41cuCvLpK0L



1: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/10(火) 16:36:51
よく「歴史は繰り返す」と言われます。
似たような言葉に「日の下に新しきものなし」というものもあります。
でも、実際のところ、本当に歴史は繰り返しているんでしょうか?
繰り返していないことを証明するのは悪魔の証明になってしまう(?)ので、
歴史が繰り返した実例について検証しましょう。
その他「歴史は繰り返すのか?」という話題に関連するものならなんでもOKです。








2: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/10(火) 17:52:30
運命論だな 所詮

3: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/10(火) 18:46:56
「日の下に新しきものなし」
これは真実だと思う
たとえば20世紀後半になって人類が宇宙に進出したことは一見目新しいことに見えるが、
実は大航海時代や、さらには人類の祖先がアフリカから全世界へ広がっていったことの延長でしかないのではないか

4: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/10(火) 19:27:47
「歴史は繰り返す」ようにみえて、「歴史は単なる繰り返しではない」ことを知るのが、歴史を学ぶ面白さだとおもう。

5: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/10(火) 19:30:40
中国史は中央政権の腐敗→農民反乱→群雄割拠→異民族侵入→統一政権
このパターンがデフォ

14: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/11(水) 10:35:02
>>5
見た目は繰り返しているように見えるけど、中身は更新されていってるのが中国史の面白い所

16: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/11(水) 10:58:09
>>14
確かに残虐度は(趙宋という極稀な例を除いて)回を増すごとに酷くなってるな
殺害数はあんま変わってないけど何故か

18: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/11(水) 12:38:01
>>5
中華人民共和国は
中央政権の腐敗→天安門広場の反乱までは行ったが、
そこでいま止まってるな

そろそろチベット、ウイグル、内蒙古あたりが群雄割拠してほしい

北方異民族の支配もサイクルにあるから
ロシアに併合とか

7: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/10(火) 19:40:18
人間はバブル経済とその崩壊を何度も繰り返している。
オランダのチューリップ恐慌、フランスのミシシッピ計画、イギリスの
南海泡沫事件、アメリカの1929年のウォール街大暴落、80年代後半の
日本のバブル景気、東南アジア通貨危機・・・

9: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/10(火) 20:17:39
グローバリゼーションを帝国や帝国主義という言葉に言い換えれば(以下ry

10: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/10(火) 20:39:19
現代の破綻国家=南北朝時代の日本

海賊が出現して、周辺の国や船を荒らしたところまで似ている。

11: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/10(火) 21:44:16
アメリカとかまんまローマ帝国

13: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/11(水) 10:25:15
日本の場合、尊皇攘夷運動、戦前の精神論、現在の似非平和主義
ベクトルは違えど根っこは一緒、自分たちがそう願えば必ずそうなると信じてる点がなんとも

ついでに今の日本の弱腰外交はまんまナチス台頭時に於ける平和主義外交そのもの
まあ今のところ日本に対する依存も非常に高いので中国は大きなアクションを起こさないだろうけど

15: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/11(水) 10:38:37
諸行無常 盛者必衰

・・・突き詰めてしまえば、これに尽きる

20: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/11(水) 13:28:23
歴史が繰り返されるというのは、全く同じことが繰り返されるわけじゃない。
看板その他は変えられている。

22: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/11(水) 14:15:47
歴史は繰り返す、最初は悲劇として、二度目は笑劇として、
過去の亡霊を呼び出し、その由緒ある衣装に身を包み、
借りものの言葉を演じる。

カール・マルクス

24: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/11(水) 16:56:41
「歴史は繰り返す」というのはローマの歴史家、クィントゥス・クルティウス・
ルーフスの言葉。

30: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/11(水) 18:04:10
ロシアは暴君が現れて領土拡張→暗君が現れて権威落ちる→再び暴君が現れて(ry→再び暗君(ry

これをずううううぅぅぅぅっっっと繰り返している気がする

31: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/11(水) 18:15:19
領土拡大は名君じゃないの?

