416Qypn+gRL



1: 世界@名無史さん 2005/06/09(木) 23:55:33 0
人間が生活すれば、すなわち汚れる。
ということで、清潔の歴史を語りましょう。








3: 世界@名無史さん 2005/06/10(金) 00:09:20 0
前近代では、ローマ人が一番清潔じゃないだろうか。
逆で悪名高いのが中世~近世のヨーロッパ人だな

4: 世界@名無史さん 2005/06/10(金) 00:10:31 0
歯磨きってさ、古代人もしてたの?
当時は虫歯なんて相当な脅威だったんじゃないの?

8: 自転車小僧 ◆IBmI/K76EY 2005/06/10(金) 00:22:15 0
>>4
今のような歯ブラシが使われるようになったのは中国の宋代以降。
禅宗の寺院から骨の柄にブタの毛を植えた歯ブラシが見つかっている。
歯磨き自体の歴史はもっと古く古代エジプトでも木の枝を噛んで先を房状にしたもので歯の手入れをしている。

9: 山野野衾 ◆a/lHDs2vKA 2005/06/10(金) 00:25:52 0
とりあえず、『世説新語』から漱石の故事でも挙げておきましょうか。
石を使うのは、いくらなんでも無茶だと思いますが・・・。
中世に大宰府まで宋から歯医者・目医者が来ていましたが、特別な治療法が当時確立されていたのでしょうか。>出典忘却


>歯磨きについて

『日本霊異記』下・序に、
「比丘斎食訖りて後に、楊子を噛みて、口を漱ぎ、手を洒ひて、礫を把りて玩ぶ」
とあります。10世紀に書かれた『九条右丞相遺誡』には、五日に一度沐浴すべき事が記されていますが、これは『黄帝伝』に由来したものでした。
逸書であり、舶来の書か否かも分かりませんが、どなかたご存知ですか。

11: 世界@名無史さん 2005/06/10(金) 00:35:18 0
江戸時代、花魁が髪を洗うのは月に一回。

饂飩粉をフノリで練ったものをシャンプーとして使った。

89: 山野野衾 ◆a/lHDs2vKA 2005/07/04(月) 20:28:37 0
>>11
ふのりの使用は、『吾輩は猫である』にも登場します。
大正時代までは、シャボンも貴重品で、風呂屋に預けてあったのを、知人と偽って暫時拝借する者までいました。

456: 世界@名無史さん 2006/12/15(金) 02:20:40 0
日本では明治期まで事実上石鹸は知らない、使われてなかったみたいね。
物自体は江戸以前から外国から入ってきてはいたが。庶民が使うようになったのは明治中期かららしい。それまでは米とぎ汁や灰汁などを使ってたらしい。
今の感覚からするとあれだが。

460: 世界@名無史さん 2006/12/23(土) 12:22:00 0
>>456
隣の中国では肥皀が昔からあったのにね。
肉料理の伝統があるからかもね。
中国語では今も石鹸の意味に肥皀の語を充てているね、

457: 世界@名無史さん 2006/12/15(金) 12:55:14 0

アメリカがまだ貧しかったころ ジャック・ラーキン 著 杉野目 康子訳 青土社

図書館で軽く読んだだけだが、公衆衛生に人一倍うるさい今のアメリカじゃ信じられないくらい
19世紀前半までの米国一般庶民の公衆衛生の概念は日本より低かったみたいね。
この本読んでから「大草原の小さな家」とか見るとまた違った印象持つかも。
(それ以外でも当時の生活習慣等興味深い記述ある・・・ただ固めの内容なのでその辺承知で。図書館でどうぞ)

461: 世界@名無史さん 2006/12/23(土) 23:14:44 0
そういえば、GHQは公衆衛生に力を入れていた

469: 世界@名無史さん 2007/03/03(土) 21:46:30 0
以前、テレビでヒンドウ教徒一家の食事の様子を見たが、床に直接坐って、食事をしていた。
食事後、ちょうど日本で食卓を布巾で拭くように、床を牛の糞で拭いてた。

