51T3XPRJW5L



1: 世界@名無史さん
現在、世界都市と呼ばれる都市は、パリ、ロンドン、ニューヨーク、東京の
4つだと言われています。
これまでの歴史に登場した世界都市、これから世界都市になりそうな都市も
含めて、語らいましょう。








30: 世界@名無史さん
ローマ帝国五大都市
ローマ・コンスタンティノポリス・アレクサンドリア・アンティオキア・カルタゴ

35: 世界@名無史さん
コルドバやバグダッドも忘れるでない。

40: 世界@名無史さん
パリって唯一、金融センターじゃないのに
世界都市だね。

42: 世界@名無史さん
パリは西ローマ帝国の直系、フランク王国の首都だからね。
ローマの次に由緒ある都市だわな。

45: 世界@名無史さん
>>42
由緒あるつってもローマ時代には辺境の軍団基地発祥の地方都市に過ぎませんけどね。

46: 世界@名無史さん
地球規模での世界都市はアムステルダム以降だな。

47: 世界@名無史さん
世界都市

世界都市の基本的条件は、情報の収集能力と発信能力が大きく強いことである。

52: 世界@名無史さん
名実共に世界都市と言えたのはアムステルダム、パリ、ロンドン、NYかな。
東京も一時期NYをしのぐ金融センターだったから入れていいかな。
モスクワも冷戦期は世界を二分する政治の中心地だったから入れていいだろう。

53: 世界@名無史さん
東西交易の中心地 ショモルコンド(サマルカンド)と
クスタンチネーヤ(イスタンブール・コンスタンティノポリス)も
当時の世界の金融の中心だべ、パリよりも存在感があったべ


55: 世界@名無史さん
ミスル・アル=カーヒラはガイシュツでつか?

59: 世界@名無史さん
>>55 
そうでつね。
ミスル・アル・カーヒラを忘れてたよ、一番世界都市に相応しいよね。
古代エジプトの神学の中心オン(ヘリオポリス)が前身だし、今も
イスラム正統派神学の中心だもんね。 人口も重慶やシウダー・デ・メヒコ
と首位争いしてたはず(ちょっと古い知識で自信なし)
ということで おれは奈良県の天理市を押すでつ。理由はおれの出身地だ
からでし。

64: 世界@名無史さん
ウィーンはだめかね。東欧の河川+陸路の要所だったのだが

66: 世界@名無史さん
ウィーンもありな気がするけど、ウィーンが強く影響力を誇ったものって何?

68: 世界@名無史さん
>>66
16世紀から20世紀初頭にいたるまで、情報機関(特に暗号局)の優秀さは欧州ダントツ。
今のCIAなんか目じゃない>ウィーン
世界都市とあんま関係ないけど。


73: 世界@名無史さん
>>68
オーストリア・ハンガリー帝国の首都だった、と反論してみるぞ

ハリウッド・・・映画の首都

67: 世界@名無史さん
ハルビンで66ゲト。
道観、日本寺、神社、正教教会、カソリック教会、モスク、シナゴーグが
林立した北の世界都市。

69: 世界@名無史さん
ウィーンは冷戦時代「一応」中立国だったから、東側と西側をつなぐ
交流窓口として大きな役割を果たしてたね。

個人的にはジュネーヴ
戦間期は情報もカネもいっぱい集まってくる、ヨーロッパの中心のひとつだったし。

81: 世界@名無史さん
ディマシュクと
アル=クドゥスはいかが?
古代以来それぞれシャーム地方の核だった思うのだけど。

82: 世界@名無史さん
イスファハン v.s. それ以外の諸都市

224:世界@名無史さん    
イスファハーンは世界の半分!
84: 世界@名無史さん
あのアキレサンダルだかアレキサンドリアとか。ほら。
灯台と図書館と薔薇園のある。
カエサルに焼かれた・・・

100: 世界@名無史さん
モヘンジョダロ

都市計画のすばらしさ!

130: 世界@名無史さん
都市名をいっぱいあげるスレになってしまってっているような。
都市の形成、発展、構造とかを話すスレにしませんか(付加疑問)
とりあえず議題は、城壁
防壁としての役割、だが、都市の発展としては阻害あたりで、
近代化と自動車の発達で、撤去され、今では通りの名前だけのこる

131: 世界@名無史さん
>>130
賛成!
今残ってるのは長安(西安)ぐらい?

132: ACE ◆Z7a1IZ9GTI
城郭都市の城壁ということだと、
フランスだとカルカソンヌの城壁が有名。
今の城壁の最大の敵は、自動車と経済優先の都市計画かな。

133: 世界@名無史さん
城壁つったらコンスタンティノープルだろ?
あ、イスタンブールか。

134: 世界@名無史さん
南京にも少し残ってる。
コンスタンティノープルはかなり大規模に残ってますね。
小規模ながらカルカソンヌとかアビラとかも。
支那の田舎の小さな町なら残ってる所はたくさん。

日本には…残るもなにも元々無い。

135: ACE ◆Z7a1IZ9GTI
城壁というか市壁は、
防壁以外にも
関税
入出の制限
夜間の警備・治安
の役割を果たしていた。

壁自体がなくて、市門(城門)だけ残していることがある。

136: ACE ◆Z7a1IZ9GTI
中世の都市では交通量の多い市門の外側に処刑場が置かれた。通行税や防衛上の拠点と
なった。夜間には閉門したため。日が没するまでに町に入れなければ野宿となった。
やがてそういった人間が集まり集落が場外に出来たが。戦争の際に、その集落の部材
で、火事を起こしたり城壁を乗り越える材料や、堀を埋める材料に利用されたため、
しばしば撤去された。現代では交通の要所となっていることが多く,
フランスにおいてはその名残として地名にポルトの名称が付加される。
パリのポルト・ド・クリニャンクールなどがその例である。

140: 世界@名無史さん
ポルトといえばポルトガルの都市。

142: 例の170 ◆vBOFA0jTOg
ヴェネツィアには、フン族の襲来から逃れるために潟の上に建設されたという伝説が。

143: 金角
世界史スケールの大都市って、
地政学的になるべくしてなった大都市もあれば、
結果的に大都市になってしまったものもあると思う。


前者の例がコンスタンティノポリスで、後者の例はローマ
なんじゃないかな。

144: 金角
ヴェネチアは、なるべくしてなった大都市ではなくて、ヴェネチア人の努力で
作り上げられた大都市だろうなあ。

少なくとも5~8世紀までは北イタリアでもっとも重要な都市は、西ローマ帝国
最後の首都であったラヴェンナ。
ヴェネチアと同様、潟からなる都市で防衛に適しているだけでなく、西ローマ
最後の首都としての権威から、東ゴート、ビザンツ、ランゴバルドが抗争を織
り成したラヴェンナは、ヴェネチアなど寄せ付けもしないう重要都市だったはず。

