51bE4vwqn9Lk,op

tttttttt;・。f4444444444r






5: 世界@名無史さん 2015/05/07(木) 03:39:05.49 0
神農が半透明のクリスタルボーイみたいなやつだってこと

内臓の色で薬効見てたってことは解剖やってたんだな
そして実際にいたら非常にキモイ

6: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2015/05/07(木) 05:46:15.08 0
>>5
某やる夫聖杯戦争スレで、神農の配役がクリスタルボーイでしたね。

スバス・チャンドラ・ボースの死の原因となった事故で死亡した四手井綱正(陸軍中将)が長男だった兄弟の経歴が凄かった事。

・次男 綱彦(京都大学教授・物理学。94歳没。)
・三男 綱英(京都大学教授・農学。昭和30年代に「里山」という語と概念を提唱。97歳没。)

三人の父は上林家から四手井家に婿養子に入った。
・上林家  室町期から宇治で代々茶の加工・販売を営む。現在「綾鷹」を生産。
      古田織部とも交流があったため、漫画『へうげもの』により綾鷹が宣伝されている。
・四手井家 四手井城主。戦国期の興福寺の日記などに登場する。後に秀吉に仕えた。

30: 世界@名無史さん 2015/05/11(月) 09:39:58.75 0
最近知ったのだが茨城県古河市が旧下総国だったこと  これはかなりびっくりした 日本ネタだが
 
熊谷や館林や佐野に近い古河がまさか船橋や千葉と同じとは・・
もちろん常陸だと思ってたのだが、上野、下野、武蔵だったらまだそれほど驚かなかったかもしれぬ

31: 世界@名無史さん 2015/05/11(月) 10:00:19.76 0
古河のあたりは、現在でも埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬の境界になっている。
簡単に言うと利根川の南岸が埼玉と千葉、後の3県は北岸と分かれているが、歴史的には利根川の流路も大きく変わっている。現在の利根川は古河市の南を流れているので茨城県との繋がりが強いが、川が市街地の北側を流れていた時代には下総であった方が自然だったのだろう。
渡良瀬遊水池南側の土手は5県の曲がりくねった境界を縫うように通っているため、土手上の道を走るだけで頻繁に県境をこえる。

34: 世界@名無史さん 2015/05/11(月) 11:36:23.38 0
>現在の利根川は古河市の南を流れているので・・・川が市街地の北側を流れていた時代

ちょっと待った-!そんな時代はないぞ。
古今、渡良瀬川が西側を流れていて、そこへ瀬替えされた利根川がくっついたのだ。

利根川東遷概史
http://www.ne.jp/asahi/woodsorrel/kodai/tone/index.html

45: 世界@名無史さん 2015/05/12(火) 17:44:05.75 0
諸子百家の中に小説家という人たちがいたこと
多分小説家の語源なんだろうなあとおもった
小説家(しょうせつか)は、中国、春秋戦国時代の諸子百家の一学派。

故事(世間の出来事、説話など)を語り伝え、書物にして残した。稗官、すなわち民間の風俗を管理管轄する役人の間から発生したと推察される。



46: 世界@名無史さん 2015/05/12(火) 19:57:19.43 0
>>45
へーしらなかった

47: 世界@名無史さん 2015/05/12(火) 20:58:18.10 0
エジプトのカイロの近くにあるポートサイド、横浜って意味に近いのかと思ったら、サイドは人名だった・・(サイード・パシャに由来)

48: 世界@名無史さん 2015/05/12(火) 21:00:08.74 0
ほー、これは良い雑学。

49: 世界@名無史さん 2015/05/13(水) 07:02:44.00 0
ポートサイードと書いてあったらすぐ分かるんだけどね

55: 世界@名無史さん 2015/05/16(土) 02:12:46.28 0
あんまり昔の地図にアラル海が書いてないのはその地域が当時まだ発見されていなかったからではなく現在はアラル海へ流れ込んでいるアムダリヤが17世紀前半まではカスピ海に流れ込んでいたため、干上がっていて目立たなかったからということ

アラル海の書れる様になった初めの頃の地図でアラル海の形がいびつなのは干上がった状態から水位が上昇していっている途中経過を反映しているため
 
消滅の危機が取り沙汰されているアラル海だが、前回の水に満たされて丸い形をしていた期間は2世紀もない

63: 世界@名無史さん 2015/05/17(日) 01:16:38.65 0
>>55
そうなんだ
じゃ、一時存在したアラル海はまたアラル砂漠に戻りつつあるのか

