51XGKPHa8lL



1: 名無し三等兵 2008/07/07(月) 02:55:24 ID:cr39gJV1
あまり語られる事のない東京大空襲について語りましょう。









3: 名無し三等兵 2008/07/07(月) 05:29:59 ID:???
先に重慶爆撃して同じ批判無視したのは日本だけどね

7: 名無し三等兵 2008/07/08(火) 07:10:41 ID:???
>>3
重慶はその地理気候上霧などで視界が悪く、爆撃開始当初から軍事施設へ限定した爆撃は難しかった

東京は視界良好、おまけに戦中、東京大空襲以前にアメリカで作られた宣伝映画では「東京は木造家屋が多いからよく燃えるだろう」的なことが言われている

6: 名無し三等兵 2008/07/08(火) 02:22:24 ID:BhNxNXRC
東京大空襲で最初に狙われた4ヶ所

中央区日本橋小網町
墨田区本所3丁目
台東区浅草かっぱ橋道具街
江東区白河

隅田川には沢山の橋がかかっているのに何で言問橋に関する話題ばかりなんだろう?

583: 名無し三等兵 2008/09/22(月) 00:21:48 ID:oAjvdjh1
>>6
それは間違っているよ!
米軍機は房総半島から進入し南側から北上して行った

639: 名無し三等兵 2008/09/25(木) 00:45:08 ID:/J7R68C+
>>583

東京大空襲で最初に狙われた4ヶ所

中央区日本橋小網町
墨田区本所3丁目
台東区西浅草かっぱ橋道具街
江東区白河4丁目

上記は正しい。この四箇所を目印にして後の米軍機がわかりやすいようにした。
あとは君が言うように房総半島から進入し南側から北上して焼夷弾を落としていった


10: 名無し三等兵 2008/07/09(水) 17:11:22 ID:???
3月10日以前に何で疎開しなかったのか?

11: 名無し三等兵 2008/07/10(木) 01:45:38 ID:yfWHI4hr
>>10
知っていたら10万人も死なない
空襲警報鳴るのも遅かったし・・・

16: 名無し三等兵 2008/07/10(木) 19:26:05 ID:???
ありゃどう考えても東京の防災システムも欠陥のせいだろ

192: 名無し三等兵 2008/07/31(木) 20:59:12 ID:rJaIFSsa
>>16
昭和の天皇陛下のお言葉に
「後藤新平の帝都復興計画が全うされていれば、空襲の被害をもう少しは減らせただろう(大意)」
というものがあります。

193: 名無し三等兵 2008/07/31(木) 22:05:19 ID:???
>>192
東京が美しい人が住むに値する都市になるためには、震災後か終戦後にきちんと町つくりすればよかったんだよ
犬養道子の本に戦後まともな都市計画が進まなかったのは某議員(都議だったか?)が自分の私有地や不法に占拠した土地を手放したくないが為に猛烈に反対したからと書いてあった

18: 名無し三等兵 2008/07/10(木) 21:40:53 ID:IkiRmRSL
うちの爺さんは新潟の田舎で小学校の教諭をしていた。
東京から小学生がおおぜい疎開してきており、爺さんが世話をしていた。
3月10日は陸軍記念日の祝日なので、児童たちは列車にのって東京の親元へと帰省した。
その夜東京大空襲が起こり、児童たちはほとんど死んでしまい再び戻ってくることは無かったという。

33: 名無し三等兵 2008/07/11(金) 13:35:55 ID:???
東京大空襲
ルメイが人事で選ばれた事が不運の一因と言える
200px-Curtis_LeMay_(USAF)


カーチス・エマーソン・ルメイ

カーチス・エマーソン・ルメイ(1906年11月15日 - 1990年10月1日)は、第二次世界大戦期のアメリカ合衆国の軍人である。戦略爆撃の専門家、東京大空襲を初めとする日本の焦土化作戦、飢餓作戦を立案実行した。

ルメイは1964年12月7日朝勲一等旭日大綬章を入間基地で浦茂航空幕僚長から授与された。理由は日本の航空自衛隊育成に協力があったためである。
12月4日の佐藤栄作内閣の閣議で決定された。

