51kIDR6sZoL



1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:49:22 ID:OeM
最近読み直してはまったから詳しく知りたい
魅力とか強い武将とかなんでもいいから教えてくれ








2: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:50:20 ID:f41
イッチは誰推しなんや?

4: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:50:46 ID:OeM
>>2
諸葛亮孔明ってやつ
とにかく強かった

7: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:51:22 ID:uvq
何読んだんや?

9: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:51:57 ID:f41
孔明が最強って事は演義か

11: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:52:19 ID:OeM
>>9
そう
正史では違うん?

15: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:53:51 ID:f41
>>11
孔明は、優秀な政治家ではあるが最強の軍師ではないよ
赤壁は周瑜の功績やし、入蜀は法正の力が大きい

17: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:55:29 ID:OeM
>>15
政治家なの?
凄い軍師ってイメージやったわ

20: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:58:15 ID:ol1
諸葛亮は北伐で司馬懿を真正面から倒してる
政治家ってのもちょっと違うな

23: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:00:10 ID:f41
>>20
え?倒してないだろ?

25: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:02:34 ID:ol1
>>23
諸葛亮伝注の漢晋春秋に書いてあるし本文でも司馬懿が派遣した張コウを射殺してる

29: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:08:08 ID:f41
>>25
食料不足で撤退している蜀を追撃してきた張コウを射殺した事司馬懿を倒したは言い過ぎちゃうか?

そもそも司馬懿は孔明亡き後も生存している訳だし

43: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:14:45 ID:uaB
張コウの戦死は実は司馬懿が仕組んでたって説すこ

10: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:52:11 ID:srY
愚かな内ゲバを繰り返し、国を一つにまとめられなかった漢民族は異民族に国を乗っ取られ、泥沼の戦乱時代に落ちて行くんやで

12: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:52:54 ID:OeM
>>10
最後晋の司馬なんとかが統一してた気がする

13: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:53:39 ID:ol1
>>12
統一したのは司馬炎やね


14: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:53:39 ID:srY
>>12
それが異民族に倒されるんや
最後の皇帝は簒奪者の小間使いにされたんやで

17: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:55:29 ID:OeM
>>14
演義の晋(だっけ?)の統一と実際の終わりは違うってこと?

20: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:58:15 ID:ol1
>>17
晋の後異民族が国を乱立する時代がやって来る

16: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:55:11 ID:f41
三国志の物語は良くも悪くも、英雄曹操の物語やとワイは思ってる

18: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:56:17 ID:OeM
>>16
曹操って最大のライバルポジションやろ
英雄か?

22: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)09:59:16 ID:f41
>>18
演義ではそうだが、あの時代の主役は間違いなく曹操
戦術、戦略に優れ、国を建て直し、腐敗を少なくした
同時に文化を愛し、数々の文化を推奨してる

英雄そのものだぞ

24: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:00:59 ID:OeM
>>22
実際は凄い人なんやな
毎回国賊とか操賊とかいわれてたから悪人だと思ってたわ

32: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:08:25 ID:srY
曹操は詩がいっぱい残ってるから、興味があったら調べてみるとええやで

41: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:13:43 ID:d2n
劉備とかいう魅了255

荊州いたときさして良政治したわけでもないのに
曹操に攻められて逃げ出したとき、民がついてきたもよう
「民が君主を選ぶ」という、中国初の民主主義なもよう

48: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:17:17 ID:f41
>>41
荊州は徐州にほど近いから、曹操来たら虐殺されるかもって思ったんかもな

44: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:15:33 ID:srY
彡(●)(●)「もちろん、ワイの徳を慕ってついて来るやんな?」

(´:ω(♯)「はい皇叔様」

46: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:16:35 ID:N8Z
気持ち悪いから諸葛亮に孔明をつけないでくれ
孔明つけたいなら諸葛孔明やろ

47: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:17:12 ID:OeM
>>46
なんで?

51: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:21:20 ID:f41
>>47
姓と名と字を全部言うのは、古代中国的にはあり得ないらしいんよな
諸葛孔明か、諸葛亮って呼ぶのが一般的だったって話

曹操も曹操孟徳じゃなくて曹孟徳って読んでたらしいで
それを、自分でも素直に演義だけのにわかって言ってるイッチに、理由説明せずに上から目線で強要すんなとは思うけど

55: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:23:50 ID:OeM
>>51
理解力ないせいかいまいちよくわからへん
どういう条件があって諸葛亮孔明が駄目なん?

