515H7QECSWL



1: 日本@名無史さん 投稿日:2010/09/10(金) 22:17:24
横井小楠








469: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/13(水) 20:44:25
土方久元

詳しく知りたいんだけど、伝記とかないのかなぁ
200px-Hijikata_Hisamoto


土方 久元

土方 久元(ひじかた ひさもと、天保4年10月12日(1833年11月23日) - 大正7年(1918年)11月4日))は、日本の武士(土佐藩士)・政治家である。

同じ土佐浪士の中岡慎太郎・田中光顕や坂本龍馬らとも連係し、薩長同盟の仲介に尽力。馬関における木戸孝允と西郷隆盛の会談を周旋する(ただし、連絡の行き違いにより未遂に終わる)。

七卿落ちから明治元年(1868年)にいたるまでの土方の活動は、自らの日記『回天実紀』によって詳しく記されている。


471: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/13(水) 23:55:11
>>469
誰かの伝記にチラリと登場が多いもんな

475: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/14(木) 04:23:09
>>469

巨人黄金期にたとえると末次みたいな人だ。

470: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/13(水) 20:46:52
青砥藤綱


青砥 藤綱

青砥 藤綱(あおと ふじつな、生没年不詳)は、鎌倉時代後期の武士。

ある人が時頼と所領を争ったさい、奉行人たちはその権威をはばかって敗訴としたのを、藤綱は道理を重んじて所領を返し、その人が謝礼に贈った銭をも返した。これによりその公正・剛直が広く知られるようになった。

かつて夜に滑川を通って銭10文を落とし、従者に命じて銭50文で松明を買って探させたことがあった。「10文を探すのに50文を使うのでは、収支償わないのではないか」と、ある人に嘲られたところ、藤綱は「10文は少ないがこれを失えば天下の貨幣を永久に失うことになる。50文は自分にとっては損になるが、他人を益するであろう。合わせて60文の利は大であるとは言えまいか」と答えた。


472: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/14(木) 00:43:40
>>470
はした金を探すために大金を費やしたエピソードだけの人にしては
よく知られてると思いますが。

476: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/14(木) 04:24:36
平群氏とか和爾氏とか息長氏は全盛期のパワーの割りに知名度が低いよな。

478: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/14(木) 12:27:42
>>476
長岡遷都以降急速に力を失ったの?

479: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/14(木) 13:53:34
>>476
そもそも全盛期があったのかも疑わしくないか?
平群はともかく、和邇、息長の本宗で全盛期って誰がいた?

480: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/14(木) 18:36:58
和珥(春日)や息長は大王家の外戚ってだけだよね。

484: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/14(木) 23:51:22
和珥氏は水軍や河川交易に関係していたとの説がある。

記録に残らなくても、意外と重要な役割だったのかも。

489: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/15(金) 18:59:26
くまぐす

492: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/16(土) 01:38:29
>>489 
30年くらい前ならともかく、現在では南方熊楠の知名度は
抜群に高いと思う。

494: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/16(土) 09:37:05
渤海国王 大欽茂
渤海は日本と同じ天孫族の作った国だったにもかかわらず、その実態はほとんど知られていませんね。
満洲国はその焼き直しで、沿海州まで領土を取戻そうとしてソ連を刺激したのがまずかったようです。

497: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/16(土) 16:11:38
渤海国の首都は上京竜泉府。地名がかっこいいな。

508: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/21(木) 18:40:40
エセ開国派の井伊直弼に比較してなぜか知名度の低い真の開国派・岩瀬忠震。


190px-Iwase_Tadanari


岩瀬 忠震

岩瀬 忠震(いわせ ただなり)は、江戸時代後期の幕臣、外交官である。列強との折衝に尽力し、水野忠徳、小栗忠順と共に「幕末三俊」と顕彰された。維新後に正五位を贈られた。島崎藤村の「夜明け前」にも登場する。


517: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/23(土) 01:24:54
>>508
岩瀬は知名度は低くてもいいと思う。
安政条約が不平等条約になったのも、
朝幕対立の原因になったのも、岩瀬のせいなんだけど
歴史的には上司の井伊直弼が責任者として
非難をあび汚名を着せられている。
その裏返しとして、開国の功績が
岩瀬を差し置いて井伊に帰されるのも仕方ない。

520: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/23(土) 02:45:00
>>517
岩瀬は頑張ったほうじゃないかな。不平等条約というけど、
関税については協定税率という形で、引き上げ交渉権も勝ち取れたし、
“オランダカード”を使ってアヘン禁輸も認めさせた功績もある。

小栗上野とどっちが知名度が上かな?