勲一等の授与は天皇親授が通例であるが、昭和天皇はルメイへの親授を拒否された。


34: 名無し三等兵 2008/07/11(金) 13:46:34 ID:t0U2DkmP
オレの実家は墨田区の向島なんだけど3月10日の空襲は死んだ爺さんと伯母から良く聞いたよ。
親父は小さすぎて覚えて無いって。

伯母の話によると当日の夜に空襲警報がなってしばらくして爆撃が始まったんだけど、空を見上げたら夜空にきらめく銀色の機体B29が沢山見えてすげー怖かったそうだ。

親父は5人兄妹だったけど、空襲の中を逃げ惑って生き残ったのは両親と親父に伯母だけで残りの3人は死んだんだって。隅田川方面に逃げた兄妹3人がダメだったって言ってた。もちろん遺体なんか無い。

それから今の家は建て直したから綺麗だけど俺の小さい頃住んでいた家は戦前の建物で空襲の時に焼夷弾が落ちてきた穴が天井に残ってたよ。幸い不発で火が着いてなかったんだって。近くの病院に勤めている看護師が拾って捨ててくれたそうだ。

親父は3年前に他界したけど伯母はいまでも元気な73歳。実家に住んでるよ。

当然伯母は鬼畜米英世代だからヤンキーは大嫌いだ。
勿論、オレも受け継いでるからヤンキーは嫌いじゃ。

37: 名無し三等兵 2008/07/12(土) 00:52:44 ID:uCCwxfn4
大空襲の時に言問橋の真中にいたら浅草方面と墨田区方面どちらに逃げた方が助かる確率が多いのだろう?
隅田川にダイブは死ぬ確立高そうダし・・・

38: 名無し三等兵 2008/07/12(土) 16:39:01 ID:???
防空壕に逃げた人達は蒸し焼きになったらしい。
川に飛び込んだ人は季節が季節で温度が2度くらいしかなかったとか。 焼け死ぬか凍死かですね。まさに地獄。

このときに天皇は宮城の防空壕でジーとしてたとか。

55: 名無し三等兵 2008/07/12(土) 23:03:53 ID:???
※このレスは削除いたしました。
経緯はコメント欄をご覧ください。


56: 名無し三等兵 2008/07/12(土) 23:10:27 ID:???
>>55

軍が国民に指示したんですよ。

59: 名無し三等兵 2008/07/12(土) 23:33:12 ID:???
つか数百機の大型爆撃機が編隊を組んでひとつの街を丸ごと焼き払うというカタチの戦争はまだリアリティがなかったんだよ。少なくとも日本では。
ドイツでは火炎竜巻の中に人が吸い込まれるような大火災は現実だったわけだが

64: 名無し三等兵 2008/07/13(日) 14:02:45 ID:???
空襲といっても軍人も一式陸攻みたいのが30~40機飛んできて爆弾落としていくぐらいのイメージだからな(それでも消防署の能力オーバーフロウするが)

66: 名無し三等兵 2008/07/14(月) 11:58:42 ID:6nZCmEnM
空襲時に下町の川や運河に飛び込んだ人は大勢居る。
既に飛び込んだ人で満杯な川などに更に飛び込む人がほとんどで、人同士がブツかり骨折で溺れ死ぬ人などが大勢居たと。

68: 名無し三等兵 2008/07/14(月) 13:56:22 ID:???
>>66
不確かな記憶ですが水温が2度くらいで凍死したって聞きました。

82: 名無し三等兵 2008/07/15(火) 01:15:21 ID:VYD54QjB
ルメイが低く飛ぶようこだわっていたが、高い位置から焼夷弾投下の大空襲だったらこんなに死人も出なかったのかな?

85: 名無し三等兵 2008/07/15(火) 16:14:23 ID:???
>>82
あれだけの木造住宅の密集地であることや気候的条件・焼夷弾の破壊力を考えると高くから落としても多大な被害になると思う。


89: 名無し三等兵 2008/07/16(水) 00:33:15 ID:/56AIG+6
錦糸町と亀戸の間に川があって空襲の被害はそこで食い止めるられるはずだったらしい(アメリカが航空写真で調べた結果)
でも当日、風が強く吹いてたため、火が川を越えちゃたんだよね