58: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:28:39 ID:f41
>>55
諸葛亮孔明の中で
諸葛は、日本で言うところの名字
亮が名前
孔明ってのは、字(あざな)って言ってあだ名みたいなもん

だからフルネームは諸葛亮だし、ちょっと砕けた言い方だと諸葛孔明になるって事

諸葛亮孔明だとフルネーム+あだ名だからそういう呼び方を中国の人はしないって事

60: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:28:47 ID:ol1
>>55
古代中国には姓と名の他に字(あざな)ってのがあって字は名前を隠すために用いるものだから通常では名前と共に用いてはいけない
ただ例外もある

62: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:30:23 ID:OeM
>>60
名と字は同時に使うことが出来ないのか
ようやくわかった気がするわサンガツ

59: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:28:44 ID:uZl
諸葛亮孔明が変なのはなんとなくわかるけど曹操孟徳も違うんか…
蒼天航路少し読んだけど冒頭で思いっき劉備玄徳・孫権仲謀と並べて書いてあったで

63: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:31:02 ID:f41
>>59
分かりやすくするためだろ
ほとんどの日本人は、諸葛亮孔明に違和感覚えないし、
ましてや蒼天航路は漫画雑誌の連載な訳だしな

65: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:32:53 ID:ol1
>>59
せや
蒼天の作者はガチの素人だからそれが悪い方に働くとそういった間違いになる
だけどいい方にも働いてて先入観のない面白い視点で書かれた漫画なんだ

66: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:34:02 ID:f41
>>65
赤壁の戦いは絶許

67: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:35:15 ID:OeM
>>66
赤壁って曹操と劉備・孫権連合の戦いやろ?
どんな描写されとるんや?

70: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:36:44 ID:f41
>>67
孔明が怪物になって曹操が孔明っぽくなって知らない間に曹操が負けた

マジで蒼天航路の赤壁は狂ってる

72: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:37:41 ID:uZl
>>70
聞いてもよくわからんかったwwww

74: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:39:38 ID:ol1
>>70
蒼天孔明ははっきりいって化け物
っていうか変態

257: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:21:51 ID:5EY
正史
曹操……チビ、いたずら好き
荀彧……デカイ、威風堂々、イケメン


↑蒼天の曹操と荀彧のキャラ逆やねん

269: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:25:46 ID:OeM
>>257
曹操って不細工なイメージ持ってるけど荀彧も老獪な顔してそうなイメージ持ってたわ

275: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:28:12 ID:f41
>>269
荀彧の出身の荀氏は、後漢当時最も要職を出した名族とかなんとか

280: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:31:07 ID:OeM
>>275
彼の一族も曹操に仕えてたよね
名前なんだっけ?
めちゃくちゃ有能ってわけではないけどそこそこ活躍していた覚えがある

283: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:32:34 ID:2Wj
>>280
ジュン攸かな

294: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:36:02 ID:OeM
>>283
そうそうそんな名前

50: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:20:38 ID:uZl
俺もはまりたいと思って今吉川英治読み直してるわ
演義と横山光輝と蒼天航路、どういう順番で読むのがええんかな

53: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:22:43 ID:uaB
>>50
演技→横山→蒼天航路でええと思うで
ただ、結構お金かかるのがネックやな

52: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:21:26 ID:ol1
蒼天は変則的な作品だから演義の次ってのはあんまりおすすめできないな

73: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:38:09 ID:f41
ただ、赤壁はクッソ意味わからんが他の戦いはマジで熱いからワイは好きやで

75: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:40:39 ID:FM5
ワイも蒼天読み直そうかな
あの本あんまり好きじゃないけど徐晃はすき
lezyokou


80: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:45:17 ID:f41
>>75
無敗の徐晃(負けたことがないとは言ってない)

77: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:43:20 ID:OeM
なんか正史での面白いエピソードとかない?
ここが演義とは違うよみたいなやつ
前に聞いたのは実は南蛮の戦いはまったくの創作だっていうやつ

79: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:45:09 ID:srY
>>77
董卓は全くの別人

81: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:46:32 ID:OeM
>>79
董卓って序盤に出てた悪人のことやろ
どんな風に違うんや?