しかし8世紀以降、ラヴェンナが世界史の表舞台から姿を消したと対照的に、
ヴェネチアは大いに台頭。
都市としての権威に胡坐をかき潟を川砂に埋没させてしまい防衛上の拠点
という本来の利点を失ったラヴェンナと、潟を大切に守り、何も持たない
土地ゆえに交易にすべてをかけたヴェネチアの姿勢の差が現れたように思
えてならない。

162: 世界@名無史さん
ローマ

これに匹敵する都市ってアジアにある?
中国は昔の建築物は全部破壊するし北京や上海も新しい。
時間軸まで考慮するとローマほどの世界都市は無い?

395: 世界@名無史さん
>>162
歴史的な影響力の大きさ・息の長さも含めるとローマになんとか対抗できそうなのは
世界でもコンスタンティノープルくらいじゃないかな
330-1453までローマ-ビザンツの帝都であり地中海の首都でありギリシア正教の大中心
1453-1922オスマン帝国の帝都であり世界有数の都市に返り咲きイスラムの中心地
今もトルコの中心
長安やバグダードは厳しいっぽい

397: 世界@名無史さん
>>395
イスラムの中心都市であるカイロが残ってる。未だにここはイスラム文化の
一大中心だね。…ちょっと他には思いつかないな。

398: 世界@名無史さん
>>397
はげどう。
イスラムの中心都市は、バグダッドが13世紀に壊滅した後は、
カイロだろうね。
オスマン朝の時期にイスタンブールの勃興はあったけど、
やはりイスラムの中心となるとカイロだろうね。
今でもカイロだしね。

406: 世界@名無史さん
>>398
カイロについての遅レスですが、、。
中近東から北アフリカは昔っから、いきなり地域全体で共通語
をもっちゃうんで、大昔のアッカド語からアッシリア語、さらに
アラム語、ってきて、今はアラビア語がセム語全体を統括している
ってことですが、アラビア語って、母音の標準がないから、書き言葉
共通でも、話す場合の発音もかなり違うっていうのがあります。
でぇ、
現在、発音の上での標準語としては、なんといってもカイロ方言
らしい。よーするに、アラビア語を話すひとたちがみなが、都会ふう
でかっこいい、というのが、カイロのアラビア語。田舎のひとたちも
できるだけカイロの人っぽく話そうとするらしい。

418: 世界@名無史さん
>>398
カイロの半径30 km圏内にはメンフィスやヘリオポリスが含まれる。
歴史的にみたらカイロほど巨大かつ国際的な都市で在り続けた都市域は
ないよな。


239: 世界@名無史さん
世界最大人口都市の変遷 1.
参考資料: "Four Thousand Years of Urban Growth" by Tertius Chandler (1987)
Chandlerは故人。不足している数値は、MS Excelファイル
http://www.irows.ucr.edu/cd/courses/10/citypop5.xls
から補った。
非常に多くの都市に関して各年度の都市人口を算出しているものの、
例えば100 A.D.に世界第32位の都市としてKashiwara 橿原 (神武天皇や邪馬台国近畿説重視)
B.C. 1000に世界第8位の都市としてPyongyang 平壌 (Kija箕氏が連れていった兵士の人数を元に算出とコメントしてある)
などと、結構伝承を重視して計算している点に多少問題がある。
Chandlerの都市の最低ラインは人口2万人。
なお、日本語での都市名の表記に関しては、極力当時の呼称を重視した。
またオリジナルの資料には載っていないが、当時の支配国家名などを追記した。
現在その都市が存在する国家と支配国家の名称に関しては、一般的な名称を採用した。


240: 世界@名無史さん
3200 B.C. 20,000 Abydos アブドゥ (アビュドス, 現アルアラバトアルマドフナ) [エジプト/上エジプト]
※Chandlerはエジプト統一の年号として3100 B.C.を採用している。
3100 B.C. 20,000 Memphis メンネフェル (メンフィス, 現ミートルハイナー) [エジプト/第1王朝]
※メンネフェルの名前が使われ出すのは第6王朝以降。
3000 B.C. 30,000 Memphis メンネフェル (メンフィス, 現ミートルハイナー) [エジプト/第1王朝]
2250 B.C. 35,000 Memphis メンネフェル (メンフィス, 現ミートルハイナー) [エジプト/第6王朝]
2240 B.C. 1位はAkkad アッカド (アガデ) [イラク/アッカド]
2089 B.C. 50,000 Lagash ギルス (ラガシュ, 現タラー) [イラク/ラガシュ第2王朝]
2030 B.C. 1位はUr ウル (現タルアルムカイヤル) [イラク/ウル第3王朝]
2000 B.C. 65,000 Ur ウル (現タルアルムカイヤル) [イラク/ウル第3王朝]
※Chandlerはウル第3王朝の滅亡年号として1950 B.C.を採用している。
1980 B.C. 1位はThebes ウェセト (テーベ, 現アルウクスル, ルクソール) [エジプト/第11王朝]
1800 B.C. 65,000Thebes ウェセト (テーベ, 現アルウクスル, ルクソール) [エジプト/第12王朝]
1770 B.C. 1位はBabylon バービリム (バビル, バビュロン, 現アルヒラー) [イラク/アムール朝=古バビロニア第1王朝]
1670 B.C. 1位はAvaris ハワレト (アヴァリス, 現タルアドダバー) [エジプト/第15王朝]
1650 B.C. 100,000 Avaris ハワレト (アヴァリス, 現タルアドダバー) [エジプト/第15王朝]
1600 B.C. 100,000 Avaris ハワレト (アヴァリス, 現タルアドダバー) [エジプト/第15王朝]
1557 B.C. 1位はMemphis メンネフェル (メンフィス, 現ミートルハイナー) [エジプト/第18王朝]
1400 B.C. 1位はThebes ウェセト (テーベ, 現アルウクスル, ルクソール) [エジプト/第18王朝]
1375 B.C. 100,000 Thebes ウェセト (テーベ, 現アルウクスル, ルクソール) [エジプト/第18王朝]
1360 B.C. 80,000 Thebes ウェセト (テーベ, 現アルウクスル, ルクソール) [エジプト/第18王朝]
1205 B.C. 1位は Memphis メンネフェル (メンフィス, 現ミートルハイナー) [エジプト/第19王朝]
1200 B.C. 50,000 Memphis メンネフェル (メンフィス, 現ミートルハイナー) [エジプト/第19王朝]