91: 名無し三等兵 2008/07/16(水) 01:06:08 ID:JLdzDTRS
>>89
実際に火災の煙は高度4000メートルまで奔騰し、台風なみの烈風が吹いたそうです。
B29でさえ姿勢を保つのが大変で日本側の防空戦隊の小型の飛行機は撃墜するどころではなかったそうです。

92: 名無し三等兵 2008/07/16(水) 10:05:37 ID:???
>>91
それは火災の煙じゃなくて、普通に風の強い日だったからだろ

93: 名無し三等兵 2008/07/16(水) 13:05:15 ID:???
火災旋風だっけ?風が強いんじゃなくて炎が竜巻みたいになって風を起こすんだよ。
だから凄い事になるよ。

94: 名無し三等兵 2008/07/16(水) 14:28:09 ID:???
専門家のはなしでは竜巻のように上昇気流が出来るらしいですね。
燃えたカスが千葉県とかで降り注いだそうですが実際はもっと遠くまで飛んだでしょうね。

97: 名無し三等兵 2008/07/16(水) 15:16:02 ID:vPtFOrUe
火災は侮ってはいけない。
環七の道路幅位は簡単に超えるだし。
しかも戦前は何処も狭い地域だったので簡単に延焼→拡大だった。
恐らく、名古屋の大通り位は無いと延焼は食い止められない。

火炎竜巻であっと言う間に火炎地獄に放り込まれる。

101: 名無し三等兵 2008/07/16(水) 23:06:49 ID:???
質問なんですけど、如何して超低空飛行のB29を打ち落とす事が出来なかったのですか?
打ち落としていたら10万人の尊い命が奪われることもなかったように思うんですけど。。。

120: 名無し三等兵 2008/07/17(木) 10:16:20 ID:Z4xC0xly
>>101
日本の対B-29戦闘

日本を空襲するB-29航空機の品質が低下した上、高オクタン価の航空燃料の入手が困難になった戦争後期の日本にとり、高空を飛行するB-29を迎撃する事は至難であった。
迎撃には単座戦闘機鍾馗・飛燕・雷電・紫電改などが使用されたが、1万m以上の高空では排気タービンを装備したB-29の方が高速であり、追いつくのも困難であった。このため待ち伏せの体当たりも行われた。夜間爆撃は低空侵入だったので斜め20mm砲を装備した双発の月光、屠龍等が撃墜の成果を挙げた。

さらに、1945年3月に硫黄島がアメリカ軍に占領され、護衛戦闘機P-51が随伴するようになると、双発機は使用できず日本軍迎撃機によるB-29の撃墜は一段と困難になった。しかし、これは逆に米側にとって日本戦闘機の迎撃が熾烈だった事の証左でもある。
誤解されがちだが、300機以上に達するB-29の日本本土作戦による喪失機の半数以上
(硫黄島陥落前の大半)は日本軍戦闘機の通常攻撃(体当たりではない)によるもの、もしくはその損傷によって途中飛行不可能となり不時着したものである。
旧型の隼や零戦から銃撃を受け損傷したケースも確認されている。

114: 名無し三等兵 2008/07/17(木) 01:09:05 ID:???
東京大空襲でB-29は日本の貧弱な防空能力を見越し、多くの爆弾投下機から殆どの機銃と弾薬を降ろして通常の約2倍、6tの高性能焼夷弾を搭載していた。投下された爆弾の種類は、この作戦で威力を発揮した集束焼夷弾E46(M69)を中心とする油脂焼夷弾、黄燐焼夷弾やエレクトロン焼夷弾などである。
有名なのはゼリー状のガソリンを長さ約50cmの筒状の容器に詰めたナパーム弾である。この形は日本家屋の瓦屋根を突き破って家の中に入り中身を散布するためで、縦にまっすぐ落ちるよう空中で体勢を制御するために吹流しのようなものを付けた。そしてこれらをまとめて一つの束にし、「束ねる」という意味を込めて「クラスター焼夷弾」と呼んだ。

121: 名無し三等兵 2008/07/17(木) 10:19:53 ID:Z4xC0xly
カーチス・E・ルメイが戦術変更して以来、B-29の空襲は主に夜間に行われるようになり、夜間は日本側の単座戦闘機が飛べないので2~3千メートルまで降下して絨毯爆撃を加えるようになった。
センチメートル波の小型機上レーダーはおろか、各機を管制する防空システムがない日本側では効果的な迎撃を行うことができず、パイロットは寒さの中で、夜間戦闘機が爆撃の火災に照らし出されるB-29を発見・攻撃する状態であり、灯火管制の中止を要求する飛行隊もあった。

