51C7DGWRTZL








489: 世界@名無史さん 投稿日:2012/09/29(土) 19:11:20.81
ムガールはモンゴルから来てること

490: 世界@名無史さん 投稿日:2012/09/30(日) 10:57:53.12
「むごい」もモンゴルから来てること

492: 世界@名無史さん 投稿日:2012/09/30(日) 14:53:14.94


    楳垣実によると、ムゴシの語源にはメグシとムザンの二つの語が関係しているという。メグ(愍)シは、「人もなき古りにし郷にある人を愍くや君が恋に死なする」(万葉集・二五六〇)では、気の毒にの意、「父母を見れば尊し妻子みれば米具斯愛し」(万葉集・八〇〇)ではいとしいの意味を表す。このメグシ→メゴイ→メンコイのように変化した。このうち、メグイ以下の三形は東北地方を中心に東日本の方言で広く見られる。

    一方、ムザン(無慙・無惨)は「(拷問で)悶絶躃地して絶え入りけるこそ無慙なれ」(保元物語・中)では、残酷なの意、「うしとおもひし道なれども、おやのめいをそむかじと、泣く泣く又出立ける心のうちこそむざんなれ」(平家物語・一)では、気の毒でかわいそうだの意を表した。ムザンはムザウ→ムゾウ→ムゾイと変化した。ムゾーとムゾイは、今日の方言で、東北や九州を中心に広く分布する。

    メグシの変化したメゴイと、ムザンの変化したムゾー・ムゾイは、いずれも気の毒でかわいそうだの意を表すことから、両者は混同をおこし、メゴイの形に、ムゾー・ムゾイが影響してムゴイが生まれたものという(楳垣実・嫁が君)。


493: 世界@名無史さん 投稿日:2012/09/30(日) 15:43:15.74
>492もあやしいな。
結局語源は不明ということか

494: 世界@名無史さん 投稿日:2012/09/30(日) 22:54:25.70
フェルマーが当時の知識人に意地悪していた事。

495: 世界@名無史さん 投稿日:2012/09/30(日) 23:19:07.60
トーマス・エジソンがニコラ・テスラに嫉妬していた事
手塚治虫が水木しげるに嫉妬していた事

496: 世界@名無史さん 投稿日:2012/10/05(金) 21:41:58.23
第一次世界大戦時にロシア軍が使っていた歩兵銃は日本製

499: 世界@名無史さん 投稿日:2012/10/08(月) 04:14:05.44
ルイ14世が主治医に歯が万病のもとだと言われて納得
全部歯抜いたら消化不良で慢性的な下痢になって
会議すらお丸に座りながらやってたらしい

後、墓荒らしの歴史が面白かった。
夜な夜な○姦したりするのが普通だったらしいな。だから墓守が居たと

510: 世界@名無史さん 投稿日:2012/10/21(日) 00:44:59.59
ルイ16世が包茎だったこと。
しかも手術したこと。

526: 世界@名無史さん 投稿日:2012/11/20(火) 21:20:33.52
唐代が専門研究の友人から聞いて「?!」な話

則天武后に妃がいたこと。男じゃないよ、女性です
でも、レズビアンではない
ただ、「皇帝なんだから后妃がいていいじゃない」で妃がいた
まぁ・・武帝は正真正銘の両刀、むしろ男の方がいい人だったしなぁ

528: 世界@名無史さん 投稿日:2012/11/21(水) 10:11:02.39
宦宦は全部切り落とす。
運悪く死ぬ人もいた。

カストラートは二個だけ抜いた。
施術は医者ではなく畜産業者。死ぬことはなかった。
カストラートはマダム方に人気が高かった。
理由は知らん。

539: 世界@名無史さん 投稿日:2012/11/21(水) 23:03:45.47
ボストン茶会事件の原因

タウンゼンド諸法に対する抗議が原因ではなく、
お茶の貿易制限->全ての貿易制限への懸念

550: 世界@名無史さん 投稿日:2012/11/25(日) 00:40:54.42
ナチスドイツでヒトラーのブロマイドが売られてたこと
指導者たるもの人前では肌を必要以上に見せるものではないとか言ってたから
あまり面白いものではなさそうだが

551: 世界@名無史さん 投稿日:2012/11/25(日) 01:14:32.96
春秋戦国時代の衛が、秦の始皇帝が死んだ後、二世皇帝の代まで存続していたこと

571: 世界@名無史さん 投稿日:2012/12/01(土) 16:25:51.65
ナポレオン2世が成人してたこと。

幼少時に亡くなったと思ってた。
21歳まで生きてたのなら、もっと長生きすればよかったのに。

573: 世界@名無史さん 投稿日:2012/12/01(土) 21:55:34.48
ナポレオンの二人目の奥さんが、
かの偉大なるハプスブルク家の方だったこと。

