51lPB13HBOL



1: 人間七七四年 2007/02/22(木) 14:14:40 ID:DFbOxH4O
一般的にはあまり知られていないが、
戦国時代全体を通しても、稀に見るほど激しい戦いと謀略戦が繰り広げられた、
中国の毛利氏と九州の大友氏による北九州を巡る攻防戦について語ろう。

それ以前の大内氏による九州進出の話題なんかもOK。








2: 人間七七四年 2007/02/22(木) 14:22:18 ID:s38pT0oT
立花道雪が吉川元春、小早川隆景の率いる毛利軍相手に勝利したのって、多々良浜の戦いだっけ?
勝ったとはいえ両川を撤退させるほどのものではなくて
大内の山口乱入まで膠着してたようだが。

他に道雪が毛利の両川と直接対決した戦いってあるのかな?
それともちょくちょく戦ってる?

4: 人間七七四年 2007/02/22(木) 15:38:50 ID:jSwprS5l
大友家臣団は毛利の調略で離反しまくりですね。
国人をなびかせる為に各家とも婚姻など相当苦労したようです。

5: 人間七七四年 2007/02/22(木) 15:45:37 ID:ecRUS6e9
しかし、宗麟はあっさりと弟を見捨てたね。
まあ、九州での地盤を固める方が大事だったんだろうな。

6: 人間七七四年 2007/02/22(木) 15:50:04 ID:BBvlhdB9
せっかく並以上の息子が3人も居たんだからうまく使えばよかったのにね!
備前や四国や九州遠征にいちいち元春、隆景コンビで行くので他が手薄になっちゃう。

7: 人間七七四年 2007/02/22(木) 17:20:34 ID:D2sBAY0o
それは裏を返せば、毛利家は人材不足だったと言うことかい?

8: 人間七七四年 2007/02/22(木) 17:39:47 ID:Pt2CB0H1
毛利家は人材不足だったよ
領土の広さの割に石高が低くてしかも元就の失策で多方面作戦していた

9: 人間七七四年 2007/02/22(木) 17:42:25 ID:DFbOxH4O
毛利は九州からさっさと撤退して東へと目を向けるべきだったね。
九州に構ってる間、大内や尼子の旧臣に反乱起こされてるし
結局元就死後撤退してるし、無駄でしかなかった。
いくら博多の経済力は魅力とはいえ。

結局元就は室町幕府的な発想から抜け出すことができなかったんだな。

10: 人間七七四年 2007/02/22(木) 17:47:48 ID:K+Bk7TU0
成りあがった毛利家の体質はガチガチの豪族連合だからな。
彼らの利害やら利権でがんじがらめになっているわけで・・。

11: 人間七七四年 2007/02/22(木) 17:54:40 ID:wwaQ87NB
この争奪戦
戦略的には大友の勝ちって事でよろしいですか?

13: 人間七七四年 2007/02/23(金) 00:12:49 ID:VfjGe/cB
出雲に鹿之介が侵入すると、すかさず山口に大内輝弘を攻め込ませて、九州から毛利勢を撤退させた大友宗麟の智略も評価されて良いと思う。
対大友戦は毛利の負けでしょう。

14: 白馬青牛 2007/02/23(金) 00:38:25 ID:1thryCDx
>>13
大内輝弘さんが反乱されたゆえ、九州から撤退せにゃあいけんかった。
まあ、大友軍がガチンコじゃあ毛利軍に勝てんけえのう。

16: 人間七七四年 2007/02/23(金) 12:25:49 ID:vhydxx9M
大友は大内滅亡に乗じて本州に攻めあがれなかったのかな?
毛利はいまだ尼子抱えてたのに
逆に門司を押さえられちゃったんだっけ
毛利も隆元存命してたら撤退はなかったかもなー

18: 人間七七四年 2007/02/24(土) 00:09:06 ID:pFO2awy6
>>16
そもそも大友宗麟が弟の大内義長に援軍を送らなかったのは
毛利が九州の大内領を大友方に渡す約束をしていたからみた
いだね。
で、信じきってたら門司城を攻め取られちゃったてのが発端。