日本側の戦闘機による迎撃能力が問題にならないことに気づいたアメリカ側は、東京大空襲の際には、有効な対空兵器のない日本の首都にたいして、高度300mで進入爆撃した。B-29の後部銃座以外の防御火器を撤去し、砲塔の跡はジュラルミンで塞ぎ通常より多い6トンの高性能焼夷弾を搭載し攻撃した(ただし、この際にはF-13による偽装飛行も行われており、日本軍の戦闘機はそちらに注力していた)。

もっとも、このように武装を撤去して軽量化する羽目になったのは、「カンザスの戦い」と呼ばれるB-29強行生産計画で作られた、ライト・サイクロンR3350型発動機の信頼性に問題があった為でもある。インドではオーバーヒートの為に冷却装置の改良を余儀なくされたが、時々離陸時に十分な推力が得られず墜落した。
これはロールス・ロイス社製エンジンに換装されないかぎり解決されない問題であった。

被弾・故障したB-29の不時着地と護衛戦闘機の基地として硫黄島が選ばれ、アメリカ軍は多大な犠牲を払って日本軍からこの島を奪った。同島までたどり着けないB-29のためには東京湾近辺に潜水艦が配置されて乗員の救助にあたった。

日本は、撃墜できたB-29を分別し、ジュラルミンを融解して、再利用した。

大戦でのB-29の撃墜数は450~485機(延べ出撃数33.000機)で、出撃に対する損失率は1.4%程度。

Wikipediaより

116: 名無し三等兵 2008/07/17(木) 01:22:19 ID:29ykmHCw
あまりの猛烈な火災で東京都下からも東の空が明るくなっているのがわかったらしい。

117: 名無し三等兵 2008/07/17(木) 01:29:27 ID:???
あの時代にあの場にいたら両国橋を渡り浅草橋を抜けとにかく西へ西へ逃げるよ!

125: 名無し三等兵 2008/07/18(金) 02:34:34 ID:YOVc1efL
>>117
猛火の壁を脱出できていれば10万人も死なないっつうの・・・
猛火の壁に押し迫られ内側へと人がかき集められ皆焼け死んだんじゃないの?

仮に浅草を超えることが出来ても御茶ノ水辺りまで一面火の海だよ!

126: 名無し三等兵 2008/07/18(金) 11:16:56 ID:gdEt+IRB
たしかに

火の壁を越えられるなら10万人も死なない


あの当時、逃げる道が無くなったから10万人も死んだ訳で、
夜間だから逃げる道さえ見えにくい状況の中、気が付けば火に囲まれていたってことだ。

128: 名無し三等兵 2008/07/19(土) 10:20:23 ID:K0prZK4g
生き残った人と死んだ人はどこで明暗が別れたのかな?

129: 名無し三等兵 2008/07/19(土) 11:03:11 ID:I30vsGHW
>>128
空襲された・火災が広がった場所による。

空襲で延焼しなかった地域。
墨田区京島、中央区月島など。
(墨田区京島は関東大震災でも延焼しなかった)

最初から空襲除外地域。
皇居と丸の内、築地、神田、本郷付近。
(東京駅は攻撃された)

火災の煙は高度15000mの成層圏にまで達し、秒速25m以上、台風並みの暴風が吹き荒れたことから火災の規模が常識では有り得ない程の規模だった。
火災から逃れるために隅田川に架かる多くの橋や燃えないと思われていた鉄筋コンクリート造の学校などに多くの人が避難したが火災旋風が至る所で発生し、橋や建物に炎が滝のように流れ込み、焼死する人や、炎に酸素を奪われ窒息(ちっそく)死する人も多かったと。
また川に逃げ込んだものの水温が低く凍死する人や溺れ死ぬ人も多く、翌朝の隅田川は凍死・溺死者で川面が溢れていたという。


