51F5K1fH8mL



1: 人間七七四年 投稿日:2007/06/08(金) 23:01:13 ID:MYB9vOSB
浦上家の柱石「能家」、BADBOYな「直家」、泳げなかった「秀家」の陰に隠れてしまっている興家公を表舞台に担ぎ出すスレ。







宇喜多 興家

宇喜多 興家(うきた おきいえ)は、戦国時代の武将。備前国の国人。浦上氏の家臣。宇喜多能家の嫡男。弟に四郎、子に宇喜多直家、忠家、春家。

大永4年(1524年)、父・能家より家督を譲られるが、天文3年(1534年)に父が島村盛実により砥石城を攻められ自害すると、子の直家を連れ備後国鞆津まで落ち延びる。

後に備前福岡の豪商・阿部善定に庇護されると、善定の娘を娶り、忠家、春家の男児2人[2]に恵まれた。なお、『常山紀談』では興家は暗愚であったため、阿部善定に養われて牛飼童となり、年経て召使ふ下女を娶わせて子が3人、直家・忠家・春家としている。

天文5年(1536年)に病死。既に家督をゆずられ家長となっていたにも関わらず、抵抗もせず城を明け渡し逃亡したことを受け、興家は暗愚であったと後世評されるが、宇喜多氏の家名、幼い直家を守るためにあえて暗愚を装っていたという説もある。





2: 人間七七四年 投稿日:2007/06/08(金) 23:04:46 ID:xYwwATrp
毛利氏研究者の森本繁氏が、興家は暗愚を装っていたと書いていてワロタW

3: 人間七七四年 投稿日:2007/06/08(金) 23:17:22 ID:MYB9vOSB
装う必要性が無いww

6: 人間七七四年 投稿日:2007/06/09(土) 15:12:28 ID:AfwNJzNT
俺岡山在住なので、宇喜多氏についての知識はまあある

備前軍記によると、興家には四郎という弟がいたそうだ、これが良く出来た弟で
父の能家は愚鈍な興家よりこの四郎に家督を継がせたかったらしい
しかし何かの戦いで戦死した(浦上対赤松だったか?)能家は深く悲しんだという

7: 人間七七四年 投稿日:2007/06/09(土) 16:09:41 ID:vtBcjpto
もしシローが死ななかったら直家が表舞台に出てこなかっただろうから浦上家は安泰だったわけか。

8: 人間七七四年 投稿日:2007/06/09(土) 18:53:58 ID:AfwNJzNT
今調べたら宇喜多四郎は1523年に戦死している、
兄の興家が1501年生まれでその弟だから、戦死したときはまだ十代だったかも試練、

兄興家のことについても書くと興家は1501年生まれ、没年は1544年。
男子だけ書くと、子に直家、春家、忠家がおる

岡山在住なので詳しく調べればいいのだが時間がなかった

10: 人間七七四年 投稿日:2007/06/09(土) 23:02:29 ID:vtBcjpto
鷲も岡山人じゃが春家って忠家と同一人物っていうのは本当なん?
いろんな説があってどれが本当かとは言い切れんじゃろうけど。

11: 人間七七四年 投稿日:2007/06/09(土) 23:28:00 ID:Q4/9rFuU
忠家と春家は駄目親父が流浪中に匿われていた商家の娘との間に作った
直家とは腹違いの弟たちって言うのが俺の聞いた説だ。

15: 宇喜多直家信者 投稿日:2007/06/10(日) 03:48:54 ID:nmPnQpqi
興家については阿部善定の娘を妻にもらってる、この妻相手に忠家、春家を
生ませたという、

18: 人間七七四年 投稿日:2007/06/10(日) 16:34:38 ID:Zdt34mJS
宇喜多って意外と人気あるね

20: 人間七七四年 投稿日:2007/06/10(日) 17:02:52 ID:bcUSpMGX
>>18
意外ととは失敬な!
宇喜多は能家から四代が濃いから面白い
似てない親子の繰り返しだw

