1: しじみ ★ 2017/03/14(火) 12:57:26.49 ID:CAP_USER9
戦国時代の足利領主・長尾顕長(あきなが)が依頼して堀川国広に製作させた名刀「山姥切(やまんばぎり)国広」の展示に沸く足利市で、長尾家の宝刀とされる写真が菩提寺(ぼだいじ)の長林寺(同市西宮町)で見つかった。宝刀は一時、同寺に預けられたが、現在は所在不明。
連日、全国の刀剣ファンが殺到する足利で大きな関心を集めそうだ。(川岸等)
                  


住職の白金昭文さん(79)によると、明治18(1885)年10月5日、長尾家関係者が同寺を訪れ、当時の舞沢玄龍住職に「御宝刀」やよろいなどを預けた。現在も預り書が保管されている。


その後、間を置かず、長尾家関係者が再度訪れ、「宝刀は返却してほしい」と持ち出した。
よろいは持ち帰らず、そのまま同寺に所蔵され、現在、国広展が開催されている足利市立美術館で展示中だ。


昭和42年夏、長尾家関係者が同寺を訪れ、
「申し訳ないが、あの刀は先祖が売ってしまった」と伝え、記念として刀の写真を置いていった。
シカの角の刀架(とうか)に刀と鞘が架けられ、箱書きには長尾家の当主の世襲名・長尾八郎の文字が見える。


長尾家23代目に当たる長尾八郎さん(69)は「刀は『小豆(あずき)長光(ながみつ)』と呼ばれ、
刀の刃に小豆を落とすとさっと切断されるほど切れ味がよかったという。
先祖代々、大切に扱われ、正月には床の間に飾り、拝んだと聞いている」と話す。


日本刀鑑定歴50年で足利郷土刀研究会代表の田部井勇さん(82)は「写真が不鮮明で判断できないが、刀の反りなどから室町時代の刀ではないか」としている。



産経ニュース
http://www.sankei.com/region/news/170314/rgn1703140038-n1.html








2: 名無しさん@1周年 2017/03/14(火) 12:58:05.69 ID:n6FKImSC0
小豆長光なら俺の横で寝てるよ

7: 名無しさん@1周年 2017/03/14(火) 13:07:34.72 ID:R7GqX7mT0
>>1
no title

8: 名無しさん@1周年 2017/03/14(火) 13:15:50.39 ID:jwAwioKB0
>>7
ひかっとるな(ペカッ

10: 名無しさん@1周年 2017/03/14(火) 13:19:48.29 ID:4j389Hkv0
>刀の刃に小豆を落とすとさっと切断されるほど切れ味がよかったという

なんか似たようなエピソード聞いたことあるな
徳川家康の家臣だったかな

11: 名無しさん@1周年 2017/03/14(火) 13:20:25.90 ID:+dqDp+Qa0
長林寺ってなんか有名な寺だったような

13: 名無しさん@1周年 2017/03/14(火) 13:25:22.34 ID:iBm9MPTC0
俺の小豆長見光を見てくれこいつをどう思う?

16: 名無しさん@1周年 2017/03/14(火) 13:44:22.32 ID:V3gahfRD0
>>13
切られた方の小豆じゃねぇか。

25: 名無しさん@1周年 2017/03/14(火) 15:03:24.10 ID:zCTjwUDM0
GHQが取り上げたんだろ

27: 名無しさん@1周年 2017/03/14(火) 18:15:19.55 ID:pJUVPzwW0
これは かの川中島で武田入道に切りつけた刀とされているな

名刀中の名刀だ


引用元: ・【話題】長尾家の宝刀「小豆長光」今どこに? 足利の長林寺に写真