51Wr18QcGPL



1: 記憶たどり。 ★ 2017/05/11(木) 10:08:49.37 ID:CAP_USER9
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10H7G_R10C17A5000000/

作家の三島由紀夫(1925~70年)のSF小説「美しい星」の直筆原稿の一般公開が山梨県山中湖村の「山中湖文学の森」で始まった。同作の映画化を記念した企画展の一環。担当者は「過去に1度展示したことはあるが、本格公開は初めて」と話す。来年5月13日まで。

「美しい星」は核開発競争を巡り宇宙人であるとの意識に目覚めた一家が、人類滅亡を望む宇宙人と論争を繰り広げる三島文学の中でも異色の作品。62年に文芸誌「新潮」で連載された。

原稿は400字詰め用紙約600枚に及び、連載した11回分が製本されている。
第1回の原稿では、当初の題名「わが星空」を鉛筆で消し、「美しい星」に書き直していることが分かる。山中湖文学の森にある三島由紀夫文学館の佐藤秀明館長は題名の変更について「三島の中で宇宙から地球を見る視点に変わった」と指摘する。

原稿は今月26日公開予定の映画「美しい星」に合わせた企画展「三島文学とその映画」の中で展示。このほか、同作の創作ノートや出演者の衣装など、約100点が並ぶ。

三島由紀夫文学館に隣接する徳富蘇峰館で開催。午前10時~午後4時半までで、月曜休館。









2: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 10:10:22.17 ID:ulxwHXKW0
三島ってSFも書いてたんだな

4: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 10:12:20.87 ID:nkg9S+p50
>>2
戯作も書いてるし映画にも出てる
小説家というのは非常に狭い見方
いわば右の寺山修司

51: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 11:25:39.20 ID:RmdfaiSn0
>>4
ヌード写真集も出してる。


66: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 11:50:29.85 ID:Co7aBrAo0
>>2
UFOなどのオカルト超常現象が大好きで、こっくりさんも大まじめにやってたと、いっしょにこっくりサンに参加した人の証言もある。

88: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 13:59:43.03 ID:GGtwEFdK0
>>66
そういうとこホント乙女やな

14: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 10:20:36.00 ID:nkg9S+p50
佐々淳行
「現場の真っ赤な絨毯を踏んだらグチャッと靴の裏が濡れた。水かと思ったら三島由紀夫の血だった」

22: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 10:23:41.23 ID:/RZPRUTN0
ちなみに坂本龍一のオトンが原稿とりにいってんだぜ

25: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 10:25:19.72 ID:xxQTpDwX0
映画になるのか知らんかった
予告見たがもっとこうタブーを取り扱うような暗い深刻さが欲しかった

32: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 10:33:48.97 ID:q7RCCvIk0
当時の流行に乗る才能があったからこそ、次々と新作・話題作を発表できました。
しかしながら、それは戦後体制に便乗して生き自己存在に対する疑問を生み出しました。
本来の自分を取り戻し、日本男子らしく死ぬための最後の演技が「市ヶ谷事件」でした。(´人`)

36: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 10:45:16.84 ID:tEXssWFG0
三島が、日本の現状に危機感を抱いていたってのは理解できるんだが、演説したくらいで自衛隊が決起すると思っていたのかな?

82: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 13:23:38.12 ID:AZS+sbs80
>>36
思ってるわけない
理由は後付けで文学者として切腹に美意識を感じてその舞台が欲しかっただけ
でなければあんなに自分の作品や出演した映画、写真集などで切腹にこだわり続けたわけがない
何度も予行演習をした上で切腹という作品の美に殉じたというところだろう

98: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 17:14:49.89 ID:T+hCcbGW0
>>82
> 思ってるわけない

いや、思ってるよ絶対
当時の周辺人物の証言とかみて、確信した
「自らが創り上げた幻想を心底信じて自死してると思う
凡人が天才の心中を忖度できるか?という話になるが

39: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 10:48:30.77 ID:wWbRDQHL0
今読んでも面白いのは結局この人のエンタメだよな
純文学は金閣寺にしても面白くない
文章力は史上一位レベルだけど

41: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 10:56:29.19 ID:yz8IcUOo0
>>39

金閣寺は面白いですよ。

三島の「坊ちゃん」として読めば。

柏木なんか山嵐っぽいですし。

56: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 11:28:28.67 ID:lhbOwTdu0
>>39

>文章力は史上一位レベルだけど

これだけは同意するけど「美しい星」は文体が平易でその文章力があまり活かされてないんだよなぁ
他の三島の作品に比べて読み易いんだけど
三島特有の複雑怪奇な文章の迷路に迷い込んだような感覚が無い

48: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 11:18:23.41 ID:iCOqIe6r0
晩年こそまさに日本男児みたいなスタンスでメディアに出てたけど30過ぎて身体鍛え出すまではヒョロガリだったんだよな

53: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 11:25:54.61 ID:gyQyr4fZ0
>>48
ある週刊誌に大学のボディビル同好会の記事が載っていて「誰でもこんな体になれる」とあるのを見て触発されてすぐに連絡を取ってボディビルを始めたとか自分で書いてたな

68: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 12:05:44.78 ID:fOHPhtWG0
「日本空飛ぶ円盤研究会」という日本最初のUFOの研究団体があって、三島の他に、石原慎太郎も参加しているんだよな。
石原慎太郎は検索してみると、作品にはしなかった様だが、最近も政治家としてUFO関連の発言しているようだ。

この団体の会員は、北村小松・徳川夢声・糸川英夫・星新一・黛敏郎・黒沼健・森田たま。
客員会員として荒正人や新田次郎ら平野威馬雄だったから、調べてみるとUFO関連の作品を残している人もいるかもね。

まあ、星新一の作品はUFO関連だらけだけどさ。

75: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 12:38:51.97 ID:a9lqcsOL0
>>68
まだ星新一がデビューする前から入っている。
昔、朝日新聞社がバンビブックという子供向けの雑誌を出していて、空飛ぶ円盤特集号にデビュー前の星新一が寄稿してるわ。

70: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 12:22:06.66 ID:fOHPhtWG0
新田次郎には『夜光雲』というUFO小説があるようだ。
これは作品のテーマは置いといて、主人公は5人の女性と同時につきあうなどの妙な小説のようだ。

75: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 12:38:51.97 ID:a9lqcsOL0
>>70
新田次郎の有名なSFは、「この子の父は宇宙線」というのが講談社から出てる。

81: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 13:02:35.80 ID:fCQG8qs80
三島由紀夫って正直よく知らん。腹切りしか知らん。
面白い人だったのか、怖い人だったのか、正直な人だったのか、嘘つきだったのか

85: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 13:45:27.05 ID:h5Be7SYe0
>>81
youtubeで 「川端康成氏を囲んで 三島由紀夫 伊藤整」で検索すると、三島由紀夫の肉声聞けるよ



92: 名無しさん@1周年 2017/05/11(木) 14:28:48.95 ID:ky/9uPSF0
三島が小学生のときに書いたという、教師への追悼の作文が
恐ろしいぐらいに端正な文章だった

引用元: ・【文学】三島由紀夫のSF小説「美しい星」の原稿を一般公開。同作の映画化を記念

美しい星 (新潮文庫)
美しい星 (新潮文庫)
posted with amazlet at 17.05.11
三島 由紀夫
新潮社
売り上げランキング: 2,176