1: ニカワ ★\(^o^)/ 2016/06/21(火) 01:32:07.17 ID:CAP_USER9
かつて米国の大学は奴隷売買に手を染めていた(写真はイメージ)

img_a71f7dd726fdcfd6a51164c2c7cf1cfe698640


南部ルイジアナ州のバトンルージュに住むマキシン・クランプ(69)は、地元のテレビでは初の黒人司会者として活躍した女性だ。
2016年2月、マキシンにかかってきた1本の電話は、驚くべき知らせをもたらした。

「あなたの高祖父(祖父母の祖父)が判明しました。彼の名はコーネリアス。あなたの町のすぐ近くの農場で奴隷として働いていました」

コーネリアスという名には馴染みがあった。
マキシンの一族にはコーネリアスと名づけられた者が何人かおり、先祖から受け継いだ名であることは分かっていた。
だが家系の情報は途切れており、どれほど調べても先祖のコーネリアスに行きつくことができずにいた。

「なんということかしら! ああ神さま・・・」

思いがけない知らせに感激したマキシンは、話の続きを聞いて強い衝撃を受けた。
高祖父コーネリアスがルイジアナに来たのは、ある大学が行った奴隷売買によるものだったというのだ。

大学の奴隷所有が当たり前だった時代

1838年の秋、首都ワシントンの河港にはルイジアナ行きの船に積み込まれる黒人奴隷の姿があった。
272人の男女のなかには生後2カ月の子を抱いた母親や妊婦、親と引き離されて泣き叫ぶ子供もいたとNYタイムズ紙は描写する。

「なぜこのようなむごい仕打ちを」「神さまにお祈りするためのロザリオをください」と声をあげる奴隷もいたが、無視され、船倉へと追い込まれていった。
その中に十代半ばのコーネリアスの姿もあった。

奴隷たちをルイジアナの農場に売り渡したのは、カトリックの修道会であるイエズス会が運営するジョージタウン大学だった(写真)。
1789年にワシントンで創立された名門校だったが、当時は経営難から存続の危機に陥っていた。
経営難に苦しむ学長(イエズス会の神父)は、起死回生の策として奴隷の売却を決めたのだった。

(ワシントンに隣接するメリーランド州にはイエズス会が所有する農場があり、そこで働く労働者の中には、裕福なカトリック信者から寄進された奴隷が含まれていた。)

奴隷の労働によって経営が成り立っていた大学は、ジョージタウンのみならずハーバードやコロンビア、ブラウンなど数多い。
当時は、宗教団体であるイエズス会ですら、奴隷の所有は「不道徳な行いではない」と認識していた。

1789年にワシントンで創立されたジョージタウン大学
http://jbpress.ismedia.jp/mwimgs/9/5/450/img_959389e505e7e3923f5f0aa4bbe3ace0915109.jpg

>>2-3に続く。









2: ニカワ ★\(^o^)/ 2016/06/21(火) 01:32:14.52 ID:CAP_USER9
反対論を押し切って奴隷売買を強行

だが奴隷の売買ということになると、イエズス会にも躊躇があったらしい。
ルイジアナなどディープサウスでは奴隷の待遇が過酷になりがちなことが知られていた。

さらに神父たちが最も頭を悩ませたのは信仰の問題だった。
カトリックに改宗させられていた奴隷たちは、毎週教会でミサを受けていたが、もしもそれが続けられなくなれば地獄に落ちると信じられていたのだ。

これについてローマのイエズス会本部は「彼らを地獄へ落とすよりは、(大学が)経済的に困窮する道を選ぶべきだ」として、奴隷の売却に反対していた。
だがジョージタウン大学の学長は奴隷272人の売却を強行。現在の貨幣価値にしておよそ3億5000万円の利益を得た。

このことはカトリックの総本山であるローマ法王庁の知るところとなり、激怒した法王グレゴリウス16世(1765~1846年)は、カトリック教徒による奴隷売買はいかなる理由があっても禁止する勅令を発した。

その後、ルイジアナを訪ねたイエズス会の神父が、奴隷たちが過酷な待遇に苦しんでいることや、地域にカトリック教会がなくミサが受けられない状況にあることをワシントンに伝えたが、売却益は大学の借金返済などに消えており、すでに打つ手はなかった。

人種差別の罪に時効はない?

