514oiGQD2iL55



1: 暗愚 04/04/18 23:02
おれは才があるのに早死にしたやつが好きだ








2: 無名武将@お腹せっぷく 04/04/18 23:03
つうか本当に才あったのか疑わしいんだが

4: 暗愚 04/04/18 23:08
実際劉備に仕えたのって何年?
そのまえは周瑜のもとにいたんですよね

25: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/13 21:16
ホウ統ってあまり長く蜀に仕えてないから功績残したのか解らん

26: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/13 21:18
ホウ統の具体的な功績ってきいたことないんだけど、何があるの?
やっぱり、結論だけでいったら名前負けか。

27: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/16 22:40
正史にはないと思うんだけど(正史読んだことないので)

最初劉備のとこにきたときに、劉備が冴えない男だと思ってどっか、あんまり重要じゃない土地の県令にしたときに怒ったのか知らんけど仕事もせず毎日だらけてて、あとから諸葛亮になんやかや言われた劉備がホウ統にあやまったら、ホウ統はやる気出して大岡越前もびっくりの名裁きを繰り出しまくり

みたいな

29: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/16 22:57
>>27
横山光輝版ですな

33: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/16 23:21
>>27
吉川三国志だと劉備でなく張飛が文句言ったら仕事したんだっけ?

34: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/17 00:07
張飛、孫乾コンビが行くのが演義。

30: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/16 23:03
蜀漢北伐編成
第一軍(漢中発)
大将 劉備
参軍 法正

第二軍(荊州発)
大将 関羽
参軍 ホウ統

留守 諸葛亮

劉備が益州にいったあと、孔明は
こんな事を紙に書いてウキウキしてたんだよ……多分

38: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/20 21:36
>>30
そのウキウキした諸葛亮を想像したら可愛いな

39: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/21 22:18
孔明、ホウ統いずれか1人を得れば天下掌といわれながら統一できなかった劉備は一体・・・

46: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/23 02:44
>>39
白面の書生に大権を任せることを旧臣に納得させるために劉備がでっち上げたんじゃないだろうか?

40: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/21 23:08
水鏡が適当言ったんでしょ

42: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/22 08:45
既出だけどホント廰統は才能があった人かどうか疑わしいね
普通はある程度の期間活躍した人が後世に名が残ったりするもんだし
そうすると廰統は短すぎるしこれと言って功績もいまいち
当時からよほど評価が高かった人物と考えて間違いないだろう
ま、法正にも当てはまるかも知れないけど
劉備軍の数少ない参謀だったから逆に名前が残ったのかも知れん

63: 無名武将@お腹せっぷく 04/06/16 23:58
なにかの拍子にホウ統の容姿はあばた顔のブサイクだと思い込んでいた。
現実にホウ統のような人物にあったら外見で見誤らないようにしたいと心に留めていたのだが、
正史をみたら「地味でもっさり」て書いてるけどブサイクなんて書いてない。
吉川三国志に書いてたんだろうか……

64: 無名武将@お腹せっぷく 04/06/17 02:45
正史には地味としか書かれてないのに、演技ではぶさいくにされちゃったんだよな。
孔明の引き立て役にされたせいだろうか。人は見かけによらぬという教訓にはなったが。
確かホウ統は劉備の蜀取りに貢献したんじゃなかったっけ?
そもそも蜀を取って天下三分の足がかりにすべし、という案は
ホウ統から出たものだとどこかに書いてあったような…?

65: 無名武将@お腹せっぷく 04/06/17 09:39
巴蜀と荊州を足がかりにする案の出所はやっぱり孔明だろう。
劉備が同族を攻めることに難色を示して、孔明一人では劉備を説得できなかったから、
ホウ統に説得させた。そのときの話では。

68: 無名武将@お腹せっぷく 04/06/17 14:15
ホウ統伝には「樸鈍(ぼくどん)」て書いてあるよ。

71: 無名武将@お腹せっぷく 04/06/17 23:35
劉備に仕えてわずか2年、流れ矢に当たって死亡か…。
若いときは地味な風体で損をしていたようだが、死に際まで運の悪い奴だな。
「流れ矢」ってとこが特に。
孔明に嫉妬して功を焦って忠告も聞かずに…という演戯の死に方よりかは幾分マシだが。

