1: みつを ★ 2017/04/08(土) 05:17:51.36 ID:CAP_USER9
 
51XxwP9OLOL


【4月7日 AFP】現生人類を含む古代の人類が人肉を食べる食人(カニバリズム)をしていたのは、栄養価の高い食事を取るためというより儀礼的な目的のためだった可能性の方が高いとする異色の研究論文が6日、発表された。

英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に発表された今回の研究は、先史時代の食人は広く考えられているよりまれではなかったものの栄養的には得るところが比較的少ない危険な企てだったとしている。

研究では人体の部位ごとのカロリー値を算出した。同じ重さで比較すると野生のウマ、クマ、イノシシなどは、ほぼ骨と皮と筋肉だけのぜい肉のない体だった人類の祖先よりも脂質とタンパク質のカロリーが3倍以上もあったという。

さらに食人の場合狩られる側は狩る側と同じ程度に賢いことから、獲物は食べられるまでにかなり抵抗すると考えられる。

英ブライトン大学(University of Brighton)で考古学の上級講師を務めるジェームズ・コール(James Cole)氏はAFPの取材に「今回の研究を行った理由は、人間が他の動物と比べてどのくらい栄養があるかを知りたかったからだ」と説明し、「それを調べることによって現生人類や他の人類種が食人を行っていたのはカロリーのためだったのか、それとも別の理由があるのかといったことが分かる可能性があると思われた」と語った。

ホモ・サピエンス(Homo sapiens)、ネアンデルタール人(Neanderthals)、ホモ・エレクトゥス(Homo erectus)や他のホミニン族(ヒト)が行っていた食人は文化的な意味合いが強いとする説があり、今回の研究結果はこの説をより具体的にするものだ。

最近の研究では、加工物や装飾品などの証拠からネアンデルタール人を含むわれわれの祖先は豊かな文化を持っていたとみられ、おそらく言語も使っていたのではないかとされている。

「古代人の共食いには、現代人が食人を行うのと同じくらい多くの理由があった可能性がある」とコール氏は語った。「肉を食べたいという理由だけではないのだ」

脚の骨から骨髄をすすったり脾臓(ひぞう)にかぶりついたりすることは、縄張りの支配を再確認したり、死去した親族に敬意を表したりするための方法だった可能性があるとコール氏は説明し、「こうしたシナリオにおいて食物の摂取はおまけみたいなものだ」と指摘した。

化石記録の調査や最近の遺伝子研究によって、古代人類の間で食人がかなり広く行われていたことが示されている。


全文は
http://www.afpbb.com/articles/-/3124302?act=all







2: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 05:20:20.23 ID:fmfvSBw90
生贄にしてから食ったとかか

7: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 05:25:20.75 ID:70nUeIsI0
水滸伝で憎いやつを縛り付けて
肉を添いで食って最後に心臓抉り出す描写あったな

10: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 05:29:22.37 ID:tJCvKdMx0
孔子「愛弟子だと知っていたら食べなかった」
劉備「美味いとは言ったが人肉だとは知らされていなかった」

105: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 08:24:52.12 ID:v2VWd6uz0
>>10
周王も息子の肉喰わされたよな

13: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 05:33:01.50 ID:V8XhU2XX0
強敵を喰う事で自分の能力が高まるのでは?という思考はまあ普通だし
そういう奴らが世界各地でいたんじゃね

14: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 05:34:46.90 ID:GhDUSU0X0
あー気持悪い
これは現代人で良かったと思うことだな

19: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 05:44:06.97 ID:XbPeJZbQO
征服感じゃないかな?
こういう行為はわりと単純だと思うんだけど

27: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 06:05:05.71 ID:XxqggdFQ0
相手の知恵や力にあやかりたくてしてたんだろう

42: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 06:27:50.11 ID:15QGbjRl0
たんぱく質が好きに摂れない時代において単に「おいしいです(^q^)」っていうだけとか
彼らなりの健康食扱いとか

53: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 06:59:33.39 ID:Bz3aKip80
英雄の血肉を食らって我が物にするみたいなのは中世までやってそうだが

69: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 07:46:40.61 ID:EN+q+w6Z0
>>53
それに近いのは日本でも柳田國男とかの民俗学で収集されてる
火葬の後に遺族が故人の骨を齧るって風習が日本の一部地域にはあったらしい