17: 人間七七四年 2007/02/23(金) 14:01:09 ID:VfjGe/cB
元就が死ぬ数年前から毛利は結構厄介な状況になってるな。

九州では大友と敵対

周防においては大内輝弘が大内残党率いて蜂起、山口を奪い。

出雲伯耆などでは、山中などの尼子再興軍が一時は月山冨田城を囲むほどの勢い。
また美作も高田城が包囲される。

山陽だと備前の浦上宇喜多が毛利と敵対し、備中の毛利領を攻撃し、備後でもそれに
呼応するものが出てくる始末。
また四国の阿波三好も浦上に協力して備前へ進出。

更に村上武吉が大友に寝返るという状況。

それに対し元就は九州を放棄して大友と講和、領内の一揆反乱を鎮圧、義昭信長に要請して
浦上宇喜多や三好を背後から牽制させようとする。(このときの信長は応えられる状況にない)
そして尼子再興軍をなんとか出雲から追い出す。

ここで元就はタイムオーバー
浦上宇喜多を降服させ尼子軍を駆逐して備前因幡まで制圧するのは輝元。
まあこのあと三村浦上の離反でまた大変になるんだが。

21: 人間七七四年 2007/02/25(日) 00:17:31 ID:mKAbv5mg
時々でいいので、大内さんと一時は互角に渡り合っていた少弐氏も思い出してあげてください・・

27: 人間七七四年 2007/02/27(火) 14:00:13 ID:de1Aq1YS
博多を占領したとしても維持が難しいよな

大友との争いはどちらかが滅ぶまで続きそう

34: 人間七七四年 2007/03/13(火) 00:07:46 ID:brEaETt+
大友って合戦面だと一部奮闘するものがいるものの
毛利にも竜造寺にも島津にも負けてるけど
ソウリンは軍略に関してはダメだったのかな

35: 人間七七四年 2007/03/13(火) 00:09:58 ID:xstIcexX
宗麟が直接指揮した戦ってどれだけあった?

37: 人間七七四年 2007/03/13(火) 02:08:44 ID:7u8K+Pz2
大友義鑑の代から、前線指揮を戦上手な重臣に任せていた。
当主が出てくるのは、軍勢の規模が大きくなりすぎた場合など。

38: 人間七七四年 2007/03/13(火) 02:38:04 ID:7u8K+Pz2
no title

39: 人間七七四年 2007/03/13(火) 22:45:01 ID:J3fefyCR
>>38
佐伯家はよく生き残ったなあと思う。
何回か滅びかけたけど

緒方洪庵の祖先だったりするし

40: 人間七七四年 2007/03/14(水) 00:07:45 ID:oTGxp8Zd
佐伯氏は偏諱も受けなかったしね。
もっともその他の豊後大神氏は、取り込まれてしまったよ。
戸次、臼杵(いったん改易、その後大友一族が養子に入って再興)、
植田、賀来、雄城、小原、阿南、由布・・・・。

41: 人間七七四年 2007/03/14(水) 00:12:41 ID:oTGxp8Zd
毛利は、東に専念した方が良かったと思うんだが、これって
今だから分かることかな。

42: 人間七七四年 2007/03/14(水) 00:13:30 ID:ZHggeRxm
それだけ筑前博多が魅力的だったんだろうな

43: 人間七七四年 2007/03/14(水) 19:10:53 ID:BESJ11Wr
毛利のスタンスは基本的に中国の攻略で、
余裕があれば九州・四国にも手を伸ばしたって感じ。
基本的には東を向いていたと言っていい。