近年アメリカでは、黒人への暴行致死事件などをきっかけに反人種差別の運動が再燃し、全米の大学に広がっている。

ミシガン大学では、白人とアジア系が大半を占める学生団体が、黒人をイメージさせる「ラッパー」や「ギャング」をテーマとする仮装パーティーを行い、学内に人種間の強い緊張が生まれた。
学内は一触即発の状態となり、差別とどう向き合うのかについて考える学生と教員の対話集会が12時間にわたって行われた。

100年前の人種差別も火種になっている。
名門プリンストン大学には第28代アメリカ大統領ウッドロウ・ウィルソン(在任1913~1921年)の名を冠した大学院がある。
ウィルソンに人種差別を容認する言動があったことは衆知の事実だが、近年そのことを改めて糾弾する学生の声が強まり、大学院からウィルソンの名を外そうという運動が巻き起こった。

過去の「罪」と向き合う作業はジョージタウン大学でも始まった。
2015年8月、奴隷売却の事実関係を調査するワーキンググループが学内に組織されると、過去の徹底的な清算を求める学生がデモや座り込みを行い、11月には奴隷の売却に関わった2人の学長の名前を構内のビル名から外す措置が取られた。



つづきは
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47113
4
: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 01:34:40.15 ID:uWLeY/aV0
あほくさ。今更ほじくり返して誰が得するんだよ?

41: 【中部電 58.0 %】 2016/06/21(火) 02:04:13.53 ID:YHnEnoHv0
>>4
過去を知り過ちを繰り返さないため。
米国のこういう所には希望を持てる。

6: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 01:35:38.24 ID:lqeDytR10
負の連鎖は永遠に終わらないんだな
戦争しかり差別しかり

俺はとにかくいま最善の行動をとることしか出来ない
実はそれすらも百年後の火種になるかもしれないんだけどな

カルマの克服って、いつできるんだろうな俺達

8: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 01:36:19.85 ID:/gfmvzbI0
アメリカ人が一番歴史から目を逸らすよな

378: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 07:18:47.88 ID:CW1bFZm20
>>8
反らしてないから度々問題提起されるんだろ

11: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 01:41:11.22 ID:yeraB+0/0
立派な家系じゃない限り5代くらい前でだいたい名前わかんねえよな
本家の過去帳見ればもっとたどれるかもしれないが
そもそも本家なんかと関わりなくなっちまってるからなあ
そういうところにご先祖探索ビジネスが入り込んできやがるんだよな

19: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 01:49:45.01 ID:55S6KJjZ0
アメリカの大学は、大口の寄付をした人の名を建物につけて貢献を長く称えるほか、寄付者の子孫を優先的に入学させることが珍しくない。
ジョージタウン大学も学内に記念碑を設けるなどして奴隷たちの貢献を称え、子孫の優先入学や奨学金の付与を行ってはどうかとマキシンらは提案している。

奴隷所持してたアメリカの大学がみんながみんな認めますけ?

21: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 01:51:25.59 ID:Rvp3vWIP0
奴隷じゃなくニューカマーの黒人だと先祖はコートジボアールの王族でしたとか強調する奴もいるのかな。

34: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 02:00:41.41 ID:zFMNX9Vk0
そんなに儲かったのか 
そりゃ売り飛ばしますわ

37: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 02:02:15.10 ID:57572uuC0
ロヨラはスペインの軍人上がり。
ピサロみたいなコンキスタドレスとご同輩。
奴隷狩なんてみかん狩や紅葉狩りみたいな極々当たり前のレジャー&家業

39: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 02:02:32.44 ID:5X9KLsyB0
ミサをしないと地獄に落ちるとか
そういうのがなんかねえ。

77: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 02:15:00.63 ID:rlZzaWzI0
>>39
勝手に奴隷として浚ってきたくせに宗教押し付けたり
植民地で宗教押し付けたりが嫌だな

189: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 03:48:33.61 ID:nCzRjK5P0
キリスト教と正義の名の下に原住民を殺害しまくり、土地を奪い
重労働はアフリカ人にやらせてきた奴ら