241: 世界@名無史さん
1188 B.C. 1位はThebes ウェセト (ノウェ, テーベ, 現アルウクスル, ルクソール) [エジプト/第20王朝]
1000 B.C. 60,000 Thebes ウェセト (ノウェ, テーベ, 現アルウクスル, ルクソール) [エジプト/大神官]
800 B.C. 60,000 Thebes ウェセト (ノウェ, テーベ, 現アルウクスル, ルクソール) [エジプト/第23王朝]
668 B.C. 100,000 Nineveh ニヌア (ニネヴェ, 現クユンジク) [イラク/新アッシリア (サルゴン家)]
650 B.C. 120,000 Nineveh ニヌア (ニネヴェ, 現クユンジク) [イラク/新アッシリア (サルゴン家)]
612 B.C. 1位はBabylon バビル (バビュロン, 現アルヒラー) [イラク/新バビロニア]
600 B.C. 100,000 Babylon バビル (バビュロン, 現アルヒラー) [イラク/新バビロニア]
430 B.C. 200,000 Babylon バビル (バビュロン, 現アルヒラー) [イラク/アケメネス朝]
320 B.C. 300,000 Alexandria アレクサンドリア (ラコーテ, アルイスカンダリーヤー) [エジプト/マケドニア王国プトレマイオス朝実効支配]
300 B.C. 1位はPatna パータリプトラ (現パトナ) [インド/マウリヤ朝]
200 B.C. 400,000 Changan 内史長安 (現西安) [中国/前漢]
25 B.C. 350,000 Rome ローマ [イタリア/帝政ローマ]
A.D. 100 450,000 Rome ローマ [イタリア/帝政ローマ]
A.D. 180 600,000 Rome ローマ [イタリア/帝政ローマ]
A.D. 280 500,000 Rome ローマ [イタリア/帝政ローマ]
A.D. 340 1位はConstantinople コンスタンティノポリス (ビザンティオン, 現イスタンブル) [トルコ/帝政ローマ]
A.D. 361 300,000 Constantinople コンスタンティノポリス (ビザンティオン, 現イスタンブル) [トルコ/帝政ローマ]
A.D. 500 400,000 Constantinople コンスタンティノポリス (ビザンティオン, 現イスタンブル) [トルコ/帝政東ローマ (テオドシウス家)]
A.D. 570 500,000 Ctesiphon タイサフン (クテシフォン, 現タークキスラー) [イラク/サーサーン朝ペルシア]
A.D. 575 500,000 Ctesiphon タイサフン (クテシフォン, 現タークキスラー) [イラク/サーサーン朝ペルシア]
A.D. 622 500,000 Ctesiphon タイサフン (クテシフォン, 現タークキスラー) [イラク/サーサーン朝ペルシア]
A.D. 637 400,000 Changan 京兆府長安 (現西安) [中国/唐]

242: 世界@名無史さん
A.D. 750 800,000 Changan 京兆府長安 (現西安) [中国/唐]
A.D. 775 600,000 Bagdad マディーナトアルサラーム (バグダード) [イラク/アッバース朝カリフ]
A.D. 800 700,000 Bagdad マディーナトアルサラーム (バグダード) [イラク/アッバース朝カリフ]
A.D. 833 900,000 Bagdad マディーナトアルサラーム (バグダード) [イラク/アッバース朝カリフ]
A.D. 855 860,000 Bagdad マディーナトアルサラーム (バグダード) [イラク/アッバース朝カリフ]
A.D. 900 900,000 Bagdad マディーナトアルサラーム (バグダード) [イラク/アッバース朝カリフ]
A.D. 925 1,100,000 Bagdad マディーナトアルサラーム (バグダード) [イラク/アッバース朝カリフ]
A.D. 932 1,100,000 Bagdad マディーナトアルサラーム (バグダード) [イラク/アッバース朝カリフ]
A.D. 935 350,000 Cordova コルドバ [スペイン/後ウマイヤ朝カリフ]
A.D. 1000 450,000 Cordova コルドバ [スペイン/後ウマイヤ朝カリフ]
A.D. 1013 400,000 Kaifeng 東京開封府 (べん京) [中国/北宋]
A.D. 1100 442,000 Kaifeng 東京開封府 (べん京) [中国/北宋]
A.D. 1102 442,000 Kaifeng 東京開封府 (べん京) [中国/北宋]
A.D. 1126 420,000 Kaifeng 東京開封府 (べん京) [中国/北宋]
A.D. 1127 200,000 Constantinople コンスタンティノポリス (ビザンティオン, 現イスタンブル) [トルコ/帝政東ローマ(コムネノス家)]
A.D. 1145 200,000 Merv メルヴ (現マリ) [トルクメニスタン/大セルジューク朝トルコ]
A.D. 1150 200,000 Merv メルヴ (現マリ) [トルクメニスタン/大セルジューク朝トルコ]
A.D. 1153 200,000 Constantinople コンスタンティノポリス (ビザンティオン, 現イスタンブル) [トルコ/帝政東ローマ(コムネノス家)]
A.D. 1170 200,000 Fez ファース (フェズ) [モロッコ/ムワッヒド朝カリフ]
A.D. 1180 200,000 Hangchow 臨安府銭塘 (現杭州) [中国/南宋]
A.D. 1200 255,000 Hangchow 臨安府銭塘 (現杭州) [中国/南宋]
A.D. 1201 260,000 Hangchow 臨安府銭塘 (現杭州) [中国/南宋]