マリー・アントワネット妃も、
同家のご出身。

わけがわかりません。

575: 世界@名無史さん 投稿日:2012/12/01(土) 23:08:10.55
>>573
それがハプスブルクの閨閥作り作戦

574: 世界@名無史さん 投稿日:2012/12/01(土) 22:55:52.01
いつものハプスブルクだね
ナポレオンがエルバ島へ流されるとすぐ別の男に熱を上げて、「ナポレオンとは精神的にも物質的にも共有するものはございません」と言ったという
子供のことなどすっかり忘れていたらしい

576: 世界@名無史さん 投稿日:2012/12/01(土) 23:58:55.85
そういう縁組で、
具体的には、どのような
政治的効果がえられるのか、とか、
どのような政治的な絵を頭のなかで描いて、
このような縁組が行われたのか、
とか分かるかたいます?

577: 世界@名無史さん 投稿日:2012/12/02(日) 01:30:55.06
ナポレオンが后にオーストリア皇女を求めたのです、ヨーロッパ随一の格式ある血統を
つまり、旧体制派の一員にぜひ自分も加えていただきましょう、ということです
かつて革命精神の体現者と目されていた男の転落がこのときから静かに準備されていくことになります

581: 世界@名無史さん 投稿日:2012/12/23(日) 09:28:18.34
アケメネス朝最大領土>>>アレクサンドロス大王最大領土

583: 世界@名無史さん 投稿日:2012/12/25(火) 04:31:37.71
最近じゃないけどカエサルが自分の戦記を自分で書いたってのはやっぱビックリする話だよね

584: 世界@名無史さん 投稿日:2012/12/25(火) 15:17:34.58
しかも「カエサルは決断した」などと第三者の目で書いている。

588: 世界@名無史さん 投稿日:2012/12/27(木) 03:56:38.14
元老院に提出(?)する報告書っていうことだったんだっけ?
だから第三者だったんじゃないか

591: 世界@名無史さん 投稿日:2012/12/27(木) 15:41:43.78
ヨーロッパロシアの殆どシベリアに近いところに住むコミ人が、朝鮮人がハングルを発明するよりも前の時代にペルミのステファンとかいう奴によって独自の古ペルム文字を与えられて使っていたこと。

610: 山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte 投稿日:2013/01/06(日) 14:47:22.90
最近知ってびっくりしたこと。
ミノムシとして親しまれている「オオミノガ」が、中国から90年代に入って
来た寄生バエのせいで激減し、一部地域では絶滅してしまったこと。
『枕草子』に出した清少納言もびっくりでしょう。

616: 山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte 投稿日:2013/01/06(日) 22:09:10.57
『神曲』の原題が、当初は「喜劇」であったこと。
後に「神聖なる」が冠され、日本語に翻訳して「神聖喜劇」となっていたが、
「神曲」という意訳が広まった。
印象がかなり変わるのですが……。

619: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/07(月) 04:33:29.35
>>616
コントだとかコメディだとかの置かれた文脈が我々とは違うのだと思うしかないような…
そういえば、チェーホフが桜の園を悲劇として演出したスタニスラフスキーにいたく憤慨したという話も未だによく理解できない
昔のことにせよ何にせよ、自分で経験していない他人の感覚をイメージするほど困難なことはないです

623: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/13(日) 10:32:43.20
アイザック・ニュートンの本職は錬金術師だったこと
ラボアジェの本職は徴税請負人でそのためにフランス革命で処刑されたこと

624: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/13(日) 16:23:59.79
『ニュートンは、造幣局長官の地位に隠れて錬金術の研究を行っていた。』
本職ではない。それを本職と呼ぶならむしろ神学者だ。

625: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/13(日) 16:27:48.39
ニュートンも微分積分法を発見していたが
どちらを採用するかでライプニッツに敗れたという屈辱の歴史をもつ

629: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/13(日) 18:08:55.87
>>625
ニュートン力学の基盤になってるのに発見していたもないもんだ
記法でライプニッツの方が洗練されていたというだけの話

630: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/14(月) 10:00:24.67
「ペンは剣よりも強し」が、ブルワー・リットンの言葉だったこと。

631: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/15(火) 01:25:14.03
そのリットンさんの孫がリットン調査団のリットンさんだったこと

632: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/15(火) 07:45:54.38
イギリス本国じゃ、リットン調査団の方はほとんど知られて無いがな。
が、wikipedia中国語版では、調査団の方のリットンだけページが作成されているw

634: 山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte 投稿日:2013/01/17(木) 23:14:14.05
唐以降、中国の統一王朝は宋以外全て日本と交戦していること。
言われてみればその通りなのに、案外気づかず。
朝鮮の統一王朝も新羅・高麗・李朝と揃って交戦していますが。

