514aXaQGRdL


1: 世界@名無史さん 2013/10/02(水) 01:26:04.57 0
歴史上、民や国家を裏切り敵に売り渡したロクデナシを語るスレ









9: 世界@名無史さん 2013/10/02(水) 20:29:27.10 0
中国ではしんかいが有名
Youtiaostory_hangzhou_statue1
杭州の岳王廟にある秦檜夫妻の像。かつてはこの像に唾を吐きかける習慣があった。右が秦檜で、左が王氏


秦檜

秦 檜(しん かい、1090年 - 1155年)は、南宋の宰相。字は会之。江寧(現在の南京)出身。
金との講和を進め和議を結ぶが、その過程において岳飛ら抗金派の政府要人を謀殺・平民へ落とすなどした、その後も自らの権力保持のために敵国の金の圧力を背景に恐怖政治を敷いたので、後世、その名は売国奴の代名詞となり蔑まれた。


10: 世界@名無史さん 2013/10/02(水) 21:09:36.75 0
シンカイはむしろ無謀な北罰止めた英雄だろ。
あのまま続けて勝てたとでも思っているのか?

12: 世界@名無史さん 2013/10/02(水) 23:21:07.35 0
中国人には秦檜みたいなのが多いから、岳飛が愛される。
逆に、日本人は岳飛みたいなのが多いから、玄人の間で秦檜の評価は高い。

14: 世界@名無史さん 2013/10/03(木) 01:21:04.22 0
井伊直弼の独裁が続けば国辱に甘んじつつも江戸幕府は存続したかもしれない

秦檜が暗殺されたら強引な北伐を続けて南宋の国力を疲弊させ南宋政権は瓦解したかもしれない

18: 世界@名無史さん 2013/10/04(金) 13:26:18.09 0
秦檜は別に国家に叛旗を翻してはいないからなぁ
呉三桂も厳密に言えばそう

19: 世界@名無史さん 2013/10/04(金) 13:50:53.70 0
>>18
呉三桂は国は裏切ってないけど漢民族を裏切った
秦檜は気持ちはわかるけど失策だと思う

20: 世界@名無史さん 2013/10/04(金) 22:13:57.37 0
秦檜は英雄でも売国奴でもないただの小物だと思う
高宗の意思を汲んで実行に移しただけのただの官僚

21: 世界@名無史さん 2013/10/04(金) 23:41:20.78 0
なるほどただの官僚か
そう考えればしっくり来るな

23: 世界@名無史さん 2013/10/05(土) 01:39:35.26 0
秦檜は高宗のやりたいことを代わりにやって憎まれ役を引き受けただけじゃないのか

27: 世界@名無史さん 2013/10/05(土) 09:01:13.25 0
褒められない、憎まれ役を秦檜に押し付けた高宗は
秦檜の死後、掌を返して秦檜の遺族とその一派を追放した

28: 世界@名無史さん 2013/10/05(土) 09:28:03.91 0
まあ秦檜を評価するってポーズを取っている人間も
現代日本で同じ事をする首相が居れば、口をきわめて罵ることであろうよ

234: 世界@名無史さん 2014/08/18(月) 16:45:31.43 0
「皆殺しにされるよりはマシだから降伏しよう」というのは売国奴的発想か否か

235: 世界@名無史さん 2014/08/18(月) 16:59:32.18 0
>>234
日本もドイツも通った道。何も恥ずかしいことはない。屈辱的だけどな。

一億玉砕のほうがよほど卑怯。正木ひろしは一億玉砕を
「負ければ戦犯確実な連中が延命、もしくは他人を道連れにしたいが為」と喝破した。

241: 世界@名無史さん 2014/08/19(火) 10:33:16.73 0
>>235
ひどい目にあってからの降伏はともかく、
「勝てる見込みがないから相手国の要求を飲んで戦争を回避しよう」
は叩かれるんだよね。
痛い目見なきゃわからんのはだれでも同じか。

243: 世界@名無史さん 2014/08/19(火) 23:01:13.93 0
日和見呉三桂
満州族の走狗となって南明を滅ぼして置きながら、最後には滅満興漢を唱えて皇帝に即位する一貫性のなさ

呉 三桂


呉三桂


呉 三桂(ご さんけい)は、明末清初の軍人、呉周の初代皇帝。

遼東で清軍に対峙していたが李自成の北京占領に際して清に味方し、清の中国平定に尽力した。平西王として勢力を揮うが後に清に背き、三藩の乱を引き起こした。



244: 世界@名無史さん 2014/08/21(木) 08:11:55.47 0
近松門左衛門の「国性爺合戦」では、何故か「忠臣・呉三桂」として登場(笑)

246: 世界@名無史さん 2014/08/30(土) 23:35:02.89 0
呉三桂が山海関を開けた時はもう明じゃなくて大順だったから多少はね…?

