51xWO+ifEQL



1: 世界@名無史さん 05/01/07 10:47:35
仏教がインドからシナに伝わったとか、数字がアラブからヨーロッパとか、麺はシナからイタリア?
こういう世界レベルの文化伝播について。








11: 世界@名無史さん 05/01/11 21:00:55
>>1
たぶんその数字は一般に「アラビア数字」と呼ばれてるものだと思うけど・・・
0を発明したのはインドで、一般的に「アラビア数字」と呼ばれてるのはインド数字のこと

12: 世界@名無史さん 05/01/11 21:03:22
書き忘れ

つまり数字はインド→ヨーロッパ

16: 世界@名無史さん 05/01/12 01:16:47
インド数字の伝播は西漸ばかりが有名だが、他の方面へも伝播している。

北へ:チベット⇒モンゴル⇒満州/⇒南シベリア(ブリヤート)
東へ:南インド⇒ミャンマー⇒インドシナ半島⇒インドネシア⇒フィリピン諸島

4: 世界@名無史さん 05/01/07 18:17:23
すべてはシュメールから始まってるんだよ!

5: 世界@名無史さん 05/01/08 02:26:02
ギターの先祖とか調べたら面白いんじゃないの
印度のシタールとかヴィーナあたりが発祥で
西に行って、リュートからギターへ
東は三味線へ

なんて

6: 世界@名無史さん 05/01/08 02:39:08
old worldについていえば、(1492年までね)、文化、宗教は西から東、民族は東から西、という印象がある。で、民族の掃き溜めがバルカンとインドね。

7: 世界@名無史さん 05/01/08 02:41:59
クラベット文化(ヨーロッパ後期旧石器時代)は、大西洋をわたり、クロービス文化(アメリカ後期旧石器時代)になったらしい。そのときに、ミトコンドリアDNAのハプログループXも 一緒にアメリカに伝搬した。

8: 世界@名無史さん 05/01/08 04:56:29
チェス ←西方─ インドの何か ─東方→ 将棋
関連記事【シャー・ルフ】将棋の歴史【王手飛車取り】

9: 世界@名無史さん 05/01/08 13:11:14
>>8
たぶんシャトランジ

24: 世界@名無史さん 2005/03/28(月) 12:43:14 0
>>8
インドのチェスは、もともと、王子の教育用だった、と何かでよんだ記憶がある。
兵隊や臣下の重要性をわからせるための、シュミレーションだったとのこと。

17: 世界@名無史さん 05/01/18 01:20:33 0
インドから中国に将棋が伝わったって、 囲碁はまた別?

18: 世界@名無史さん 05/02/08 16:47:36 0
囲碁は中国オリジナルだった記憶が。

10: 世界@名無史さん 05/01/11 20:57:36
中国がアラブやインドから受けた影響はどんなものがある?

13: 世界@名無史さん 05/01/11 21:05:08
>>10
>インド
チベット医学とか、仏教とか、象棋(将棋)とか

>アラブ
炒飯とか(ペルシアのピラフが元)、胡旋舞とか

14: 世界@名無史さん 05/01/12 01:05:02
チャーハンって、ペルシャのピラフなの? 現代ペルシャ料理だと何に相当するのか、知ってたら教えて。

19: 世界@名無史さん 05/02/08 18:59:43 0
金属工芸、絹織物、ガラス器にみられるササン朝ペルシアの美術。
シルクロードを通じて、西ではビザンティンを経てヨーロッパの文化に影響を与えたし、東では隋唐代の中国の文化に影響を与え、李白などの詩人に詠まれたし、日本では、法隆寺や東大寺の正倉院の御物に見られるように、飛鳥・奈良時代の文化に影響を与えた。伝播した範囲が広いな。

20: 世界@名無史さん 05/02/12 13:48:50 0
木琴の数奇な伝播経路:

東南アジアのガムラン⇒マダガスカル⇒東アフリカ⇒奴隷貿易で新大陸へ⇒マリンバ⇒欧州に伝わり木琴(シロフォン)になった・・・

21: 世界@名無史さん 05/02/12 21:00:11 0
へ~
木琴ってガムラン由来だったんだ。初めて知った。驚き桃の木。

22: 世界@名無史さん 05/02/27 13:27:55 0
日本へは明清楽の楽器として江戸時代に伝わったんですよね。
その後いまいち根付かなかったようですが。

23: 世界@名無史さん 2005/03/24(木) 21:52:17 0
箸は不思議と漢字圏だけに伝播して終わったね。
粘り気の多いジャポニカ米の分布とも関係しているかも。

