51aTB-z07RL



1: 日本@名無史さん
 三舟-勝海舟、山岡鉄舟、高橋泥舟について語りましょう。






幕末の三舟

幕末の三舟(ばくまつのさんしゅう)は、幕末から明治時代初期にかけて活躍した幕臣である勝海舟、山岡鉄舟、高橋泥舟の3名の総称。

幕末、徳川慶喜から戦後処理を一任された勝は、官軍の西郷隆盛との交渉役に高橋を推薦するが、高橋は遊撃隊(慶喜の身辺警護にあたる)の隊長を務めており、江戸を離れることができなかった。代わりに推薦されたのが、高橋の義弟にあたる山岡であった。

慶応4年3月9日(1868年4月1日)、山岡は西郷との会談で、江戸城開城の基本条件について合意を取り付けることに成功した。その後、勝が単身で西郷と交渉、同年4月11日(5月3日)、江戸城は無血開城されることとなる。

江戸を戦火から救った勝、山岡、高橋の名前にいずれも「舟」がつくことから、この3人を「幕末の三舟」と称するのである。





2: 日本@名無史さん
名前に舟がつくこと以外の共通点はなんですか?

3: 日本@名無史さん
>>2
幕臣

6: 日本@名無史さん
三舟ってこんなに人気なかったの?

7: 日本@名無史さん
>>6
というより、海舟なら海舟座談とか夢酔独言とか大河ドラマとかで生い立ちとかも
知られているけど、鉄舟や泥舟はほとんど知られてないから、並べてもあまりピン
と来ないのでは?
250px-Yamaoka_Tessyu


山岡 鉄舟

山岡 鉄舟(鐵舟、やまおか てっしゅう)は、幕末から明治時代の幕臣、政治家、思想家。剣・禅・書の達人としても知られる。

幕臣として、清河八郎とともに浪士組を結成。江戸無血開城を決定した勝海舟と西郷隆盛の会談に先立ち、官軍の駐留する駿府(現在の静岡市)に辿り着き、単身で西郷と面会する。
明治政府では、静岡藩権大参事、茨城県参事、伊万里県権令、侍従、宮内大丞、宮内少輔を歴任した。

勝海舟、高橋泥舟とともに「幕末の三舟」と称される。身長6尺2寸(188センチ)、体重28貫(105キロ)と大柄な体格であった。

その人間性は、西郷隆盛をして「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と賞賛させた。


高橋 泥舟

高橋 泥舟(たかはし でいしゅう、天保6年2月17日(1835年3月15日) - 明治36年(1903年)2月13日)は、日本の武士・幕臣。

生家の山岡家は槍の自得院流(忍心流)の名家で、精妙を謳われた長兄・山岡静山に就いて槍を修行、海内無双、神業に達したとの評を得るまでになる。
生家の男子がみな他家へ出た後で静山が27歳で早世、山岡家に残る英子の婿養子に迎えた門人の小野鉄太郎が後の山岡鉄舟で、泥舟の義弟にあたる。

勝海舟が、徳川家処分の交渉のため官軍の西郷隆盛への使者としてまず選んだのは、その誠実剛毅な人格を見込んで泥舟であった。しかし泥舟は慶喜から親身に頼られる存在で、江戸の不安な情勢のもと、主君の側を離れることができなかった。代わりに義弟の山岡鉄舟を推薦、鉄舟が見事にこの大役を果たした。

後に徳川家が江戸から静岡に移住するのに従い、地方奉行などを務め、一時田中城を預かる。廃藩置県後は職を辞して東京に隠棲、書画骨董の鑑定などで後半生を送った。



11: 日本@名無史さん
鉄舟と泥舟を語るならば清河を通すとよく判る。 
江戸無血開城のときの、薩摩と山岡の橋渡し役になった益満との関係は、清河の虎尾の会で培われたもの。

12: 日本@名無史さん
書の値段は 海舟>泥舟>鉄舟 なんだがな!個人的には泥舟の字が好き。
300px-Calligraphies_of_Bakumatsu_Sanshu
幕末三舟 三幅対(右:山岡鉄舟、中央:勝海舟、左:高橋泥舟)


14: 日本@名無史さん
山岡鉄舟だとカコイイけど、山岡鉄太郎だとださすぎる。

17: 日本@名無史さん
だれが高橋泥舟なんかについて語りたがるんだよ? 書道やってるやつとかか?

