1: のっぺらー ★ 投稿日:2016/02/07(日) 14:27:36.53 ID:CAP
公益財団法人日本美術刀剣保存協会(東京都)が「特別保存刀剣」と鑑定した貴重な刀が
津山市鍛治町の無職、菅野昭夫さん(86)方で保管されている。
皇族の作で明治末期のものとされる。

同協会学芸部調査課の石井彰課長は
「皇族によって作られたものが現存しているのは、非常に珍しい。保存状態も良く、貴重な歴史資料になる」と評価している。

刀は第107代天皇、後陽成(ごようぜい)天皇の第七皇子、有栖川宮好仁(ありすがわのみや・よしひと)親王が創設した有栖川宮家の第10代・威仁(たけひと)親王(1862~1913年)の作。
長さ約73センチで、茎(なかご、柄に被われる部分)には威仁親王の幼名「●(=のぎへんに同)助(さわすけ)」の刀銘と、刀工の桜井正次氏を師にして、船「日出丸」の古釘を用いて作られた製鉄法が刻まれている。

刀は戦時中、戦勝祈願で伊勢神宮へ奉納されることになっていたが、宮内庁から奉納を託された皇學館高校(三重県伊勢市)の教官が病に倒れ、生徒だった菅野さんの知人に託された。

敗戦で刀は受け取り手がないままとなり、知人は実家のある津山市に持ち帰ったという。
古物商などを経て、刀剣愛好家だった菅野さんの手元に渡ったのは昭和46年。
以来、家宝として大切に保管されている。

菅野さんは刀剣展などがあれば、公開する意向で
「『御作』(皇族によって作られたもの)というものの存在を知り、日本刀の伝統技術や文化など、美術品として感じてもらえれば」と話している。

写真:皇族の作で明治末期のものとされる太刀
no title

写真:「特別保存刀剣」を保管している菅野昭夫さん
no title


以下ソース:産経west 2016.2.6 23:47
http://www.sankei.com/west/news/160206/wst1602060087-n1.html








6: やまとななしこ 投稿日:2016/02/07(日) 15:07:53.54 ID:yOuoJr8F.ne
終戦のどさくさで盗んだ刀だろ返せよ

7: やまとななしこ 投稿日:2016/02/07(日) 15:09:27.42 ID:yOuoJr8F.ne
宮内庁に託されたんだったら宮内庁に返せよ
何やってんのコレまじでwwwww

泥棒じゃんか

8: やまとななしこ 投稿日:2016/02/07(日) 15:26:53.53 ID:Dt7CC0DN.ne
>>6>>7
こういうのは窃盗とは言わないから

9: やまとななしこ 投稿日:2016/02/07(日) 15:31:57.12 ID:btSEUPvs.ne
いや、伊勢神宮へ奉納しろよ

10: やまとななしこ 投稿日:2016/02/07(日) 15:35:02.06 ID:XybfRtef.ne
>知人は実家のある津山市に持ち帰ったという

この知人が横領して古物商に売ったってこと?

12: やまとななしこ 投稿日:2016/02/07(日) 15:49:14.00 ID:1lis+6r3.ne
有栖川宮というとあの詐欺事件を思い出す

18: やまとななしこ 投稿日:2016/02/07(日) 19:49:59.17 ID:Bkzon0cS.ne
有栖川宮威仁親王といえば北白川宮成久王と並ぶイケメン皇族
刀を自作するような感じの人には見えないんだけど
Prince_takehito_in_england


20: やまとななしこ 投稿日:2016/02/07(日) 20:33:14.09 ID:VVGrPz5e.ne
武術や日本刀の保存の先頭に立っておられた御方で、
あまり体が丈夫であらせられないのに、結核御療養中に
作刀にまで手をお出しになったとか。


引用元: ・【岡山】皇族『御作』の刀、家宝に 津山市の愛好家 刀銘は有栖川宮威仁親王の幼名[02/06]




図説 日本刀入門
図説 日本刀入門
posted with amazlet at 16.02.07

学研パブリッシング
売り上げランキング: 17,918