32: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/11(水) 18:19:02
ロシアは暴君兼名君ですから
イヴァン雷帝やニコライ1世やスターリン帝とかさ

33: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/11(水) 18:40:45
暗君はアレクサンドル2世やニコライ2世やゴルバチョフ。
西欧的な基準ではリベラルと呼ばれる。

35: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/11(水) 21:30:23
歴史は繰り返す…同じ人間なんだから当たり前といえば当たり前。ただソクラテスや孔子、ブッダの時代より知は退化している。

39: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/11(水) 21:57:46
ヘンリー・キッシンジャーが、
「歴史は繰り返すというが、それは、歴史上の諸事実がそのまま繰り返すのでは
なく、それらへの人間の対応の仕方が繰り返すのである」
と論文で述べていた。

40: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/11(水) 22:08:28
ミスはなくならない、そして人間は同じようなミスを繰り返すと言う意味なら同意。

44: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/12(木) 17:41:46
全盛期のイスラーム文明や中華文明は、自分たちの文明が最高だと思い込んで、
他の文明からは学ぼうとしなかったが、西欧文明もいずれは・・・

46: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/13(金) 05:24:43
まぁ人間のやることだ
たくさんサンプルを集めれば、似たような事例は多いだろうし
そのすべてを人は知ることが難しいので似たような失敗も数多い。

47: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/14(土) 10:27:10
人間は、「歴史は繰り返す」と考える一方で、「このようなことはいまだかつてなかった」と考えることもある。
歴史を知らないと、度を越して悲観的になったり、逆に有頂天になったりする。

49: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/14(土) 13:43:46
結局人類は進化する者だという前提で考えていることになる。

それで、新たなものが出てきたら進化の一環として刮目するし、同じことが繰り返される要素があると「まだ進化していない部分」だと半ば自虐的に見る。

51: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/14(土) 15:38:07
>>49
ギリシア人やローマ人は、父祖の時代のほうが優れていると考えていた
ようだがな。
ユダヤ・キリスト教的歴史意識が出てきて、循環的・永遠回帰的な
時間意識を断ち切った。

50: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/14(土) 15:34:56
世界は同じことを繰り返しつつも弁証法的に発展している
やっぱりヘーゲルって凄いな
世界は、発展してるvs循環してる というそれまでの価値観に一石を投じた。

54: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/14(土) 22:00:29
キリスト教では、人類の歴史は初め完全な善と幸福の楽園だったとして、
それを失った状態(原罪)が現実の歴史の世界で、キリストの贖罪によって
もう一度楽園の状態を回復する目的をもっているとされる。

55: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/14(土) 22:32:16
権威をもった側としては昔が良くて今の方が悪いと考える。
そりゃそうだろう。昔を否定することは伝統的な権威を否定することにつながるからな。
キリスト教、儒教、みんなそうだわ。

56: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/14(土) 22:40:26
もっとも権威に逆らう側も「理想の古代社会」を持ち出す場合が歴史的にはけっこうある

58: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/14(土) 23:18:28
>>56
マルティン・ルターの「聖書にかえれ」とか、芸術の世界でよくある
「古典に帰れ」とかね。

79: 世界@名無史さん 投稿日:2009/03/01(日) 20:46:59
>>56
本当に新しいものが出来るときに、過去の偉大なものの
現代における復活って形をとるのは歴史のお約束だからね。
アメリカ合衆国の建国然り、明治維新然り。

57: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/14(土) 22:56:38
ノルマン人がやってくる前のアングロサクソン人の社会は理想的だったとか、
ヨーロッパ人に植民地化される前のアフリカには戦争がなかったとか。

59: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/15(日) 15:27:02
http://www.h6.dion.ne.jp/~em-em/page160.html
img341
 
「欺瞞」と「嫉妬」から「真理」を救い出す「時」

こういう絵画はユダヤ・キリスト教圏でなければ描けないだろうな。

60: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/15(日) 17:36:56
正統性を過去に求めればみな同じ

でもこのことと「歴史は繰り返す」は少し意味が違うような

61: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/15(日) 18:32:43
19世紀に、アーノルド・オブ・ラグビーというイギリスの歴史家は、
「現代史は、いかにも時が満ちて、もう今後に未来の歴史はないと
みるべき証拠があるように思う」
と述べた。

そして20世紀には、フランシス・フクヤマというアメリカ人が、
『歴史の終わり』という論文を書いて・・・

62: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/15(日) 20:55:05
前8-6世紀の西地中海へのフェニキア、東地中海へのギリシア人進出=
16-18世紀のスペインポルトガル勢力のアメリカ大陸進出と仏・英・蘭のインド洋進出
5世紀前半 海洋国家アネテの支配=17-19世紀 海洋国家英国の支配
5世紀後半 海洋国家アネテと陸上国家スパルタの対立とギリシアの自殺ペロポネソス戦争
 =海洋国家英国と陸上国家ドイツの対立と欧州の自殺世界大戦
ヘレニズム時代のギシリア勢力のアジア支配=16-19世紀の西欧による世界植民地分割支配
ヘレニズム時代の思想の東方進出=社会主義のロシア・中国・インドへの進出
ローマ西地中海支配のためカルタゴと対決=米国太平洋支配の為日本と対決
古代地中海、ギリシア勢力を破り、ローマによる統一=欧州の生んだ社会主義を撃破して「帝国」としての米国