そもそも事の経緯で言えば
1558年
大友の筑前進攻に対し、単独では対抗できなかった高橋鑑種ら諸豪族が
大内の後釜として毛利に援軍を要請したところから大友と毛利が対立した。
1563年
しかし元就は尼子に力を割きたかったので高橋らを見捨てて大友と講和する。
高橋らは憤懣やる方ないが仕方なく大友に事実上従属することになった。
1568年
毛利が尼子を滅亡させると、ここぞと高橋・立花らが決起し毛利に援軍を要請。
吉川小早川と大友が立花山城をめぐって対峙する。
が、尼子大内再興軍の反乱により毛利は九州から撤退。

という流れで、毛利の九州遠征は毛利単独の意思だけでなく
筑前・豊前の反大友諸勢力の要請によるところが大きい。
例えば1558年以来元就はさっさと九州から撤退したかったが
九州の反大友諸勢力が単独では大友に対抗できないので
元就に対し強硬に九州駐留を求め続け、これが撤退を遅らせる一因となった。

>>1のように九州攻防戦の主役を大友と毛利に据えるよりも
大友と反大友の攻防と考えた方が実態に近い。そこに毛利が加わったと。

44: 人間七七四年 2007/03/17(土) 01:12:03 ID:DbCYp/+s
>>43
事実はそうだろうけど、それを言ったら川中島の戦いを武田vs.北信濃豪族と言ってるようなもんだろ。
毛利の戦略の決定権はあくまで元就にあったんだから、九州攻防戦で毛利を脇役扱いするのはどうかと思うけど。

45: 人間七七四年 2007/03/17(土) 10:08:10 ID:DkLO02Dx
>>44
言いたかったのは、毛利の出陣の理由。
毛利はそんなに筑前・博多に魅力を感じてなかったのではないかなってこと。
二度ともあっさり手をひいてること、要請がなければたぶん出陣しなかったことからそう思う。

50: 人間七七四年 2007/03/29(木) 13:33:50 ID:xv7YNrQt
>>45
それだと、元就はたいした定見も理由も戦略も目論見も計画もなく北九州諸豪族の
言われるままに軍をだして損害を出して最終的に得るものなく手を引いたってこと
になってしまいますが。
その結果大友に決定的な不信感を抱かせることになって、東に進むのにも障害に
なってしまったと。

私は、元就がそれほど阿呆だったとは思えません。

52: 人間七七四年 2007/03/30(金) 01:02:36 ID:GhUM0f47
>>50
>それだと、元就はたいした定見も理由も戦略も目論見も計画もなく北九州諸豪族の
>言われるままに軍をだして損害を出して最終的に得るものなく手を引いたってこと
>になってしまいますが。

ならない。その帰結はかなり飛躍がある。

ところで四国遠征だってたいして見返りがあったわけじゃないぞ。
援軍を出すのは大きな大名の義務みたいなもの。拒否すれば威信にかかわる。

いや領土欲は普通にあったと思うよ。
援軍上手くいけば領土が手に入ることもあるわけだし。
けど取り立てて筑前・博多に執着してるわけじゃない。
豊前だって同程度に欲しがってる。その程度のこと。
だから中国地方が不安定になればすぐに手をひいたわけで。

53: 人間七七四年 2007/03/30(金) 20:28:52 ID:28h0jjwc
まあ、毛利の本音から言えばそんなもんだろうなあ。
大内は、何世代にもわたって筑前・博多と豊前への進出を
企てていたわけだが、毛利は、ずっと安芸の山中の領主な
わけだからなあ。


55: 人間七七四年 2007/03/31(土) 21:13:30 ID:7SXZ1Sdw
隆元あたりは大内の最盛期に山口にいたんだから博多の経済的重要性は認識してても
よかったはずなのに

56: 人間七七四年 2007/03/31(土) 21:51:01 ID:hdD2n0DD
石見銀山の保守はもっと重要だと思ったんじゃない?