19: 1
書道やってるんで・・・難しいですが好い字ですよ!個人的には泥舟>鉄舟>>海舟 だと思います。

20: 日本@名無史さん
>>19
知名度は逆なのにな。

21: 日本@名無史さん
>>20
海舟は生き方を表してる字だと言われてます・・・つまり調子がいいと。

25: 日本@名無史さん
鉄舟・剣術の名人
泥舟・槍術の名人
海舟・話術の名人

27: 日本@名無史さん
サービス精神が旺盛だったといってくれ<勝

33: 日本@名無史さん
氷川清話読んだけど、あれで勝海舟の見方が変わったな、かなり頭ええよ!お調子者というより未来が見えすぎて
世間に対してなんか浅薄な感じを強く受けてる感じ、つまりしらけているような人間だね。

34: 日本@名無史さん
>>33
「かなり頭ええ」って アンタ 最低クラスから本人の才覚だけで抜擢された
抜群の秀才なのに、今さら何を・・・。

> しらけているような人間

そりゃ 能もないのに世襲で高い地位についている上役連中に散々邪魔された
からね。薩長の若い連中のほうがはるかに上だってなもんだ。

38: 日本@名無史さん
江戸無血開城の時の鉄舟って案外若かったんだな・・。

43: 日本@名無史さん
山岡鉄舟といえば清水次郎長を改心させたとか、西郷に「生命も、名も、金もいらぬ始末に困る人なり」と言わせるとか、旧幕臣でありながら明治天皇の教育係になるとか、千葉道場で知り合った清河なんかと浪士組の基礎を築いたり、あとは、アンパンを明治天皇に謙譲してそれが公表でアンパンが有名になったとか。

結構いろんなことしてるから興味はあるけど、あまり有名じゃないね。エピソード的にはいろいろあって上手く小説にでもすれば幕臣側の竜馬みたいなヒーローになっても良いとは思うんだけど、出身がちゃんとした武家(代官?)で、50過ぎまで長生きして早死にしなかったのがいけないのか?

45: 日本@名無史さん
海舟の爺さんが座頭の金貸しで、金で御家人株を買ったんだよな。
でもその子孫から海舟の叔父で幕末の剣聖である男谷精一郎やら海舟やらが出たんだから面白い。

海舟鉄舟はよく知られてるけど、泥舟は知名度低すぎ。

48: 日本@名無史さん
>>45
その座頭は米山検校とかいって、海舟からは曾祖父だ。
祖父は男谷平蔵、平蔵が勝家の株をかいとり息子の小吉を入れた。
勝家は三河直参の旗本だったが、没落してお目見え以下だったとか。
しかし海舟が出世するにあたってはこの直参旗本という家柄は
重要だったという見解があるよね。

49: 日本@名無史さん
>>48
当時の株は家だけなの?それとも婿という形で娘と婚姻?

50: 日本@名無史さん
>>49
買われた当時の勝家の状況がよくわからんけど、
小吉は養子として勝家に入ったらしい。
妻の信(海舟の母)も、家付き女ってだけで、勝家の娘じゃないらしい。
だから、海舟には直参勝家の血は流れていないと・・・持ってる本に書いてあった気がする。