ちなみにアメリカ軍は関東大震災(1923年)を徹底的に検証し、木造住宅が密集する東京の下町が火災被害に遭いやすいことをつきとめそこを攻撃目標とした。
そのため関東大震災と東京大空襲の被害地域が重なっていることは偶然ではない。

140: 名無し三等兵 2008/07/22(火) 03:29:48 ID:???
>>129
何で皇居や丸の内は除外だったんだろう。
中枢部を叩けば日本は崩壊してあっという間に降伏しただろうに…

135: 名無し三等兵 2008/07/21(月) 04:12:27 ID:???
そういえば浅草の吾妻橋の交差点の水上バスのりばに近いところに空襲で焼けただれたビルの残骸が'70年代までそのまま残ってたなあ。

142: 名無し三等兵 2008/07/22(火) 22:54:23 ID:XE0XFSP0
三月九日の東京地方は春先によくある風速十メートルを超す南西からの強い風が、朝から吹いていました。昔から江戸の大火は強風の日に起きていたので、都民の誰もが空襲による火災のことを心配していました。
しかも翌三月十日は日露戦争において、奉天の会戦で勝利をした日を記念して設けられた陸軍記念日でした。
かつては代々木の練兵場(現代々木公園一帯)で天皇陛下臨席の下で陸軍による観兵式がおこなわれた日でしたが、その日を狙って米軍による空襲の可能性を心配する軍の関係者も一般の人達もいました。

143: 名無し三等兵 2008/07/22(火) 23:24:44 ID:XE0XFSP0
三月九日の夜十時半に警戒警報が発令されましたが、ラジオからの東部軍管区情報によれば、
「南方海上ヨリ敵ラシキ数目標、本土ニ接近シツツアリ」

「第一、第二目標ハ、南方海上ニ退去セリ」

「第三目標ハ房総方面ニ北上中」

「ナオ新タル数目標ハ、南方海上ニ退却」とありました。

残念なことに日本軍の対空レーダーの性能が劣り、房総半島に接近する多数の敵機の探知ができず、また半島周辺から東京に至る敵機の行動を正確に把握することができませんでした。

ちなみに米軍では四年前の真珠湾攻撃の際に、ハワイのオアフ島カフク岬にあるレーダー監視所が日本軍の飛行機を百三十マイルの距離で探知しましたが、たまたま当日に米国本土から飛来する予定のB-17爆撃機の十二機の編隊であると陸軍の当直将校が勘違いしたため、警報を出す事態にはならず、日本軍に幸いしました。

戦後の米軍資料によれば爆撃機の夜間の航法を援助するため、房総半島付近に米軍機を旋回させてその飛行機から誘導電波を発射することにより、爆撃機の大編隊を房総半島上空へ、そして東京へと正確に導く方法をとりました。

南方海上に退去とは房総半島の地点を確認後に誘導電波を発射しながら飛行していたものに間違いありません。

日付が九日から十日に変わった零時八分に、江東区、深川木場(きば)に突然大量の焼夷弾が投下され始めた時は、未だ都内には空襲警報は発令されていませんでした。
それから七分後になってからようやく空襲警報が発令されましたが、あまりにも遅すぎました。

165: 名無し三等兵 2008/07/26(土) 23:49:49 ID:/EimTNBL
ドキュメンタリー見ると泣きたくなるよね
本当に戦争て悲惨だよね
軍部とか殴り殺したくなる

169: 名無し三等兵 2008/07/30(水) 03:52:47 ID:???
東京大空襲の経験者は隅田川の花火大会の花火と大空襲の焼夷弾が被るそうだ。
だから隅田川の花火大会が大嫌いなお年寄も多いみたいだな

170: 名無し三等兵 2008/07/30(水) 09:31:26 ID:???
うちの爺さんもそう言ってたな
花火の音を聞くと空襲を思い出すと

171: 名無し三等兵 2008/07/30(水) 10:43:22 ID:BeRxDBvf
1969年以前の救急車サイレンは空襲警報のサイレンと似てると言われ、現在も聞いているサイレンに変更されました。戦争体験者から空襲サイレンと似てるので聞くと辛いと多くの声が寄せられたのが変更理由だと。