まあ全ての大名が経済権益のためだけに動いてるわけでもなし。
他のいろんな要素も絡んでるだろう。

57: 人間七七四年 2007/03/31(土) 22:04:33 ID:G+YZ5kb9
大内氏の貿易と言うと博多をあげるけど、実際のところ
博多は大友氏の支配下にあったし、大内氏は瀬戸内から
のあがりの方が多かったんじゃない。

58: 人間七七四年 2007/04/05(木) 13:58:29 ID:RJrEemwe
博多が大友支配下になるのは、それこそ大内滅亡後じゃないのか?

59: 人間七七四年 2007/04/05(木) 19:34:58 ID:4S2TnRTv
>>58
南北朝の動乱期に博多に所領を得ている。
その時設立されたのが、立花氏。
大内氏滅亡前から、大友氏は、家臣の派遣も行っている。
たとえば、豊後の三老の臼杵鑑速の兄臼杵鑑続も博多に
派遣されていた。

63: 人間七七四年 2007/06/29(金) 07:10:33 ID:BVHrJ7SL
結果的には大友の勝利とも言えるが、
それはあくまで毛利が尼子残党の蜂起で背後を脅かされたから。
がっぷりよつに組んでれば毛利が勝ってただろうね。
オオともは毛利に武略では負けなくても結束が弱く調略に弱いからね。

64: 人間七七四年 2007/06/29(金) 08:17:52 ID:W8DKGRx+
宗麟ちゃんが名君状態を維持してくれていれば大友が毛利に勝つる!
ま、あの変貌っぷりが宗麟ちゃんの魅力でもあるわけだが・・・

65: 人間七七四年 2007/06/29(金) 08:51:49 ID:iHKztA5O
隆元が死ななければ、九州計略の目は消えなかったと・・・
ただし、毛利にとっての優先順位は中国>九州、四国ってこと。

66: 人間七七四年 2007/06/29(金) 19:21:55 ID:AVHwZI+a
そりゃ自国周辺の中国地方が第一だわな。
九州も四国も海隔ててるし。もし本拠地が長門だったりしたらまた違ったかもしれんが。
毛利が人材不足でなかったら大友の領地奪えてたかもね。

73: 人間七七四年 2007/07/01(日) 17:14:20 ID:34jcnG3i
大友にしてこれば毛利の九州での勢力拡大は死活問題だが、
毛利にしてみれば九州での勢力拡大なんてのは半ばどうでも良いことなんだよね。
容易なようなら侵略するが、大友が抵抗したのであきらめたというだけの話しだろう。

74: 人間七七四年 2007/07/02(月) 06:49:38 ID:M8pzpZfL
確か毛利って大内を滅ぼした時、大内に居た大友の人質を殺したんだったっけ。 
何で人質を殺したんだろうか? 
人質を生かして大友と同盟を結び、東に集中した方が良いと思うんだけど…。

だれか詳しい方、お願いします。

75: 人間七七四年 2007/07/02(月) 15:07:07 ID:h6T2X/Oi
>>74
大内に居た大友の人質を殺したんだったっけ>
条件付きで送り返そうとしたら、宗麟が「いらん、好きにしたら?」って見殺しにしたんだよね。

76: 人間七七四年 2007/07/02(月) 18:48:44 ID:y8yQCyQC
宗麟の実弟のこと?
大内家出身の側室から生まれた弟よりも北九州のが大事だったんだよね宗麟は。
飛び地状態だった領地を繋げたかったのと、博多港が欲しかったから。

78: 人間七七四年 2007/07/04(水) 10:12:17 ID:KYiXzCnC
大友宗麟の弟ね。
毛利が送り変えそうとしたら、
「無能な弟などとっとと切腹させろ。ただし奴の持つ名物茶器はわしにくれ」
という事で弟は切腹させられ、茶器だけは宗麟に送られたそうな。

89: 人間七七四年 2007/07/15(日) 00:42:32 ID:7QO4c2KQ
>>78
それソースは何?
いくら調べても毛利が騙して自刃に追い込んだ記述しか出てこない。

