51SsTqR1BJL



1: 世界@名無史さん 2016/12/08(木) 22:28:22.18 0
まだ90年代は中印の国力差は少なかったが
2000年代以降から急速に差が開き今日ではインドは完敗状態にある








6: 世界@名無史さん 2016/12/08(木) 23:15:39.54 0
カースト制と経済成長停滞は因果関係があるのか

14: 世界@名無史さん 2016/12/09(金) 15:11:12.46 0
ガチガチ保護主義で守られた財閥がある限り発展なんか無理だろ

15: 世界@名無史さん 2016/12/09(金) 15:32:54.92 0
インドはタタ財閥だっけ?
あれ実際どんなもんなの?日本で言う三菱なんか比じゃないくらい国内市場独占してるの?

20: 世界@名無史さん 2016/12/10(土) 03:25:06.58 0
>>15
タタ インドのGDPの5%
三菱 日本の10%強
住友6%
三井5%
サムスン 韓国の16.5%
ヴァレンベリ スウェーデンの1/3
アルセロール・ミッタル ルクセンブルクの132%

25: 世界@名無史さん 2016/12/11(日) 06:41:33.48 0
>>15
2006年タタ財閥のインド国内事業別売上額シェア
IT通信 27%
エンジニアリング24%
マテリアル19%
エネルギー9%
化学5%
消費財8%
サービス8%

28: 世界@名無史さん 2016/12/11(日) 17:03:20.59 0
色々理由はあると思うけど、

1.出生率の差(マルサスの罠)
出生率 インド で検索するとGOOGLE様が1960年から2010年のインド・中国・アメリカの出生率のグラフを表示してくれるが、貧乏人の子沢山 がインドの方がずっと長い。

2.外資導入の遅れ
中国は1978年から。インドの外資導入は1992年から。

3.女性の社会進出の差
インドの女性の扱いはイスラム圏の女性並みの場所が多い。田舎の女性の仕事は子育てと家内業務。一方中国は1978年以前から女性が普通に労働していた。

4.識字率

インドはかなり低い。

5.カースト

田舎ではカーストが根強い。カーストは職業継承だから社会体制として安定するが、変化しにくい。カーストから抜けるにはIT業界など新規産業に入るしかない。だから自立志望の女性はIT業界や外資系に入る。というか、インドってIT業界以外輸出力のある産業ほとんどないんじゃないか


まあでも先のことはわからんけどね
中国は今後少子高齢化に向かうし、一人っ子政策やめたとはいえ、人口回復には時間がかかる
インドもいろいろ欠点を改めて今後延びるかも知れないし

36: 世界@名無史さん 2016/12/12(月) 18:10:47.48 0
>>28
重要なことを忘れている
気候、ほとんど温帯の中国は国民を工場労働させるには圧倒的に有利

61: 世界@名無史さん 2016/12/16(金) 23:27:48.05 0
パッと思い浮かぶのは、根強いカースト制と農業分野とかにおいてイギリス支配の傷がまだ残ってるとか?

63: 世界@名無史さん 2016/12/16(金) 23:50:31.57 0
イギリス支配なかったらインドは五か国くらいになってそう

75: 世界@名無史さん 2016/12/18(日) 10:13:06.29 0
20世期以前でインドが中国を上回ったことはないんじゃないか?

76: 世界@名無史さん 2016/12/18(日) 10:16:18.62 0
20世紀にはますます無いだろ

ちなみに20世紀以前なら少なくとも一つは存在する
仏教

77: 世界@名無史さん 2016/12/18(日) 10:21:26.94 0
インド起源の算用数字は支那を含めて全世界を制覇

78: 世界@名無史さん 2016/12/18(日) 10:45:53.10 0
>>75
グプタ朝のころは上回ってるんじゃない?
250px-Gupta_Empire_320_-_600_ad