牛の糞を汚れを清める力を持っていて、床はきれいになるそうだ。

472: 世界@名無史さん 2007/03/04(日) 02:39:18 0
東アフリカのディンカ族は、朝起きたら、牛の小便で顔を洗う。
インドや牧畜民族にとって、牛は、絶対にきたないカテゴリーには入らない。
465: 世界@名無史さん 2007/03/03(土) 15:09:33 0
衛生観念と関わると思うのだけど、日本人は皮膚接触を嫌う傾向が強い。

デパートの女子用トイレから和式便器が無くならないのは、便座に直接接触する洋式を嫌う人が必ず居るからという。
挨拶としてのキスや握手がそれほど広がっていないのも、同じ理由だろう。

関連記事【接吻】キスの発祥と分布について【愛情表現?】


470: 世界@名無史さん 2007/03/04(日) 01:59:28 0
>>465
間接接触といえば、食器について。
外食の店ではたいてい、箸は使い捨ての割り箸が主流な一方、スプーンやフォークは洗って使い回すのが主流。和食と洋食の文化差と何か関係しているのかも。

国によっちゃ、ストローすらも洗って使いまわす社会もあるかも知れんw

471: 世界@名無史さん 2007/03/04(日) 02:21:11 0
和食器の用法に関して、ご飯茶碗や箸、湯飲みが個人専用となって習俗について、考古学の佐原真が「属人器」と命名している。平安京の遺跡から、底に名前の書かれたお椀が見つかり、すでに個人専用が行われていたらしい。

日本人は、他人の唇(あいるは唾か)が触れた物は、汚いものとする感覚をずいぶん昔から持っていたようだ。
挨拶のキスは当然、普及しないわな。

520: 世界@名無史さん 2007/10/15(月) 17:31:38 0
>>472
遅レスだが、それは水事情の悪さもある。
下手にそこらの水を利用するより牛や馬などの家畜の小便の方が安全とみなされてる為

473: 世界@名無史さん 2007/03/04(日) 20:12:02 0
鍋など一緒。
個人専用は、身分の高い一握りに人間だけ。

474: 世界@名無史さん 2007/03/05(月) 03:36:36 0
>>473
近世後期に箱膳が普及すると、庶民まで属人器の習俗は広まったのでは?
箱膳は、個人専用の銘々膳であり、内部に入っている食器も当然個人専用となるはず。
また、箱膳時代には、食器は毎回洗らず、食後はお茶を入れてすすいで飲んで、おしまい、だったので、他人の食べかすがこびり付いている食器を使い回しすることには、抵抗があったのでは?

476: 世界@名無史さん 2007/03/05(月) 21:17:06 0
箱膳は、江戸中期には有ったはずだが。

466: 世界@名無史さん 2007/03/03(土) 15:52:11 0
このスレの前の方に、入浴習慣が話題となっていたが、入浴回数が多いほど衛生観念が高いとは言えない。

アメリカ人に言わせると、一人が入浴するたびに、浴槽の湯を換えない日本人の入浴は、前の人の垢の浮いている湯に平気で入る、汚い習慣だそうです。

478: 世界@名無史さん 2007/03/05(月) 21:37:00 0
>>466
貧乏人の日本人の習慣。
昔は湯沸しに手間がかかり、今は水道代高い、と。
お金が十分あれば、一人ひとりかえるだろう。
でも、湯船から出た後にシャワーするもんじゃないの?