58: 日本@名無史さん
小吉が勝甚三郎の養子になったのは数えの7歳
妻となる甚三郎の娘信は5歳
信を勝家の遠縁の娘で養女にしたとする説もある
甚三郎夫妻は早く亡くなり鬼のような祖母との3人暮らしとなって
14歳の頃家出し乞食同然に伊勢に参ってから上方を遊歴
これを小吉の作り話とする説もある
元服後は小普請の例に洩れず任官運動を繰り返すが不調
身を持ち崩し21歳から3年間実父男谷平蔵により座敷牢に入れられた
海舟は小吉が22歳の時の子
その後に生まれた娘順は佐久間象山の妻となる
小吉は37歳で海舟に家督を譲り隠居
随筆「夢酔独言」を著し49歳で脚気のため死んだ
海舟は7歳のとき将軍家慶の五男初之丞の御学友に抜擢され運が開けた

高橋泥舟は山岡家に生まれ高橋家に養子に入った
山岡家に嗣子が絶えたため泥舟の妹と結婚した鉄舟が山岡家を継いだ

64: 日本@名無史さん
鉄舟、泥舟合作の屏風が250万円だそうですね・・・高い!

65: 日本@名無史さん
鉄泥合作で250万なら高くないんじゃないかな・・ほしい・・


無理だけど

76: 日本@名無史さん
鉄舟の小説を探したことがあった。

結局、南條範夫と津本陽と大森曹玄と五味康祐ぐらいしか見つからなんだ。
泥舟については、子母沢寛くらいしか知らない。

書かれないからマイナーなのか、マイナーだから書かれないのか……。

78: 日本@名無史さん
>>76
なんでそこまで読んで、岩崎栄の山岡鉄舟が出ないんじゃ

79: 日本@名無史さん
>>78
ありがとう。絶版なので知りませんでした。
暇があれば今度読んでみます。

77: 日本@名無史さん
龍馬や西郷のように書かれすぎて、かえって実像がさっぱり分からなくなってる人物よりまし。

81: 日本@名無史さん
洗足池にて勝と西郷の合同祭典がありました。
たまたま現場を通ったのですが、両家子孫がいっぱい・・・

82: 日本@名無史さん
>>81
みためからして西郷家がでかくて勝家が小さかったら面白いのにな。

83: 日本@名無史さん
勝家って結局、慶喜の息子の精(くわし)さんが継いだんだよね。
実子の梅太郎の方は確か外人と結婚してたはずだから…子孫小柄じゃないかも

84: 日本@名無史さん
そうなんだ、梅太郎外人とケコーンしたのか

93: 日本@名無史さん
今までは人並みの身と思いしが
五尺に足らぬ子爵なりとは

94: 日本@名無史さん
へ?海舟って150センチなかったの?

95: 日本@名無史さん
皮肉の歌にマジレスすんなよ…(´・ω・`)

96: 日本@名無史さん
勲功録での海舟の鉄舟への仕打ちは惨い。
海舟ともあろう目端の利く人が、なんでこんなバレることをしたのだろうか。

97: 日本@名無史さん
「幕末の三舟」読んでないの?

98: 日本@名無史さん
読んでない。


海舟の証言では遠慮もないから覚えどおり書いた。
泥舟と鉄舟にも出府して書くようにと通達したら泥舟は出府せず、
鉄舟は出府するも書き出さず、調査員の質問にも「失念症だから」と忘れたといい、
「なるべく嘘は拵えないように」と言い残し笑いながら帰っていった。
「他人には彼の真意はわかるまいのー」とのこと。

また、当日に愚痴を聞いた泥舟が云うには、
鉄舟が出府して提出されている勲功録に目を通したらみな我こそが天下の功労者と
いわんとばかりにどれもこれも己がしたと主張しており、今更書きようがない。
もちろん誰も(海舟もむくめ)鉄舟のしたことを書いた人はいない。
鉄舟は小天狗謀りに相手をするのは馬鹿馬鹿しいし、可哀想だからうち捨てておいて
みんな忘れたと云っておいた。
そこへ海舟が「これでいいよね」と彼の性格を知っていて念を押すから、
左様左様といって帰ったと。

後日談として、あとで鉄舟の功が無いことに不審をを抱いた岩倉具視が
鉄舟に真相を問いただすも頑として口を割らない。
そこで、岩倉が「口外しないから」と云ってやっと忘れた経緯も含め聞き出した。
というのも目にしたことがある。


頭山満はなんて書いているの?