509: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/21(木) 19:40:53
岩瀬は家格が低いからだろうか。知名度低いよな。

512: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/22(金) 23:29:16
>>509
安政条約以降は、朝幕関係や倒佐幕関係だけが取り上げられて
対外交渉史はほとんど歴史では習わないからじゃないかな。

513: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/23(土) 00:17:40
井上穀

515: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/23(土) 00:30:03
井上毅は度々名前が挙がるね。
まあ明治政府の黒幕筆頭だからね

519: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/23(土) 01:52:53
小ナポレオン山田顕義
「日本のリスト」って地味すぎだろ大島貞益

大島 貞益

大島 貞益(おおしま さだます、弘化2年2月17日(1845年3月14日) - 大正3年(1914年)10月19日)は明治時代の著作家(経済評論家)・翻訳家・教育者。号は「石華」。

日本におけるF・リストの紹介者および保護貿易論者として知られ、「日本のリスト」と称される。


522: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/23(土) 08:47:56
>>519

> 小ナポレオン山田顕義


日大で有名


> 「日本のリスト」って地味すぎだろ大島貞益

こっちは確かに地味すぎ。

534: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/24(日) 12:37:00
西周


200px-Nishi_Amane


西 周

西 周 (にし あまね、文政12年2月3日(1829年3月7日) - 明治30年(1897年)1月31日) は江戸時代後期から明治時代初期の幕臣、官僚、啓蒙思想家、教育者。

漢学の素養を身につける他、天保12年(1841年)に藩校・養老館で蘭学を学んだ。安政4年(1857年)には蕃書調所の教授並手伝となり津田真道と知り合い、哲学ほか西欧の学問を研究。文久2年(1862年)には幕命で津田真道・榎本武揚らとともにオランダに留学し、フィセリングに法学を、またカント哲学・経済学・国際法などを学ぶ。

慶応元年(1865年)に帰国した後、目付に就任、徳川慶喜の側近として活動する。王政復古を経た慶応4年(1868年)、徳川家によって開設された沼津兵学校初代校長に就任。同年、『万国公法』を訳刊。明治3年(1870年)には乞われて明治政府に出仕、以後兵部省・文部省・宮内省などの官僚を歴任し、軍人勅諭・軍人訓戒の起草に関係する等、軍政の整備とその精神の確立につとめた。

明治6年(1873年)には森有礼・福澤諭吉・加藤弘之・中村正直・西村茂樹・津田真道らと共に明六社を結成し、翌年から機関紙『明六雑誌』を発行。啓蒙家として、西洋哲学の翻訳・紹介等、哲学の基礎を築くことに尽力した。



552: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/25(月) 16:29:43
>>534
人名の方は少なくとも高校日本史教科書では十分に知名度高いだろ。
あと中国史で王朝名の「西周」を知らない香具師は大学受けない人だろうし。

536: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/24(日) 12:43:21
志田重男 


Shida_Shigeo


志田 重男

志田 重男(しだ しげお、1911年11月21日 - 1971年7月3日)は、日本の労働運動家、社会主義活動家。日本共産党幹部を務めたが、除名された。

1950年に公職追放を受け、徳田球一らと地下に潜行。この時期、内部分裂した党の主流をなした所感派の代表的幹部であり、非合法活動の責任者「軍事委員長」となって、極左冒険主義闘争を指導。

1955年7月の日本共産党第6回全国協議会(六全協)直後、8月11日日本青年館で開かれた「六全協記念政策発表大演説会」の席上、野坂参三・紺野与次郎とともに、5年ぶりに地上に姿を現した。やがて党の資金浪費を追及されて1956年に失踪し、1957年に除名された。その後は変名の金井貞吉として、大阪や埼玉を転々とした後、1963年以降は東京荒川区に居住しビル清掃会社に勤めていた。その一方で「マルクス・レーニン主義研究会」「日本共産党(解放戦線)全国指導部」を本拠として日本共産党指導部に反対し続けた。1971年に胃癌のため、郷里兵庫県の病院にて変名である金井として死去した。


552: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/25(月) 16:29:43
>>536 
同じ元党員の志賀義雄と名前が似てるせいか混同され気味でカワイソス(´・ω・)

党資金横領→逃亡の人生は十分にドラマティックなのですが。

555: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/26(火) 07:09:27
坂上苅田麻呂

中国の後漢の霊帝の流れを汲むという東漢氏に繋がる渡来人
仲麻呂の乱で功をなし出世していくのだよね

556: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/27(水) 22:25:26
田村麻呂の親父殿ですね。功があったのになぜ多賀城に左遷されたのは謎ですね。

558: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/28(木) 02:01:54
>>556

左遷でなく、多賀城防衛のための実務的な人事でしょう。

多賀城は城と名乗っているが、防御力が低かったから。

557: 日本@名無史さん 投稿日:2010/10/28(木) 00:00:35
まあ、多賀城は陸奥の中心地として、太宰府の次に重視される特別の土地だったらしいから、
多賀城の長官(のような立場)だったとしたら、そこらのこくしよりか格は高いだろうが、
太宰権率でも左遷と見なされる例はあるしな。