23: 人間七七四年 投稿日:2007/06/10(日) 22:35:49 ID:+wSLX+vZ
>>18
人気ねぇだろ
山梨県での武田、新潟県での上杉みたく
岡山県の英雄と言えば宇喜多・・・・なんて事はまーーーったく無し

江戸時代に治めて名君を輩出し皇室とも縁深い池田の足元にも及ばない

22: 人間七七四年 投稿日:2007/06/10(日) 19:52:31 ID:JpGm5f/0
岡山(備前・備中・美作)の大名は面白いのが多いな。
宇喜多に小早川に3回も滅ぼされた三浦。

25: 宇喜多直家信者 投稿日:2007/06/10(日) 23:30:30 ID:pLOh2LMB
興家は暗愚であったと言われるがいまいちそれを示す
記述がないのは不思議

26: 宇喜多直家信者 投稿日:2007/06/11(月) 01:11:35 ID:vFRXuLvq
興家は馬鹿にされていたのである

35: 人間七七四年 投稿日:2007/06/11(月) 21:08:18 ID:B5ncR/Oq
宇喜多家が有名なったのってぶっちゃけ秀家のお陰じゃね?

36: 宇喜多直家信者 投稿日:2007/06/11(月) 23:56:09 ID:vFRXuLvq
宇喜多家って直家、秀家と美男が続いてるから興家も美男だったかもしれん

40: 宇喜多直家信者 投稿日:2007/06/12(火) 05:05:54 ID:ZAisVUtu
興家は戦いに出た形跡すらないんだが
弟の四郎は戦死してるのに…

37: 人間七七四年 投稿日:2007/06/12(火) 03:37:45 ID:rQfW0qPh
俺も岡山人だが、

小早川秀秋 >>>>> 越えられない壁 >>>>> 宇喜多一族

岡山人は、関ヶ原の勝者にして岡山藩主の小早川秀秋を崇拝しなければならない。

38: 宇喜多直家信者 投稿日:2007/06/12(火) 03:59:45 ID:ZAisVUtu
>>37
あんな暴君を崇拝する気にはなれんよ

39: 人間七七四年 投稿日:2007/06/12(火) 04:35:50 ID:lEanWTsM
池田の殿様なら崇拝できるけどな

41: 人間七七四年 投稿日:2007/06/12(火) 11:11:55 ID:nUkM6eDK
池田光政とか名君だよな
でも小早川>宇喜多はありえん!

66: 宇喜多直家信者 投稿日:2007/06/15(金) 02:41:04 ID:1j+SlnNc
宇喜多興家は備前軍記にもほとんど名を出さない

85: 宇喜多直家信者 投稿日:2007/06/17(日) 00:03:18 ID:3ZxWb/wP
備前軍記で暗愚と言われている将

浦上政宗(宗景の兄)
宇喜多興家(5回も言われてる)

しかし興家に関する資料はほとんど備前軍記にしかない、 はっきり言って興家が戦に出た記述も、直筆の文書もない。
父能家は次男の四郎に家督を次がせたかったようだが、惜しくも
討ち死にした、
この時の浦上対赤松の戦いにも興家が出陣した形跡はない、
ただ臆病というだけで戦場に出ないなんてことがあるのだろうか、
俺は興家はなんか致命的な病気でもしてたんじゃないかと思うんだが、

93: 宇喜多直家信者 投稿日:2007/06/21(木) 11:26:04 ID:2tEnc520
備前軍記にて興家の記述

島村豊後守が宇喜多能家を殺害の事並びに宇喜多家の事

・・・興家は暗愚であるうえに臆病であったから、防ぎ戦うこともせず、
城を捨てて逃げ出した。

94: 宇喜多直家信者 投稿日:2007/06/21(木) 11:40:53 ID:2tEnc520
備前軍記にて興家の記述

宇喜多直家の出生及び浦上宗景へ仕官の事

宇喜多能家の子興家は、父の仇を討つ意志もなく、
最初その子八郎(のちの直家)と共に流浪して備後国に隠棲したが、
後に備前国の福岡に戻り、同地の富豪阿部善定が宇喜多の家臣の
縁者であったことから、父子共に善定のもとに身を寄せ隠れ住んでいた。
興家は、やがて阿部家の娘を妾とし二人の男子をもうけた。
後の忠家・春家がそれで、直家には異母弟にあたる。
天文五年(1536)興家はこの家で病死し、福岡の寺域に葬られた。
法名は露月光珍という。

