51KBbQo5I5L




1: 記憶たどり。 ★ 投稿日:2016/02/13(土) 16:17:45.35 ID:CAP
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160213-00000020-jij_afp-int

オーストリアの作曲家ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト
(Wolfgang Amadeus Mozart)と、そのライバルでモーツァルトを毒殺したとの
疑いもあるイタリア人作曲家アントニオ・サリエリ(Antonio Salieri)の、
長らく行方不明だった共作曲が、チェコの博物館で発見された。
同博物館が12日、明かした。

首都プラハ(Prague)にあるチェコ国立博物館の広報担当者は
AFPの取材に対し、「これは本当に価値ある作品で…すでに失われたものと
長い間、考えられていた」と話した。職員が所蔵コレクションの中から発見したという。

このモーツァルトとサリエリの共作曲は「ロレンツォ・ダ・ポンテ
(Lorenzo Da Ponte)の(オペラの)台本を曲にした作品」で、
16日にプラハで予定されている記者会見で演奏されるかもしれないと語った。

サリエリはモーツァルトの才能をねたみ、モーツァルトを毒殺した疑いがあるという
説が歴史家らによって語られてきたことを踏まえると、今回の発見は特に興味深い。
ロシアの詩人アレクサンドル・プーシキン(Alexander Pushkin)の19世紀の詩劇
「モーツァルトとサリエリ(Mozart and Salieri)」に初めて登場したサリエリの
モーツァルト毒殺の「うわさ」はその後も舞台化された他、1984年には
『アマデウス(Amadeus)』で映画化もされた。








4: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:18:47.81 ID:Gv5L+FfU0.n
アマデウスか

8: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:21:46.43 ID:pjcrvbmY0.n
>>1
サリエリってモーツァルト殺したやつじゃん
何でそんな奴と一緒に曲作ってんだ?

30: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:29:24.20 ID:oy7LKpKR0.n
>>8
それは単なる面白おかしい俗説であってだな、
事実と確定されているわけではない。
「モーツァルトの曲を読んで感激したサリエリが、モーツァルトのもとを
訪れて『シンバルでもいいからこの演奏に参加させてくれ』と言って
モーツァルトを大いに恐縮させた」みたいな逸話もある。

9: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:21:47.32 ID:8ojq708A0.n
有名な冤罪

16: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:24:23.05 ID:0QZdv5Zs0.n
サリエリの曲って退屈だよな

17: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:24:40.72 ID:grqLaF3e0.n
サリエリはリストの作曲の先生

36: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:31:07.45 ID:oy7LKpKR0.n
>>17
むしろ有名なのはベートーベンの師としてではないか。

69: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:41:44.79 ID:grqLaF3e0.n
>>36
ベートーヴェンの変奏曲にサリエリの旋律を使ったのもあるよね

18: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:25:09.99 ID:1ynMx8LI0.n
僕のうんこ食え

32: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:30:07.11 ID:ryKuBsHZ0.n
>>18
そこまでは言ってない……と思うけど奴なら言ったかもな。
西洋音楽史に詳しい方、補足してください。

42: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:32:36.30 ID:oy7LKpKR0.n
>>32
残念だが、便せん2枚に渡ってびっしりと、
うんこの話しか書かれていないモーツァルトの手紙が現存している。

63: 32 投稿日:2016/02/13(土) 16:40:32.77 ID:ryKuBsHZ0.n
>>42
物証が残ってるのか。映画アマデウスの台詞と、
作詞した曲(の日本語訳)を聴いたことはあったんだが、
そこまで踏み込んでいたとは。さすがに西の人はエゲツないわ。

91: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:54:53.90 ID:T3YLdHFk0.n
>>63
訳だけどな


no title

135: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 17:18:08.75 ID:cWmFbGsG0.n
>>91
なにこれ吹き出しちゃったんだけど

148: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 17:23:48.11 ID:pKukK0il0.n
>>91
モーツァルトはこんなの公開されて死にたくなるんじゃないかね…
もちろん一度生き返ってから

177: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 17:38:07.13 ID:6fZMKuL10.n
>>91
小学生男子の落書きみたいwww

659: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 21:42:55.86 ID:cetO7MY90.n
>>91
当時は医学が発展していなくて
「便で健康状態を調べる」習慣があったから
下痢がちだったモーツァルトはウンチに固執したんだよ

ウンチウンチっていうのは病死を意識した
ブラックジョーク

22: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:28:09.86 ID:Jz0Uzlx60.n
モーツァルトの妻の写真が残っている。
マメな。

38: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:31:41.54 ID:YDHb76WP0.n
>>22
これか、78歳のコンスタンツェ


no title

28: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:29:08.66 ID:p6FDooc60.n
映画「アマデウス」は完全にサリエリ=暗殺者という図式で描かれてたけど
モーツァルト研究者でサリエリによる毒殺説を大真面目に信じてる人はあまりいないみたい。

40: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:31:59.82 ID:Hdsh4pyO0.n
教育者として極めて優秀だったサリエリ。
奔放な天才にモーツアルトと馬が合わないのもわかる気がする。

41: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:32:08.90 ID:DZYCFU7c0.n
サリエリってアマデウスの中ではモーツァルトに馬鹿にされまくってなかったっけ?

