1: 日本@名無史さん 2011/12/17(土) 19:51:08.44
家光かのう?








2: 日本@名無史さん 2011/12/17(土) 19:56:18.22
源経基

3: 日本@名無史さん 2011/12/17(土) 21:30:32.17
経基は清和源氏の始祖としては小物感がありますね。
まあ都暮らしからいきなり平将門のいる坂東では、役者違いすぎ。

4: 日本@名無史さん 2011/12/20(火) 01:08:13.84
小早川秀秋

35: 日本@名無史さん 2012/01/15(日) 22:46:26.13
>>4
「小早川秀秋、関ヶ原の決着をつけた男」
という意味では大物なんですがねえ。
三成もとんでもない人を仲間にしたもんです。

5: 日本@名無史さん 2011/12/20(火) 01:41:11.92
蘇我蝦夷

36: 日本@名無史さん 2012/01/15(日) 22:53:21.64
>>5 
馬子と入鹿に挟まれて存在感が薄いですが蘇我氏の最盛期を築いた人物なので大物なんでしょう。

ただ、入鹿が殺されたあとのあっけない滅び方を見ると北条高時っぽくはありますね。

6: 日本@名無史さん 2011/12/20(火) 02:16:26.89
平宗盛

36: 日本@名無史さん 2012/01/15(日) 22:53:21.64
>>6
平家滅亡の責任者なので、小物に描かれざるを得ませんね。

8: 日本@名無史さん 2011/12/21(水) 22:44:01.01
藤原信憲(信西)
赤座、小川、朽木
松平忠固


38: 日本@名無史さん 2012/01/15(日) 23:04:45.79
>>8 
信西は悪左府がかなり買っていたようです。 
赤座、小川、朽木は小物には違いないけど、関ヶ原フリークでないと誰も知らんのでは。 
松平忠固の事蹟をご教示ください。 

14: 日本@名無史さん 2011/12/29(木) 16:11:16.08
井上馨の小物感は異常

>>8
信西は大物感ただよう

39: 日本@名無史さん 2012/01/15(日) 23:14:08.61
>>14 
井上馨はどうかなあ。清濁併せのむ、という部類に入るような・・・。
13: 日本@名無史さん 2011/12/29(木) 10:43:41.94
ちょっと意味が違うが、
鎌倉幕府最後の執権・北条守時なんかも小物感ある。

39: 日本@名無史さん 2012/01/15(日) 23:14:08.61
>>13 
守時を出すなら高時でしょう。

131: 日本@名無史さん 2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>13
なんで守時?ネタだよな?w
尊氏の義兄というジレンマに苦悩しつつも、北条一門で最も最後まで奮闘した武将なのに

140: 日本@名無史さん 2013/12/17(火) 03:21:04.65
>>131
守時は、本人は立派な人物だったが与えられた役割があまりに小物すぎたって意味で小物

執権のくせに長崎某に頭が上がらないし、執権のくせに裏切り者呼ばわりされるし、何より現役の執権のくせに、真っ先に出陣して討ち死にとか・・・

16: 日本@名無史さん 2011/12/31(土) 18:00:20.62
晩年の山県有朋

40: 日本@名無史さん 2012/01/15(日) 23:22:58.16
>>16 
山県も毀誉褒貶の多い人物ですが、やはり彼なしに日露の勝利はなかったような・・。

19: 日本@名無史さん 2012/01/01(日) 13:46:32.40
道鏡

24: 日本@名無史さん 2012/01/02(月) 22:35:56.53
>>19
大物っぽい
橘諸兄、藤原広嗣、仲麻呂、玄ぼうあたりが

27: 日本@名無史さん 2012/01/03(火) 05:19:40.08
>>19
道鏡って本人は皇位簒奪なんて大それた野心なくて女に引きずられてあそこまでやったって感じがする
そういう意味では小物

32: 日本@名無史さん 2012/01/03(火) 10:03:49.36
道鏡は人間的には小物だけど別の意味で大物なの

21: 日本@名無史さん 2012/01/01(日) 17:11:26.73
足利持氏
経基には勝てないが

25: 日本@名無史さん 2012/01/02(月) 23:53:49.62
鳥居耀蔵
小物感あふれる大物?

29: 日本@名無史さん 2012/01/03(火) 09:53:19.12
家柄の良さと歴史上の役割から言って
斯波義銀はかなり小物レベル高い。

34: 日本@名無史さん 2012/01/08(日) 22:37:16.71
後鳥羽上皇一択
まあ歌人としちゃ評価高いか

43: 日本@名無史さん 2012/01/16(月) 13:57:15.32
なぜか大河で源為義が小者に描かれている

68: 日本@名無史さん 2012/02/18(土) 21:54:18.24
>>43
だってこれだもの

為義が昇進できなかった最大の原因は、本人と郎党による相次ぐ狼藉行為だった。以下に記録に残る事例を列記する。

永久2年(1114年) 5月、源行遠の郎党を殺害した犯人を匿う(『中右記』5月13日条)。
5月、尊勝寺領信濃荘の年貢強奪事件で、源光国が犯人を捕らえて押収物を検非違使庁の源重時に引き渡すが、重時の郎党・公正がその多くを奪って逃走する。為義は公正を匿い、検非違使庁の再三の督促を無視(『中右記』5月16日条)。
8月、九条太政大臣(藤原信長)の後家が、下野国の家領を管理する為義郎党の追却を訴える(『中右記』8月3日条)。
8月、国衙領の雑物を押し取ったとして、上野国司が為義郎党の家綱を検非違使庁に告発。
為義は自分の郎党ではないと主張して、叔父の源義国と争論に及ぶ(『中右記』8月16日条)。