さまよえる湖ロプノールみたいな話だ

59: 世界@名無史さん 2015/05/16(土) 13:07:53.48 0
アラル海は数世紀のスパンで出現したり干上がったりを繰り返しているのか

60: 世界@名無史さん 2015/05/16(土) 18:08:18.52 0
しかし今の干上がりはアムダリヤ、シルダリヤ両川河水のインターセプトによるもの

61: 世界@名無史さん 2015/05/16(土) 19:05:50.18 0
人口激減でもしない限り次の復活は無いかも

65: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2015/05/17(日) 23:41:35.32 0
かつては国家間の贈答品にもなっていたクジャクが、せいぜい2~3万円で買えること。
羽が奇麗になる前の段階とはいえ、想像していたよりかなり安い。

66: 世界@名無史さん 2015/05/18(月) 00:19:24.96 0
>>65
今は繁殖というか養殖しているから

67: 世界@名無史さん 2015/05/18(月) 00:54:50.92 0
>>66
考えようによっては昔の皇帝や王よりも今の俺らの方が遥かにすごい生活してんだよな

233: 世界@名無史さん 2015/05/30(土) 01:30:10.42 0
革命尚未成功、同志仍須努力
この有名な孫文の遺言を執筆したのが汪兆銘だったと知ってびっくりした。

234: 世界@名無史さん 2015/05/30(土) 03:23:25.23 0
最近知ってびっくりしたこと
現在でもヤップ島では石貨が、メラネシアでは貝貨が流通していること
しかもインフレ対策もでおこなわれていること

お金と貝の話
http://blogos.com/article/18391/

あと、北朝鮮ではチョコパイが貨幣になっていること

235: 世界@名無史さん 2015/05/30(土) 03:39:32.24 0
軍票が第二次世界大戦で米英仏独伊でも使われ
米軍はベトナム戦争でも使用していたこと
Allied Military Currency
http://en.wikipedia.org/wiki/Allied_Military_Currency

おや、ソ連軍のがないぞ? なぜだろうw

243: 世界@名無史さん 2015/05/31(日) 06:47:07.60 0
ラスプーチンの死からロシア革命発生→帝政廃止まで3か月足らずしか間がないこと
てっきりもっと時期が空いてるかとばかり勝手に思ってた

252: 世界@名無史さん 2015/05/31(日) 14:50:34.51 0
>>243
あの辺のロシア史のカオスっぷり
その辺とソ連時代のアメリカのプロパガンダでロシア=怖い国って印象が拭えない

291: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2015/06/03(水) 22:34:35.82 0
武林唯七が孟子の子孫なのは有名だが、千社札を寺社の門に貼ることを始めたのが、孔子の子孫だったこと。

荻野喜内信敏(1709~1818)
 
松江藩士。明代に孔子65代の子孫孔胤椿という者がいたが、その妾が子を孕んでいたところを倭寇に連れ去られ、日本で平氏の某に引き取られて子を産んだ。
子供は孔と平を併せて孔平を名乗ったが、後に荻野に改めたという。
喜内の高祖父春庵は荻生徂徠の師であったが、妓女を27人も身請けして芝居三昧という人柄であった。

喜内自身も変人で、自ら高慢であることから天愚斎を名乗り、「天狗孔平」とあだ名された。
晴天でも古い合羽と笠を身につけ、草履とり一人を連れて徘徊し、江戸の三奇人に数えられている。なお喜内本人は好色ではなく、むしろ中年以降は妻さえ近づけず、滅多に入浴しないので女子供に嫌われ る程であったが、20歳の時、寝ている女を襲って童貞を喪失していたり、およそ孔子の子孫らしくない。
孔子自身が野合で生まれた子であったらしいが。

330: 世界@名無史さん 2015/06/05(金) 17:35:05.28 0
・アジア初の共産党は中国共産党(1921年創立)ではなくインドネシア共産党(1920年創立)だったこと

・スカルノ政権末期のインドネシアの内閣は105人もの閣僚から構成されてたこと

・1965年の9・30事件の夜、スカルノはデヴィ夫人宅に滞在していたこと

・このデヴィ夫人をスカルノに紹介したのは日本人の商社マンだったこと

・9・30事件後、インドネシアで少なくとも50万人の共産党シンパが虐殺されたこと
いずれも次の本から。なかなか面白かった
http://www.amazon.co.jp/dp/4000291289

376: 世界@名無史さん 2015/06/07(日) 15:52:24.99 0
>>330
デヴィ夫人ってやっぱ「歴史上の人物」と言うか「歴史の生き証人」なんだな
その知名度の生かし方がバラエティー番組ってのもナンだかなぁ
今でも人脈は物凄いらしいけど