でも、1969年以前のサイレンを何度聞いても空襲警報サイレンとは似てないんだよね
空襲サイレンって唸るような音だけど、救急車のサイレンは唸らないから

199: 名無し三等兵 2008/08/01(金) 10:50:38 ID:8yrjIJaW

空襲の怖さを当時の帝都国民は本当の意味で理解してなかったんじゃないか?
空襲と言っても、昭和17年4月のB25の空襲位にしか思っていなかったんじゃないの?
まさかあれだけの機数のB29が夜間にあれだけ大量の収束焼夷弾をバラ撒いていくなんて……!
国民の消防訓練なんて江戸時代とたいして変わらないし。

当時は航空優先だなんて口では言ってたけど、近代航空戦を理解してなかったんじゃないか!
世界の田舎者“日本人”の間抜けな一面が垣間見えるような気がするけど。

200: 名無し三等兵 2008/08/01(金) 11:34:03 ID:8yrjIJaW

渡洋爆撃なんて当時のマスコミが散々国民に吹聴していたけど……
今度は逆に自分達がコテンパンに渡洋爆撃され木端微塵にされるともうお手上げ状態……!

防空壕だなんて言ったって……ありゃー蒸焼にされる釜みたいなモノだった……と東京大空襲経験者が言っとった……。

201: 名無し三等兵 2008/08/01(金) 17:35:00 ID:???
防空壕って役に立ったのか?

214: 名無し三等兵 2008/08/02(土) 11:00:42 ID:???
>>201
ハンブルクやドレスデンなどに設置されていた本格的な防空壕は通常爆弾の直撃にも耐えられたが焼夷弾などによる火災には無力だった。
中に避難していた人たちは火災の熱と煙が防空壕のなかに侵入してきてベンチに座ったまま燻製になってたそうだ。

202: 名無し三等兵 2008/08/01(金) 19:36:25 ID:???
通常爆弾なら直撃されん限り死なない、焼夷弾なら・・・抜けなきゃ即死は免れるかな?

203: 名無し三等兵 2008/08/01(金) 22:47:39 ID:???
落下してくる焼夷弾から身を守るまでは役に立っている
火災発生後の避難場所として防空壕を選ぶと・・・・・・・

205: 名無し三等兵 2008/08/02(土) 00:52:03 ID:znL2FzlD
>>202 >>203
それは違うぞ!
あんな塹壕の上に戸板載せてチョコット土を被せた程度の防空壕なんてクソの役にもたたない。
以前、東京大空襲経験者に聞いたことがあるが、防空壕の真上に焼夷弾が落下。
天井突き抜けて壕内で炸裂。壕内に退避していた一家は焼死で全滅!

204: 名無し三等兵 2008/08/01(金) 23:40:02 ID:???
一酸化炭素中毒で死んだ人も結構多いらしい
もともと焼夷弾は一酸化炭素中毒死も狙って設計されていたそうだし

206: 名無し三等兵 2008/08/02(土) 01:10:08 ID:znL2FzlD
あともうひとつ東京大空襲経験者が云っていた……。
火災の場合、防空頭巾をそのママ被っても大して意味が無い。
防火用水に防空頭巾を突っ込み水びたしする。
頭から全身に水をかけ水びたしする。
布団などがあったらそれにも水をかけ水びたしにする。
それらを身に着け逃げる。


230: 名無し三等兵 2008/08/05(火) 12:41:04 ID:ZmliTZ/w
俺のオヤジ、東京に住んでいたけど東京大空襲の時、家焼けなかった。
その後の度重なる空襲にも焼けずに終戦を迎えた。

昭和20年3月10日早朝、家の近所を歩いてみてあまりの壮絶な光景に息を呑んだそうだ。
川の向こう側……街が無くなっていた……くすぶりを残した瓦礫の山状態……。
大通りには日本軍の高射砲の砲弾の破片や焼夷弾の抜けガラが沢山転がっていた。
中には不発焼夷弾も結構転がっていたそうだ。
そして道路の端には、炭化した焼死体が転がっていた。

231: 名無し三等兵 2008/08/05(火) 23:31:28 ID:???
>>230
東京のどの辺りですか?
墨田区や浅草だったら キセキ だけど・・・

