1: ばーど ★ 2017/07/13(木) 14:47:29.30 ID:CAP_USER9
発見された菊池寛の「妖妻記 第1回」の直筆原稿(第5回までは「妖怪奇談」という題)=高松市昭和町の菊池寛記念館で
no title


芥川・直木賞を設けるなど「文壇の大御所」と呼ばれた作家、菊池寛(1888~1948年1931(昭和6)年ごろに執筆したとみられる怪奇小説の直筆原稿が見つかった。大阪毎日新聞と東京日日新聞(現・毎日新聞)に連載した小説「真珠夫人」で成功後、主に女性読者を対象にした大衆小説で人気を得ていたが、その作風を一新させる意欲作と言えそうだ。

高松市の菊池寛記念館が13日発表した。タイトルは「妖妻記」で、400字詰め原稿用紙64枚にまとめられた。 幕末の武尊山(ほたかやま)(群馬県)山麓(さんろく)での妖怪談を老人が昔語りする構成。他の男と密会していた妻を男が殺して逃亡。その先で再婚した女が、実は妖怪のオオカミで、このオオカミが男の子どもを殺していく。関西で活躍していた日本画家、金森観陽(かんよう)の挿絵が添えられた。

記念館は東京の古書店から2011年に購入。調査の結果、大阪のローカル紙「夕刊大阪新聞」に原稿の一部が掲載されていることを確認した。


以下略


菊池寛記念館(電話番号はソース先で)は、妖妻記の原稿を14日から一般公開する。月曜休館、10月22日まで。【小川和久】


全文は
https://mainichi.jp/articles/20170713/k00/00e/040/279000c








3: 名無しさん@1周年 2017/07/13(木) 14:56:56.66 ID:4xp3Bn2x0
菊池寛と口聞かん!

22: 名無しさん@1周年 2017/07/13(木) 20:05:21.68 ID:GweeaAv50
>>3
先言われてた…

6: 名無しさん@1周年 2017/07/13(木) 15:19:33.72 ID:lRcD+R0A0
名著とはタイトルは知ってるが読まぬもの

8: 名無しさん@1周年 2017/07/13(木) 15:25:36.89 ID:YSY1ejPf0
か、寛…

18: 名無しさん@1周年 2017/07/13(木) 16:56:09.74 ID:qkDjiR0n0
>>8
合っているよ

10: 名無しさん@1周年 2017/07/13(木) 15:35:54.96 ID:r90Tk2Ic0
屋上の狂人
アナウンス教本に出てきた

13: 名無しさん@1周年 2017/07/13(木) 15:50:03.11 ID:uzt9NS/B0
菊池寛といえば真珠夫人

14: 名無しさん@1周年 2017/07/13(木) 15:51:01.52 ID:DQQHQb8t0
>>13
原作にはたわしコロッケなんて出てこなかった

19: 名無しさん@1周年 2017/07/13(木) 17:22:36.03 ID:G/zjv5Uo0
こっちは挿絵もある

研究者も知らぬ菊池寛の怪奇小説、原稿見つかる
ttp://www.yomiuri.co.jp/culture/20170713-OYT1T50072.html
no title

20: 名無しさん@1周年 2017/07/13(木) 19:20:46.65 ID:p86dX5FY0
知る人ぞ知る人なの?
知ってて当たり前な人なの?

21: 名無しさん@1周年 2017/07/13(木) 19:53:46.89 ID:XVuLtW6Z0
>>20
国語の教科書に「形」とか載ってなかった?

23: 名無しさん@1周年 2017/07/13(木) 20:41:40.49 ID:xBJUN3Cq0
>>20
今はどうか知ら無いけど
昭和の若者だと、文学好きなら
高校から大学生の間に屋上の狂人と父帰るは読んでた感じ
文庫百選したら大抵入ってたと思う

引用元: ・【大衆文藝】菊池寛 怪奇小説の直筆原稿見つかる

『菊池寛作品集・86作品⇒1冊』
菊池寛作品集・出版委員会 (2015-09-02)
売り上げランキング: 18,905