519SfrGZfML



1: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/03 23:04
戦場で






6: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/03 23:06
旗というか幟でしょ?

7: 出ると負け軍師 ◆v12geteYmY 04/02/03 23:10
同士討ちを防ぐために合言葉を決めたりしていたそうな。

8: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/03 23:23
>>7
ほんまかいな

旗とか幟だったら、例えば見知らぬ街で標識見ながら走る感じで
いちいち旗見ながら斬り合いする事になって
映画とかで見るような戦じゃなくって結構スローペースな斬り合いに
なったんだろうか?

9: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/03 23:26
指物の他に袖や兜、笠、刀に印を付けたんだよ。

16: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/04 06:20
足軽や農民兵だと途中で寝返りまくってたらしいね。

19: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/04 14:15
そういう意味で赤備えはいいな

32: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/05 18:20
でも間違えて同士討ちしたんだろうな
あと武器振り回して当たっちゃったとか

36: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/05 18:27
旗印のほかに、袖印、笠印、刀印を付けたんだよ。
乱戦で、印が千切れて無くなった場合は合言葉を使ったが動揺して咄嗟に合言葉が言えなかったりすると味方に討たれる場合があった。

38: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/05 18:31
少数同士の合戦なら顔見知りばかりだから目印なんていらないんだけどね。

42: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/11 01:11
誰でもいいから眼が合ったらバトル開始じゃないの?


たまに敵味方で知り合いに会ったりするらしいね
挨拶してスルーしたりしてたらしい

43: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/11 01:41
>>42
  そ  の  考  え  じ  ゃ  間  違  い  な  く  死  ぬ  

44: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/11 02:39
>>42
見事なバーサーカーだなw
張飛みたいだ
福島正則もこんなイメージがない事もない

45: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/11 12:14
>>44
おれはそう言う意味じゃなくて>>42

>>たまに敵味方で知り合いに会ったりするらしいね挨拶してスルーしたりしてたらしい

こんな甘ったれた考えじゃ真っ先に死ぬといいたかった。
そもそも合戦が与えてくれないだろ、挨拶する暇なんて
しかも前後でいってることが真逆なところも別の意味で危うい

46: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/11 12:24
>>45
その部分は元ネタとなる文献かなんかがあるんじゃねーの?

78: が@Mたんちゅき  04/02/22 04:47
>>42-47
「挨拶してスルー」について、
あいさつしたかどうかまでは書いていませんが、

足利義輝の死後、足利義昭と織田信長の上洛前、堺近辺で、松永久秀と三好三人衆が二度にわたり合戦をおこなったとき、双方の陣中に何人かいたキリシタン兵士についてのフロイスの記録。

「数名のキリシタンの武将たちがいたところには、キリストの十字架、もしくはイエスの御名がついた大きい旗が見受けられた。」

「戦争がキリシタンのうち三名しか死者を出すことなく経過したことにつき、キリシタンたちの喜びは大きかった。彼らは互いに愛情を抱いていたので、戦闘の間にさえ、互いに遭遇しないよう、また銃撃し合わないように用心していたのである。」

中公文庫 完訳フロイス日本史2 織田信長編II 「信長とフロイス」松田毅一 川崎桃太訳第二十七章(第一部七五章)
「堺における事態の進展、ならびに同地からもたらされた成果について」

知り合いというのとは、ちょっと違ますが、同書第三〇章に収録された、おたがいがキリシタンであることがわかったため、戦闘中にもかかわらず、あっさり殺し合いをやめて抱擁しあう、ジョルジ弥平次と三木判田夫の話も、つっこみどころがおおくて、たぶん楽しめます。

このときは、ジョルジ弥平次の兜に、"JESUS"というキリシタンの徽章であり標語であった言葉が、大きく書かれていたことが目印になりました。

50: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/11 16:02
敵軍の軍装をまねて、伏兵を、、、、とか可能だったの?


68: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/18 05:53
現代戦でも普通に同士討ちやってるからなぁ
湾岸とかでも後ろの自軍戦車から撃破されたりしてるらしいし

70: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/18 09:16
>>68
あれは普段嫌なヤツを誤射に見せかけて殺しているのだろう。

82: 無名武将@お腹せっぷく 04/02/23 18:57
もう少し時代が下れば各国で制服(ユニフォーム)で見分けるけどね。

95: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/03 15:47
甘寧がガッピで奇襲した時に羽を目印にしたって話なかった?

116: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/06 23:34
なんか本だったかなんだかで
「濡須で甘寧が曹操を奇襲した時に自分の軍に目印をつけさせて敵仲間を区別できるようにしていた。」ってあったけどこれが後世に残ってるってことはやっぱ常に乱戦だったって事?

118: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/06 23:49
>>116
戦っていれば常に乱戦は起きると思うけど、軍全体が乱戦状態ということは滅多に起きない。
しかし10万の軍のうちの1000人が乱戦状態に陥っただけだとしても、まあ目印があって便利だったという話にはなると思う。

97: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/03 16:37
そこで赤眉軍ですよ!