87: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:53:01 ID:xyg
>>81
董卓は漢を潰す気はなく、賄賂で私財を肥やす奴とかそういう制度が気に食わなかった
それらをまとめて潰す為に、漢の臣としては最高位である相国になり、制度を変えようとした
やりすぎと言うか途中から暴走状態になったけどw
その為、荒れるが好き勝手にやる奴が減った。ぶっ殺されるからなw
漢が真に荒れるのは董卓が死んだ後に権力争いで部下が好き勝手にやり始めてから

演義では自分が私利私欲に突っ走り無茶苦茶やるだけの悪人になっている

90: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:57:00 ID:srY
董卓がやったのは党錮の禁の反動やねん、勿論一人でやったのではなく自称清流派の連中に駆り出された
何で悪く言われるかというと結局濁流派が勝ったからや

84: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:49:46 ID:uaB
>>77
有名なところでは曹操と袁紹の若い頃の話やな
2人で悪さして逃げようとしてた時に

袁紹「足くじいたンゴ…、もう動けないンゴねぇ…」
曹操「おーい!泥棒はここにおるで!」
袁紹「ひぇっ、足痛いとか言ってられん。逃げるンゴ!」

曹操が機知に富んでいたってのを表しとる面白エピソードやな

86: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:52:27 ID:OeM
>>84
これは面白いな
袁紹と曹操って面識あったんか
曹操は袁紹とずっと敵対してたから仲がいいイメージないな

85: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:51:18 ID:f41
>>77
一番は、劉備やと思うで
演義では清廉潔白のぐう聖やが正史では不良の気のいいあんちゃんだ
ぐう聖がアクの強い奴らまとめてるイメージないから、劉備は正史の方がしっくりくる

86: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:52:27 ID:OeM
>>85
劉備って悪い奴なんか!?
演義ではずっといい奴みたいな扱われかたしてたから意外だ

89: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:56:02 ID:f41
>>86
悪い奴ってよりも、悪い事もやれる奴やな
劉備は、真面目一筋じゃなく狡猾で残忍な一面もあるんや
ってかそうじゃなきゃ、完璧超人の曹操に長年敵対して生き残れる訳ないんや

91: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:57:46 ID:xyg
>>89
その設定を独自解釈した、陳瞬臣の秘本・三国志ってのが面白いでお勧めや

後、北方謙三三国志も呂布が凄いかっこよくてお勧めや
88: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:55:34 ID:fXp
魯粛は横山三国志で誠実やけど気弱に描かれてるやけど本当はゴリゴリの武闘派外交してる

92: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)10:58:02 ID:f41
>>88
呉陣営は、演義では不遇すぎる
彼らも英雄だったのに

102: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:11:36 ID:xyg
魯粛は無名の周瑜に蔵一つぽんと寄付したり呉が魏の大軍に攻められた時に劉備を連れ帰って降伏派をねじ伏せるきっかけをつくったりしている
周瑜が主とされるが魯粛もまた天下二分の計を上げている。

天下二分の計の矛先である益州を先に劉備に取られた上に劉備が益州を取ったら返す約束をしていた荊州も返さず、戦闘になったが交渉の場で魯粛が毅然とした態度を取り続けたために、決裂したりせ結局半分返すことになったりもしている

真面目に周瑜を上回るぐらいの超有能だが、演義だと孔明に振り回されるだけの無能になってる

107: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:14:07 ID:OeM
>>102
演義と全然違う人物やんけ
あのおろおろしてた魯粛が実はそんなに凄い人物だったとは

108: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:15:23 ID:myR
>>107
物語上、周瑜と陸遜に当て馬が必要だからしゃーない

115: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:19:16 ID:OeM
>>108
どんな創作にもやられ役は必須やからその犠牲になったのが魯粛ってわけか
勉強になったわ

118: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:20:18 ID:f41
孫権の晩年は目を覆いたくなるひどさやぞ

122: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:23:10 ID:OeM
>>118
凄く立派な人物のイメージあった
ショック

120: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:21:14 ID:fXp
>>115
青年期孫権→ぐう有能
老年期→酒や酒!政治?知らんわ

124: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:25:28 ID:xyg
>>120
政治知らんわ?やったらまだましなんやで・・・
後継者はこいつにする→次の日後継者は別の奴にするから前の奴は死罪→やっぱ前の奴の方が良かったなぁこれも死罪にするか→残った奴を後継者にするしかないな

さらにこれに文句言いに来た陸遜に俺に言う事に文句言うなボケカス言って憤死させるぐらいにぼけたぞ

131: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:28:42 ID:OeM
>>124
まじで暴君やんけ!?