256: 世界@名無史さん 2015/07/15(水) 07:51:32.02 0
断然アルキビアデス


150px-Bust_Alcibiades_Musei_Capitolini_MC1160


アルキビアデス

アルキビアデス(紀元前450年頃 - 紀元前404年)は、アテナイの政治家、軍人。ソクラテスの弟子であり、アテナイ衆愚政治を代表するデマゴーグ。アテナイの政敵により一時追放されたため敵国スパルタに味方し、結果的にペロポネソス戦争でアテナイを敗戦に導いた。


257: 世界@名無史さん 2015/07/24(金) 12:18:03.16 0
あれだけの裏切りをしておいて、それでもいちどは帰参が叶うんだから
アルキビアデスの魅力パラメータは余裕の100オーバー

260: 世界@名無史さん 2015/07/27(月) 09:06:53.36 0
マリンチェ

マリンチェ

マリンチェ(La Malinche、1502年頃 - 1527年。没年を1529年とする資料もある)は、スペインのアステカ征服に際しスペイン側に協力したコラボレーターの代表的女性。

彼女は、es:Batalla de Centlaの敗戦で、タバスコの首長es:Tabscoobよりエルナン・コルテスに献上された後、奴隷としてキリスト教の洗礼を受けスペイン人達と生活を共にする内にスペイン語も習得し、通訳として彼の為に働き、スペインによるアステカ帝国の征服(英語版)に多大な貢献をした。ベルナル・ディアス・デル・カスティリョは彼女をわれわれの舌と呼んだ。
メキシコがスペインから独立した際に、アステカ最後の王であるクアウテモックが英雄視されたのと対照的に、彼女は裏切り者の代名詞とされた。



263: 世界@名無史さん 2015/07/29(水) 04:59:53.58 0
クラウス・フックス


225px-Klaus_Fuchs_ID_badge


クラウス・フックス

クラウス・エミール・ユリウス・フックス (1911年12月29日 - 1988年1月28日)は、ドイツ生まれの理論物理学者。マンハッタン計画でアメリカの原子爆弾開発に貢献したが、そのかたわらスパイとしてソビエト連邦に機密情報を流し続けていた。スパイとして有罪判決を受け刑に服し、釈放された後は東ドイツの理論物理学の重要人物となった。


264: 世界@名無史さん 2015/07/29(水) 17:54:00.25 0
ウラジミール・ヴェトロフ (コードネーム「フェアウェル」)

265: 世界@名無史さん 2015/07/29(水) 21:48:34.74 0
>>264
彼に弁明の機会を与えれば、体制は裏切っても祖国は裏切ってないと言うと思う。
動機を見ずに、何でも売国奴でくくるのは如何なものか。

267: 世界@名無史さん 2015/08/01(土) 09:32:44.78 0
共産主義が脅威だったのは理想に殉じる国内のスパイがいたこと

今の中国にはそれほど魅力ある思想はないので
日本にスパイいれるには金やハニトラでやるしかない

273: 世界@名無史さん 2015/08/13(木) 20:49:23.49 0
自分を虐げるだけの「祖国」と
少なくとも金は提供してくれる「異国」なら

異国を選んでも別にいいよなあ。
祖国がどんな圧政敷いてても
是が非でも「祖国」を選び続ける必然性ってあるのか?

274: 世界@名無史さん 2015/08/13(木) 20:55:29.61 0
売国奴とされる人間こそ民衆愛に満ちていて
愛国者がただの思考停止だったり、なんていくらでもあるんだろうな。

278: 世界@名無史さん 2015/08/29(土) 20:53:01.89 0
日本の売国奴の代表は朝日新聞出身の尾崎秀実だろう。
コミンテルンの意向を受けて日本を南進論に向かわせると共に
その情報をゾルゲを通してソ連に伝え、
第2次世界大戦での敗北を誘導した。



220px-Hotsumi_Ozaki


尾崎 秀実

尾崎 秀実(おざき ほつみ、1901年(明治34年)4月29日 - 1944年(昭和19年)11月7日)は日本の評論家・ジャーナリスト・共産主義者。朝日新聞社記者、内閣嘱託、満鉄調査部嘱託職員を務める。

近衛文麿政権のブレーンとして、政界・言論界に重要な地位を占め、軍部とも独自の関係を持ち、日中戦争(支那事変)から太平洋戦争(大東亜戦争)開戦直前まで政治の最上層部・中枢と接触し国政に影響を与えた。

共産主義者、革命家としてリヒャルト・ゾルゲが主導するソビエト連邦の諜報組織「ゾルゲ諜報団」に参加し、スパイとして活動し、最終的にゾルゲ事件として1941年発覚し、首謀者の1人として裁判を経て死刑に処された。



279: 世界@名無史さん 2015/08/30(日) 06:27:26.78 0
>>278
>日本を南進論に向かわせる

尾崎にそんな力があったの?