494: 世界@名無史さん 2015/06/11(木) 14:22:21.64 0
no title

1846年に撮影されたホワイトハウスの写真の画質の良さ↑

495: 世界@名無史さん 2015/06/11(木) 16:57:00.27 0
>>494
1946年かと思ったら1846年か、そりゃすごいね

496: 世界@名無史さん 2015/06/11(木) 17:48:18.49 0
>>494
これみるに明らかに修正はしてるぞ

当時の写真は修整必須だから当たり前だけど

500: 世界@名無史さん 2015/06/12(金) 15:58:13.37 0
ユダヤ教の聖典トーラーは、実際には「トラ」と発音されている事。

502: 世界@名無史さん 2015/06/12(金) 18:04:04.89 0
モンゴル帝国時代のモンゴル人のなかに、ネストリウス派キリスト教徒が少なからずいたことモンケの母ソルコクタニもその一人

503: 世界@名無史さん 2015/06/12(金) 21:54:58.54 0
モンゴルには、匈奴時代からテングリズムがプリベールしていたという土壌があったが、
天=神という概念だったことから、キリスト教も受容しやすかったのだろうか

508: 世界@名無史さん 2015/06/19(金) 10:32:30.53 0
ナポレオンの子孫とウェリントンの子孫が同業の友人であること

511: 世界@名無史さん 2015/06/19(金) 12:24:08.37 0
映画ロッキーの「エイドリアン」がローマ皇帝ハドリアヌスの英語読みだったこと。

512: 世界@名無史さん 2015/06/19(金) 12:56:30.90 0
>>511
英語読みならヘイドリアンのような気がするけど

513: 世界@名無史さん 2015/06/19(金) 13:03:46.08 0
フランス語読みだよな

514: 世界@名無史さん 2015/06/19(金) 13:04:35.73 0
と思ったがaを「エイ」と読むのは英語だな
わけわかめ

515: 世界@名無史さん 2015/06/19(金) 13:06:52.54 0
ハドリアヌスの英語読みじゃなくてアドリアヌスの英語読みやね

アドリアヌスはハドリアヌスから派生した名前ってだけで
ハドリアヌスそのものではない、と

518: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2015/06/19(金) 20:50:55.11 0
1900年、八ヶ国連合軍の北京進駐のどさくさに紛れて失われた清王朝の宝物の中に、「洪秀全の歯」が含まれていたこと。東晋の宝物庫が焼けた際、「劉邦の剣」や「孔子の靴」と共に「王莽の首」も焼失したそうですが、なんちゅうものを宝物にしているのか。
洪秀全の金印一顆と玉印二顆も宝物扱いされていましたが、金印は汚職役人が盗み出して延べ棒に改鋳しています(ほどなく発覚して死罪に)。

余談
尾張藩の江戸屋敷には、「邪神を封じた祠」という中二病真っ盛りな代物があったこと。まさか史料上に「邪神」という単語を見ることになるとは。
なお、この話を記録したものは「藩主が他人に見られたくないものを隠していたのであろう」と推測していますが、それはそれで気になりますね。
何を見られたくなかったのか……。

544: 世界@名無史さん 2015/06/23(火) 06:50:21.31 0
遣唐使より遣渤海使も同じくらい多かったこと。

559: 世界@名無史さん 2015/06/25(木) 00:20:23.83 0
ここ5年ぐらいでyoutubeが急速に普及したおかげで
1920年代のカラー映像などの貴重な映像も気軽に見れるようになった

1922年アメリカ合衆国
https://www.youtube.com/watch?v=J_RTnd3Smy8


1926年イギリス
https://www.youtube.com/watch?v=9OHw9-BREjQ



以前はまさか1920年代のカラー映像が残っているなんて思いもしなかった

569: 世界@名無史さん 2015/06/26(金) 03:37:24.70 0
エジプト第一王朝のメネス王がカバにさらわれて死んだ。
という記述を見て、これは何か神話的メタファーなのかと、ずっと思っていたらアフリカでは現代でも毎年約3000人がカバに殺されていることを知って、事実をありのままにポリナレフしていただけだったんだ。

572: 世界@名無史さん 2015/06/26(金) 11:03:52.43 0
>>569
付言するとそういう人間に危害を及ぼす害獣を狩るのは王の重要な責務として描かれてるからそういう事故も良くあったと思われます