46: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:33:46.06 ID:AplAy0OM0.n
サリエリ暗殺説は話としては面白い
そりゃ映画にもなる

けど弟子が一番怪しいわな
モーツァルトの妻とも浮気してたっつーし

50: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:35:22.32 ID:YDHb76WP0.n
>>46
クサーバー・モーツァルトの父親はジェスマイヤー説はずっとあるわな

47: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:34:01.31 ID:z0ntA8Mf0.n
映画では才能に嫉妬して殺しちゃうけど映画は映画だから

52: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:36:19.89 ID:DZYCFU7c0.n
モーツァルトって映画「アマデウス」の中では人格的に破綻したクズみたいに描写されてるけど、
残ってる従姉妹に宛てた手紙の内容を読んだら人格的に破綻したクズみたいだし、
作曲した曲が実は綺麗どころの弟子とイチャイチャする用にわざと位置が近づく様にしたりブスとは近寄らない様にしたり
人格的に破綻したクズみたいな所があるよね。

59: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:38:29.03 ID:A4PZrMUr0.n
>>52
wwwwwwwww

286: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 18:31:41.06 ID:8Wab9Azd0.n
>>52
うんこ手紙がまじならそれだけでもう他が吹っ飛ぶくらいダメな子や

60: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:38:35.19 ID:Jz0Uzlx60.n
子供の頃に栄華を極めたから後半生は清原みたいだったのかな

62: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:40:21.68 ID:6C3UjGdq0.n
フリーランスで食っていくには、ちょっと時代が早すぎたんだよなあ

65: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:41:07.96 ID:cKYz2o2G0.n
子供の頃にあの映画を見て
モーツァルトってこんな人だったんだ…と
ドン引きした思い出

71: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:43:02.68 ID:dVeTdI9a0.n
サリエリは宮廷楽長でありながら弟子から謝礼を受け取らずに教えるような
人で、モーツァルトのことも高く評価していて、落ちぶれて嫁と子供すら
欠席した彼の葬儀にも参列してるし、レクイエムの初演を引き受けてるし、
モーツァルトの子供や弟子を引き取って教育してるような人格者なのに。
モーツァルトからはサリエリのせいで俺は出世できないと罵られ、弟子たち
からはモーツァルトを毒殺したとうわさを流されて、現代人からもアマデウスの
せいで嫌な奴だと思われてるかわいそうな人だ。

184: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 17:41:26.20 ID:nWgkRTjv0.n
>>71
なんという清原と桑田…

223: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 18:01:40.03 ID:5FjienKl0.n
>>71
モーツァルトはドイツ語・ラテン語・イタリア語・フランス語・英語を自在に話せるマルチリンガルだが、
サリエリは生涯の大半をオーストリアで過ごしたにもかかわらず、最後までドイツ語が下手だった
モーツァルトは放蕩で借金を重ねていたが、サリエリは36年に渡り宮廷楽長を務めて経済的に不自由はなかった
サリエリはベートーベンやリストなどの複数の著名な弟子を残したが、モーツァルトの弟子で大成した人物はいない

何から何まで対照的な人物像

533: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 21:02:56.36 ID:qIOHYQVa0.n
>>223
いい人すぎて(´;ω;`)

575: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 21:16:37.35 ID:w75iy7TN0.n
>>533
多忙のハイドンが完全放置してた弟子のベトベンを引き取って教えたり、
合唱団を追い出されたシューベルトに無料レッスンを続けてやったり、
モーツァルトの息子も名ピアニストに育ってやってる聖人だからな。
こんな共作まで見つかってるということは、グルック亡きあとの
帝国宮廷作曲家にモーツァルトを押したのもサリエリさんかも。
なおモーツァルトさんと、親父さんのレオポルトさんは演奏会やオペラが
失敗すると、サリエリが嫉妬して邪魔したと騒ぎまくってた模様。

587: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 21:20:41.66 ID:AOdo4xma0.n
>>575
宮廷音楽家にいるラテン系の排除でサリエリ攻撃してたとの見方もあるし
色々厄介だよな、パトロン芸術

