51Yzyq7LbGL



1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 07:55:01.68 ID:CAP_USER.net
木星の追跡に高度な幾何学、古代バビロニア


古代バビロニアの粘土板が解読され、14世紀にヨーロッパで発明されたのと同じ数学的手法で木星の見かけの動きを計算していたことが明らかになった。

科学誌「サイエンス」2016年1月28日号に発表された論文によると、古代バビロニア人は、夜空の中の木星の見かけの動きを時間を追って観察した結果を台形で表し、
その面積を計算することで、木星の運動を追跡していたという。
このような幾何学的手法が発展したのは、少なくとも1400年後の14世紀ヨーロッパだと考えられていたことから、歴史書を書き換える大発見となった。
(参考記事:「世界最古の十進法の計算表、中国で発見」)

米カリフォルニア大学バークレー校のニーク・フェルトハウス氏は、今回解読された粘土板は「バビロニアの数学的天文学と幾何学をついに結びつけました」という。
これは、過去100年以上にわたり、研究者を悩ませてきた問題だった。なお、フェルトハウス氏はこの研究には参加していない。(参考記事:「バビロンの空中庭園はやはり伝説?」)


13年がかりの解読

現在のイラクにあたる地域に住んでいた古代バビロニア人は、高度な数学技術を持っていたことが分かっている。
彼らは今から4000年近く前に2の平方根の近似値を導き、ピタゴラスの定理を理解していた。ピタゴラスが生まれる1000年以上も前だ。

バビロニア人は天文学の才能にも恵まれ、毎晩夜空を観測して詳細なカタログを作り、ハレー彗星の通過まで記録していた。
計算により天文現象を予測することもあった。(参考記事:「2016年、絶対に見たい天体ショー6選」)

けれども、高度な純粋幾何学の知識を天文学の計算に応用した実例は、これまで発見されていなかった。
ドイツ、フンボルト大学ベルリンのマチュー・オッセンドライバー氏は、じつに13年もの歳月を費やして、2000~2400年前に書かれた「4枚の粘土板に記された奇妙な台形の計算」を解読した。

これらの粘土板は1880年代から大英博物館に収蔵されていたが、木星に関係のある内容が記されていることに気づいたのはオッセンドライバー氏が初めてだった。
しかし、バビロニア人が木星の見かけの運動のさまざまな局面(例えば、地平線上に最初に現れるとき)までは解読できず、粘土板に書かれていたことの意味までは分からなかった。

オッセンドライバー氏はその後、大英博物館の膨大な収蔵品の中から、木星の見かけの動きの1周期を完全に記録した、未解読の、保存状態が非常によい粘土板を発見した。
これにより、ほかの粘土板に書かれている内容を理解できるようになった。(参考記事:「木星は「壊し屋」だった、太陽系形成過程に新説」)

解読の結果、古代バビロニアの天文学者は、台形を使って、速度や時間や位置を抽象的に表現していたことが分かった。
例えば、ある日から別の日までの間に夜空で木星の見かけの位置がどのくらい変化したかを知るためには、それぞれの日の木星の見かけの速度を測定して平均をとり、
平均速度を経過時間と掛ければよい。

粘土板の台形の辺は速度と経過時間を表しており、台形の面積の計算と木星の見かけの位置の公式が明らかに結びつけられていた。(参考記事:「太陽系に第9惑星の証拠見つかる」)
続きは | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/020100037/







4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 08:02:01.51 ID:fKHRz0rz.net
やっぱり核戦争で滅んだんだな

5: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 08:02:15.42 ID:umdyYE4w.net
バビロニア人はウロコをまとった人から教わったんじゃなかったっけ?

13: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 08:47:15.58 ID:3SwZoqsF.net
スターゲイトもあるはず

14: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 08:49:39.73 ID:r09GxoCj.net
古代エジプトだって幾何学を子供に教えてたらしいしな。
分業や機械化が発達した世界に住む現代人よりも、文明を生み出した古代人の方が頭は上等だっただろう。

27: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 11:17:38.27 ID:am3AXp67.net
ギリシャが科学や哲学の起源みたいに言われてるが、元になってるのはバビロニアやエジプトの科学だからな。
そもそもギリシャ人が西洋人ということ自体も疑問だが、ヨーロッパ人は自分達の文明を過大に宣伝しすぎだ。

28: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 11:29:41.39 ID:uZbmz7Yw.net
そもそも木星の見かけの動きって何だね?
実際の動きと違うのかね?

29: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 11:37:36.05 ID:qdIx73lc.net
>>28
地球から見た動きのこと  

30: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 11:38:43.12 ID:cEfNBQwk.net
>>28
惑星の楕円軌道は地球から近づいたり遠ざかったりするので
地球から見ると、まるで逆に戻ったりするように見える
だから昔の人は「惑う星」と書いて惑星と呼んだんだ

34: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 12:45:11.03 ID:ZmytF8w+.net
バビロニアもローマも凄い技術持ってたけど衰退したんだよな。
単に野蛮な民族に蹂躙されたと思ってたが、寒冷化でカルト宗教に頼って生き残るだけしか出来なかったのかも。

56: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 19:43:52.60 ID:kQJr2wf0.net
なんか知らんけど
高度な幾何学から抜け出したから今の科学があるのだよ
キリスト教圏内で解析学が起こり、幾何学を簡単な計算にした

58: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 19:48:19.57 ID:bJDNX2yb.net
>解読されていない粘土板が何千枚も眠っています

現代社会でも未発見の数式とか眠ってんじゃねーの?

63: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 21:09:17.58 ID:nzPqoSzQ.net
とりあえず原文に当たるまでは保留だな。
あと、粘土板で云々いうのなら、そちらの画像でも出て来ないことには
それこそよくわからん。

65: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 22:15:08.94 ID:4NcRBlOS.net
2000年程度でこんなに文明が発達するんだから、
数千年前に滅んだ文明が今以上に進んだ科学技術を持っていても不思議ではないのかな


引用元: ・【考古学/天文学】木星の追跡に高度な幾何学、古代バビロニア 歴史書を書き換える大発見、実は1400年も早かったことが判明




望遠鏡以前の天文学
望遠鏡以前の天文学
posted with amazlet at 16.02.02
クリストファー・ウォーカー
恒星社厚生閣
売り上げランキング: 773,757