湯船につかりながら石鹸で体を洗い、石鹸を流さずにタオルで拭くアメリカ人のほうが不衛生。すすぎがかんじんなのに。

479: 世界@名無史さん 2007/03/06(火) 01:45:25 0
昔のほうが風呂の水には苦労しただろ。
湯船の脇に水道があるわけではなく、いちいち井戸から釣瓶で汲み上げ、天秤で運んで風呂桶に流し込むんだぜ?これを延々と繰り返す。敷地のなかに井戸がある場合はいいが、水に乏しい地方だったら川まで汲みに行かなきゃなんなんだよ。重い水桶を天秤にぶら下げて。
よろよろ運んでいるうちに振動でこぼれて減る。転んだら一巻の終わり。

485: 世界@名無史さん 2007/03/10(土) 18:15:28 0
>>479
だから一人風呂じゃなくて家族風呂になったんだろ

480: 世界@名無史さん 2007/03/06(火) 03:37:23 0
>>478
昔の風呂の話:もらい風呂の制度。

水道やガスのない時代、風呂を沸かすことは、大変な労力と費用がかかるので、各家で浴槽施設を持つような時代になっても、毎日沸かすことはせずに、数軒の家でグループを作り、持ち回りで一軒ずつ沸かして、そのグループの家の人全員で入っていた。

したがって、一軒の家が風呂を沸かすと、10人以上の人が入ることも珍しくなく、最後の方は、湯も少なく、垢で底も見えないぐらい濁っていたという。

これを「もらい風呂」といい、1960年ごろまで各地にあった。

468: 世界@名無史さん 2007/03/03(土) 20:59:00 0
昔の農家では、垢までも肥やしの材料と見なしていた。
効率よく垢を集めるために何日も湯を換えなかったり、肥桶の隣に風呂桶を据えることすらあった。

当然臭気はすさまじく、とてもゆったり浸かることはできない。

482: 世界@名無史さん 2007/03/08(木) 20:06:19 0
貝原益軒は『養生訓』で、沐浴の習慣を勧めているが、それでも週に2,3度にだったように記憶している。

しかも、その当時の家庭風呂は、縦横・高さともに60㎝ぐらいで、風呂桶というより、たらいを縁(ふち)を高くしたような感じだった。その上、じか火焚きではく、別に沸かした湯を注ぎ入れるやつ。

483: 世界@名無史さん 2007/03/10(土) 00:11:15 0
ヨーロッパも19世紀まではヒップバスだっただろ

484: 世界@名無史さん 2007/03/10(土) 12:58:12 0
一般的には、衛生観念の発達はヨーロッパが世界をリードしてきた感があるが、それは19世紀以降のことで、それ以前の欧州は、衛生に余り関心がなかった。

かえって、江戸時代の日本のほうが、衛生観念は同時代の欧州より発達していた。

アラン マクファーレン『イギリスと日本―マルサスの罠から近代への跳躍』 船曳 建夫 (翻訳)
江戸時代の日本が世界一衛生面で優れた都市であったこと、病気を防ぐ積極的な予防が行われていたことなど、
江戸時代の先進性に改めて驚かされます。(アマゾンレビューより抜粋)

486: 世界@名無史さん 2007/03/11(日) 11:33:06 0
>>484
>かえって、江戸時代の日本のほうが、衛生観念は同時代の欧州より発達していた。

そんなの誰もが知っている常識。

風呂屋のお湯は取り替えないから、ドロドロなのは知られていないがな。

488: 世界@名無史さん 2007/03/15(木) 03:44:57 0
>>486
ドロドロの湯に毎日のようにはいる日本人と、めったに入浴しないが、一回ごとにお湯を取り替える西洋人。 どちらが、衛生観念が発達していると言えるのか。
当たり前の話だが、「近代的衛生観」がなかった時代の人に向かって、「不衛生だ」と非難することは、全く無意味だ。

近代的衛生観を投影せずに、当時の人の衛生観念(おそらく浄/不浄と言ったようなものか)を論じたいものだ。

489: 世界@名無史さん 2007/03/21(水) 19:24:43 0
古代ローマの風呂も、風呂上がりにオリーヴ油を塗ったり、砂を身体にまぶしたりしている。オリーヴ油はともかく、砂をまぶしたら衛生的には・・・・

490: 世界@名無史さん 2007/03/21(水) 20:12:23 0
どうだろうね。
鳥や獣なんかは衛生面でよく砂浴びするんだが。

491: 世界@名無史さん 2007/03/21(水) 22:47:01 0
砂といっても、砂漠の砂のようにほぼ無菌状態っていうシロモノと、公園の砂場の砂のように雑菌と寄生虫の卵満載というのと激しく違うからなぁ。