573: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2015/06/26(金) 18:00:27.37 0
>>569
なお、現在のエジプトでは絶滅しています。残念ですね。

no title

赤が絶滅地域、緑が現存地域。
古代オリエントで君主に狩られたライオンも絶滅済み。

575: 世界@名無史さん 2015/06/28(日) 03:36:56.47 0
レパントの海戦が戦国時代の日本人によって描かれていたこと

no title

海戦が陸戦になっているのはご愛敬

他にも同時代に描かれたとされる日本画
泰西王侯騎馬図(会津松平藩伝 重文)
no title

左から神聖ローマ皇帝ルドルフ2世、トルコのスルタン(ムラト2世)、モスクワ大公(イワン雷帝)、タタール大汗
no title

左からイスパニア国王、フランス国王、エチオピア皇帝、ペルシャ皇帝
東京大学総合図書館蔵 救世主像
no title

福井県の土蔵に埋め込まれた竹筒の名から見つかった
悲しみの聖母像
no title

足下のモフモフした動物はヒツジ 日本人ヒツジ見たことないから… 
no title

577: 世界@名無史さん 2015/06/28(日) 05:48:44.32 0
>>575
羊めっちゃかわいい

586: 世界@名無史さん 2015/06/28(日) 14:01:08.52 0
>>575は当時の絵師の観察眼がすごい。衣装も武具も、ただ元絵を写すのでなく実物がどうあるかを突き詰めて理解した上で描いているから、矛盾がない。
衣装の立体表現も、きちんと理解し納得して再現している。日本画のお約束に縛られなければこれだけの底力があったんだな。

605: 世界@名無史さん 2015/07/01(水) 12:07:02.56 0
釈迦の生きてた時代に釈迦族が滅ぼされてたこと

667: 世界@名無史さん 2015/07/11(土) 11:13:07.45 0
バングラデシュの独立前後の混乱で300万人が死亡したこと

668: 世界@名無史さん 2015/07/11(土) 19:39:10.87 0
レンズ豆はレンズに似ているからレンズ豆でなく
レンズがレンズ豆に似てたからレンズと呼ばれるようになったこと

669: 世界@名無史さん 2015/07/11(土) 23:59:18.36 0
新大陸に車輪の原理を応用した道具(ろくろや紡績車も含む)は無かった、と一般に言われるが、スイベル(釣りでいうヨリモドシや猿カン)がアラスカやカナダで製造されていたこと。
具体的には紀元1世紀のイピウタク文化が発祥。
漁網や犬ぞりの綱がねじれるのを防止する器具として用いられたもの。

670: 世界@名無史さん 2015/07/12(日) 02:13:29.51 0
新大陸で車輪はなかったと言われるのの反論にとりあげられる玩具。

no title

詳しくは知らない

683: 世界@名無史さん 2015/07/16(木) 22:57:41.89 0
>>670
玩具で終わってしまったのがもったいない限り・・・

688: 世界@名無史さん 2015/07/18(土) 19:51:21.48 0
「インディアスの破壊に関する簡潔な報告」を著したラスカサスが、もともと農園主として奴隷を使役する立場にあったこと

689: 世界@名無史さん 2015/07/19(日) 01:46:56.17 0
レーニンも毛沢東も所謂地主やで


706: 世界@名無史さん 2015/07/23(木) 16:14:20.99 0
no title

若いころのキング牧師がイケメンであったこと

707: 世界@名無史さん 2015/07/23(木) 18:16:19.22 0
>>706
精悍だね。マルコムXの若い頃かと思った

712: 世界@名無史さん 2015/07/23(木) 21:59:13.14 0
>>706
デンゼル・ワシントンとか出るけど…
若くてもこんなだったんじゃ?千鳥のダイゴっぽいかな

no title

709: 世界@名無史さん 2015/07/23(木) 19:52:37.19 0
スターリンがドイツの捕虜になった息子の死に悲しんでいたこと

710: 世界@名無史さん 2015/07/23(木) 20:50:26.20 0
でも特別扱いしない

711: 世界@名無史さん 2015/07/23(木) 21:00:12.75 0
イワン雷帝だって息子の死を悲しんださ
自分が殴り殺したあとで

714: 世界@名無史さん 2015/07/23(木) 23:32:58.02 0
最後のロシア皇帝ニコライ2世の息子アレクセイが予想以上にイケメンであったこと

no title


どちらにせよ20歳までは生きられなかったらしいが、せっかく4人女の子が続いた後に生まれた待望の男子なのに、血友病患者とかもうとことんついてないな末期のロマノフ家は

717: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2015/07/25(土) 08:02:08.93 0
大王のとーちゃんフィリッポス2世は
意外とかわいい顔をしているらしい

no title

723: 世界@名無史さん 2015/07/26(日) 03:43:41.95 0
>>717
フィリッポス2世は、それと比定される遺体が発掘されているんだよな
にしても、若作りすぎないか復元
曹操の墓も発掘されたけど

びっくりした話

発掘されたときには、すでに先人により頭蓋骨が棺から出されて
粉々に砕かれていたこと

ま、いろいろと生前恨みをかっていた人だからなぁ

引用元: ・最近知ってびっくりしたこと@世界史板 その13