243: 世界@名無史さん
A.D. 1250 320,000 Hangchow 臨安府銭塘 (現杭州) [中国/南宋]
A.D. 1273 432,000 Hangchow 臨安府銭塘 (現杭州) [中国/南宋]
A.D. 1300 432,000 Hangchow 杭州路銭塘 [中国/元]
A.D. 1315 450,000 Cairo アルカーヒラ (カイロ) [エジプト/マムルーク朝 (バフリー家)]
A.D. 1325 500,000 Cairo アルカーヒラ (カイロ) [エジプト/マムルーク朝 (バフリー家)]
A.D. 1348 432,000 Hangchow 杭州路銭塘 [中国/元]
A.D. 1350 432,000 Hangchow 杭州路銭塘 [中国/元]
A.D. 1368 1位はNanking 応天府江寧 (現南京) [中国/明]
A.D. 1391 473,000 Nanking 応天府江寧 (現南京) [中国/明]
A.D. 1400 487,000 Nanking 応天府江寧 (現南京) [中国/明]
A.D. 1425 1位はPeking 北京 (順天府大興) [中国/明]
A.D. 1450 600,000 Peking 北京 (順天府大興) [中国/明]
A.D. 1492 669,000 Peking 北京 (順天府大興) [中国/明]
A.D. 1500 672,000 Peking 北京 (順天府大興) [中国/明]
A.D. 1550 690,000 Peking 北京 (順天府大興) [中国/明]
A.D. 1575 706,000 Peking 北京 (順天府大興) [中国/明]
A.D. 1579 707,000 Peking 北京 (順天府大興) [中国/明]
A.D. 1600 706,000 Peking 北京 (順天府大興) [中国/明]
A.D. 1650 700,000 Constantinople イスタンブル (コンスタンティノープル) [トルコ/オスマン帝国]

244: 世界@名無史さん
A.D. 1675 750,000 Constantinople イスタンブル (コンスタンティノープル) [トルコ/オスマン帝国]
A.D. 1690 750,000 Constantinople イスタンブル (コンスタンティノープル) [トルコ/オスマン帝国]
A.D. 1700 700,000 Constantinople イスタンブル (コンスタンティノープル) [トルコ/オスマン帝国]
A.D. 1710 1位はPeking 北京 (順天府大興) [中国/清]
A.D. 1750 900,000 Peking 北京 (順天府大興) [中国/清]
A.D. 1775 1,000,000 Peking 北京 (順天府大興) [中国/清]
A.D. 1800 1,100,000 Peking 北京 (順天府大興) [中国/清]
A.D. 1821 1,300,000 Peking 北京 (順天府大興) [中国/清]
A.D. 1825 1,350,000 Peking 北京 (順天府大興) [中国/清]
A.D. 1925 1位はLondon ロンドン [イギリス/大ブリテン=アイルランド連合王国 (ハノーヴァー家)]
A.D. 1841 1,948,000 London ロンドン [イギリス/大ブリテン=アイルランド連合王国 (ハノーヴァー家)]
A.D. 1850 2,320,000 London ロンドン [イギリス/大ブリテン=アイルランド連合王国 (ハノーヴァー家)]
A.D. 1851 2,362,000 London ロンドン [イギリス/大ブリテン=アイルランド連合王国 (ハノーヴァー家)]
A.D. 1861 2,803,000 London ロンドン [イギリス/大ブリテン=アイルランド連合王国 (ハノーヴァー家)]
A.D. 1875 4,210,000 London ロンドン [イギリス/大ブリテン=アイルランド連合王国 (ハノーヴァー家)]
A.D. 1900 6,480,000 London ロンドン [イギリス/大ブリテン=アイルランド連合王国 (ハノーヴァー家)]
A.D. 1914 7,419,000 London ロンドン [イギリス/大ブリテン=北アイルランド連合王国 (サクスコバーグゴータ家)]

245: 世界@名無史さん
A.D. 1925 7,774,000 New York ニューヨーク [アメリカ合衆国]
A.D. 1936 10,015,000 New York ニューヨーク [アメリカ合衆国]
A.D. 1950 12,463,000 New York ニューヨーク [アメリカ合衆国]
A.D. 1962 15,755,000 New York ニューヨーク [アメリカ合衆国]
A.D. 1965 1位はTokyo 東京 [日本]
A.D. 1968 20,500,000 Tokyo 東京 [日本]
A.D. 1970 20,450,000 Tokyo 東京 [日本]
A.D. 1975 23,000,000 Tokyo 東京 [日本]
A.D. 1988 28,700,000 Tokyo 東京 [日本]

246: 世界@名無史さん
世界最大人口都市の変遷 2.
参考資料: "World cities and personality structure" homepage of Geert Rombaut (2002)
これはとあるウェブ上のサイトにあったものだが、
肝心のURLが消失していまい、今では参照できない。
一部の人口の値が抜けている。

2800 B.C. -80,000 Uruk ウルク (現タルアルワルカー) [イラク/ウルク第1王朝]
2600 B.C. Kish キシュ (現タルアルウハイミル) [イラク/キシュ第2王朝]
2500 B.C. Ur ウル (現タルアルムカイヤル) [イラク/ウル第1王朝]
2430 B.C. Memphis メンネフェル (メンフィス, 現ミートルハイナー) [エジプト/第5王朝]
2371 B.C. 100,000 Lagash ラガシュ (現タルアルヒバ) [イラク/ウルナンシェ朝=後期ラガシュ第1王朝]
2350 B.C. Umma ウンマ (現タルジョハー) [イラク/ウンマ第3王朝=ウルク第3王朝]
2334 B.C. Akkad アッカド (アガデ) [イラク/アッカド]
2200 B.C. 250,000 Ur ウル (現タルアルムカイヤル) [イラク/ウル第3王朝]
2004 B.C. Susa スーサ (現シューシュ) [イラン/シマシュ朝エラム]
1999 B.C. 20,000-45,000 Dwaraka ドヴァーラカー (現ドワールカー) [インド/クリシュナ]
1950 B.C. 60,000-100,000 Memphis メンネフェル (メンフィス, 現ミートルハイナー) [エジプト/第11王朝]
1770 B.C. 50,000-100,000 Babylon バービリム (バビル, バビュロン, 現アルヒラー) [イラク/アムール朝=古バビロニア第1王朝]

