1: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 08:23:10.08 ID:CAP_USER9
江戸末期に結成された新選組の局長、近藤勇。戊辰戦争で新政府軍に敗れて処刑された後、その首が葬られた場所は京都説が最有力だが、百五十回忌を迎える今年、一般の研究家の調査で福島・会津説が“急浮上”している。幕末史料を多数所蔵する京都の霊山(りょうぜん)歴史館もこの説を支持し、根拠となる近藤の刀を入手、展示している。

「下僕首を盗み生前の愛刀になりし此(こ)の刀を持ちて会津に走り密かに葬る」

近藤の愛刀とされる「阿州吉川六郎源祐芳(あしゅうきっかわろくろうみなもとのすけよし)」の鞘(さや)に貼り付けられたメモ書きの文面の一部だ。内容は刀の来歴で、京都の三条河原にさらされた近藤の首を「下僕」が盗み出し、この刀とともに会津に持ち去って首を埋葬したというもの。寺社などから聞いた話といい、書いた主として「陸軍少将 若松市(現会津若松市)長 松江豊寿(とよひさ)」と署名されている。

新選組の刀剣を約50年研究している東京都品川区の焼き肉店経営、権東品(ごんとうしな)さん(65)は平成27年7月、前の刀の持ち主から依頼され、来歴の事実確認を始めた。松江は地元・会津出身の第9代若松市長。松江自筆の履歴書を入手し、メモの筆跡と比べたところ、特徴が酷似していたという。


全文は
http://www.sankei.com/life/news/170514/lif1705140040-n1.html

近藤の愛刀とされる「阿州吉川六郎源祐芳」。鞘には来歴が書かれたメモが貼り付けられていた(霊山歴史館提供)
no title

近藤勇の愛刀の鞘に貼り付けられた刀の来歴が書かれたメモ。近藤の首を下僕が会津に運んだことが記されている(霊山歴史館提供)
no title

近藤勇の首が会津に埋葬され説を「最有力」と説明する研究家の権東品さん=4月24日、東京都品川区
http://www.sankei.com/images/news/170514/lif1705140040-p3.jpg









5: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 08:30:00.22 ID:H3yjKX370
板橋駅の前にある近藤勇の墓は違うんか。

78: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 11:42:48.87 ID:nWlOLCSc0
>>5
あの墓には胴体が埋葬されているらしい

8: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 08:34:40.96 ID:QkPFK9+70
そもそも彼というか、新選組は英雄なのか?
いまいちそのイメージがないんだよな。

基本的には暴力団的な位置づけだろ。

13: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 08:39:01.53 ID:YRFoQYN40
>>8
敢えて言うなれば、警視庁警備部特別機動隊で福島県警本部に出向し、京都府の警備に行かされたって感じ。
で、実際は悪化した京都の治安を回復させて、女子供の人気者になったらしい

36: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 09:57:43.44 ID:xRWbX1FM0
>>13
それは全く無い。
京都では会津や新撰組の評判はすこぶる悪く、禁門の変でも火事の犯人は会津と新撰組のせい、長州戦死者の墓には参拝者があとを絶たない状況だった。

9: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 08:35:02.85 ID:BoeJG7U40
銀魂のイメージが強すぎ

14: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 08:39:10.85 ID:zJ6xr/bm0
昔新撰組ヲタでした。
石田寺にお参りに行って帰り日野館に蕎麦食いに行ったのがなつかしい。

15: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 08:40:26.78 ID:m/ZlA2CU0
板橋の駅前だろ

53: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 11:10:29.17 ID:NYxVeqtZO
>>15
板橋駅前は処刑後に胴体が埋められた場所。後日、胴体は近藤縁者が掘り起こし、多摩に運んだ。
後々、永倉新八が近藤と土方の鎮魂のためにここに墓を建てた。永倉の墓もも隣にある。

21: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 08:47:36.68 ID:ZJLaLABN0
近藤勇をいさむと音読する説といさみとする説がある。どちらが正しいのだろう?

24: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 08:52:42.46 ID:pRA1JEyM0
写真見たら、土建屋のオッサンみたいな顔してるよな近藤勇
土方のほうがインテリっぽい

37: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 09:57:47.64 ID:lHz7cAna0
三条河原は平安時代から打ち首場。
壮大な歴史ドラマが作れるな。

平将門、豊臣秀次の愛人子供、石川五右衛門、明智光秀等
近藤は近年だけど、政府の大罪人とし、歴史的刑場が舞台になった。
しかし、当時罪人の首の管理意識は無く
恩顧の人により盗まれたか。
そんな事情なら
埋めた場所も由緒ある寺とかだろうし、掘り出して現代科学で解き明かし
復元できたら興味があるね。
文科省予算は付かないのかな?

39: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 10:23:27.11 ID:0Ziapx9b0
近藤勇の愛刀って虎徹じゃなかった?

40: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 10:41:32.50 ID:Jd5zgguH0
>>39
「今宵の虎徹は血に飢えている」なんてセリフが講談なんかで有名だけど
池田屋事件から戊辰戦争までに数年あるしな
近藤勇ぐらいの身分になったら刀もいっぱい持ってるだろう

57: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 11:14:55.80 ID:21bdhb560
研究者さん、もし首だけでなく全身骨格が発見されたら、拳の骨が髑髏の口に入るかどうかも確認 お願いいたします。
sssp://o.8ch.net/tzqb.png

58: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 11:16:27.60 ID:s3el/bON0
野川近くの寺に近藤の墓があるけど板橋の近くにもあるのを発見して妙だなと思った
さらに京都や福島にもあるのかい

63: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 11:24:48.62 ID:NYxVeqtZO
>>58
野川公園近くにあるのが真の意味の墓で、他は記念碑とか鎮魂婢だろうね。
野川公園のすぐそばには近藤の道場もあり、放りっぱなしで埃だらけだった。
やはり松下村塾とは扱いが違うな。

85: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 11:49:01.36 ID:2mpKPgXV0
首がどこに行ったかわからないのかぁ。。
考えてみれば日本もついこないだまで
そのへんに生首がごろごろ転がってる国だったんだな。

93: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 11:56:02.52 ID:xRWbX1FM0
>>85
新政府軍からの報告(とされる後の証言)や瓦版では、晒し首になったのは間違いない。
ただしその後を誰も書き残していない。

そして今回の書き置きも「寺の人間に聞いたら、近藤勇の首と刀を持ち去ってここに埋葬したと聞いた、感動した!」だけだから、
寺の人間に担がれたのかもしれない。

第一、それなら首塚はどこなんだよ、寺をくまなく探したのか聞きたい。

91: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 11:52:15.97 ID:vlsFxUjT0
浅田次郎の壬生義士伝は今でもたまに読み返す

209: 名無しさん@1周年 2017/05/15(月) 14:11:43.82 ID:zggJxOrS0
>>91
あれは良かった映画見て泣いた

引用元: ・【歴史】百五十回忌の近藤勇 首は「会津埋葬」最有力? 愛刀のメモ調査、歴史館も支持

壬生義士伝(上)
壬生義士伝(上)
posted with amazlet at 17.05.15
文藝春秋 (2012-09-20)
売り上げランキング: 13,346