127: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:27:30 ID:fXp
これはかなC 陸遜なんて年食っても頑張ってただけになあ

141: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:34:28 ID:OeM
いびり殺されたんか
劉備倒したガチの有能を何殺してんねん

147: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:36:33 ID:f41
>>141
ガチ有能が無能君主に干されるのは結構あり得る話なんだよな
特に陸遜は名門の出だしな
悲しいのは若い頃の孫権が有能だったって事や

119: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:20:57 ID:lxH
袁紹がよく過小評価過小評価って言われたりするけど実はどのくらい凄いん?

125: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:25:58 ID:fXp
>>119
北方の異民族抑えながらそこそこ勢力ある公孫?滅ぼして河北一帯の豊穣な土地を支配した旧勢力の中でもトップクラスの有能さやで

126: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:26:04 ID:OeM
>>119
袁紹って部下の言葉聞かず裏目ってた奴としか覚えてない

129: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:27:35 ID:myR
なんで横山光輝は袁紹描かなかったんやろ

132: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:29:10 ID:fXp
>>129
掲載誌廃刊で移籍 編集が再開後は劉備メインにせな!ですっとんだらしい

134: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:29:46 ID:OIJ
>>129
ぶっちゃけ官渡の戦いやると曹操と袁紹が主役になっ劉備閥が碌に書けなくなるからちゃう?

136: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:31:11 ID:OeM
>>134
官渡と何とか亭の戦い(程昱が武将次々と繰り出す策を使った戦い)だと劉備全く出てこないからなぁ

137: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:31:21 ID:xyg
袁紹は良く名門言われるけど、本筋は袁術の方で、袁紹は分家だから言われるほど血筋に恵まれている訳ではない
それでも人が袁紹についていったのはそれだけカリスマ溢れる人物だったってこと。
また官途の戦いに負けてからも戦力差はまだ袁紹の方が断然有利だった。

後継者争いで国を割ってまで争いを始めたせいで、片方ずつ曹操に潰されていっただけ

いつの時代も後継争いで揉めると家が傾くんだが兄弟仲良くなると家が伸びる。
信玄兄弟もそれでガンガン伸びたから昌幸は弟の方に信繁の名を貰ったんやで

141: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:34:28 ID:OeM
>>137
無双での記憶だけど名族名族言いまくってた記憶がある
10年くらい前だからうろ覚えで間違ってるかもしれんが
袁紹分家やったんか

140: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:34:23 ID:fXp
袁紹も官渡以後異民族平定続けたり国力上げてるけど後継者問題で全ておじゃんになったからな

142: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:34:57 ID:2Wj
えんしょうって今川義元みたいなイメージあるな
官渡の一敗で無能扱いまっしぐらみたいな

145: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:36:07 ID:OIJ
>>142
ワイはどっちかいうと三好長慶のイメージやわ

149: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:39:00 ID:fXp
最近やと劉璋も無血開城した部分は有能やったみたいな評価もあるンゴねぇ

155: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:41:33 ID:OeM
>>149
劉璋は劉備に国取られたやつやろ
部下の言葉聞かずにぐだぐだやって結局負けたってイメージ
基本部下の意見聞かない奴は速攻で負けるんやな

164: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:44:23 ID:TRH
>>155
劉璋はどっちかといえば配下の言ったこと信用しすぎとるんよ、大事なのは配下の言うことの取捨選択

168: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:45:56 ID:f41
>>164
配下がすでに裏切ってたからな
でも覇気がなかったんは事実やろな
曹操と戦うのに劉璋では無理って配下が思ったんやろ

174: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:49:04 ID:TRH
>>168
そもそも劉璋自身は最初曹操に下る気満々やし

178: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:50:23 ID:fXp
>>174
まあ安泰した老後を迎えられた意味では勝ち組やろな

158: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:42:57 ID:6g7
とりあえず関羽は無能

161: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:43:54 ID:f41
>>158
無能ってよりは、尊大な所あったと思うわ
外交官にはできないよな

169: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:46:22 ID:OeM
>>158
関羽は有能なイメージしかないわ
正史だと違うんか?