グプタ朝

グプタ朝は、古代インドにおいて、西暦320年から550年頃まで、パータリプトラを都として栄えた王朝である。4世紀に最盛期を迎え、インド北部を統一した。

商業、金融業、手工業が盛んであった。ローマ帝国は既に衰退していたが、インド洋における季節風貿易は引き続き活況を呈しており、西のビザンツ帝国やサーサーン朝、アクスム王国などとの交易が盛んに行われた。ベンガル湾を渡って東の東南アジアなどとの交易も盛んであり、東南アジアから中国へと向かう交易ルートの存在は法顕の「仏国記」でも確認できる。これらの交易を通じ、沿岸の港市が繁栄した。また、法顕が往路は陸路を取ったことからも伺えるように、シルクロードに結びついた内陸の交易ルートも繁栄していた。

グプタ朝では金貨が盛んに鋳造されたほか、銀貨・銅貨も発行された。

79: 世界@名無史さん 2016/12/18(日) 11:11:38.08 0
グプタ朝時代なら戦国だからな

80: 世界@名無史さん 2016/12/18(日) 11:14:01.00 0
おっと戦国じゃなくて五胡十六国だったな
片や大帝国で片や乱世だからね
そんな時代だからこそ仏教が伝来して流行したんだろう

文化は高い方から低い方に流れるから

81: 世界@名無史さん 2016/12/18(日) 11:19:44.56 0
仏教伝来は後漢の時代だろ

82: 世界@名無史さん 2016/12/18(日) 11:25:14.64 0
>>81
そうだよ
だが流行したのは五胡十六国時代
東漢時代に伝来はしたが新興宗教程度の勢力でしかなかった
三国志にだって仏教に関わるようなものはほとんど出てこないだろ

83: 世界@名無史さん 2016/12/18(日) 11:59:05.32 0
唐の時代に胡椒を求めてインドとの交易が盛んになったと本に書いてあったが
その後は胡椒を求める交易をしてないんだろうか

86: 世界@名無史さん 2016/12/18(日) 13:31:38.41 0
>>83
している。トメ・ピレスによると東南アジアで3380トン、インドから3600トン輸入している(1バハル=400ポンド換算)。ヨーロッパより遥かに多い。
マラッカでは中国商人は胡椒を購入あとは毛織物ぐらいで残りはとるにたらないとしているので
胡椒目的の貿易。
1510年のルイ・デ・アッラッジョの手紙ではジャンク船が年間8-10隻買って帰るとしている。
ヨーロッパの力が強まると中国商人はヨーロッパ船から購入するだけになっていく。

87: 世界@名無史さん 2016/12/18(日) 16:47:31.30 0
>>79-82
グプタ朝は仏教じゃなくてヒンズー教

88: 世界@名無史さん 2016/12/18(日) 17:46:49.67 0
玄奘が留学したころは仏教が復活してるね

201: 世界@名無史さん 2016/12/21(水) 23:34:20.07 0
インド人の質の悪さには目があまる
インド贔屓の日本人は指摘しにくいが欧米人は平気でインド人を嘘つきだと非難してる

202: 世界@名無史さん 2016/12/22(木) 00:40:30.78 0
>インド贔屓の日本人

そりゃ仏教があるから日本人にとってはどうしてもインドというと貴いイメージになってしまうし

203: 世界@名無史さん 2016/12/22(木) 01:01:34.84 0
それが日本限定では通用しても世界では通用しないから欧米の投資が中国に比べて鈍ってるわけだ
インド人への信用度は中国人より低いよ