559: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/03(水) 01:05:16
城と言っても高い塀に囲まれただけの中央政権のお役所ですから。

561: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/03(水) 11:32:04
>>559

復元図みると、塀ではなく木柵で囲ってあったらしいが。

560: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/03(水) 11:02:57
多賀城は築かれた時代の蝦夷対策最前線はもう少し先。
宮城県北部の桃生城や伊治(これはる≒栗原)城だからね。
伊治公呰麻呂の乱などがあったけれど、行政府としての役割は九州の太宰府に近かった。

その呰麻呂(あざまろ)も朝敵ということで知名度の低い人物ですね。

563: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/04(木) 01:16:09
多分犬上御田鍬

犬上 御田鍬

犬上 御田鍬(いぬがみ の みたすき、生没年不詳)は、飛鳥時代にあたる7世紀前半・日本の人物。姓は君。三田耜とも書かれる。最後の遣隋使および最初の遣唐使を務めた、大和朝廷の中級官吏・外交官の一人。


564: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/07(日) 13:58:21
いぬがみのみたすき
は小5で習う。

中学受験した日本人は全員知ってる名前。

565: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/07(日) 14:49:11
大伴家持

歌人としては有名だけれども、軍人としての業績はほとんど知られていないのではないでしょうか?

566: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/07(日) 18:00:24
>>565

同意する

569: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/08(月) 00:41:40
>>565
父親の大伴旅人も軍を率いてたんだっけ?

574: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/08(月) 15:06:17
>>569

大伴旅人は名前がかっこいいので、その分、知名度がある。

長曾我部みたいに名前で有名になるパターンもある。

567: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/07(日) 20:26:11
阿部比羅夫は、火の鳥のおかげで地味に名前が知れているような気がする。

ただ、うちの母ちゃんは架空の人物だと思っていたようだが。


阿倍 比羅夫

阿倍 比羅夫(あべ の ひらふ、生没年不詳)は、7世紀中期(飛鳥時代)の日本の将軍。氏姓は阿倍引田臣。越国守・後将軍・大宰帥を歴任した。658年から3年間日本海側を北は北海道までを航海して蝦夷を服属させ、粛慎と交戦した。


568: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/07(日) 22:17:17
北海道の ニセコ国際ひらふスキー場のある比羅夫の地名は、阿倍比羅夫と何か関係があるのでしょうか?

571: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/08(月) 04:47:14
大塔宮護良親王
赤松満祐
絶海中津
以上、教科書に載ってるのに一向にメジャーにならない室町時代の人。
赤松さんちのみっちゃんなんか、石田三成並みに面白いと思うんだが。

政治家としての藤原定家なんてのもマイナーだ。

575: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/10(水) 21:14:21
玉木文之進なんてどうだろう。
地方の役人として最高の一人と思うが。
現代の木っ端役人どもに見習ってもらいたいなあ。

576: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/10(水) 22:28:27
玉木は乃木将軍の師としてあまりにも有名

577: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/10(水) 23:39:10
玉木文之進は司馬本に出てくるからそれなりの知名度ある。

589: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/14(日) 13:10:55
八条院あき子

女帝になったかも知れない皇女。そしてそれよりも南北朝時代のはるか遠因となった
日本史上の重要人物ともいえるが、人となりはほとんど知られてない。

597: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/26(金) 21:53:36
くすばさいにん

598: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/28(日) 04:29:05
>>597 
初めて日本に定住したムスリムってことが知られてるだけで
十分な知名度だと思うが。

599: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/28(日) 07:20:44
徳川継友
某ドラマのせいで将軍位を争ったのは宗春ということになっているからか

600: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/28(日) 07:36:09
吉備由利
称徳天皇の晩年は天皇自身はしゃべれず由利が作文して伝えていた

601: 日本@名無史さん 投稿日:2010/11/28(日) 11:10:31
内山里奈が演じて有名になったはずだが

629: 日本@名無史さん 投稿日:2010/12/08(水) 22:09:47
浅草団左衛門

 今まで大河ドラマになることのなかった最後のスターではないだろうか?
 市川團十郎との抗争をメインに、車善七と絡めてドラマにすれば、高視聴率が狙える。

弾左衛門

弾左衛門(だんざえもん)は、江戸時代の被差別民であった穢多・非人身分の頭領。穢多頭(えたがしら)。幕府から関八州(水戸藩、喜連川藩、日光神領等を除く)・伊豆全域、及び甲斐都留郡・駿河駿東郡・陸奥白川郡・三河設楽郡の一部の被差別民を統轄する権限を与えられ、触頭と称して全国の被差別民に号令を下す権限をも与えられた。

「穢多頭」は幕府側の呼称で、みずからは代々長吏頭(ちょうりがしら)矢野弾左衛門と称した。浅草を本拠としたため「浅草弾左衛門」とも呼ばれた。

630: 日本@名無史さん 投稿日:2010/12/09(木) 01:39:27
弾左衛門じゃないの?