247: 世界@名無史さん
1600 B.C. 100,000-250,000 Avaris ハワレト (アヴァリス, 現タルアドダバー) [エジプト/第15王朝]
1570 B.C. 80,000-350,000 Thebes ウェセト (テーベ, 現アルウクスル, ルクソール) [エジプト/第18王朝]
1070 B.C. Hao 鎬京 (現西安) [中国/西周]
790 B.C. Damascus アラム (現ディマシュク, ダマスカス) [シリア/アラム]
770 B.C. 50,000-100,000 Calah カラフ (現ニムルード遺跡) [イラク/新アッシリア]
710 B.C. Dur Sjarrukin ドゥルシャルキン (現コールサバード) [イラク/新アッシリア (サルゴン家)]
700 B.C. 170,000+ Nineveh ニヌア (ニネヴェ, 現クユンジク) [イラク/新アッシリア (サルゴン家)]
612 B.C. 200,000-500,000+ Babylon バビル (バビュロン, 現アルヒラー) [イラク/新バビロニア]
320 B.C. 300,000-750,000 Alexandria Alexandria アレクサンドリア (ラコーテ, アルイスカンダリーヤー) [エジプト/マケドニア王国プトレマイオス朝実効支配]
275 B.C. 300,000-600,000 Seleucia セレウケイア (現タルウマル) [シリア/セレウコス朝シリア]
260 B.C. 350,000-600,000 Pataliputra パータリプトラ (現パトナ) [インド/マウリヤ朝]
220 B.C. 400,000-700,000 Hsien Yang 内史咸陽 [中国/秦]
207 B.C. 350,000-600,000 Pataliputra パータリプトラ (現パトナ) [インド/マウリヤ朝]
195 B.C. 250,000-800,000 Ching Chao 内史長安 (京兆尹長安, 現西安) [中国/前漢]
70 B.C. 750,000-1,100,000 Alexandria Alexandria アレクサンドリア (ラコーテ, アルイスカンダリーヤー) [エジプト/プトレマイオス朝]
50 B.C. 450,000-2,000,000 Rome ローマ [イタリア/帝政ローマ]
A.D. 330 150,000-350,000 Pataliputra パータリプトラ (現パトナ) [インド/グプタ朝]
A.D. 420 400,000-1,000,000 Constantinople コンスタンティノポリス (ビザンティオン, 現イスタンブル) [トルコ/帝政東ローマ (テオドシウス家)]
A.D. 480 400,000-500,000 Ctesiphon タイサフン (クテシフォン, 現タークキスラー) [イラク/サーサーン朝ペルシア]

248: 世界@名無史さん
A.D. 636 700,000-2,000,000 Chang'An 京兆府長安 (現西安) [中国/唐]
A.D. 770 1,000,000-3,000,000 Baghdad マディーナトアルサラーム (バグダード) [イラク/アッバース朝カリフ]
A.D. 945 150,000-800,000 Cordoba コルドバ [スペイン/後ウマイヤ朝カリフ]
A.D. 970 442,000-2,000,000+ Kaifeng べん州開封 (東京開封府, べん京) [中国/北宋]
A.D. 1126 200,000-1,500,000 Merv メルヴ (現マリ) [トルクメニスタン/大セルジューク朝トルコ]
A.D. 1153 200,000-1,500,000+ Angkor ヤショダラプラ (アンコール, 現シエムリエプ) [カンボジア/アンコール朝 (マヒダラプラ家)]
A.D. 1177 432,000-2,500,000 Hangchow 臨安府銭塘 (現杭州) [中国/南宋]
A.D. 1368 455,000-600,000 Vijayanagar ヴィジャヤナガル (現ハンピ) [インド/サンガマ朝ヴィジャヤナガル]
A.D. 1370 487,000-550,000 Nanking 応天府江寧 (現南京) [中国/明]
A.D. 1421 707,000-710,000 Peking 北京 (北平, 順天府大興) [中国/明]
A.D. 1635 650,000-680,000 Agra アーグラ [インド/ムガール帝国]
A.D. 1637 700,000-750,000 Istanbul イスタンブル (コンスタンティノープル) [トルコ/オスマン帝国]
A.D. 1670 500,000- Delhi デリー [インド/ムガール帝国]
A.D. 1684 600,000-720,000 Paris パリ [フランス王国 (ブルボン家)]
A.D. 1685 700,000 Istanbul イスタンブル (コンスタンティノープル) [トルコ/オスマン帝国]
-----以下はChandlerと同じ-----
A.D. 1710 Peking 北京 (順天府大興) [中国/清]
A.D. 1825 London ロンドン [イギリス/大ブリテン=アイルランド連合王国]
A.D. 1925 New York ニューヨーク [アメリカ合衆国]
A.D. 1965 Tokyo 東京 [日本]

249: 世界@名無史さん
世界最大人口都市の変遷 3.
参考資料: "World Cities -3000 to 2000" by George Modelski (2003)
Modelskiのウェブページ:
http://faculty.washington.edu/modelski/worldcities.html
Chandlerの資料よりも古代の都市の人口推定には信頼度が高そうだが、
先に挙げた二つと違い、別に順位をつけていない。
また100年毎の都市人口を算出しているため、
年度を追っての順位の変遷は分からない。
Modelskiの都市の最低ラインは人口1万人

3700 B.C. 6,000-10,000 Eridu エリドゥ (現アブーシャフレイン) [イラク]
3500 B.C. 14,000 Uruk ウルク (現タルアルワルカー) [イラク]
3300 B.C. 40,000 Uruk ウルク (現タルアルワルカー) [イラク]
3000 B.C. 40,000 Uruk ウルク (現タルアルワルカー) [イラク]
2800 B.C. 80,000 Uruk ウルク (現タルアルワルカー) [イラク/キシュ第1王朝]
(ザイトゥーン) 2500 B.C. 60,000 Lagash ラガシュ (現タルアルヒバ) [イラク/ウルナンシェ朝=後期ラガシュ第1王朝]
2400 B.C. 50,000 Mari マリ (現タルアルハリーリー) [シリア/イルシュ朝マリ]
2300 B.C. 80,000 Girsu ギルス (ラガシュ, 現タラー) [イラク/アッカド]
2200 B.C. 50,000 Girsu ギルス (ラガシュ, 現タラー) [イラク/ラガシュ第2王朝]
2100 B.C. 100,000 Ur ウル (現タルアルムカイヤル) [イラク/ウル第3王朝]
2000 B.C. 40,000 Girsu ギルス (ラガシュ, 現タラー) [イラク/ラガシュ第2王朝]
     40,000 Isin イシン (現タルイシャンアルバハリヤト) [イラク/イシン第1王朝]
     40,000 Larsa ラルサ (現タルサンカラー) [イラク/ナプラヌム朝ラルサ]