98: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/03 16:48
当時の戦はドラマみたいな旗なんか、ほとんどつけていなかった。
戦場で戦う足軽は、領内の村々からかり出された人々。
つまり、味方はみんな知っている顔ばっかりだった。


99: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/03 16:52
>>98
何時の時代の話だよw
織豊時代の話じゃなさそうだな。

100: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/03 16:55
関ヶ原にきた奴が全員かおみしりだったらえらいことだな。

101: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/03 17:02
同族同士でも合戦でも目印は必要だ。
畠山義就と政長の合戦は旗が同じだったため、敵味方の識別があやふやで散々だったとか。

108: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/03 19:37
同士撃ちは何処の戦場でもあるよ。
とっさに合言葉が言えなくて味方に殺される新米兵もいる。
大部分の兵士たちは合言葉を使っったり目印を見分けてうまくやるんだろうけどな。

110: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/03 19:49
敵斬るふりして味方の気に入らない奴とか
どさくさに紛れて殺したりとか・・・激しくありそうだな

114: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/04 03:00
結構あったみたいだよ?
大阪の陣では伊達が前日喧嘩した奴の軍勢後ろから鉄砲で皆殺しにしてるし上でも書いたけど湾岸でだって気に入らない奴の友軍の戦車後ろからぶっ壊す米軍人が大量発生。政敵とか絡んでたらがんがん後ろから撃たれるだろう

そこまで積極的じゃなくても補給部隊送らないとか援軍サボタージュして敵中に放置とかは頻繁にあったこと。今でもある。
117: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/06 23:35
味方には刃が当らないんだよ......無双では.....
それは置いといて蒙古と戦うまで日本の戦ではまず名乗りを挙げていたっていう話を聞いた覚えがあるんだけど。

121: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/07 00:16
>>117
平安時代に、武士同士がもめごとを解決するために戦を行う時には、大将同士が名乗りを上げ、お互いに書面を交換してその合戦で何を決めるのかを確認したりして、礼儀作法に則った戦をしていました。でもそんなのは平安後期ぐらいには無くなってます。

120: 下っ端敗残兵 04/03/07 00:13
名乗りをしない戦い始めたのって悪党だろ?違ったっけ 
1千人以上の軍隊でも一部隊何人かの小さい部隊が集まって出来ているよね
小さい部隊にも司令官が一個一個あって敵味方ってその司令官の気分しだいじゃないの
一部隊数人~数十人なら司令官も覚えられるしと言うか部下だしね
合言葉も司令官同士なら問題はへる
部下は司令官に襲い掛かるものをきればいいしね
合言葉が洩れるのもへる 確証はない

122: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/07 00:36
源平時代から鎌倉にかけてだよね。

128: 無名武将@お腹せっぷく 04/03/16 18:50
大軍時は、大集団の前線同士がぶつかるわけだから、識別の心配はほとんどないだろうし
小数になってばらばら乱戦になったとしても、何人か何十人かに、リーダ一人ついてるろうし。
で、印もったリーダーを中心に、一緒に動くと。
名乗りとか、識別に声をかけるぐらいはやっぱりあったと思われ

172: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/18 18:21
今も昔もフレンドリーファイアーこそが死因のトップですよ

173: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/18 19:05
黄蓋の事か?>フレンドリーファイアー

176: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/21 17:12
映画ラスト侍ぐらい
鎧兜vs官軍制服のようにはっきり見分けつかないと無理

177: 無名武将@お腹せっぷく 04/05/25 16:30
やっぱり旗指物か

201: 某スレの痛い1 ◆hLtPF.kGRM 04/10/27 02:33:45
完璧に見分ける方法は無かったけど

まぁ鎧とか旗印とかじゃん?
夜襲した時には全員白い鉢巻きして敵味方区別したとか聞いたなぁ
その程度でしょ
敵将を殺す寸前まで追い詰めたのに、そいつに
「バカ俺は味方だ!」
って言われて動揺してるとこ逆に殺されたって奴もいるくらいだし

204: 無名武将@お腹せっぷく 04/10/27 12:27:37
なまってるヤツは斬ったっていうのが武将の日記にあるよな。

218: 無名武将@お腹せっぷく 04/11/07 13:52:34
大規模な戦だって基本的には小さい部隊(数十人規模だろうか)を沢山集めて編成されてる訳だから自分と同じ部隊の奴はもちろん、隣に配置されるような部隊とは交流があるだろうから自分の周囲ぐらいはみんな顔見知りじゃね?
でもって、知らない顔の部隊に出くわした場合は互いの部隊長同士が名乗るなり合言葉なりで一部隊単位で確認するのではなかろうか?


引用元: ・どうやって敵味方を見分けてたの?


雑兵物語・おあむ物語 (岩波文庫)
中村 通夫 湯沢 幸吉郎
岩波書店
売り上げランキング: 109,068