78: 無名武将@お腹せっぷく 04/06/18 14:33
まあ長生きできても、某天才軍師みたいに亡き主君の遺志をついで凡君をささえて国の命運を一身に背負って最後は戦場で過労死するのと、どっちがいいとも言えんよな。

79: 無名武将@お腹せっぷく 04/06/18 14:53
いやいや、やっぱり孔明の人生の方がいいだろう。
どっちも志半ばだし、自分じゃ到底無理だからそう思えるのかもしれないが。
ホウ統が生きてたら、劉備の東征を止められたかもしれないし、孔明も過労死せずに済んだろうになあ。
ホウ統はあっさり死にすぎだ。

80: 無名武将@お腹せっぷく 04/06/18 15:17
確かに孔明のほうが充実した人生だったと思うし、その叡智は後世まで語り継がれ崇拝されてはいる。でも逆に、三国志の研究が進んでくるにつれて、孔明はそれ程優れた戦術家ではなかったとか、蜀の権力争いや派閥などの党争に関わってたとか、色々とメッキがはがれてきてる。
それに引き換え、ホウ統は名前負け説もあるにはあるが、早死にした分、粗が見えないから、彼の実力は後世において肯定も否定もされずあれこれ想像されて、「ホウ統が生きてれば…」と多くの三国志読者から惜しまれるだけの地位に彼の名を押し上げたとも言える。


…とまあここまで書いたが、自分も孔明の人生のほうがいいだろうと思うし、ホウ統はもう少し長生きしてほしかったよ。

107: 無名武将@お腹せっぷく 04/06/28 13:28
孔明が作ったとかいう教育訓、ほしい

108: 無名武将@お腹せっぷく 04/06/28 20:06
ホウ統は子育てするいとまもなさそうだな。

109: 無名武将@お腹せっぷく 04/06/29 21:29
ホウ統の教育方針は「褒めて伸ばす」で決まりです
龐統

龐統は人物評価を好んで行なったが、その場合はいつもその人物を過大に評価していた。

ある人にその理由を尋ねられた際、龐統は「現在天下は乱れ、正道は衰え、善人は少なく悪人は多い。褒め過ぎるくらいの評価をして、名誉欲を満たしてやらなければ、善事を行なう者は増えないだろう。志ある者に希望を与え、努力させられるのだから、これもいいではないか」と答えている。


110: 無名武将@お腹せっぷく 04/07/02 12:09
人を見る目はあったようなので、馬ショクを大将に据えるような人選はなかったかもな。

117: 無名武将@お腹せっぷく 04/07/08 22:23
徐庶とどちらが優秀だったのだろうか。

118: 無名武将@お腹せっぷく 04/07/08 22:25
徐庶は水鏡先生に名前をもらってないからやっぱりホの字かな

119: 無名武将@お腹せっぷく 04/07/09 03:09
名前って、孔明→『伏竜』、ホウ統→『鳳雛』のことかな?
その名前をつけたのは、(ついでに言うと、司馬キを水鏡と呼んだのも)ホウ統の伯父さんのホウ徳公とか言う人だったと思う。ちなみに結構高い家柄の人だったらしい。
ま、どっちでもいいけどね。

134: 無名武将@お腹せっぷく 04/09/08 09:06
演義では田舎の長官にしたら怠けてばかりで張飛がメッて言いにいったら一日で仕事をこなしたってことになってるが正史では田舎の長官までは同じだが一日で仕事をこなしてはいない ただの怠け者

135: 無名武将@お腹せっぷく 04/09/09 02:08
>>134
正確には辺境の県知事に追いやられた事に不満を持ち、劉備が使いをよこすのを待って実力を見せ付けてやった、という感じだな。
中国講話の「ホウ統の名裁判」に詳しく乗ってる。

正史の場合は使いが来る前に首にされて、それを魯粛が手紙を送ってフォローしたんだっけか。

137: 無名武将@お腹せっぷく 04/09/15 16:21:42
>>135
正史だと、魯粛の手紙と孔明のとりなしじゃなかったか。
それで劉備と話し込んだら見直されて要職に付く事になった。

ちなみにこの話、周瑜の下にいた人物をすぐに側近には使えなかった新参者は県知事程の職で十分だったから、いったん辺境に飛ばしたという話もある。
正史の話は出来すぎだし、結局孔明と同職についてる辺りこの偽装説が正しいのかもしれんな。

142: 無名武将@お腹せっぷく 04/10/03 11:07:10
垂れ流すな、天下人
201009210315346bf


143: 無名武将@お腹せっぷく 04/10/03 23:00:06
蒼天じゃあ片腕だったな


169: 無名武将@お腹せっぷく 04/12/04 01:17:15
今さらな疑問ですまないが、諸葛亮にしろホウトウにしろ、なぜ劉備なんかに仕官したのかね?
魏は人材が豊富だったから、縁故もない新参者はどうしても埋もれてしまう。一方、人材不足の劉備のところならどんどん出世できると踏んだのかね?