大治4年(1129年)正月、殺人を犯した源光信の郎党が赦免された際に、奪い取って自らの郎党にしようと図り、光信と合戦寸前になる(『中右記』正月7日条)。
11月、興福寺衆徒による仏師長円暴行事件で、犯人追捕のため他の検非違使と共に南都に派遣されるが、逆に首謀者の悪僧・信実を匿って鳥羽上皇から勘当される(『長秋記』11月17日条)。

大治5年(1130年)5月、延暦寺の悪僧追捕の際、郎党が誤って前紀伊守・藤原季輔(鳥羽上皇の生母・藤原苡子の甥)に暴行を加えたことで、検非違使別当・三条実行により勘事に処される。源師時は「為義の作法、児戯の如し」と評す(『長秋記』5月14日条)。

長承2年(1133年)9月、為義の郎党が丹波国に赴いて多くの人々を殺害(『長秋記』9月15日条)。

他にも五十人の子供がいたとかろくな話がない
ぶっちゃけ自分は出世できなかったくせに出世してきてた義朝の邪魔するとかとんだ足引っ張りだなとか思った

56: 日本@名無史さん 2012/01/20(金) 14:36:17.37
小山田信茂
武田家滅亡時の醜態は惨め

59: 日本@名無史さん 2012/01/27(金) 02:44:35.21
>>56
穴山梅雪はもっと小者なかんじがする

60: 日本@名無史さん 2012/01/28(土) 04:04:03.68
長州なら桂・山県・前原は名前のわりには小物臭が・・・

あと三条実美・武田観柳斎・孝明天皇とか
あとは下って林・阿部・平沼あたりの総理『複雑怪奇』あたり小物観溢れる


65: 日本@名無史さん 2012/02/06(月) 09:00:51.17
大野治長・片桐且元も小物感あふれるが、やっぱ小物かなぁ。

福島正則あたりならなんとか小物っぽい大物っぽく。

66: 日本@名無史さん 2012/02/08(水) 03:06:16.61
小物臭というのは、政治的位置の割りに大局観がなく小事にこだわる人物ってことかな?

70: 日本@名無史さん 2012/05/25(金) 02:01:21.58
秀忠だろ

74: 日本@名無史さん 2012/06/01(金) 00:34:26.60
>>70
秀忠はむしろよ
小説などのメディアの悪影響で矮小化されてる気がしてならん

76: 日本@名無史さん 2012/06/01(金) 15:18:26.21
紀古佐美
大敗北の詳細のみならず、嘘の報告で桓武天皇に大目玉食らうところまで正史に記録されちゃった人。

108: 日本@名無史さん 2013/05/15(水) 23:28:35.31
前田利家は百万石以上領有した家の始祖としては、圧倒的に小物

109: 日本@名無史さん 2013/05/16(木) 06:29:29.04
隆慶一郎のせいだな
o0420029812883005342


115: 日本@名無史さん 2013/05/25(土) 20:21:53.36
源頼義

敵将を残虐に処刑するなど源氏の中でも1・2を争うDQN
「炎立つ」でも救いようがない悪人として描かれていた

135: 日本@名無史さん 2013/12/16(月) 01:25:24.56
一橋治済
コソコソと絶えず悪さを画策してるイメージ

136: 日本@名無史さん 2013/12/16(月) 18:10:46.59
徳川慶喜だろう
少なくとも普通の男なら、あそこで大戦をしていたわ

139: 日本@名無史さん 2013/12/17(火) 01:07:49.45
森林太郎
文学者としては偉大だが医者としては…

142: 日本@名無史さん 2013/12/17(火) 09:53:05.62
>>139
陸軍軍医総監が「小物」か?

確かに脚気では対策を間違えたが、
そういう議論で一方の頭目となったこと自体大物だったことを示してるし、
世の中の大抵のお医者さんはもっと遥かに小物。

143: 日本@名無史さん 2013/12/17(火) 10:40:48.39
>>142
でも、性格は猪瀬並みに険しかったそうじゃないかww
なにせ上司(をモデルにして)を自分の小説に登場させて、ボロカスにたたいていたのだからな
しかも、その上司を飛び越えて、山県有朋に媚を売るとかww

152: 日本@名無史さん 2014/01/13(月) 01:50:38.51
幕末の絵師・冷泉為恭。

冷泉家と縁もゆかりもないにもかかわらず、冷泉の家名に加え通字の「為」まで無断使用。
幕末になると不注意な言動から、尊攘派に追いかけられ、逃げ回った挙句捕まってシボンヌ。
偉そうな名前と、実際の小物感が半端ない。

153: 日本@名無史さん 2014/01/13(月) 02:59:53.92
小物臭がするということは、 逆にそいつは社会的にはある程度の大物ってことだ

154: 日本@名無史さん 2014/01/13(月) 12:25:39.27
そりゃ歴史に名が残っている人物を挙げてるんだから当然だわい

引用元: ・小物臭溢れる歴史人物は?