その他の記述
・・・この八郎七八歳までは極めて利発な子であったが、
十歳を越えてからは暗愚な父興家よりも更に愚鈍になり・・・

95: 宇喜多直家信者 投稿日:2007/06/21(木) 14:40:51 ID:vIERq/h8
このように興家の記述はほとんどないし、あっても暗愚か愚鈍か臆病としか
書かれてない

101: 人間七七四年 投稿日:2007/07/29(日) 22:35:22 ID:JHOIhUv/
隔世遺伝と思う
能家(優・陰?)→興家(愚・陽)
   →直家(優・陰)→秀家(愚・陽)

102: 宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c 投稿日:2007/07/29(日) 22:39:29 ID:uL2vghJ9
>>101
秀家はさすがに興家ほど愚ではない。

105: 人間七七四年 投稿日:2007/08/01(水) 20:34:44 ID:Tf8I3MB+
宇喜多興家は状況判断が的確に出来た名将であった。
父能家が亡くなった時には既に余命幾ばくも無い身でありながら宇喜多家再興のために恥をしのんで豪商福岡家に身を寄せ財力を蓄えたのだ。
そしてこの思いは見事、息子直家によって果たされたのであった・・

106: 人間七七四年 投稿日:2007/08/02(木) 00:22:55 ID:raLAr73E
>>105
武将じゃなくね?

107: 宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c 投稿日:2007/08/02(木) 00:32:29 ID:tlLm2oR9
そもそも戦いに出た記録さえない。
備前軍記とか和気絹がなければ実在を疑われかねない。
美作太平記には、直家は能家の子、と記されてるぐらいだ。

108: 人間七七四年 投稿日:2007/08/02(木) 06:35:00 ID:lEobeUjg
小説による扱いの違い

悪いやつら(東郷隆)
病死の際、八郎に「島村貫阿観を倒せ。倒すには、
刻をかけろ。元服まで愚人を装い力を溜めよ」
と語り、八郎は興家の遺言に従い暗愚を装う
※わりとかっちょイイ

宇喜多直家(黒部亨)
興家は、馬牛の世話係。沼にはまって死亡。
泥や糞尿で悪臭が漂う。直家は、「島村からの
刺客を避けるために父興家は、愚人を装った」
と考え自分も暗愚を装う
※ボロクソ→フォロー

黒い風雲児(高橋直樹)
興家が浦上宗景より乙子300貫を賜るが、
その知行地を取る事ができず(海賊に
負ける)、福岡に篭るようになり、自害。
岡惣兵衛の判断により病死と発表。
※以外と父親らしいところ見せてまぁまぁ

宇喜多秀家 備前物語(津本陽)
※これといったイベントの記載なし・・・

109: 宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c 投稿日:2007/08/02(木) 19:11:49 ID:8rNIxXUg
俺はPHPの宇喜多直家の興家像がなかなか近いのではと思っている。
牛飼いをしてたのはどうも事実っぽいし。

110: 宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c 投稿日:2007/08/05(日) 03:46:31 ID:+LK6DQKp
ちなみに>>109のソースは、『常山記談』のこの文から。
「愚かなれば牛飼い童とせり…」

111: 人間七七四年 投稿日:2007/09/01(土) 04:06:59 ID:x1hDn15+
浅井久政と印象が似てる。

悪く言えばただの臆病者
良く言えば己の身の程をわきまえて家の存続の為に賢明な判断をした。

113: 宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c 投稿日:2007/10/11(木) 03:00:02 ID:deVDaeOC
絶望的に記録が少ない。


引用元: ・【愚なる上に】宇喜多 興家【臆病】







梟の系譜 宇喜多四代 (講談社文庫)
上田 秀人
講談社 (2015-11-13)
売り上げランキング: 122,628