496: 世界@名無史さん 2007/03/26(月) 23:35:02 0
日本人は刺身が好きだから寄生虫が多かった。
   ↓
わさびには寄生虫防止の効果があった。

すべての寄生虫は防止できたかのような展開もよくあるよな。

497: 世界@名無史さん 2007/03/26(月) 23:47:34 0
アニサキスは山葵醤油の中で何時間も生きられるらしいね

498: 世界@名無史さん 2007/04/07(土) 22:33:39 0
ナスビの焦げたので歯磨きしていたって聞いた
あとウグイスの糞で顔をパックすると色白になるとか

499: 世界@名無史さん 2007/04/09(月) 22:15:27 0
江戸時代の歯磨き粉は、ハマグリの貝殻と塩を混ぜて焼いたものだったらしい。

501: 世界@名無史さん 2007/05/01(火) 17:14:53 0
吉川弘文館から、平安京の臭いに関する本が出ていた。
立ち読みしたが、死体の腐敗臭を嗅ぐことは、貴族でも日常的だったらしい。

502: 世界@名無史さん 2007/05/01(火) 17:20:01 0
平安期は便所が無く、貴族は木の箱にウンコをしてから川に捨てた。
庶民は路上に垂れ流し。死体は風葬で犬に食い散らかされる。
死体とウンコの香りにまみれた生活だったのです。

504: 世界@名無史さん 2007/05/01(火) 20:43:22 0
>>502
19世紀初頭でも、それに近い状態だったパリに比べれば、京都は、衛生的な都市といえる。
19世紀の京都は、さすがに死体とウンコの香りにまみれた生活ではないだろう。

503: 世界@名無史さん 2007/05/01(火) 20:09:31 0
衛生観の変遷って、面白いな。
21世紀の日常生活も、数世紀すれば、かなり奇妙なものに思われるんだろうな。
我々には日常過ぎて、記録しようとさえ考えないような内容が。

ちなみに「童子尿」や「馬糞」を必須成分とする漢方薬は、現在でも使用頻度が高い。

513: 世界@名無史さん 2007/09/18(火) 21:43:34 0
 
男の3人に1人手洗わず 米公衆トイレで

【ワシントン17日共同】公衆トイレで用を足した後、手を洗わない人は男性の3人に1人もいる一方、 女性では8人に1人にとどまることが、米微生物学会と米せっけん洗剤協会が米国内で行った実態調査で17日分かった。

野球場や水族館などの公衆トイレ6カ所に調査員を派遣して、18歳以上とみられる男女それぞれ約3000人が手洗いをするかどうかを観察する方法で調査した。

その結果、4人のうち3人に相当する77%が手洗いをしたが、2年前に同じ場所で行った調査に比べ6%も低下。男性は66%にとどまったが、女性は88%と比較的高かった。

場所によっても異なり、野球場では男性の半分近い43%が手洗いをせず、逆に水族館では男性の81%が手を洗った。

感染症の拡大防止には手洗いが最も効果的として、微生物学会はトイレ後などの手洗いを勧めている。

2007/09/18 09:00 【共同通信】

514: 世界@名無史さん 2007/09/18(火) 22:30:33 0
日本も意外と多いけど。男は

516: 世界@名無史さん 2007/09/22(土) 23:00:36 0
自分のちん○んより水道の蛇口の方が汚いだろ。

517: 世界@名無史さん 2007/10/13(土) 20:59:49 0
>>516
そういえば、ちん○んを触った手で蛇口をひねって水を出し、手を洗った後、またその蛇口をひねって水を止める……手を洗う意味なくね?
最近公共のトイレではセンサー式の水道が増えてるってことは、同じこと考える人が結構いるんだろうな。