204: 世界@名無史さん 2016/12/22(木) 04:17:19.09 0
インドは名誉殺人という因習から卒業しないと中国と比べられない。

214: 世界@名無史さん 2016/12/23(金) 14:36:55.86 0
インド政府人材開発省(2008)によると
インド人比率

米国
NASAの科学者 36%
マイクロソフト 34%
IBM 28%
インテル 17%
ゼロックス13%
外科医 10%

英国
医師 40%以上

215: 世界@名無史さん 2016/12/23(金) 15:53:49.01 0
科学者のなかでも数学者に特に多そうだな

244: 世界@名無史さん 2016/12/24(土) 17:21:21.66 0
>>215
大昔だとアリヤバータやブラーマグプタが有名だね

220px-2064_aryabhata-crp


アリヤバータ

アリヤバータ(476年 - 550年頃)は5世紀末に生まれたインドの数学者、天文学者である。

最も有名な著作は『アーリヤバティーヤ』 (Aryabhatiya) で、革命的な数学の知識ばかりでなく、地動説にたつ宇宙モデルや、測地学の結果が含まれている。正弦の最初の三角法表を作成し、代数学、無限小、微分方程式の解法とアルゴリズムを開発し、現代と同等な手法により線型方程式の解を求めた。万有引力の地動説に基づく太陽中心の宇宙モデルとして、惑星が楕円軌道をもつことを述べている。



Hindu_astronomer,_19th-century_illustration


ブラーマグプタ

ブラーマグプタ(598年 – 668年?)はインドの数学者・天文学者。ブラマグプタとも呼ばれる。その著作は、イスラーム世界やヨーロッパにインド数学や天文学を伝える役割を果たした。

628年に、総合的な数理天文書『ブラーマ・スプタ・シッダーンタ』を著した。この中の数章で数学が扱われており、第12章はガニタ(算術)、第18章はクッタカ(代数)にあてられている。クッタカという語は、もとは「粉々に砕く」という意味だったが、のちに係数の値を小さくしてゆく逐次過程の方法を意味するようになり、代数の中で不定解析を表すようになった。この書では、 0 と負の数にも触れていて、その算法は現代の考え方に近い(ただし 0 ÷ 0 = 0 と定義している点は現代と異なっている)。ブラーマグプタの問題と呼ばれる二次不定方程式(x2 - 92y2 = 1)の最小整数解(x = 1151, y = 120)も同書で示している。また、665年に著した天文書『カンダ・カードヤカ』では、三角法をヴァラーハミヒラの時代からさらに発展させた。

ブラーマグプタが見いだしたものは他にもある。ブラーマグプタの公式と呼ばれる式がその一つである。


217: 世界@名無史さん 2016/12/23(金) 19:25:44.31 0
2015年留学先の米国の大学の所属専攻分野
インド人 1位工学部37.5%、2位数理・コンピュータ31.4%
中国人 1位経営26.5%、2位工学部19.7%
日本人 1位経営19.1%、2位社会科学10.9%
韓国人 1位経営16.7%、2位社会科学・芸術11.9%
サウジ人 1位工学部23.9%、2位英語学習22.5%

インド人は理工系に固まっている。

218: 世界@名無史さん 2016/12/23(金) 19:26:46.96 0
インドの文系エリートは欧州に行くんだろうな

222: 世界@名無史さん 2016/12/23(金) 23:48:36.71 0
2009年OECD
インドの国外への留学先
米国8万60000
オーストラリア2万4500
英国2万3800
カナダ7200
ドイツ3900
フランス900
日本430
韓国350

266: 世界@名無史さん 2016/12/27(火) 02:45:18.37 0
世界で一番商売に長けた民族はどの民族だろうか?
かつてのカリスマ経営者だった藤田田氏の話によるとこうだ。
あの商売が巧いとされる華僑三人が束になっても、
独りのインド人に勝てるかどうか、
そのインド人が三人束になっても、独りのアラブ人と同じぐらい、
そのアラブ人が三人集まっても独りのユダヤ人にはかなわない。

268: 世界@名無史さん 2016/12/27(火) 03:37:16.50 0
>>266
>独りのインド人に勝てるかどうか、
>そのインド人が三人束になっても、