639: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/18(金) 22:39:01.67
>>634
宋が、歴代唯一の文治王朝だったってのが例外性に関係してるのかな

刀伊の入寇、対元防衛ではむしろ日本の味方国だったんだよね

644: 山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte 投稿日:2013/01/19(土) 14:20:52.47
>>634
刀伊に日本人が捕虜に取られた後、高麗から一部が送還されていますね。
日本人の中には、高麗まで行って母や妻を探したものの、逃亡中の刀伊兵に
船から突き落とされて死亡していた、という悲劇を味わった人も。
末期の新羅との関係は、藤原利仁に征伐令が下ったという俗説を後世生じた
ぐらい悪かったですが、高麗とはそこまででもなかったですね。

638: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/18(金) 22:16:32.81
中国の統一王朝の多くがベトナムと一戦交えてるのも、
あらためてびっくり
まあ、ベトナムは王朝交代や被支配なんかもあるから日本とは違うが

640: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/19(土) 07:50:25.76
『1984』を書いたオーウェルが社会主義者だったこと。

641: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/19(土) 12:18:30.88
中華料理の回転テーブルは、日本人が発明したらしいこと

644: 山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte 投稿日:2013/01/19(土) 14:20:52.47
>>641
18世紀に英国で同様のテーブルが発明されていたことに求める説もあります。
仰るとおり、目黒発祥説もあるのですが。

642: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/19(土) 13:16:23.59
『アルプスの少女』のアルムおんじが元傭兵だったこと

648: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/19(土) 23:57:04.64
>>642
「ナポリで兵隊になった」とあるから両シチリア王国の傭兵だったんだな。

654: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/22(火) 21:48:28.08
既出かもしれないが

ナポレオン4~7世がいたこと
ナポレオン8世が現役だということ

656: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/26(土) 05:42:16.81
マクロスに出てくるヴァルキリーが、ワルキューレの英語読みだったこと

661: 山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte 投稿日:2013/01/29(火) 21:12:26.71
>>656
ベルセルクとバーサーカーもありそうですね。

662: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/30(水) 00:14:35.93
最近知ってびっくりしたこと
・空母ラングレーの艦名の由来が地名ではなく人名だったこと

・空母に改造される前は給炭艦ジュピターで同型間が2隻あった。
 で、その2隻ともバーミューダートライアングルで行方不明になっていたこと

659: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/28(月) 09:56:30.73
阿基米得とは、アルキメデスのことだったこと

660: 世界@名無史さん 投稿日:2013/01/29(火) 00:52:57.21
聖林と書いてハリウッドと読むこと

Hollywood(柊)をHolywood(聖なる林)と間違えたのね

664: 世界@名無史さん 投稿日:2013/02/04(月) 14:48:05.82
ギリシャ哲学が、実はアラビア語経由の翻訳しかないこと。

670: 世界@名無史さん 投稿日:2013/02/05(火) 06:28:34.90
>>664
大嘘。
西洋中世でもすでにギリシア語原典からの
翻訳も始まってる。

ごく一部、アラビア語訳しか残っていない、
ギリシア哲学・科学の資料が存在するだけ。

詳しくはこの本をみろ。
『ギリシア思想とアラビア文化―初期アッバース朝の翻訳運動』
ディミトリ グタス (著)、山本 啓二 (翻訳)

672: 世界@名無史さん 投稿日:2013/02/06(水) 19:21:41.75
ルネサンスも盛期になるとラテン語の古典は研究し尽くされて、一部の人たちは原典主義に向かって行ったしね
フィレンツェだったかフェラーラだったか忘れたけど、わざわざギリシャ語の講師を招聘して原典研究のサロンが開かれていたり
あとヴェネツィアのアルド・マヌーツィオはギリシャ語の写本を入手してたのでは?

674: 世界@名無史さん 投稿日:2013/02/08(金) 08:25:06.76
サンタ・クロースの原型は、オーディンだったこと

675: 世界@名無史さん 投稿日:2013/02/09(土) 00:54:21.95
ドイツの民話では、よい子の味方サンタクロースに対抗して
悪い子をいぢめるブラックサンタがいること
あとデンマークにはグリーンサンタもいること

676: 世界@名無史さん 投稿日:2013/02/09(土) 19:51:36.93
黒いサンタ(クネヒト・ループレヒト)はサンタに対抗するというより、
サンタの助手的存在ですね。悪い子にはがっかりなプレゼント。

679: 山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte 投稿日:2013/02/16(土) 00:01:39.67
知ったといいますか気づいたと言いますか。
ザマの戦いと垓下の戦いが同じ紀元前202年に起きていたこと。
冒頓単于もいましたし、神が酔って人材を配置していたとしか思えませんね。