250: 世界@名無史さん
1900 B.C. 40,000 Isin イシン (現タルイシャンアルバハリヤト) [イラク/イシン第1王朝]
     40,000 Larsa ラルサ (現タルサンカラー) [イラク/ナプラヌム朝ラルサ]
1800 B.C. 60,000 Mari マリ (現タルアルハリーリー) [シリア/シャムシアダド朝古アッシリア属領]
1700 B.C. 60,000 Babylon バービリム (バビル, バビュロン, 現アルヒラー) [イラク/アムール朝=古バビロニア第1王朝]
1600 B.C. 50,000-100,000 Avaris ハワレト (アヴァリス, 現タルアドダバー) [エジプト/第15王朝]
1500 B.C. 60,000 Thebes ウェセト (テーベ, 現アルウクスル, ルクソール) [エジプト/第18王朝]
1400 B.C. 80,000 Thebes ウェセト (テーベ, 現アルウクスル, ルクソール) [エジプト/第18王朝]
1300 B.C. 120,000 Yin 殷 (現安陽) [中国/商]
1200 B.C. 160,000 Pi-Ramses ペルラムセス (アヴァリス, 現タルアドダバー) [エジプト/第19王朝]
1100 B.C. 120,000 Pi-Ramses ペルラムセス (アヴァリス, 現タルアドダバー) [エジプト/第20王朝]
1000 B.C. 120,000 Thebes ウェセト (ノウェ, テーベ, 現アルウクスル, ルクソール) [エジプト/大神官]
900 B.C. 125,000 Haoqing 鎬京 (現西安) [中国/西周]
800 B.C. 125,000 Haoqing 鎬京 (現西安) [中国/西周]
700 B.C. 100,000 Luoyang 洛陽 (王城+成周) [中国/東周]
     100,000 Linzi 臨し (現ツーポー) [中国/齊公]
     100,000 Memphis メンネフェル (メンフィス, 現ミートルハイナー) [エジプト/第24王朝]
     100,000 Thebes ウェセト (ノウェ, テーベ, 現アルウクスル, ルクソール) [エジプト/第25王朝]
     100,000 Babylon バビル (バビュロン, 現アルヒラー) [イラク/古バビロニア第9王朝]
     100,000 Nineveh ニヌア (ニネヴェ, 現クユンジク) [イラク/サルゴン朝新アッシリア]
600 B.C. 200,000 Luoyang 洛陽 (王城+成周) [中国/東周]
500 B.C. 200,000 Luoyang 洛陽 (王城+成周) [中国/東周]
     200,000 Babylon バビル (バビュロン, 現アルヒラー) [イラク/新バビロニア]

251: 世界@名無史さん
400 B.C. 320,000 Xiatu 下都 (燕下都, 現易県) [中国/燕公]
300 B.C. 500,000 Carthage カルタゴ (現チュニス) [チュニジア/共和政カルタゴ]
200 B.C. 600,000 Alexandria アレクサンドリア (ラコーテ, アルイスカンダリーヤー) [エジプト/プトレマイオス朝]
100 B.C 1,000,000 Alexandria アレクサンドリア (ラコーテ, アルイスカンダリーヤー) [エジプト/プトレマイオス朝]
A.D. 1 800,000 Rome ローマ [イタリア/帝政ローマ]
A.D. 100 1,000,000 Rome ローマ [イタリア/帝政ローマ]
A.D. 200 1,200,000 Rome ローマ [イタリア/帝政ローマ]
A.D. 300 1,000,000 Rome ローマ [イタリア/帝政ローマ]
A.D. 400 800,000 Rome ローマ [イタリア/帝政西ローマ]
A.D. 500 500,000 Luoyang 洛陽 (豫州) [中国/北魏]
     500,000 Nanjing 建康 (揚州, 現南京) [中国/齊]
     500,000 Constantinople コンスタンティノポリス (ビザンティオン, 現イスタンブル) [トルコ/帝政東ローマ (テオドシウス家)]
A.D. 600 600,000 Constantinople コンスタンティノポリス (ビザンティオン, 現イスタンブル) [トルコ/帝政東ローマ (ユスティニアヌス家)]
A.D. 700 1,000,000 Changan 京兆府長安 (現西安) [中国/武周]
A.D. 800 800,000 Changan 京兆府長安 (現西安) [中国/唐]
A.D. 900 900,000 Baghdad マディーナトアルサラーム (バグダード) [イラク/アッバース朝カリフ]

253: 世界@名無史さん
A.D. 1000 1,200,000 Baghdad マディーナトアルサラーム (バグダード)
[イラク/ウワイフ朝属領アッバース朝カリフ]
A.D. 1100 1,200,000 Baghdad マディーナトアルサラーム (バグダード)
[イラク/大セルジューク朝属領アッバース朝カリフ]
A.D. 1200 1,000,000 Baghdad マディーナトアルサラーム (バグダード) [イラク/アッバース朝カリフ]
     1,000,000 Kaifeng べん京 (南京開封府) [中国/金]
     1,000,000 Hangzhou 臨安府銭塘 (現杭州) [中国/南宋]
A.D. 1300 1,500,000 Hangzhou 杭州路銭塘 [中国/元]
A.D. 1400 1,000,000 Nanjing 応天府江寧 (現南京) [中国/明]
A.D. 1500 1,000,000 Beijing 北京 (順天府大興) [中国/明]
A.D. 1600 1,000,000 Beijing 北京 (順天府大興) [中国/明]
A.D. 1700 1,000,000 Ayutthaya アユタヤ [タイ/アユタヤ朝 (プルールワン家)]
A.D. 1800 1,100,000 Beijing 北京 (順天府大興) [中国/清]
-----以下はChandlerと同じ-----
A.D. 1900 6,500,000 London ロンドン [イギリス/大ブリテン=アイルランド連合王国 (ハノーヴァー家)]

259: 世界@名無史さん
>>239
大変参考になりました、ありがとう。
259: 世界@名無史さん
これ見ると、いかにローマとイスラムと中国が栄えていたかが分かるな…
後、東京ってどこまで入るんだろう?東京・神奈川・埼玉・千葉を合計したくらいだが
<人口

263: 世界@名無史さん
古代の世界都市
ローマ
アレクサンドリア
西安

中世の世界都市
バグダード
コンスタンティノープル
開封

264: 世界@名無史さん
>>263
古代だったら「長安」だろう…

265: 世界@名無史さん
>>264
それを言い出したら
開封もべん京だし、
バグダードも「平安の都」を意味するマディーナ・アッサラームだ。

266: 世界@名無史さん
>>265
開封は、国家としての呼び名が「べん京」なだけで、都市の名前としての
「開封」は当時からあったよ。
バグダードはいつの頃から通称になったのかは知識が足らないので分か
らないが。

西安と呼ぶ様になったのは、それほど昔のことではない。
少なくとも唐代以前に西安なる呼び名は存在しなかった。これだけで西安と
呼ぶことは不適当だろう。

267: 世界@名無史さん
コンスタンティノープルをイスタンブールと書いていれば問題なかったわけだ。

ちなみにコンスタンティノープルは英語読みだから
コンスタンティノポリスの方が良いのかも。

268: 世界@名無史さん
イスタンブールはコンスタンティノープルのトルコ訛りだろ?