90: 人間七七四年 2007/07/15(日) 05:00:00 ID:HlQZvtNT
>>89
>>78は不正確。
厳島の後、弟君は周防・長門を固めて毛利に抵抗しようとする。
毛利は大友に、北九州やるから手を出すなと持ちかけ、
宗麟は弟が持っていった家宝も要求。
で、毛利が周防長門を切り取った最後に、
弟君に逃がしてやるから降伏シルとだまして自刃に追い込むと。

91: 人間七七四年 2007/07/15(日) 10:48:12 ID:T6C1eYVS
>>90
うはw家宝を要求したのは本当だったのかww
やっぱり酷いな宗麟。
いや、身内見捨てた時点で酷いけど。
それとも当時はそんなの当たり前?

陶がいなくなって何の後ろ盾も無い状態でも約1年近く毛利に抵抗したんだから
義長も結構やるね。

79: 人間七七四年 2007/07/04(水) 19:05:45 ID:B0HZFq/5
相変わらず宗麟ちゃんは頭がおかしいな

86: 人間七七四年 2007/07/09(月) 22:53:14 ID:iVTmtVo3
北九州やるから協力しろ(=弟見殺しにしろ)と提案した元就と
それに乗った宗麟。

87: 人間七七四年 2007/07/10(火) 20:17:10 ID:vjZhqiJV
>>86
で、その後元就に攻め込まれたなw

88: 人間七七四年 2007/07/12(木) 06:53:14 ID:4EdW4U3R
「身内を見捨てろ」なんて相手の性格よく知ってなきゃ言い出せんよな。
この辺も凄いと思うよ毛利は。

100: 人間七七四年 2007/07/22(日) 16:49:24 ID:mEpog5mO
だいたい大友が大名相手に勝った戦いって有るのか?
豪族クラスを相手に大軍で押し潰してきただけじゃね?

103: 人間七七四年 2007/07/22(日) 21:03:23 ID:MILB2GYt
>>100
戦いは数だよ、兄貴。

106: 人間七七四年 2007/07/23(月) 19:41:16 ID:CTii0Mbq
>>103
その数をそろえて、竜造寺・島津にボロクソに負けたのだよ、弟よ。

102: 人間七七四年 2007/07/22(日) 19:38:31 ID:R7Jcb6AG
大友が大軍を率いると負けフラグ

107: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2007/07/29(日) 17:45:33 ID:1odzql8B
数揃えても統率が取れてないんじゃな。
宗麟の性格のせいで軍は内部から崩壊しまくり。
島津に負けなくてもその内滅んでたんじゃないかって位に。
外交は上手かったのに部下の心は掴めなかったってんだから不思議なもんだ。

108: 人間七七四年 2007/07/30(月) 00:24:55 ID:KVjA3sSx
こんな馬鹿殿でも滅亡までに30年近くかかっているのだから
大友という家の求心力はすごかったんだな

110: 人間七七四年 2007/07/31(火) 07:04:15 ID:UWetIvGi
>>108
元々家が大きかったのもあると思う。
九州の名家だったから家臣も嫌々ながら着いて来た。
(忠誠心から着いて来た武将ももちろん居るが)
これが弱小大名家だったらあっという間に滅びてる。

109: 人間七七四年 2007/07/30(月) 23:04:13 ID:4Cbt/42N
その馬鹿殿晩年の島津の侵攻時にも少なからぬ家臣が島津に徹底抗戦。
守護大名でこんだけ腰が座った家は珍しいんじゃね?

113: 人間七七四年 2007/09/05(水) 07:46:14 ID:8nnUY8QY
宗麟はやればできる子

115: 人間七七四年 2007/09/05(水) 19:25:36 ID:DWK/pd0z
つーか晩年に暗愚化したパターンで
北九州攻防戦の時代は有能だろ。
自ら陣頭指揮をとるタイプではなく、戦略家というより外交家だが。

116: 人間七七四年 2007/09/05(水) 19:38:21 ID:VmCs4lZM
・先代の横死で跡を継ぐ
・若い頃は英主
・老いて老害を撒き散らし子供たちが揉める

孫権かこいつは?