232: 名無し三等兵 2008/08/06(水) 10:55:44 ID:dbj957t8
>>231
東京市京橋区。

233: 名無し三等兵 2008/08/06(水) 12:23:46 ID:???
>>230

お前の家もか。
うちの家も日本橋にあったんだけど、うちの周りの家は結局空襲で焼けなかった。
(東京大空襲戦災史ではうちの町会全滅判定食らってるのに・・・・・・)

水天宮様のご加護かね。
そんな我が家も寄る年波には勝てずもう建て替えちゃったけど。

234: 名無し三等兵 2008/08/06(水) 22:49:49 ID:veJRv4sM
>東京大空襲戦災史ではうちの町会全滅判定食らってるのに・・・・・・

当時の判定や調査だからあてにならないかもしれないですね。

東京大空襲の被災状況の写真も石川光陽の33枚のみにも驚きだがw

238: 名無し三等兵 2008/08/07(木) 11:14:24 ID:???
ドイツにせよ日本にせよ都市爆撃にそこまで有効性があったとは思えないな
それだけの資源があったらもっと攻撃を集中させるべきところはある
心理的効果にしても、敵国民に敵国政府の無力を嘆かせることになる場合と
爆撃加える側の残虐性を非難する敵国政府の弁を正当化することになる場合がある
抵抗が少ないと分かっていれば、一定の心理的効果は期待できるかもしれないが
相手が迎撃で一定の成果を収めれば、逆効果ということになりかねない
それだけのリスクを負うメリットがない上、
コストがかかりすぎる

239: 名無し三等兵 2008/08/07(木) 19:37:26 ID:???
>>238
戦争における人殺しの心理学によると、
ドイツ空爆は事後調査の結果真理的には逆効果だとわっかったらしい。

242: 名無し三等兵 2008/08/07(木) 21:19:33 ID:???
>>238
ドイツの場合、ハンブルクやドレスデン空襲の結果、都市をターミナルとする道路や鉄道が使用不可能になった。ドレスデンは全市が瓦礫の山と化して市内の通行・通り抜けそのものが不可能になった。東京空襲の場合、疎開で都市機能がマヒして物流がなくなった。

284: 名無し三等兵 2008/08/12(火) 17:32:44 ID:srItLQBC
東京大空襲って、4月5月のも含めなきゃ駄目なんだよ。投弾量はほとんど同じなんだし。
下町の過密木造住宅というところで壊滅的な被害がでたんだが、同じことを山の手でやったら
ほとんど軽微だった。というか普通の被害だっただろ。

293: 名無し三等兵 2008/08/13(水) 00:03:47 ID:qF+ijojG
>>284
下町を歩けばわかるが災害が起きればまたアウトだな・・・
何で懲りずにあんな建物の建て方するんだ?
家と家の隙間が殆ど無い

302: 名無し三等兵 2008/08/15(金) 20:44:16 ID:aRMtzAob
うちの祖母の実家が山梨の上野原なんだけど、東京大空襲のとき東の空が明るかったとか言っていたな!
でも、上野原からはいくらなんでも見えないと思うが・・・

416: 名無し三等兵 2008/08/28(木) 22:23:01 ID:rLFx/i7V
昔徹子の部屋で森繁久弥が言ってたけど
当時30代以上のやつは「大震災に比べればたいしたことねーな」って感じだったってよ
森繁も地震の時のほうが悲惨だったって言ってた

417: 名無し三等兵 2008/08/29(金) 00:39:27 ID:7Erk8lko
でも死者の数は大震災より東京大空襲のほうが遥かに上じゃまいか?

418: 名無し三等兵 2008/08/29(金) 00:49:47 ID:???
当時、何処にいたかじゃないか?
下町だと全滅なんで生き証人が極端に少ないだろうし。

420: 名無し三等兵 2008/08/29(金) 16:00:13 ID:EWJqO1fS
下町の一部や山の手でも奇跡的に焼けなかった場所はあるんだが。
これらは関東大震災でも焼けなかった場所。

地震と空襲では、いきなり来た!と、やっぱり来た!の違いか?