故人の一部を取り入れることで、故人の遺志を受け継ぐって行為は意外と世界中どこでも見られた行為だったようだ

73: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 07:50:31.78 ID:oM6+qMos0
>>69
>火葬の後に遺族が故人の骨を齧るって風習が日本の一部地域にはあったらしい

それ、ヤクザ映画の中だけだから

153: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 10:10:56.95 ID:EN+q+w6Z0
>>73
ヤクザの因習って、江戸時代以前の古い慣習の名残とか多いんだよ
例えば小指を詰めるってヤクザの落とし前は、元々は遊郭で花魁のする愛の証で、指切りげんまんとルーツは一緒だったりする

66: 婆 ◆HKZsYRUkck 2017/04/08(土) 07:41:01.35 ID:sLq/6XoR0
日本のカニバリズムといえば、「酒伝童子絵巻」中巻 狩野元信画(1522)

no title


敵を欺くためとはいえ、頼光さんたちメッチャ楽しそうw

210: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 12:01:01.55 ID:9VNuX4xQ0
>>66
へぇ
どーゆー絵なの?

312: 婆 ◆HKZsYRUkck 2017/04/08(土) 17:20:47.40 ID:sLq/6XoR0
>>210
平安時代の猟奇事件だなw
貴族の姫君たちの連続失踪事件を捜査していた源頼光たちが、
犯人のアジトに潜入すると、なんと姫君たちは食べられていたのだ!
みたいな話。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92%E5%91%91%E7%AB%A5%E5%AD%90

70: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 07:47:29.56 ID:67j6py7r0
近世欧州ではエジプトのミイラが薬として流通しており、
江戸時代の日本にも輸入されていた。
そもそも「ミイラ」という日本語自体、
薬という意味のポルトガル語「mirra」に由来する。
つまり江戸時代日本人も薬として人の死体を口にしていた。

というか現代でも、血液製剤という人体由来の薬品がある。
古代人の人肉食も感覚的には それと近いんじゃないかな。

74: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 07:51:42.38 ID:1LDOc5R10
爪の垢を煎じて飲む云々という諺があるくらいだからさ。
おまじない的な意味で多少死人の一部を摂取することはある程度
どこでもあったんじゃないの。

83: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 08:06:51.90 ID:1LDOc5R10
通常時は禁忌だからこそ特別な儀礼としてやることに特別な意味をもつんじゃないのかな。

86: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 08:09:19.26 ID:kfPnihLW0
>>83
特別な意味を持つというより、意味を持たせることで正当化するという考え

95: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 08:17:20.53 ID:SUGUUAn80
>>86
>特別な意味を持つというより、意味を持たせることで正当化するという考え

ニューギニアの人食い人種なんかは、
村の英雄とか、そんな人の肉しか食べないんだよ。

食べることが目的と言うより、
超自然的なスーパーパワーにあやかりたい、
どちらかというと宗教的意味で食人していた。

156: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 10:16:43.47 ID:nebqUkAv0
>>95
いや、沖縄の人肉食はまさに意味を持たせることで正当化していた例だよ
家畜としての豚肉が導入されることで完全に代替されたわけだからね

163: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 10:32:18.37 ID:lq108xen0
>>156
そうそう。やっている人たちも真の目的には気づかないで宗教で正当化しつつ
人肉食による人口抑制政策をやっていたんだよね。

美しい(繁殖能力の高そうな)少女を生贄に捧げるなんていうのはまさしくそれ。

99: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 08:18:50.17 ID:L4gjRb820
日本にも過去飢饉の時、間引きなんて習慣もあったし
山姥や鬼子母神という子供を食う習性を持つ架空の存在も
飢餓状態に追い込まれた人間の行動を口伝してきたものなのかもしれないしね。
アメリカかどっかで旅客機が雪山に墜落して生存者が生き残るために
人肉食った話もあるし、人間も追い込まれると思考が麻痺してくるんだろ

109: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 08:29:35.50 ID:XxqggdFQ0
>>99
鬼子母神はインドだな
たしか、バールバディ(最高神)の移し身の一つのカーリー
神話時代には、人食ってたんだろう

100: 名無しさん@1周年 2017/04/08(土) 08:20:18.03 ID:1LDOc5R10
最近の古代史の研究だと宗教的儀礼的行為は従来考えられていたよりも
はるかに古い時代からあったらしいからね。

引用元: ・【考古学】古代人の食人(カニバリズム)、単なる「食事」ではない 研究

生きてこそ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ジャパン (2006-04-21)
売り上げランキング: 15,946