279: 世界@名無史さん
>>268
違いますよ。
コンスタンティノープルはコンスタンティヌス1世の名前から。
イスタンブールは「永遠の都」という意味。

283: 世界@名無史さん
東ローマ帝国時代からスラブ人やアラブ人が旧市街を指して呼んでいたスタンブルという地名がトルコ人にも取り入れられたものと考えられる。この名前は、一説にはギリシャ語の "stin poli" (「都市に」)から取られ、ギリシャ人がコンスタンティノポリスを「都市の中の都市」と呼んだことに由来するという。
Constantinopolisがつづまったstanpolという形を語源に想定する説もある。
イスラム諸国では、語源をトルコ語で「イスラームが広まった」を意味する"Islam bol"であるとするフォーク・エティモロジー(民間語源説)解釈があり、アラビア語などではイスラームブール(Islāmbūl)と表記されることもある。

285: 239
>>283
自分はアラビア語の発音には詳しくないんですけど、
現在のエジプトやイラクの地名に
Al-とEl-という二つの表記が混在しますが、
これって方言の差なんでしょうか?
単にアラビア語のラテン文字表記に複数の方式が
あるだけなんでしょうか?

284: 239
とりあえず紀元前2000年までに登場した1万人以上(Chandlerでは2万人以上)の
諸都市の現在の名前:
エリドゥ: アブーシャフレイン
ウルク: タルアルワルカー
ララク: アルハイヤド
ナガル: タルビラーク
シッパル: タルアブーハッバー
シュルッパク: タルファーラー
バドティビラ: タルアルマディーナー
ニップル: ニッフェル
ケシュ: タルアルウィライヤ
キシュ: タルアルウハイミル
ウンマ: タルジョハー
ラルサ: タルサンカラー
ザバラム: タルイブゼイフ
アダブ: タルビスマーヤー
ラルサ: タルサンカラー
アッシュル: カラートシャルカート
ニナ: タルズルグル
ヘネンネスート: イフナーシアトアルマディーナー[エジプト]
ディルムン: カラートアルバハレーン[バーレーン]
アンシャン: タルテペマイラン[イラン]
スーサ: シューシュ[イラン]
ウルケシュ: タルモザン[シリア]
マリ: タルアルハリーリー[シリア]
エブラ: タルマルディーク[シリア]
タルハユム: タルチュエラ[シリア]
メソポタミアを流れる川は、永い間に流れを変えてしまっているため、
過去の都市はほぼ廃墟と化している。インダス文明も同様。
インダス文明や中央アジアの遺跡など、当時の呼称が残っていないため、
現在の地名のまま表記した。

311: 世界@名無史さん
これからの三大都市はトップの座は東京が奪い取ると考えても、
やはりニューヨークもそう簡単には三大都市の1つからは滑り落ちないだろうな。
ロンドンがそうであるように。
とするともう1つはどこだろう。
ロンドンはもっと衰えてるだろうから。
ベルリン辺りか?

312: 世界@名無史さん
>>311
ベルリンは19世紀末~20世紀初頭の頃の方が影響力があった。
それにドイツは地方分権的。
今のドイツ最大の都市域はルール地方だし。

単純な人口の比較だと、現時点では東京・ニューヨーク以外に
メキシコの首都、インドのムンバイ、韓国のソウル、ブラジルのサンパウロ
インドネシアのジャカルタなんかが上の方に来ている。
でも経済活動となると...

313: 世界@名無史さん
う~~ん、金融市場から考えるとロンドンはまだ衰退するとは思えないなあ。
ソウル、ジャカルタ、メキシコシティ、サンパウロ、北京なんかはローカルだし…

アジアだと上海、ヨーロッパだとフランクフルト、ブリュッセルあたりが次の候補
だろうけど、ヨーロッパは今後も分権が進みそうだからやっぱり上海かな?
(フランクフルトは欧州中央銀行、ブリュッセルはEU本部所在地)

396: 世界@名無史さん
単純に人口、経済力だと東京、NY、大阪が世界三大都市。
それに国際性、世界的知名度、文化発信度などを加味したらNY、ロンドン、パリか
経済・人口の圧倒的アドバンテージで東京がパリの代わりに入るかどうか
ってとこじゃないかね。

397: 世界@名無史さん
>>396
おまい、経済力込みで大阪がロンドンを越えてると本気で思ってるのか?
ロンドン金融市場の影響力の大きさを理解してないらしい。これは、東京
どころか、NYと同等、一部は上回る規模な訳だが。
普通に考えて、NY、ロンドン、東京が知名度・経済力・文化的影響力でも
三大都市と言って良いだろう。
(パリはもうかつてのパワーを失ってる。東京に勝ってるのは国際性くらい)

399: 世界@名無史さん
GDPじゃロンドンなんてたかがしれたもの
大阪どころかシカゴにすら負けてるよ
ロンドンに残されてるのは金融センターと知名度だけ
パリと大差無い

402: 世界@名無史さん
>>399
…だから、その金融センターをなめてないか?
世界の3割の外国為替を扱ってるロンドン市場の影響力たるや、
日本ローカルの大阪ごときが及ぶところではない。
オイル・穀物市場はNYについで世界第二位。株式市場ではNY
に匹敵する規模。(そのほか、商品市場では世界一の取引量
を持つ品目がかなりある)

世界経済の(NYと並ぶ)一大中心地と言っていいだろう<ロンドン

んで、GDPがどうかしたって?生産力だけが経済だと勘違いしてる
なら、経済の基礎からやり直せ。
そもそも都市の経済力とは「流通のハブ」であることだろうに。

403: 世界@名無史さん
海外のサイトだが、巨大企業の支店の数から都市の"グローバル"さを
ランクしたもの。まあデータとしては人口よりも恣意性が入り込むが...
http://www.lboro.ac.uk/gawc/datasets/da6.html

105 ニューヨーク
97 ロンドン
71 パリ
68 香港
66 東京
65 ロサンゼルスs
61 シンガポール
57 フランクフルト
56 シドニー & ミラノ
54 ブリュッセル & サンフランシスコ & ワシントンDC
52 マドリード
------------
43 メキシコシティ
37 ソウル
27 上海
16 大阪

405: 403
ちなみに>>403のサイトのイギリス人の他のデータ
http://www.lboro.ac.uk/gawc/rb/rb6.html

彼らの主張によると、今でもロンドンこそが世界で最もグローバルな都市ということになる。

1.00 pt ロンドン
0.98 ニューヨーク
0.71 香港
0.70 パリ
0.69 東京

もっともこいつらイギリスの学者だけどね...