26: 世界@名無史さん 2005/04/15(金) 12:12:00 0
箸のないところは手でつかんで食ってたのだからな

箸の特異性とみるべきか、文化と野蛮とみるべきか

27: 世界@名無史さん 2005/04/24(日) 11:21:23 0
結局、世界には「箸食圏」「ナイフ+フォーク圏」「手食圏」の三つしかない、ってことでFA?
まあ補助的なものなら古代中国の匕、現代の先割れスプーン、大阪の返しゴテとか(笑)
まだまだ挙がりそうですが。

28: 世界@名無史さん 2005/05/01(日) 13:31:58 0
ナンやチャパティですくったりぬぐったりというのはあるけど主要な使い方ではないな・・・

31: 世界@名無史さん 2005/05/07(土) 15:58:55 0
日本の場合は、匙が時代ごとに大型化して、ついに、椀や小鉢と一緒になってしまったが、な。

30: 世界@名無史さん 2005/05/07(土) 13:57:36 0
南米の大西洋側のインディオにだけなぜか弓矢が使われていたことについて。
北米のものはシベリア経由の合成弓と確認されているが、中米南部と南米の太平洋側は空白地帯。独自考案か、それともアフリカから伝わったのか?

33: 世界@名無史さん 2005/06/02(木) 01:22:18 0
動物に牽かせるソリは車輪の発明以前からあったのかな。
ハーネスの発明が伴っていたかが不明だけど。

役畜牽引の影響を受けて発生したのは
犬ゾリ⇒馬ソリ⇒トナカイソリ、の順だろうか?

35: 世界@名無史さん 2005/07/18(月) 12:33:21 0
馬⇒トナカイ⇒犬
の順と思われ。
犬ぞりはそれほど古くないらしいよ。

36: 世界@名無史さん 2005/08/06(土) 09:58:28 0
ヤクも実は家畜化されたのは比較的歴史が浅いほう。
野生種もけっこう生きているしね。

38: 世界@名無史さん 2005/08/14(日) 16:17:35 0
ウインクのような、左右非対称な顔面ジェスチャーは地中海地域特有のものだったと読んだ記憶がある。モンゴロドの表情筋では意識しないと操りにくい筋肉があるんだそうな。

39: 世界@名無史さん 2005/09/03(土) 16:17:44 0
中国から直接インドに影響を与えた文化要素って見当たらないんだよね・・・不思議。
イネの栽培化の元祖が江南かアッサムか注目したいところ。

40: 世界@名無史さん 2005/09/04(日) 21:56:57 0
>>39  
お茶があるじゃないですか。
インドへ行ってアッサムティー(紅茶)になった。     

42: 世界@名無史さん 2005/09/23(金) 12:36:55 0
>>39
ヒマラヤやチベット高原が間に立ちはだかっているからな。
ほとんどは中央アジア経由か東南アジア経由で間接的にインドに伝わったものが多いしな。
東部ヒマラヤ(シッキムやブータン)やインド東部(アッサムなど)で笠をかぶる習慣があるが、あれはどうだろうな?

41: 世界@名無史さん 2005/09/05(月) 00:18:14 0
アラブが見た十字軍
12世紀において、フランクは、科学・技術の全領域において、アラブより非常に遅れていた。
そして、先進の中東と未開の西洋との較差がいちばん大きかったのは、医学の分野においてであった。
足を怪我した男性に治療と称してアラブ人医師が傷口を開き膿を出し軟膏を塗って治療する傍ら、
フランク(ヨーロッパ人)は斧で足をたちおとし骨髄むき出しにした。
また病気になったのは悪魔の仕業だといって、肺病の女性に対しアラブ人医師が休養療法、投薬、食事療法等を施してる傍らフランクは頭骸骨を塩もみにしたらしい。
何とも野蛮なことだが、両方とも、患者はたちまち死んでいる


43: 世界@名無史さん 2005/10/02(日) 23:40:19 0
中国の三大発明も全て中央アジア経由でインドに伝わったしな。
西南シルクロードって文化の往来はあまりなかったのか?

44: 世界@名無史さん 2005/10/12(水) 19:37:14 0
昆明・大理から南に
おもだった都市がないのが一因かな。

引用元: ・世界的な文化の伝播について


世界喫煙伝播史
世界喫煙伝播史
posted with amazlet at 17.08.03
鈴木 達也
思文閣出版 (2015-08-20)
売り上げランキング: 1,026,788