1: すらいむ ★\(^o^)/2016/07/18(月) 18:29:21.11 ID:CAP_USER9
草舟の航海 自力での到着ならず 人類渡航の謎深まる

およそ3万年前、人類はどのように今の台湾から沖縄に渡ったのか検証しようと、国立科学博物館などのグループが当時を想像して作った「草の舟」は17日、沖縄県の与那国島を出発して、28時間後の18日昼前、目的地の西表島に到着しました。しかし、草の舟は潮に流され、全体の半分以上の区間で航海を見合わせ、伴走船に引かれることになり、研究グループの代表は
「祖先の実像に迫りたいと思ったが、どうやって海を渡ったのか逆に謎が深まった」と述べました。

沖縄県の与那国島から西表島まで、およそ75キロの実験航海に挑戦したのは国立科学博物館で人類史研究グループ長を務める海部陽介さんらのグループです。

グループでは十分な道具もなかったとされる、およそ3万年前の状況を想像して長さ6メートル余りの「草の舟」を作り、2そうの舟にそれぞれ7人ずつが乗り組んで、17日午前7時ごろ、与那国島の海岸を出発しました。しかし、草の舟のスピードは計画よりやや遅い、時速2キロほどにとどまり、潮の流れが速かったことから、舟は次第に北寄りに流されたということです。

このため、17日午後3時ごろ、出発地点から北東におよそ30キロの場所で、このままでは西表島に到着できないと判断し、いったん草の舟での航海を見合わせました。その後、伴走船が草の舟を引き、こぎ手の人たちは伴走船に乗り換えて、コースを南寄りに戻すことになりました。
ただ、夜になっても海上のうねりが高く、潮の流れが速い状態が続き、草の舟での航海を
再開できなかったということです。


NHK NEWS WEB 7月18日 18時21分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160718/k10010600141000.html









2: すらいむ ★ 2016/07/18(月) 18:29:34.61 ID:CAP_USER9
>>1つづき

草の舟を引いた伴走船は18日午前7時前には西表島の南南西、ゴールまであと10キロの地点に進み、この地点から草の舟による航海を再開しました。そして、出発から28時間後の18日午前11時ごろ、2そうの草の舟は西表島の海岸に到着しましたが、結局、全体の半分以上の区間で航海を見合わせ、伴走船に引かれることになりました。

グループの代表を務める海部さんは「私たちは当時の有力候補として、草の舟を選んだが、潮の流れに対抗できなかった。草の舟の選択肢が全くなくなったとは思っていないが、今の私たちのプランではうまくいかないことが分かった」と述べ、今回作った草の舟で島から島に渡ることは難しいという考えを示しました。

そのうえで、「祖先の実像に迫りたいと思ったが、逆に謎が深まった。いったいどうやって海を渡ってきたんだろうと、頭の中で渦巻いている。明確なヒントは得られていないが、彼らは間違いなく島に来ているので今後、さらに考えていきたい」と述べ、謎の解明に向けてさらに研究を続けたいという意欲を示しました。

(おわり)

4: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:31:16.70 ID:4xB0Fib50
一回の実験で謎とかさあ…

19: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:35:05.92 ID:01FLG/P60
>>4
そりゃ一発で成功するような舟でないと、航海なんて危なくて出来ないもの

しかし何でこいつら3万年前の人間が材木使わなかったと思ってるんだ
道具に使えそうな石斧なんて100万年前ぐらい昔の遺跡からでも出土するような代物じゃないの?

136: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:55:42.25 ID:LIOBS5Im0
>>19
単純に木の船の痕跡が見つかってないからじゃね

155: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:59:25.05 ID:7vu1wMfH0
>>136
島には船に使える木がないからだそうだ
ここでは船は作らずここは中継地でしかないという考えは捨てているみたい

6: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:32:04.00 ID:IMO0HSqW0
まぁ、何回かやれば成功するんじゃね?

10: 婆 ◆HKZsYRUkck 2016/07/18(月) 18:33:20.53 ID:Ry6rFOTJ0
>>6
だよね。
というか、むしろ渡海が成功するのは漂流した結果だったりして。

469: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 20:15:27.92 ID:nmgL9Uae0
>>10
安定して渡る技術をもっていたというよりも、命懸けの偶然が起こる機会がたくさんあった、という気がするね。

15: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:34:50.65 ID:kFa6MbUy0
謎が謎をよぶ

16: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:34:51.20 ID:KpQEi/xy0
陸が見えないのにわざわざ命をかけて渡ろうなんて思わないもんな

86: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:44:57.90 ID:/Ih68yJB0
>>16
「昼は海で魚を探し、夜は島に戻って寝る鳥がいるなら、
それを追いかけていけば島があるんじゃね?」と古代ポリネシア人が天才的な発想をしているよw
他に月や太陽、星の位置を記録・記憶することで、島が見えなくても、移動できた

22: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:35:48.11 ID:WtE2ytzF0
行こうとした訳じゃなくて普通に漂流して到着しただけなんじゃ?