322: 世界@名無史さん 2015/10/24(土) 21:14:23.54 0
売国奴扱いされるイコール悪人とは思えない。ペタン元帥はやはり英雄。


200px-Philippe_Pétain_(en_civil,_autour_de_1930)


フィリップ・ペタン

アンリ・フィリップ・ベノニ・オメル・ジョゼフ・ペタン(1856年4月24日 - 1951年7月23日)は、フランスの軍人、政治家。フランス第三共和政最後の首相およびフランス国(ヴィシー政権)の主席をつとめた。

フランスでは一般にドイツへの協力者として批判を受けているが、ペタンの降伏がフランス全土を廃墟とする事態から救ったという評価、ドイツの占領政策に密かに抵抗したという評価も存在し、時折論争になることもある。


321: 世界@名無史さん 2015/10/24(土) 21:11:21.02 0
ラヴァルの最期は痛ましいな。青酸カリ自殺を図り、意識朦朧のまま、処刑された。


200px-Pierre_Laval_a_Meurisse_1931


ピエール・ラヴァル

ピエール・ラヴァル(1883年6月28日 - 1945年10月15日)は、フランスの政治家。第三共和政下で2度首相を務めた。フランス敗北後にはヴィシー政権の成立に主導的な役割を果たし、副首相および首相を務め、積極的な対独協力政策(コラボラシオン)を主導した。

1944年8月、連合国軍がフランスに侵攻すると、ラヴァルはパリ解放の前にドイツへ脱出した。がベルリン陥落直前3ヶ月の期限付きで滞在を認められたのでスペインに逃亡した。だが、延長は認められずアメリカ軍に引き渡され、フランス政府によってペタンと共に戦犯として起訴され、1945年7月に大逆罪(国家反逆罪)で死刑判決を受けた。裁判では陪審員から罵られたという。



324: 世界@名無史さん 2015/11/08(日) 16:07:20.34 0
平和主義者は、ある一定の条件下では売国奴と呼ばれるしかない。
ラヴァルはまさにその実例。

325: 世界@名無史さん 2015/11/08(日) 16:38:11.71 0
>>324
ラヴァルは平和主義者だったわけではないだろう
右翼だから反共を最優先した
それだけ

326: 世界@名無史さん 2015/11/08(日) 17:54:07.64 0
ラヴァルは自分を狙撃した暗殺犯を許したんだっけ。
内相のピュシューは銃殺されるときに君たちにこの
殺人の責任はないと言って銃殺隊員は涙したとか。

政治家として責められるべき点いろいろあるが、
個人レベルでは穏健な人たちだな。

333: 世界@名無史さん 2015/12/17(木) 14:21:00.14 0
アンドロニコス・ドゥーカスとロマノス4世ディオゲネス
秦檜と岳飛
テルケン・ハトゥンとジャラールッディーン・メングベルディー

351: 世界@名無史さん 2016/02/14(日) 19:28:21.16 0
アラスカをアメリカに二束三文で売り払ったロシア皇帝

352: 世界@名無史さん 2016/03/25(金) 11:22:54.35 0
でもそのおかげで、米ソ大戦は避けられたのかもしれないよ

353: 世界@名無史さん 2016/03/25(金) 18:13:25.55 0
>>352
アラスカをアメリカに売り払ってない架空世界では
ソ連が存在しないかもしれないし
もちろん冷戦などあったかどうかすら疑わしい

365: 世界@名無史さん 2016/05/29(日) 18:45:39.14 0
領土を切り売りしたサンタ・アナが出てないな


Santaanna1


アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナ

アントニオ・ロペス・デ・サンタ・アナ・ペレス・デ・レブロン(1794年2月21日 - 1876年6月21日)は、メキシコの軍人、政治家。1833年から1855年までの間に11回(7回と数える意見もある)も大統領に選ばれた。有能な軍人だが、政治家としては評価されていない。良くも悪くも、メキシコが生んだその時代を代表する英雄の一人である。

彼の中央集権主義者のレトリックと軍事的な失敗は、テキサス独立戦争始まりと1848年の米墨戦争のメキシコ割譲を招き、当時のメキシコの領土の半分の消失という結果をもたらした。


366: 世界@名無史さん 2016/05/29(日) 21:32:22.51 0
あれ単純に戦争に負けたからやん

368: 世界@名無史さん 2016/06/08(水) 23:42:13.82 0
ヒトラー

隣国の独裁者になって祖国を併合してしまった

369: 世界@名無史さん 2016/06/09(木) 01:55:05.66 0
そういうジャンルだとナポレオンがそうだな

371: 世界@名無史さん 2016/07/20(水) 02:36:40.59 0
黒人奴隷のあった時代、近隣の黒人たちを捕らえて白人に売り渡して
奴隷貿易の片棒を担いでた同じ黒人
アフリカ各地の村や文化が消滅してしまった

372: 世界@名無史さん 2016/07/20(水) 03:01:28.63 0
黒人同士の部族間抗争で捕えた敵を奴隷にしただけなので売国奴でもなんでもない

374: 世界@名無史さん 2016/07/20(水) 21:58:09.01 0
自分を虐げるだけの祖国
少なくとも金はくれる外国。

そんな場合、売国しても、必ずしも絶対悪とは言えないよね。

375: 世界@名無史さん 2016/07/21(木) 10:54:09.95 0
「他民族に隷属するくらいなら国が滅んだほうがましだ」
「他民族に支配される屈辱を耐え忍んで国を永らえさせよう」

引用元: ・世界の売国奴たち

売国奴の持参金 (角川文庫)
フレデリック フォーサイス
角川書店
売り上げランキング: 133,389