろ頑張った方。

89: 宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c 投稿日:2007/09/25(火) 20:41:07 ID:9xtvbjo4
備前軍記からなら長船綱直

91: 人間七七四年 投稿日:2007/09/26(水) 19:16:03 ID:BKGFDhs6
ちとマイナーだが壬生綱房。
この人に限らず天文年間の下野は混沌としてて面白い。

壬生 綱房

壬生 綱房(みぶ つなふさ)は、戦国時代の武将・戦国大名。壬生氏第3代当主で、下野の戦国大名・宇都宮氏の宿老である。権謀術数を駆使して芳賀高経などの重臣を失脚させ、宇都宮家中で絶大な権力を有するようになる。さらに晩年には下克上を果たし、宇都宮氏から独立する。


97: 人間七七四年 投稿日:2007/11/26(月) 00:36:14 ID:z/3poZdM
吉川広家だろうね。

100: 人間七七四年 投稿日:2008/01/23(水) 21:42:47 ID:Mg/dCi+8
>>97
佐野道可の一件がある以上、毛利秀元も同罪だけどな。

98: たられば君 投稿日:2007/11/26(月) 08:12:57 ID:usdIoCRe
姦臣は挙がっても佞臣を挙げるのは難しいね
本人は忠臣のつもりだったかもしれないし

99: 人間七七四年 投稿日:2007/11/27(火) 05:53:32 ID:iYnoVmwf
末期の能登畠山家の重臣みたいなのは不忠なんですかね?

101: 人間七七四年 投稿日:2008/02/02(土) 14:04:19 ID:KBsupToY
秀元は後に江戸城で他の大名達と弁当の見せ合いっこする
ような可愛い奴なので許してやってください。


引用元: ・不忠者・佞臣を語るスレ






日本の歴史〈10〉下克上の時代 (中公文庫)
永原 慶二
中央公論新社
売り上げランキング: 178,576