117: 人間七七四年 2007/09/05(水) 20:34:24 ID:Yecoc5/l
子供がヘタレで隠居出来ずだから
少しは同情の余地はあるかと

118: 人間七七四年 2007/09/06(木) 14:31:48 ID:huPTzTgc
宗麟スレはここですか?

120: 人間七七四年 2007/09/07(金) 10:25:44 ID:CShrux+B
なんだかんだ言っても毛利対大友は最終的に大友の勝ちだからな。
どうしても話題の中心が大友に行ってしまう。

121: 人間七七四年 2007/09/07(金) 18:25:17 ID:dBP7xw1j
毛利元就と立花道雪の直接対決が実現したらどうなってただろう。

123: 人間七七四年 2007/09/07(金) 19:10:03 ID:CShrux+B
道雪の神がかり的な強さはあくまでゲーム設定。
実際はそこそこの良将といった程度。
一方で元就は何度も寡兵で大軍を破っている名将。
順当にいけば元就が勝つだろうな。

124: 人間七七四年 2007/09/07(金) 19:40:08 ID:5duIPaqS
でも北九州攻防戦の頃の元就って前線指揮は引退してるような老齢だろ?
実際、対大友の中核を担ってたのは両川だった訳だし。

125: 人間七七四年 2007/09/07(金) 20:19:05 ID:wKaJafe1
負けなし道雪でも、知将の元就には勝てなかった気がするわ。
元就九州上陸前に尼子と大内の残党を動かしたのは正解。

126: 人間七七四年 2007/09/07(金) 22:33:42 ID:CShrux+B
道雪って秋月かどっか相手に負けてなかったっけ?
後、門司合戦にも参加していたような気が。

127: 人間七七四年 2007/09/07(金) 22:58:01 ID:DBCb+WtN
対秋月戦で多大な被害受けたけど最終的に勝ったんじゃなかったっけ?

128: 人間七七四年 2007/09/14(金) 02:05:18 ID:jTD20oqm
信野望の道雪のトンデモ設定はどっから出てきたんだ?
特に小勢で大軍を破ったりしていた訳でもないし。

129: 人間七七四年 2007/09/14(金) 06:43:20 ID:XzT6gECq
雷神の異名と不敗伝説と半身不随でも戦ったってところから?
本当に不敗なのかは怪しいし、半身不随になったのは晩年になってからって説もあるけど。

131: 人間七七四年 2007/09/14(金) 23:47:13 ID:x6ix7ZJk
この戦いって数少ない巨大勢力のガチンコだからね。
信玄・謙信の川中島での小競り合いとは規模も戦術も比較にならない。
なのにこの異様な知名度の低さは何。

133: 人間七七四年 2007/09/15(土) 02:16:01 ID:Wh5hPt11
なんというか謀略だらけで、体育会系のガチンコ合戦イメージがないんじゃないかね

136: 人間七七四年 2007/09/15(土) 11:00:54 ID:3rUTAJd4
なるほど。
裏で動いてる謀略戦よりガチンコ勝負のほうが”話”として面白いわな。

137: 人間七七四年 2007/09/15(土) 13:18:49 ID:GOX5odjD
尼子に与してたときって、結構ガチでやってね?
有名なエピソードは調略が絡んでるけど

138: 人間七七四年 2007/09/15(土) 16:44:10 ID:Hxs2hxdN
川中島はなんといっても総大将同士がガチでやり合った
という派手な講談があるからな。こちらも元就と大友義鎮が
直接切り結んだら有名になったと思うよ。

139: 人間七七四年 2007/09/15(土) 21:25:03 ID:uf7veimq
お互い(当時の)最新兵器持ってるから
川中島より派手なことになりそう。


引用元: ・毛利と大友の北九州攻防戦を語ろう


西国の戦国合戦 (戦争の日本史12)
山本 浩樹
吉川弘文館
売り上げランキング: 237,834