172: 無名武将@お腹せっぷく 04/12/04 03:27:17
>>169
諸葛亮はそうだと思う。
龐統は南郡が孫権から劉備に貸与されたときに南郡の職員としてついてきた。
龐統が上司を選んだのではなくて、上司が勝手に変っていたということだと思う。

178: 無名武将@お腹せっぷく 04/12/05 04:10:30
>>169
裴松之曰く、もし諸葛亮が魏に仕官し能力を発揮したなら陳羣・司馬懿が対抗できる相手ではなく、他のものは問題にならず、多くの人材に埋もれるわけが無い。魏に臣従しなかったのは、漢を再興するため、皇族の英傑を補佐することを自分の責務としたため、らしいです。

・・・電波が強すぎて頭痛が(ry


170: 無名武将@お腹せっぷく 04/12/04 01:20:02
孔明は徐州がらみでいやだったのかも

175: 無名武将@お腹せっぷく 04/12/04 04:55:14
孔明の場合は劉備を選んだというより、誰でもいいから・・・の結果劉備に当たったらしいけど

177: 無名武将@お腹せっぷく 04/12/05 01:58:52
誰でも良いのだったら、それこそ縁故もある州牧の劉表のところに仕官してたんじゃないかな。弱小集団の方が重用されるだろうけど、能力を発揮するにしても主君次第だろうし、トップが無能な為にせっかく見つけた就職先が潰れたり、一緒に自分の首まで飛んでったら困るから、いい加減な選択は出来ないよね。

179: 無名武将@お腹せっぷく 04/12/05 18:53:40
諸葛亮はあれほど一生懸命持ち上げなくとも十分に優れた人物だと思うんだが、裴松之の理想化と贔屓っぷりは判り易すぎてちと笑える。

それにしても、ホウ統ももう少し長生きしていたら……惜しい哉惜しい哉

183: 無名武将@お腹せっぷく 04/12/30 22:00:15
孔明は誰でも良かったわけではないと思う。

孔明は日ごろから自分のことを古代中国の桓公に仕えた宰相・管仲になぞられていた。
ちなみに管仲は戦乱を平和的に治めた武将である。このことから孔明は、乱世を平和に終わらせるという理想を実現するために、十分に信頼できる武将が現れるのを待っていたのではないかと考えられる。

202: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/08(金) 23:02:05
ホウ統いいねえ
正史ではいまいちだけど演義ではかなり魅力的!カコイイ

203: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/11(月) 05:20:45
風貌が醜い→容姿が悪い
ではなく、態度が悪いってな感じにも訳せるらしいぞ。
おれは原文(中国古文)わかんねーからよくは知らんが。
口が悪くて孫権に嫌われるが、ヤクザの劉備には好かれる。
まさしくじゃね?

204: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/11(月) 07:30:37
でも劉備も最初県令に任命して龐統が仕事さぼったから免職してるよ…
よっぽど第一印象の悪い男なんじゃないだろうか

205: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/11(月) 07:51:12
前評判高い割にポカして死亡って馬謖と同レベルの人生だな

206: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/11(月) 08:42:41
龐統が優秀な人物なのは確かだと思うよ
敵をだましたり、罠に陥れようとする詐術は諸葛亮よりも龐統の方が上だと思う
諸葛亮の昔からの友人であり、皮肉屋でもある彼が長生きしてたらオーバーワーク過労死まっしぐらの諸葛亮に気の効いた一言でも掛けたかもしれないと思ってみる

207: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/11(月) 08:44:24
皮肉屋?
寧ろ人を誉めて誉めまくる人なんだが……


209: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/11(月) 08:56:33
「落第県令ホウトウです」は演義だけだっけ