421: 名無し三等兵 2008/08/29(金) 16:49:09 ID:???
地震の時の火災とかはもちろん人為的な火災じゃないから、被災地全体で結構生存者がいたのでその生存者が生き残って体験を後世に伝えた。
東京大空襲の時は人為的な火災で、しかも目標の中心部はまず逃げ道を塞ぐように焼夷弾を投下した後で一気に焼き尽くしてるから逃げ場もなく全滅という地域が多発したので、本当に被害がひどい地域は生存者がそもそもいないのでひどさを伝えられる人がいない。
という差ではないかと。

422: 名無し三等兵 2008/08/29(金) 17:12:08 ID:???
財産や住宅を失った罹災者としては広域な関東大震災の方が多い。
これは後々まで経済、社会面に影響を与えた。

この辺かと。

427: 名無し三等兵 2008/08/29(金) 21:46:58 ID:+1eM3S2l
あー、森繁ひさやって大阪生まれだけど東京の親戚の家に遊びに来てたら震災に逢ったんだよな
東京大空襲のときも千葉の工場で働いてたけどたまたま休みで東京に遊びにきたら爆撃されたらしい

428: 名無し三等兵 2008/08/29(金) 23:25:20 ID:??? BE:1378242959-2BP(0)
運の悪い奴だな

434: 名無し三等兵 2008/08/30(土) 21:41:55 ID:???
死者行方不明者数は関東大震災が14万くらいで東京大空襲よりかなり多いよ。
ただしこれは船橋あたりから川崎横浜まで含めての数なので東京だけで見たらやっぱり空襲の方が悲惨だったんだろう。

471: 名無し三等兵 2008/09/06(土) 23:50:28 ID:???
まあ俺らがその日の墨田区に連れていかれても京島に逃げれば助かるって知ってるしな。

472: 名無し三等兵 2008/09/07(日) 00:14:50 ID:Ps9n3Urt
>>471
墨田区の場所にもよるんじゃない?
京島まで無事たどり着ければ良いけど・・・
京島は殆ど燃えなかったんだ~・・・

じゃあ浅草にいたらどこに逃げる?
隅田川だけは渡るなよw


496: 名無し三等兵 2008/09/12(金) 22:51:48 ID:zbm5F2XR
>>471
いちばん悲惨だった言問橋と京島は意外と近くなんだけど京島が燃えなかったのは信じがたいんだよな・・・

489: 名無し三等兵 2008/09/11(木) 23:31:51 ID:vOLKRdPt
3月10日前に大空襲を予測して田舎へ疎開した人は勝ち組み

490: 名無し三等兵 2008/09/12(金) 00:10:33 ID:???
予想したわけではないけど、おいらの母親は9日の夜行で疎開に向かって出発した。家は神田で、すでに7日あたりの空襲で焼けてたらしいけど。

で、途中で汽車が突然止まったそうな。東京の方を振り返ったら真っ赤だったと語っていたなぁ。

ちょうど国民学校卒業の年だったから、卒業後式も無しでの出発だったそうな。残った両親・兄弟も全て生き残ったけどね。

491: 名無し三等兵 2008/09/12(金) 00:25:05 ID:zbm5F2XR
>>490

凄い感動した!予測がドンピシャだね!
9日の夜は風が強くて嫌な予感がしていた人も少なくなかったみたいだよ。

492: 名無し三等兵 2008/09/12(金) 00:34:09 ID:???
3月10日は陸軍記念日だから
報復があるかもしれない、というのは滝沢本で読んだ。

493: 名無し三等兵 2008/09/12(金) 01:37:47 ID:rlr5L1Jw
陸軍記念日を狙ったというのは俗説らしい
あとルメイが野球好きだから後楽園球場が攻撃されなかったってのも俗説

499: 名無し三等兵 2008/09/13(土) 10:12:26 ID:qSvu4QOZ
ところで、このスレは3月10日限定なの?他の東京空襲については?
調布とかなかなかクリティカルだよ。

501: 名無し三等兵 2008/09/13(土) 13:20:48 ID:???
5月の空襲だとけっこう落とされたんだっけ?

502: 名無し三等兵 2008/09/13(土) 19:49:59 ID:VH85yMw0
>>501
山手大空襲もかなり落とされたが下町と比較したら死人は比べ物にならない!
下町(墨田区・台東区)歩けばわかるがあの家の建て方は危ないって・・・

引用元: ・東京大空襲について


ドキュメント東京大空襲―発掘された583枚の未公開写真を追う
NHKスペシャル取材班
新潮社
売り上げランキング: 262,658