原作は塩見鮮一郎?

639: 日本@名無史さん 投稿日:2010/12/10(金) 14:33:19
宮崎滔天は知らないだろ、お前らも


Miyazaki_Toten


宮崎 滔天

宮崎 滔天(みやざき とうてん、明治3年12月3日(1871年1月23日) - 大正11年(1922年)12月6日)は、日本で孫文達を支援して、辛亥革命を支えた革命家、および浪曲師。欧州に侵略されているアジアを救うには、アジア文明の中心である中国の独立と中国民衆の自由が先決であり、それが世界平和に繋がるという信念のもと、大陸浪人として活躍した。



640: 日本@名無史さん 投稿日:2010/12/10(金) 23:56:45
孫文の支援者としてはむしろ梅屋庄吉の方が無名。

滔天は中国同盟会の仲介者として名前を残してるからな。

651: 日本@名無史さん 投稿日:2010/12/12(日) 21:07:50
井上馨

652: 日本@名無史さん 投稿日:2010/12/12(日) 22:33:41
井上馨は特に知名度が低いとも思えない。
鹿鳴館時代・欧化政策の代表として
中学受験でも習う名前だから
伊藤や山縣と並ぶ知名度はあるはず。

653: 日本@名無史さん 投稿日:2010/12/13(月) 14:53:00
知名度は伊藤ほどじゃない
山縣より少し劣る程度

665: 日本@名無史さん 投稿日:2010/12/18(土) 12:41:58
奈良の大仏の製造に関わった坊さんでは、
行基、重源は確か教科書にも載ってるが、
江戸時代に現在の大仏を再建した公慶は載ってないんだよね。

667: 日本@名無史さん 投稿日:2010/12/18(土) 14:24:12
>>665
2回目に大仏を燃やした松永久秀もセットで
まあ松永弾正を知らないのは戦国マニアじゃないというほどの有名人だが

673: 日本@名無史さん 投稿日:2011/01/01(土) 19:57:34
八田與一
日本統治時代の台湾で活躍した土木技師。
烏山頭ダムを造るだけでなく水路建設にも関わり台湾の農業発展に大貢献した。

重松髜修
日本統治時代の朝鮮で活躍した朝鮮金融組合理事。
私財を投げうって寒村で養鶏を指導し
さらにそれで得た貯金を家畜購入、農地購入、就学の費用に充てた。
終戦後逮捕されたものの重松のお陰で進学できた朝鮮人検事が
重松が無事に日本帰国できるように手引きしたという話もある。

674: 日本@名無史さん 投稿日:2011/01/02(日) 01:24:38
八田與一は最近知名度急上昇中じゃん。

689: 日本@名無史さん 投稿日:2011/01/10(月) 09:19:13
箕作阮甫

当時はかなり有名な洋学者だったにもかかわらず
「(江戸っ子だからという理由で)勝海舟の入門を断った学者」という
エピソードが歴史ヲタにちょっと知られてる程度。

699: 日本@名無史さん 投稿日:2011/01/22(土) 19:10:34
北条綱成は知名度低い方なのかな

700: 日本@名無史さん 投稿日:2011/01/22(土) 22:18:35
>>699
多分、地黄八幡が大河ドラマに出ることなんて、もう無いと思うぐらいマイナー
しかし、風林火山は冒険しすぎだった、いまさらながらに思う

701: 日本@名無史さん 投稿日:2011/01/23(日) 00:56:19
>>700
ちくしょう…大河はもっと堅実にやろうぜ

712: 日本@名無史さん 投稿日:2011/01/25(火) 22:54:58
牧野伸顕
近代史、昭和史を知るなら、聞かない名前じゃないが、
それ以外の人での知名度は、ゼロに近いんじゃなかろうか。

715: 日本@名無史さん 投稿日:2011/01/26(水) 20:37:07
>>712 
たぶんパリ講和会議に西園寺と一緒に全権で参加したのが
彼の人生の華だったのだろうが(でももう第一線引いてた後だよね)
そもそもその会議で牧野が一体何をしたのかとか
すぐに思い浮かんでこないところがカワイソス(´・ω・)


引用元: ・なぜか知名度が低い人物





中島棕隠 (日本漢詩人選集)
入谷 仙介
研文出版
売り上げランキング: 2,449,981