関係ないけど、ユダヤ教徒はおしっこする前に手を洗うらしい。
大事な所を穢れた手で触るわけにはいかない、という理由で。

518: 世界@名無史さん 2007/10/13(土) 21:19:28 0
センサー式が増えてるのは元々は水出しっぱなしのバカが多くいたからだよ。

525: 世界@名無史さん 2007/12/12(水) 14:41:22 0
フランスでは貴族がパーティのときはマフという筒状の手袋のような防寒具にポットのようなものをかくし入れて、パーティー中にウンコがしたくなったら木蔭や隅でポットにウンした

貴族の靴は、服と同素材のものを履いて街は人間のンコだらけなので、汚れるから外出時はその靴プラス金属かなんかの履物を履いてたと、西洋服装史の時間ならた

学校の研修旅行でヨーロッパいったときバスガイドがタバコは道端に火を消さずにポイ捨てしていい定期的に水で流すからと聞いてビックリした。

528: 世界@名無史さん 2008/01/12(土) 22:10:03 0
安政6年のコレラの大流行で、うちの先祖は妻と娘を亡くしました。(このほか隣に住む従妹も)

この時領内では、対応の手立て無く、
「諸村祈祷として思ひ思ひ俄踊り、或はささら・神楽・大正月等色々此節御座候、鉄砲嫌ひ之由にて、空筒鴨敷放申候」
藩でもせいぜい神社へ「二夜三日御祈祷御座候」
といった有様でした。

532: 世界@名無史さん 2008/02/05(火) 01:33:19 0
>>528
幕末のコレラ流行では、悪い年を終わらせるために、俄に正月行事をすることが各地にあったみたいだね。

差し支えなければ、史料のソースを教えてよ。

534: 世界@名無史さん 2008/02/05(火) 22:30:33 0
流行(はやり)正月のことですね。
辞書にも載っていた。
「世の中の悪い年に、正月でもないのに門松などを立て、早くその年を終わらせ翌年にしようとする呪術的行事。取越正月。」

『日本国語大辞典』

546: 世界@名無史さん 2008/08/29(金) 08:51:02 0
地域間での虫歯菌の保有率の違いとか知りたいな。

虫歯菌でも、米由来の歯垢を好む種類とか、麦由来の歯垢を含む種類とか、あったりするのかな?

ちなみに俺も虫歯菌は持ってないようで20くらいまでまともに歯磨きしてなかったけど虫歯にはなったことがない。
今は口臭予防で毎食後歯磨きしてるが。

549: 世界@名無史さん 2008/12/27(土) 04:35:13 0
葉を磨くという行為が、虫歯予防だけではなく、歯茎のマッサージや歯槽膿漏防止という意味合いがある。

550: 世界@名無史さん 2008/12/27(土) 11:19:15 0
というか、どっちかというと後者の目的の方に比重が置かれるようになってきてるね。

551: 世界@名無史さん 2008/12/28(日) 22:04:01 0
虫歯になりやすい食文化となりにくい食文化とかあるのだろうか

552: 世界@名無史さん 2008/12/28(日) 22:21:53 0
あるだろうね、そりゃ。野菜中心なら少なそうだし。
お菓子やジュースばっか取ってたらなりやすいだろうし。
まあ現代食はどっちかというとなりやすそうだなあ。
昔の日本食は少ないかな?

でも虫歯になりやすいかどうかは、食事以外の原因も大きいとも聞くから、どれだけ影響するかな。

554: 世界@名無史さん 2008/12/29(月) 19:48:29 0
>>552
>あるだろうね、そりゃ。野菜中心なら少なそうだし。

芋とか穀物とか、でんぷん質が多い食事は虫歯になりやすそうな。

565: 世界@名無史さん 2009/03/12(木) 06:32:50 O
歯磨きしなくても虫歯にならず歯も真っ白で綺麗な国の人がいると羨ましい。

引用元: ・【はみがき】衛生概念の歴史【しゃんぷぅ】

清潔の歴史―美・健康・衛生
ヴァージニア スミス
東洋書林
売り上げランキング: 638,371