その「インド人」とはタミル人のことなのだろう
インド人のほとんどは商売なんて無縁な世界で生きてる
圧倒的多数のヒンドゥスターニー人のことではあるまい

それを「インド人は云々」という言い方するのはいかがなものか

269: 世界@名無史さん 2016/12/27(火) 12:46:02.30 0
アラブ人だって皆が商人じゃないし気にすんな

270: 世界@名無史さん 2016/12/28(水) 18:33:34.29 0
国別GDPランキング
インドは今年は順位を2つ上げて9位から7位になった
中国は6年前から2位のままで順位が全く上がってない

271: 世界@名無史さん 2016/12/28(水) 18:54:56.30 0
>>270
そら、アメリカ抜くのは無理だからな。

272: 世界@名無史さん 2016/12/28(水) 19:11:51.93 0
清国のGDPはアメリカやイギリスより高かったんだけど

273: 世界@名無史さん 2016/12/28(水) 19:32:32.02 0
清は中華人民共和国よりかなり大きかったからね
沿海州や外蒙古もあったし西域はバルハシ胡まで版図だった
直接支配ではないが朝鮮とベトナムも服属してた

277: 世界@名無史さん 2016/12/28(水) 20:01:07.64 0
その頃ってアメリカより大英帝国の方が凄そう

279: 世界@名無史さん 2016/12/28(水) 20:09:53.55 0
日本国民に「誰でもいいから知ってるインド人の名前を言ってください」と
調査すれば、一番多い名前は誰だろうか?

334: 世界@名無史さん 2016/12/29(木) 22:18:55.62 0
>>279
サイババ

280: 世界@名無史さん 2016/12/28(水) 20:21:20.84 0
ガンジー

281: 世界@名無史さん 2016/12/28(水) 20:49:01.26 0
おしゃかさま

282: 世界@名無史さん 2016/12/28(水) 20:53:14.71 0
おしゃかさまはネパール人じゃね?

283: 世界@名無史さん 2016/12/28(水) 21:10:15.47 0
>>282
国籍の話をしてるわけではないし
国籍の話だとしてもそもそもそんな時代にネパールという国は無い

284: 世界@名無史さん 2016/12/28(水) 21:17:28.58 0
国籍じゃないならタイガージェットシンが一番知られてるインド人だろうな

291: 世界@名無史さん 2016/12/28(水) 21:36:30.13 0
数年前、日本のテレビでインド映画界最大のスーパースターであるラジニカーントを、「インドのキムタクだ」なんて紹介していたけど、これはアメリカのテレビがビートたけしを「日本のトム・クルーズだ」と紹介するようなものだろ。
日本人のインドに対する理解なんてそんなものだ。

332: 世界@名無史さん 2016/12/29(木) 19:41:56.43 0
ちょっと昔の話なんだけど、英東インド会社がマドラスボンベイ作るときって、ムガル帝国やその他の地方勢力と戦争にならなかったの?
当時その辺は無政府地域だったってこと?

335: 世界@名無史さん 2016/12/29(木) 23:22:04.93 0
>>332
ムガル帝国から許可をもらって作ったそうだよ

337: 世界@名無史さん 2016/12/30(金) 16:47:33.33 0
インドはムスリムの呪いにより発展できない

338: 世界@名無史さん 2016/12/30(金) 18:52:28.36 0
ムスリムの大多数はパキスタンやバングラデシュに行ったんじゃないの?

339: 世界@名無史さん 2016/12/30(金) 19:05:26.06 0
1億8000万人ぐらいはまだインド国内にいる。
圧力をかけて追い出す必要がある。

361: 世界@名無史さん 2016/12/31(土) 16:32:21.16 0
インドはムガール・ムスリムの軛と大英帝国の軛を外さないとどうにのならん
英国とて覇権国になるまでおぞましいほどの困難であった諸問題を解決したからインドも頑張れよ

426: 世界@名無史さん 2017/01/02(月) 03:53:27.88 0

イスラム教徒が支配してたムガル王朝こそインド最盛期だなんて皮肉な話だ。
ヒンドゥ-教こそインドが発展できない諸悪の根源だったりして

577: 世界@名無史さん 2017/01/14(土) 04:10:49.32 0
真面目な話
インドが中国に勝ってる分野ってなんかあんの?