34: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:37:43.80 ID:tO2S/s340
>>1
>逆に謎が深まった
いやいやあんたら人類を舐めすぎ。
日頃着物を着ない人が急に着ても馴染まない、
時代劇の役者が日頃ちょんまげや刀を扱わな
いから立ち居振る舞いがおかしい。
1~2年くらい3万年前の生活してから出直せ。

俺は磨製石器があったんだから、「帆」は
あったはずと思ってる。

39: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:38:31.83 ID:/Ih68yJB0
普通に考えて、ポリネシアのカヌーみたいに木で作っていたんだろう
あれなら余裕でハワイまでいけるから、潮の流れを利用できる日本へはもっと簡単
逆に日本から戻るのはかなり難しくなるけど

359: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 19:38:37.57 ID:Vviw/ire0
>>39
>普通に考えて、ポリネシアのカヌーみたいに木で作っていたんだろう

もしかすると10年以上前になるかもしれないけど、漂流到着説以外の可能性として
やった団体があって成功してたよ(そもそも漂流到達だとある程度の人数が無事にわたれてないと
そのうちに絶滅するし)

只この場合、戻るのが困難なので、なんでその先に島があるのかを知ってたのか?
そこまで冒険した理由は?でそこでも到達したら到達したで更なる謎を言っていたが

388: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 19:48:18.92 ID:vEvjKdTG0
>>359
日本があるのは知ってたか、それより手前の島を目指したかじゃね?
たまに来る北朝鮮難民とか地中海難民とか生きるために命がけだったんじゃないか

51: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:40:23.48 ID:gubIBnoV0
そりゃ歴史の中でも失敗して土左衛門になったのが山ほどいただろう
運良く成功したやつの子孫が原住民

54: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:40:59.97 ID:0evB98NbO
当時の感覚なら1割でも到着できれば成功じゃないの?

208: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 19:08:59.26 ID:EPifyO/l0
>>54
そんな低い確率で舟になんか乗らないぞw
なにか切羽詰まった理由でもないかぎり。

60: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:41:29.86 ID:MjUYidnv0
何故 草船ナンダ? 普通は竹だろ、台湾には竹が山ほど生えてるんだぞ、

164: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 19:01:17.29 ID:1LKkAuFD0
>>60
前提条件として、沖縄周辺のその時代の遺跡で石器が見つかっていないらしい
だから、貝殻でも切れる草を使ってみたとか

62: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:41:48.89 ID:UKc+1l4K0
三万年前に比べて海流や気候の変化って考慮されてるのかな?
まあ、学者グループなんだしやってるとは思うけど。

82: 雲黒斎 2016/07/18(月) 18:44:19.93 ID:P/sBhHCP0
北に流されたってことは黒潮に乗っちゃったのかね。
時速2㎞程度の漕ぎ足じゃ海流に流されちゃうだろうなあ。

87: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:45:10.02 ID:ygHzSh7i0
そもそも
古代人と現代人が同じ体力があると思えないし
海流も違っただろう。
だいいち船自体も絶対違う。

形は似てても材質など。
それに、今は単に所詮遊びだが
昔は生きる為に必要だったであろう航海。

単にこういう実験だけでは何もわからないよ。

96: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:46:47.89 ID:qgyydhIa0
思ったよりは立派な船だが
こんだけ草を編めるのなら、帆くらい作れたんじゃないのか?

97: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:46:54.54 ID:Inm25LUZ0
イースター島にも人が住んでいるくらいだからな。
あの距離ならいくらでも渡る手段があるだろ。

134: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:55:01.74 ID:YshtqERh0
>>97
あそこは謎すぎ
かつて大きな大陸があったとしか考えられない

112: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:50:26.98 ID:2rn9j4uV0
嵐や津波に飲まれて木片などに掴まり偶然たどり着いただけだろ。

116: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:51:17.04 ID:ij9ULjJ1O
昔、石垣から与那国まで船で言ったことあるけど・・・結構揺れたなあ。
あれ以降一度も船酔いしてない。

298: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 19:24:53.44 ID:GbZaldPR0
>>116
与那国は別名「渡難(どなん)」と言うくらいで、琉球王国時代も渡るのに難儀したくらいだからな。

124: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:53:37.12 ID:utuaP+tB0
もっと南から、沿岸沿いに行った組が台湾。流されたのが沖縄。とかじゃ、ねーの?

125: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:53:39.37 ID:qnUWX7WAO
琉球王朝時代の中国側使節団ですら
死にたくないと琉球行きを断り
まくりで、可哀想にババ引いて
行く事になった役人は死ぬ気だった
らしい。

本気で死んだやつは歴史に残っていない

それぐらいの確率なのに
草舟は舐めすぎじゃないか?

126: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:54:11.90 ID:fwT5Ziht0
ポリネシア人の祖先なんかはどんぐらい航海失敗したのかな

132: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:54:46.03 ID:n0qHW3Kp0
つか竹筏でいいだろ
日本にも中国にも東南アジアにもあるし
台湾は大昔から天から竹を与えられた島と呼ばれたところだ
仮に氷河期のピークで植生が今の本州くらいになってたとしても竹の生息に問題はない

143: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:57:05.88 ID:CaDHaAka0
遣隋使あたりも4隻で艦隊組んだんだろ?
1隻戻ればいい計算で

148: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:57:41.99 ID:+xK93rsm0
1回で諦めるとは、根性無しめ

43: 名無しさん@1周年 2016/07/18(月) 18:38:58.79 ID:IBHEhnYW0
一度リーダーにやらせてみようか

引用元: ・【実験】草舟の航海 自力での到着ならず 「逆に謎が深まった」