近代欧米の歴史は、かなり前7-1世紀くらいの地中海の歴史に酷似している
印象がある。

63: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/15(日) 22:07:41
>>62
ポルトガル・スペイン・オランダ・イギリスは、ジェノバやヴェネツィアなど、
イタリアの海洋都市国家から学んだことが多いからな。

65: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/15(日) 23:07:14
歴史に法則性を求めれば、当然繰り返しの位相を指摘することになる。

66: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/15(日) 23:23:29
てことは、

「歴史は繰り返す」ってのは

・繰り返しているようだがそうではない
・いろいろあるが繰り返している
・繰り返していることにしたい

どれ?

72: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/23(月) 16:21:24
モンゴル帝国はユーラシア大陸の東西を統一した後、商業活動を保護し、
交通の安全を約束したため、陸と海とをめぐる遠隔地交易が盛んになった。
この交易は銀の循環が支えたとされる。しかし、東ユーラシアに存在した
銀の絶対量が、拡大する交易の規模を支えられなくなった十四世紀、経済が
失速する。元朝のあとに中国を支配した明朝は、遠隔地交易を抑圧する政策をとらざるをえなかった。

現在のグローバル経済もそのうち・・・

73: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/24(火) 09:32:22
中世のヨーロッパ人は唯一絶対神を信仰していたが、近代以降はそれが理性への
信仰にとってかわった。
ということは、日本で天皇制を廃止しても、何が別のものが天皇制にとってかわる
だけなんだろうか。

79: 世界@名無史さん 投稿日:2009/03/01(日) 20:46:59
>>73
イスラーム圏だってカリフがいなくなってから随分経つのに、
非イスラーム化はスペインぐらいでしか起きてないんだから、無きゃ無いで上手いことなるんでないの。
もし天皇がいなくなったらそれだけで満州人のように民族吸収されて
中国なりアメリカなりに同化してしまうなら、元々日本民族がその程度の存在だったってことでは。

74: 世界@名無史さん 投稿日:2009/02/28(土) 21:43:08
その前に天皇制の要素分析をおこなわきゃな。
国民は天皇制に何を見ているか、天皇制があることで国民に何の影響を与えているか。
実際のところを調べなきゃならない。

76: 世界@名無史さん 投稿日:2009/03/01(日) 05:37:37
天皇は日本国の小腸だろ
胃は全摘しても人は生きているが小腸はそうはいかない
それだけ大事なものだ

82: 世界@名無史さん 投稿日:2009/03/15(日) 00:11:47
ローマ帝国はゲルマン人の侵入で滅びたが、アメリカ帝国も今まさにヒスパニックの侵入で滅びかけている

87: 世界@名無史さん 投稿日:2009/06/15(月) 00:53:17
>>82
ローマ元老院は、最初は都市ローマの由緒ある家系だけ。
前1世紀にイタリア半島出身者に広まり、
2世紀にはイベリア半島出身者皇帝が続出した。その背景には元老院のイベリア人
出身者増がある。

米国のヒスパニックもこれと同様、滅びではなく、活性化に向かうものと思う。
古い家系=WASPにとっては衰亡と感じられるのかも知れないが。

88: 世界@名無史さん 投稿日:2009/06/17(水) 23:35:00
グローバル化と保護貿易は歴史上何度も交互で繰り返されてるな

89: 世界@名無史さん 投稿日:2009/06/18(木) 00:42:43
どんな大帝国でも対外戦争を繰り返して国力を疲弊させて没落するというパターンが多いよな

90: 世界@名無史さん 投稿日:2009/06/18(木) 01:00:05
歴史は繰り返す。人間は同じ過ちを繰り返す。それだけの意味。

96: 世界@名無史さん 投稿日:2009/08/27(木) 03:04:47
かつてあったことは、これからもあり
かつて起こったことは、これからも起こる。
太陽の下、新しいものは何ひとつない。

引用元: ・「歴史は繰り返す」って言葉はどれぐらい本当?







歴史はくり返すか―近代日本経済史入門 (シリーズ社会・経済を学ぶ)
市川 大祐
日本経済評論社
売り上げランキング: 669,109