923: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/14(日) 00:23:17.69 ID:5JXuglRp0.n
>>223
サリエリはベートーベンやリストに何か教えたの?
サリエリが宮廷楽長の有名人だからの形だけ弟子入りなんじゃないの
「サリエリさんこんにちは」
「こんにちは」
って挨拶しただけなんでしょ

937: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/14(日) 00:38:12.69 ID:ztfT2dkM0.n
>>923
ベートーベンはハイドンの弟子だったが、あまりにも放ったらかしだったので、
サリエリに師事し、イタリア語歌曲の作曲法を教わった
ベートーベンは有名になってからはハイドンに対しては冷淡だった一方でサリエリを敬愛し、
イタリア語歌曲を作曲する場合は必ず助言を求めた
また、いくつかのヴァイオリン・ソナタをサリエリに捧げている
サリエリがモーツァルトを毒殺したという噂が流された時、
心を痛めた様子を綴った書簡が残っている

73: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:44:25.43 ID:pEjiaMFa0.n
音楽は楽譜に残せるからいいね

74: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:44:31.62 ID:w/tI0zdM0.n
天才って言葉を通り越してた逸材だったって話しだよなあ。モーツァルト
だから数百年経ってもモーツァルトの音楽は聴けるしこの先何百何千年先も受け継がれるんだろなあ

86: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:50:22.60 ID:pEjiaMFa0.n
モーツァルトの最大の先生はやはり父親でしょう

94: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:55:14.01 ID:4Y7GUXe70.n
>>86
父親は結局おもちゃの交響曲の作曲者ではなかったのか。
どんな曲書く人だったのかさっぱり分からんね。

496: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 20:42:18.14 ID:7TDvKkyA0.n
>>94
今の有力説はアンゲラーのようです。
ハイドン→モーツァルト父→アンゲラー

有力説が転々としてて、わろえる。

88: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:52:35.97 ID:d2eHi5Eg0.n
モーツァルトは女の趣味が悪かったからなぁ
嫁はすごい悪妻だよ
ちゃんと墓作らなかったし、これ幸いにすぐ再婚しちゃったし
馬鹿にしきっていた
稼ぎの悪いだめ亭主としか思ってなかった

102: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:59:00.28 ID:3w7yWJw10.n
>>88
悪妻だったけどヴェーバー家の人だから選択は悪くなかったと思われ…

95: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:55:55.54 ID:bgbor98g0.n
才能がなくて嫉妬してたからって理由で毒殺犯と疑われるって可哀想すぎる

103: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 16:59:48.73 ID:OwN/q04K0.n
高校の時にアマデウスを見て大人の世界って怖い
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル と思った。

113: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 17:06:06.75 ID:pEjiaMFa0.n
モーツァルトの時代は曲を委嘱者 貴族 協会等 に書いて礼金をもらって終わりなのかな
当時は出版はまだなかったのかな

119: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 17:10:59.89 ID:nCk0c8a90.n
>>113
モーツァルトが亡くなったのが1791年だっけ?
フランス革命が1789年。
王侯・貴族や教会からブルジョワに主導権が移行する時期。
(cf. 「フィガロの結婚」)
モーツァルトはうまく時代の波に乗れなかった。
ハイドンは時代の波に乗れた。

174: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 17:37:35.36 ID:dVeTdI9a0.n
>>119
1787年から91年の墺土戦争が致命的だった。
ハイドンは戦争中にエステルハージ侯家を首になって、ロンドンに出稼ぎにいって
大成功して金持ちになった。モーツァルトは25歳でザルツブルクを解雇されてから、
フリーでやってたけど、それまでやってた貴族相手の新作ライブの営業が戦争で
大失敗、借金まみれになって死んだ。
魔笛がヒットして庶民向け作品の芽が出つつあったのに、昼はピアノ教師の仕事を
掛け持ち、夜はカジノでどぶ板営業という生活が寿命を縮めてしまった。

114: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 17:07:42.53 ID:qvegxyoM0.n
アマデウスの中でのサリエリはちょっとブサメンだったけど、なにか惹かれるものがあった

117: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 17:09:37.71 ID:sYiJHB5t0.n
「才能に嫉妬」と言うか、浮気症のモーツアルトに妻が切れて、間男に殺害依頼って筋が一番しっくりくる


「才能に嫉妬」で人殺すのはあくまでドラマだろう。殺しの大半は金銭トラブルか怨恨

125: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 17:14:07.24 ID:LOXkjdB+0.n
ライバルではあったが親交もあったみたいだからそんなに変な話じゃないんじゃないか

121: 名無しさん@1周年 投稿日:2016/02/13(土) 17:11:21.43 ID:UoWgahoJ0.n
まじかよサトエリすげえな


引用元: ・【文化】モーツァルトとサリエリの共作曲がチェコの博物館で発見される





アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 2,136