101: 日本@名無史さん
>>98
「幕末の三舟」は松本健一の著作だよ。

106: 日本@名無史さん
三舟の掛け軸がほしいが・・・贋作多いだろうしなーー。どこで買えばいいんだろ?

107: 日本@名無史さん
神田古本屋街か京都新門通り界隈の骨董街で探せ。
鉄舟や泥舟ものは以外に出回っている。

109: 日本@名無史さん
鉄舟の屏風に2種類あって一枚一枚に落款のあるものと一番左のみに落款のあるもの。前者は掛け軸を屏風仕立てにしたのかな?
http://www.ryuganji.or.jp/jihou.html
 

110: 日本@名無史さん
この墨のたっぷり感が好きだ鉄舟の筆。

111: 日本@名無史さん
泥舟はいかにも気難しいって感じだな。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~mutoryu/page1/zakkan/shoga3.htm
sho3

 

112: 日本@名無史さん
>>111
勝のもきりりとした字だけど、泥舟は怖い人っぽい字だ。

同じサイトさんの
http://www5d.biglobe.ne.jp/~mutoryu/page1/zakkan/shoga1.htm
 sho1



落札できなかったらしいけど、これ、有名なやつなきがする。本物かなぁ・・

113: 日本@名無史さん

114: 日本@名無史さん
>>113
一番頭良さそうな・・スマートな字だな・・。
先に海舟だと思って見るからかな

115: 日本@名無史さん
>>114 
でも字が小さい=器が小さいかも・・・。

118: 日本@名無史さん
鉄太郎って戦後になって知名度が落ちた人の一人だよね
あと益休とかも

119: 日本@名無史さん
世間の知名度など知らないが、
経歴、思想共に極右教育にうってつけの人だからね。
戦後、左が強まったのだから知名度が落ちるのは必然だと思う。

NHKがよほどネタに困って子母沢寛の勝海舟、逃げ水をベースに三舟でもやれば
もう少し知名度が上がるでしょうよ。

120: 日本@名無史さん
山岡鉄舟・・・禅の人

高橋泥舟・・・儀の人

勝海舟・・・口の人

間違った認識ですか?

130: 日本@名無史さん
>>120
勝海舟・・・理の人

123: 日本@名無史さん
山岡鉄舟の死に様。
あたかも涅槃に入るような見事な情景を聞くと禅の人と感じるのだろうけど、
己は高橋泥舟の身の置き方そのものが禅の思想を体現している様に思える。
だから泥舟の方がそれはしっくりくる。

海舟の口の人というのは思考処理に主観による理の割合が多い人間がそう見ていた傾向がありそう。

124: 日本@名無史さん
3人ともタイプの違う頑固爺さまだな。

125: 日本@名無史さん
やまおかさんが一番写真写りがいい

126: 日本@名無史さん
そういえば、三人とも顔が良いな。

131: 日本@名無史さん
泥舟って名前は自分で付けたのかねぇ・・由来が知りたい。

132: 日本@名無史さん
>>131
かちかち山の泥舟からだよ。洒落てるよね!

134: 日本@名無史さん
>>131 
狸には あらぬ我が身も つちの船
漕ぎ出ださぬが かちかちの山

135: 日本@名無史さん
>>134
あっ、そんな詩まであるのか、泥舟の生き方が現われてるな。

136: 日本@名無史さん
こういうのもある

世の中はとかく狸の泥の舟 漕ぎ出さぬがカチカチの山

139: 日本@名無史さん
泥舟て名前がすごいな

引用元: ・★★★幕末の三舟★★★






幕末三舟伝
幕末三舟伝
posted with amazlet at 16.02.22
頭山 満
国書刊行会
売り上げランキング: 462,002