210: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/12(火) 03:35:23
>>209
演義というか、「ほう統の名裁判」っていう講談のオチ。
田舎の県令にやった事を謝る劉備と、それに対してわざと平伏するほう統の仲介に入った諸葛亮に対して、「これは軍師殿、落第県知事ほう統、見参つかまつります」って皮肉をいうシーンがある。
講談には他にも「四顧の礼」だとか実際には無い脚色が盛り込まれてるから、多分そのセリフも講談の中だけかと。

214: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/12(火) 22:09:13
しかし軍の頭脳である彼が、前線に立ちすぎたのは迂闊だったな

216: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/13(水) 01:35:31
「流れ矢」だから、城壁の守備兵狙って撃った味方の矢が誤まってとか、角度付けすぎで相手まで届かず味方の頭上に落ちてきて・・・という可能性もある
あるいは流れ矢を装った、諸葛亮の罠とかw

218: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/13(水) 01:41:31
流れ矢って言うか漢文だと流矢
これを流れ矢って訳すのは間違い
流矢は流れるごとく大量に降って来る矢のこと

220: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/13(水) 01:44:42
てことは龐統はハリネズミの最期を...

うぅぅ...
sangokushi17


221: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/13(水) 01:53:16
いくら陣頭指揮って言っても、指揮官が矢の的になるような所にいるのはおかしいんじゃない?
指揮官死んだらおしまいなんだから。ちょっと偉くなると、馬じゃなくて孔明みたいに車乗ってるみたいだし(顔良とかも)

230: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/13(水) 03:24:45
無難にいくと伏兵に急襲されたんだろ。
指揮官を狙うのは古来よりの上策だし。

234: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/14(木) 19:13:10
ホウ統が生きていると諸葛亮が荊州にいる可能性が高いので関羽の死が覆る事もありえる
ってのがホウ統の過大評価に繋がっている

235: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/15(金) 22:16:17
三國志戦記では、龐統がいるとケイ州には諸葛亮と関羽が残り、関羽が「犬の子を虎の子に嫁がせろと申すか!」とか言う部分で諸葛亮が関羽をなだめて止める。結果、蜀と呉は仲が悪くならず、そのまま魏を倒して二国兼立・・・
とかいう夢のようなエンディングになる。

軍師に一人余裕があるだけでこんなにも未来が変わるんならすげぇことだよなぁ。

236: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/15(金) 23:55:40
変わるかボケェ!
大体、蜀呉の関係が悪くなったのだって関羽のせいというよりも
劉備と諸葛亮のせいだろうが!!

237: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/16(土) 18:04:14
>>236
最後の一行は皮肉で言ったんだよ。

239: 無名武将@お腹せっぷく 2005/04/17(日) 01:30:09
でも実際に三國志戦記では龐統が配下にいるかどうかのフラグでそこまでストーリーが変わるんだよ。
まあ、龍鳳とも配下にいるんなら、ゲームなんだし、それぐらい夢見たっていいよな。

248: 無名武将@お腹せっぷく 2005/05/06(金) 17:26:52
子種は残せなかったのか放蕩殿・・・

250: 無名武将@お腹せっぷく 2005/05/06(金) 19:06:50
>>249
ホウ宏って息子がいるんじゃなかったっけ?
ただコイツは大した出世はしてないとかそんなだった。

ネコ型ロボットにタイムマシン持ってきてもらいたい。
そんで、ホウ統が流矢に当たらず生き延びるようにしたらどんな未来がきたか知りたい。
でもタイムパトロールの人が怖いんだよなぁ。

251: 無名武将@お腹せっぷく 2005/05/06(金) 20:57:00
龐宏は尚書令の陳祗と反りが合わずフ陵太守で終わってしまった。
我が強く世渡りは上手くなかったが人物評が好きなあたりは父親に似てるか?
とはいえフ陵は荊州と隣り合わせてるしそこの太守を任されていたってことは、干されてはいるが能力的には認められていたとみてもよいのでは?

255: 無名武将@お腹せっぷく 2005/05/15(日) 20:11:45
>>251
龐統の息子だからという期待があったんだろうな
親父は丞相閣下と同レベルの評判を受けてたんだし

引用元: ・ホウ統について語ろう           
正史 三国志〈5〉蜀書 (ちくま学芸文庫)
陳 寿 裴 松之
筑摩書房
売り上げランキング: 173,256