もっと経済面でのデータがあれば面白いんだけど、
どうしても歴史的な推測データとなると
都市のデータとしてある程度揃っているのは人口ぐらい。

408: 世界@名無史さん
>>405
グローバルって観点からすると、意外と的を射てる気もする。
香港は確かにグローバル都市だ。

そういう視点で考えると、ジュネーブやジェッダ、バーレーンなんかも
代表的な国際都市と呼べそうな気がするな。

でも、ちょっと規模が小さいかな<下の3都市

407: 世界@名無史さん
欧州の証券センターってハンブルクじゃないの?

409: 世界@名無史さん
>>407
取引規模を比較してみることをお薦めする。

415: 世界@名無史さん
ハンガリー人はブダペストのことを世界都市と言ってるよ。

416: 世界@名無史さん
>>415
ドナウの真珠は確かに国際都市かもな~。
特にWW1以前は。

417: 世界@名無史さん
様々な民族が交錯したホットな都市だったのは事実だろうが、中欧地域を越えて
影響力を行使できた都市だとは思えないがな。その点ではウィーンにずっと劣る
ような希ガス >>ブダペシュト

419: 世界@名無史さん
古代の上位が軒並み今キナ臭い地域だったりするのは
なんという因果…

420: 世界@名無史さん
ローマは今でも影響力を行使し続けている町じゃない?

世界最大の宗教団体であるローマカトリック教会の総本山があるし、

421: 世界@名無史さん
遺跡化せずに今なお都市として機能している古代都市は...やはりエジプトの都市。

422: 世界@名無史さん
>>421
古代エジプトの都市で今も機能してるのはアレクサンドリア?
古代の面影は全然ないけど。
カイロはイスラムの都市だから。

423: 421
単にここの>>239以降の試算値を眺めていて、
今なおそこそこの人口を保っているのはヘリオポリス(今のカイロに隣接)、テーベ(ルクソール)
あたりかなと思っただけ。
一応、ヘリオポリス(またはオン)→バビロン(ローマ時代のカイロの呼称で
メソポタミアのバビロンとは別)→フォスタート→カイロと、
中心地区は移りつつも人口を維持してきているし。

バグダードの方は、セレウキア/クテシフォンやバビロンを前身の都市とみなせば
連続しているようにも見えるけど、バビロンとバグダードは結構離れているからな。

443: 世界@名無史さん
中国の都市で「世界都市」と呼べる都市ってまだ無いと思うんだが。

444: 世界@名無史さん
>>443
古くは長安、開封、杭州、泉州。
近代だと上海。
現在だと香港。

447: 世界@名無史さん
ロシアの都市で「世界都市」と呼べる都市ってまだ無いと思うんだが。

470: 世界@名無史さん
>>447
冷戦期のモスクワは近いものがあると思うがね。
今でも旧ソ連の面影が見られるよ。
ロシア語を話しながらやって来る中央アジアの人たちだとか・・・
中国との繋がりも未だに強いようだしね。

473: 世界@名無史さん
>>470

おれはモスクワに行ったことがあるが
街中の表記は百パーセントキリル文字。
日本だったら「東京 とうきょう Tokyo」
と併記されているが、それも一切なし。

あんな街が「世界都市」とほざく奴の
気が知れない。まあ、実際に行ったことないんだろうな。

474: 世界@名無史さん
>>473
NYなんか英語表記だけですが…

モスクワが国際都市だった当時は、ロシア語は一方の陣営の共通語
だったんだから仕方ないだろ。

471: 世界@名無史さん
クリミアのヤルタやオデッサが世界的な貿易港だった時代もあるんじゃないか?

485: 世界@名無史さん
過去に巨大地震を経験している都市:
イスタンブール、テヘラン、アレクサンドリア
メキシコシティ、ロサンジェルス、サンフランシスコ、サンティアゴ
東京、大阪、名古屋、京都、仙台

ニューヨークやロンドンにはこういった弱みがない。

486: 世界@名無史さん
うちの曾爺さんの代あたりの親戚がNYで大地震に遭って亡くなったって聞いたけど、
ロサンゼルスの間違いだよね?
商社に勤めていたらしいが。

487: 世界@名無史さん
>>486
サンフランシスコも前世紀頭にでかい地震を経験しているし、
ほんのここ10数年の間にもロサンゼルス、
サンフランシスコ近郊で被害地震が起きている。
ニューヨークを始めとするアメリカ東海岸では地震が無い。

488: 487
1906年4月の地震で3,000人死んでいる。

489: 世界@名無史さん
1906年のL.A.って日本の商社が事務所構える程の都市でしたっけ
映画産業や重工業が栄えるのはもっと後ですよね。
リトル東京は既にあったようだけど。

490: 世界@名無史さん
>>489
1906年の地震はサンフランシスコの方。

508: 世界@名無史さん
文句なしで江戸
植民地を持たない国で唯一の百万都市
文化水準がかなり高かったのもえいきょうするか

519: 世界@名無史さん
>>508
> 文句なしで江戸
> 植民地を持たない国で唯一の百万都市


江戸が100万越えした頃には北京も達してたと思うが?

525: 世界@名無史さん
>>522

このスレの上の方にあるデータによると、江戸は100万人に達していない。
とはいえ当時としては最大規模の都市で、1650頃頃から1750年頃まで
江戸は世界第2位の人口を有する都市で、上にはイスタンブールか北京がいる。
1850年の人口78万人が最高だが、この頃にはロンドンやパリも江戸を抜かして100万都市
になっている。
北京は19世紀末に荒廃

520: 世界@名無史さん
江戸の100万人口世界一説は実は信憑性ないの?

521: 世界@名無史さん
ブダペストも第一次世界大戦前に百万突破。
ヨーロッパで六番目の大都市であった(過去形)。

532: 世界@名無史さん 投稿日:2005/03/31(木) 18:37:31
国際都市(世界都市?)の条件には各国の人々が多く定住もしくは出入りすることが挙げられると思うので江戸は違うだろう。

引用元: ・*◆****世界都市****◆*