これは決して消せない歴史だけれども

時は流れ、結果、自分は裕福な国で大学を出てTV局の司会者

それでいい、

世界中の人々が混ざり合って
黒でも白でも黄色でもなく
人種と言う言葉が無くなった時

その時地球はあるのかなあ
本当の意味で

202: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 03:55:26.17 ID:R1Ia68WrO
コーネリアスって猿の惑星に出てくる地球を支配する知性をもった猿の仲間だろ
猿→白人に支配された黒人、人間→黒人を支配する白人って、考えると、コーネリアスってのはなんだかシンボリックな名前だな、おい
ウキッ!

226: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 04:07:04.08 ID:qcIXpQMd0
>>202
コーネリアスといえば猿の惑星の、猿が支配する未来の地球の学者の名前だけど、
猿の惑星の作者は実は、日米の戦争で捕虜になった白人なんだよ。
つまり、猿の捕虜になった自分を主人公に見立て、描いたんだよな。
猿とは日本人を意味する。
猿が日本人の軍部で白人が捕虜かと思いながら、あの映画を思い出すと、
高度な知能を持つ指導者の猿コーネリアスと白人が結局は仲良くなり、脱出の手助けをするんだよね。
最後のシーンは印象的。
ニューヨークの自由の女神が目の前にあった。

219: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 04:04:36.54 ID:ncU2o71m0
アフリカで普通に生活してる黒人を
好きなだけ狩って船にびっしりつめて
乗せて持って帰って売るのが普通だったからな…

227: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 04:07:27.41 ID:XO/eWNt00
>>219
少しは世界史を勉強してからものを言え
黒人は部族間で戦争をし、負けると捕虜にされ
それを酋長さんが白人にいい金で売って儲けてほくほくしてたんだよ、わかる?

244: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 04:21:17.25 ID:+0BtcCRt0
>>219
そうではない
今日では北米に運ばれた奴隷の多くはハイチなど
カリブ海の島々から送られたことがわかっている

カリブ海黒人の多くはアフリカから来た奴隷だが
その供給元はギニア湾沿岸の部族王が銃と引き換えに
売り飛ばした奴隷だ

ベナンには最近までそうした部族の奴隷が残っていたが
彼らは他部族との戦いで駆り集められた
働かず飲み食いだけして年2回の祭りで神に捧げられた

1度に200人の奴隷を殺すので補充が大変で銃が要る
銃と交換する奴隷も必要になるので更に多くの銃が要る
そういう循環

228: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 04:08:21.80 ID:ygkMHEvQ0
ネイティブアメリカンに対しては契約破棄して土地奪って殺した負い目があるから
戦前の白人すらよくなかったんじゃね?って意見があったけど
黒人に対してはしょうがないじゃんみたいな風潮のほうが強かったねえ

あいつらは馬鹿だから何もできない。
だから俺達がこうやって労働させてやり、生きる場所を与えてやっているというね
あっ今の日本の派遣と変わらんやん

232: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 04:11:13.27 ID:XO/eWNt00
>>228
当時の欧州には
キリスト教を知らない黒人は哀れだ、このままでは天国にいけない
たとえ奴隷になっても白人のいる文明国のアメリカへいったほうが幸せだと
本気で信じている聖職者が多かったんだよ

231: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 04:10:03.28 ID:ncU2o71m0
ファーブル昆虫記を書いた人も
途中で当り前の様にアフリカに寄って奴隷を調達する人達が
あまりに非人道的なので言い合いになる事もあったみたい。
それ嫌で旅が嫌になったとか。

234: 名無しさん@1周年 2016/06/21(火) 04:11:27.91 ID:5mX/enbB0
日本だと前借り借金返せば釈放だけど、欧米の場合完全に所有物だからな
絶対にそこから逃げられない

引用元: 【国際】「あなたの先祖は、大学が売り飛ばした奴隷でした」 蘇った負の歴史、米国名門大学に奴隷売買の過去






アミスタッド [Blu-ray]
アミスタッド [Blu-ray]
posted with amazlet at 16.06.21
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014-05-14)
売り上げランキング: 34,550