170: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:46:27 ID:fXp
創作演技の影響で神様まで上り詰めてて草

172: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:47:24 ID:2Wj
関羽は正史では桃園の誓いなんかしてないのに、演義とさほど変わらず居丈高なイメージある

175: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:49:28 ID:6g7
まあ、冗談で無能って言ったけど、荊州に関羽がいた時には、曹操は関羽のこと本気で恐れてたみたいやし、軍事的能力は高かったんちゃうかな
政治的に無能すぎて呉と喧嘩してすべて水泡に帰したけどな

180: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:51:40 ID:xyg
>>175
まぁ交渉に行ったやつがおどおどしてたんで舐められたんだろう
魯粛が生きてれば話は変わっただろうな

181: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:51:49 ID:OeM
>>175
関羽って外交能力も高くないか?
呉の敵を叱りつけて領土守ってたし
正史の話?

183: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:53:00 ID:f41
>>181
叱りつけた事で関係悪化して、呉に攻められて死んで領土うばわれとるがな

185: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:54:45 ID:OeM
>>183
あれ、そうだっけ?
関係悪化しきってて領土奪われそうになった時に叱りつけて退けたんちゃうかったか?
つい先日読んだばっかりだけど間違ってるかもしれへん

208: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:05:20 ID:xyg
>>185
演義だとそうだが、史実では魯粛が交渉に成功して半分ずつになってるよ
ただし元々全部返す約束をしていたので孫権はなんとか全部取ろうとしていたんだよ
色々挑発したり魏と密約結んだり
若い頃の孫権は有能言われるけど全くの無能だよ
蜀と組み魏を攻めるその為にはケイ州は妥協しておくっていう周瑜魯粛からの基本指針を全てひっくり返して
ケイ州取りに行ったんだから
孫権が人気無いのは当たり前だと思う

215: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:07:49 ID:TRH
>>208
孫権不人気はそれに加えて晩年と酒癖とコウモリ外交やろうなぁ…

218: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:08:59 ID:N8Z
>>215
張昭とのケンカとか草も生えない

220: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:09:37 ID:f41
>>218
家に火をつけたろ(君主)

224: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:12:17 ID:N8Z
>>220
土盛ったろ!からのコンボやぞ

222: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:10:44 ID:OeM
>>208
ああ、正史の話か
孫権は有能説と無能説出てるけど結局どっちなんねん?
演義読んだだけだと決断の出来ないけどそれ以外は有能みたいなイメージあるけど

240: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:17:55 ID:xyg
>>222
有能言われるのは孫策の遺言でそう言われてるから皆そう思ってるだけなのと
赤壁で勝った時の大将っていう実績があるためにそう思われるだけで
調べれば調べるほど、こいつ無能じゃね?って思う事しか出てこない

一応本人の実績としては親父をぶっ殺した黄祖を倒して江夏を奪ったぐらい

253: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:20:22 ID:f41
>>240
孫策有能だったからなぁ…

255: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:21:17 ID:6g7
>>253
孫策も有能だったか分かってないやろ
親父が有能だったのは間違いないけど

258: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:21:52 ID:f41
>>255
あの若さで呉の土台作ってんだから、有能やろ

262: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:23:29 ID:6g7
>>258
まあ豪族の寄り合い所みたいな呉を束ねたんやから有能だったんやろうけど、早死にしすぎてなんとも

261: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:23:24 ID:xyg
>>255
いや孫策は間違いなく有能だよ
領土無しから自前の領土を確保したり、後の名将って大半が孫策が集めてきた人たちだったり

189: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:55:57 ID:OIJ
関羽は上に厳しく下に甘い
張飛は上に甘く下に厳しい
まさにその通りの死にざまやったね

193: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:56:52 ID:2Wj
最近知った正史の賈クはすごい有能な爺だったな
まあ文官だけど

197: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)11:58:37 ID:f41
>>193
曹操の嫡男殺して曹操自身もあと一歩ってところまで追い詰めておいて、曹操の重臣になるんやから相当やぞ

203: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)12:02:45 ID:2Wj
>>197
うむ
しかも寿命長いからか、最初の方から曹操の後継者相談して、曹丕には三公にまで出世させられてて、三国志全体の期間ほぼ生きてるし…

引用元: ・三国志詳しい人来てワイに三国志を教えて

蒼天航路(1) (モーニングコミックス)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 12,965