578: 世界@名無史さん 2017/01/14(土) 04:35:10.25 0
ボリウッド

581: 世界@名無史さん 2017/01/14(土) 05:00:10.77 0
映画製作本数
NASAやマイクロソフトなどの社員の割合
ITコンサル
米国への留学生の数

584: 世界@名無史さん 2017/01/14(土) 05:07:06.33 0
インド経済はタタ財閥独裁の弊害が表れてる最中。

598: 世界@名無史さん 2017/01/14(土) 23:18:09.97 0
落ち目のタタしか世界に誇れる企業はないの?
1社独裁体制も大問題だな。

韓国や台湾みたいに国土が狭いなら仕方ないが世界1位の人口を抱えてるのにw

609: 世界@名無史さん 2017/01/16(月) 12:12:08.47 0
最近インドですげえと思った記事がこれ。
「インド、人工衛星103基を同時打ち上げへ 成功すれば世界記録」
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1483591807/

日本が小型ロケットで1機1回数億円とか励んでも、
受注競争で全然インドに勝てる気がしねえ。

619: 世界@名無史さん 2017/01/21(土) 08:16:19.15 0
両国ともスタート地点は同じだった。
なのにここまで差がついちゃったのは何故なんだ。
少なくとも英語が通じるインドは中国より欧米に優遇されてたはずだぞ。

まぁそれを言ったら英語が通じるフィリピンが通じないタイに差をつけられたのと同じようなものか・・

621: 世界@名無史さん 2017/01/21(土) 11:03:13.12 0
>>619
>両国ともスタート地点は同じだった。

全然違うだろ
片や清の支配地の90%を引き継いでる
片や英領インド帝国の一部分だけ引き継いだ国が複数

626: 世界@名無史さん 2017/01/23(月) 03:20:46.95 0
>>621
1990年の中印GDPは変わりなかったよ。

なのに何でここまでまで差がついたんだ! いったい何故なんだ!

633: 世界@名無史さん 2017/01/23(月) 22:15:21.36 0
>>619
英語が広く通じることが逆に足を引っ張ってるんじゃないの?
言葉の壁が高い方が頭脳流出が抑えられる面はある。

635: 世界@名無史さん 2017/01/24(火) 02:58:46.83 0
>>633
ガンジーは英語がインドを破壊したと言ってたとか言ってないとか・・

非白人国で英語が通じる国は初期の勢いだけは強いんだけど急激に衰えてしまう
そうインドみたいにインドの事とかインドだよな

824: 世界@名無史さん 2017/02/13(月) 10:44:48.86 0
中国は三教が融合できたのにインドではヒンドゥー教が仏教を排斥してしまった。
インドではイスラムも加わり宗教抗争が現在でも耐えない。

826: 世界@名無史さん 2017/02/13(月) 11:24:28.21 0
イスラムという偶像崇拝絶対禁止の宗教と融合するのは至難の業と言うか不可能じゃないか?

827: 世界@名無史さん 2017/02/13(月) 12:10:19.27 0
中国でもイスラムは習合せずに回族という独自の存在になってる
アブラハム教は習合無理

836: 世界@名無史さん 2017/02/16(木) 03:54:30.77 0
シークも忘れるな

849: 世界@名無史さん 2017/02/17(金) 19:35:22.22 0
宗教抗争の絶えない国だ

852: 世界@名無史さん 2017/02/18(土) 10:30:39.48 0
今の宗教抗争はイスラムvsヒンドゥーが主流


引用元: ・中国とインドなぜ大差がついたのか?

インドの歴史 (ケンブリッジ版世界各国史)
バーバラ・D. メトカーフ トーマス・R. メトカーフ
創土社
売り上げランキング: 538,559