691: 世界@名無史さん 投稿日:2013/02/19(火) 08:30:36.05
斬られた吉良上野介を治療したのは蘭法医だったこと

692: 世界@名無史さん 投稿日:2013/02/19(火) 08:41:07.37
「蘭方医」だ。訂正。栗崎道有。

これによって徳川吉宗の蘭学解禁につながった。

694: 世界@名無史さん 投稿日:2013/02/23(土) 11:19:37.89
ボリビアの正式国名が「ボリビア多民族国」ということ

695: 世界@名無史さん 投稿日:2013/02/26(火) 07:17:47.89
チベットが中国の首都を攻め落としたことがあった

763年、吐蕃軍が長安を占領

696: 世界@名無史さん 投稿日:2013/03/06(水) 15:29:39.76
ガリレオは海王星を観測していたことにびっくり。

木星の4衛星を観測中にその周辺に見える「恒星」を記録していたが
その中に海王星があったらしい。

701: 世界@名無史さん 投稿日:2013/03/09(土) 14:01:28.09
印僑は、パンジャーブ州出身者以外に、グジャラート州出身者とが多く、他州はごく僅かということ。
パンジャーブ州はシーク教徒が多いということで知ってたけど、グジャラート州が多いのは知らなかった。
グジャラート州から来たインド人留学生から聞いた話。

704: 山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte 投稿日:2013/03/11(月) 00:38:19.12
バングラデシュにムスリムが多い理由が、シャージャハーンからアウラングゼーヴ
の時代にかけて、ムスリムによる開拓と開拓地へのモスク建設が国策として推進さ
れた結果であったこと。

707: 世界@名無史さん 投稿日:2013/03/11(月) 22:30:47.40
アインシュタインのノーベル賞は相対性原理に対してではないこと

712: 世界@名無史さん 投稿日:2013/03/12(火) 20:15:21.50
交通機関のバスが、オムニバスの略だということ

716: 世界@名無史さん 投稿日:2013/03/17(日) 23:12:10.26
カナダの小売業大手、ハドソン湾会社のトップは、いまだに「総督」と呼ばれていること。

720: 世界@名無史さん 投稿日:2013/03/19(火) 07:08:57.47
ホワイトカラーやゼネラリストというものが誕生したのは、1920年頃だということ

722: 山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte 投稿日:2013/03/19(火) 21:59:14.54
古代エジプト人の考えた「ゲブの笑い」=地震。
鯰や竜や蛇と同じ発想ですが、はた迷惑な笑いですね。

730: 世界@名無史さん 投稿日:2013/03/31(日) 00:42:03.73
伊達正宗の直系子孫が満州で馬賊をやってたこと

http://ja.wikipedia.org/wiki/伊達順之助

200px-Date_Junnosuke


伊達 順之助(だて じゅんのすけ、明治25年(1892年)1月6日 - 昭和23年(1948年)9月9日)は満蒙独立運動や山東自治聯軍に参加した大陸浪人・馬賊。戦国武将伊達政宗の直系子孫。父は仙台藩知事・伊達宗敦(順之助は宗敦の六男)。

1916年に川島浪速が粛親王善耆らとおこした第二次満蒙独立運動に伊達順之助も参加し、その頃から大陸浪人として活動していたと思われる。第二次満蒙独立運動失敗後は山東自治聯軍に参加し、1929年に張宗昌(奉天派)とは義兄弟の契りを交わし張宗援と名乗る。

1919年、朝鮮総督・斎藤実預かりとなり、朝鮮に渡る。義州国境警隊長になる。

1923年、武装朝鮮人の根拠地を急襲。

1931年、中国に帰化し張宗援と称す。山東省自治を目指す。

1937年、満州国軍四千名を率い山東に出陣。

1939年、「掖城事件」。伊達順之助部隊解散。

1945年、日本軍、伊達に「張宗援」部隊再編成を持ちかけるも不調。

終戦後、中国青島にて日本人戦犯として連行。戦犯とされ青島拘留所、上海監獄臨時戦犯拘留所、江湾鎮戦犯収容所に収監され死刑宣告をうける。上海監獄に送られ、1948年9月9日に銃殺刑に処せられた。



731: 世界@名無史さん 投稿日:2013/03/31(日) 03:29:51.87
>>730
これ見るの(おそらく)3回目なんだけど、見るたびにびっくりしてるわw

引用元: ・最近知ってびっくりしたこと@世界史板 その8







ザ・歴史トリビア―明治・大正・昭和のへぇー100連発
西沢 教夫
廣済堂出版
売り上げランキング: 165,163