312RENDMPML



1: 世界@名無史さん 03/10/09 13:31
バスクについて語ってください









Basque_Country_location_map


バスク地方


歴史的な領域としてのバスク地方は、バスク人とバスク語の歴史的な故国を指す概念であるピレネー山脈の両麓に位置してビスケー湾に面し、フランスとスペインの両国にまたがっている。スペイン側にはバスク州の3県とナバーラ州の計4領域があり、フランス側にはフランス領バスクの3領域がある。

バスク・ナショナリズム運動の中で「サスピアク・バット」(7つは1つ)というスローガンが掲げられ、7領域からなるバスク地方の地理的範囲が示された。






8: 世界@名無史さん 03/10/09 16:59
フランス側でも牛追い祭りが盛ん
街並みや雰囲気もスペイン側と変わらん

バスク語はインドヨーロッパ語族ではない
バスク人のDNAも他のヨーロッパ人と違うそうな

経済はスペインでいい方
自治政府に自治権が広範に与えられている
でも、ETA(バスク祖国と自由)がテロを継続中である

野郎が手料理で腕自慢をする

俺の知ってることは大体そのぐらいだ

あ、それとイエズス会のロヨラとザビエルがバスク人だ
ゲルニカはバスク内の都市でドイツの空爆を食らった

11: 世界@名無史さん 03/10/09 17:07
フランシスコ・ザヴィエルはバスク人

14: 世界@名無史さん 03/10/09 21:01
バスク語って、どんな言語でつか

94: ACE ◆Z7a1IZ9GTI 03/10/30 02:09
>>14
バスク語(ウスカラ)
言語の起源は不明。話し手人口はスペインに約62万人。フランスに約8万人。
悪魔が7年間バスクにいてやっと3つの単語を覚えたという。難解という意味?

96: パシッチ ◆mWYugocC.c 03/10/30 18:30
>>94
難解で有名らしいです。
動詞が、主語の人称と直接目的語の人称と間接目的語の人称に従って変化するらしい。

16: 世界@名無史さん 03/10/09 23:08
バスク語、自称エウスカドゥ。

能格言語などの共通点からカフカス諸語との同系説も存在するが未だ不詳。
ローマ領に入る以前から現在の地に分布。
かつては西・仏両側へさらに広く分布していたものと考えられている。

ラテン語などのイタリック語派言語の長い影響下にあって、現代では固有語彙の90%以上が外来語であるが、特異な統辞法や造語法など、文法の根幹では先印欧語族のものと思われる特徴を今日によく留めている。
 
31: 世界@名無史さん 03/10/11 23:21
ベレー帽のゆらいは、バスク地方の農民の帽子からきている。

629: 世界@名無史さん 2006/02/01(水) 09:11:22 0
最近、スペイン料理がブームなのですか?
バスクも、料理の腕を競う男たちがいます

630: 世界@名無史さん 2006/02/02(木) 03:16:39 0
日本人好みの魚料理多いしイタリアンの下地もあるし、パエリア以外でも受ける要素は多いと思う

636: 世界@名無史さん 2006/02/20(月) 23:40:04 0
バスク人差別ってフランス、スペイン以外どこか顕著な国ってある?
日本人はユダヤ人とかバスク人差別していないよね(一般的に)

637: 世界@名無史さん 2006/02/21(火) 03:38:13 0
一般の日本人はバスクなんて知らないだろう。
差別ってよそもの意識が生まれる程度には接触がないと生まれないし。

651: 世界@名無史さん 2006/05/03(水) 02:03:41 0
画家のゴヤもバスク人だったんだな。
こないだの「新日曜美術館」で初めて知りますた。

652: 世界@名無史さん 2006/05/09(火) 23:12:15 0
ローマのイベリア征服で最後まで抵抗したアストゥリア一帯も当時はバスク人の居住地だったんでしょうか?

653: 世界@名無史さん 2006/05/31(水) 01:14:10 0
アストゥリアはケルト人。
バスクは昔から今の場所に住んでいた模様。

654: 世界@名無史さん 2006/06/03(土) 03:50:20 0
いろんな有名人がバスク人て聞くから眉唾に思えてならないんだが・・・・・

664: 世界@名無史さん 2006/08/07(月) 21:55:39 0
>>654
バスクの社会は長子相続だから次男坊以下が自立して成功したければ他所に行って一旗揚げなければいけなかったから。だから植民者やらマドリードで仕官して出世したやつとか多い。

あと、選民意識が強いので混ざらないでバスク意識を保つ。

最後にバスク認定というか、19世紀以降かなり強引にバスク伝説の捏造は言いすぎだけど、優秀な選民バスク人神話の強化。

665: 世界@名無史さん 2006/08/07(月) 23:55:04 0
いくら文化的に影響されていて、いくら血が混ざってるとしても
民族の祖がどう考えても違うからなぁ
規模が違うけど中国に対する日本も同じ

667: 世界@名無史さん 2006/08/11(金) 12:19:24 0
中国-日本とかと比較する意味が分からない。スペインの中心部には常にバスクがいたし、近世まではカスティリャと一番緊密に繋がっていたのがバスクでしょ。一番初期に連合した。ほぼ一体だよ。

中国に常に日本人の政治家や将軍や豪商がいたとか、中国経済の中心を担っていたのが日本人だったなんて聞いたこと無いぞ。中国の王朝の軍隊の中心部に日本人軍団がいたとか。

バスクは言葉だけのものだったと思うけど。カスティリャ政治・商業・文化圏の中でバスク語を話す人たち。
19世紀後半になってからだろ、「民族」とか言い出したのは。それもカタルーニャの真似というか影響下に。ある意味イスラエル並みに怪しいぞ、太古からバスクっていう民族・独立王国があったなんて主張は。あくまでも後付けだと思うぞ。19世紀より前にそんなバスク「民族」意識なんて薄い。
もちろんバスク語とバスク人は厳然として存在していたけれども。スペイン的な保守的カトリックの文化・風土が一番強かったのもバスク地方だろ。

スペインからバスクを引き離して単独で語ろうというのが無理がありすぎるといつも思う。

699: 受験生 2006/11/16(木) 21:32:59 0
なぜスペインはバスク地方の独立を許可しないのですか?
勉強不足ということはわかっていますが、どうやって調べたらいいのかもわからないので教えてください。

700: 世界@名無史さん 2006/11/16(木) 21:38:07 0
>>699
カタルーニャ、ガリシアなど他地方も分離独立されかねないのと、バスク地方が、スペインの先進商工業地帯だから。

704: 世界@名無史さん 2006/11/19(日) 20:46:59 0
そもそもバスクっていうのはカタルーニャなんかと比べると、中央スペイン(カスティーリャ)とは比較的良好な関係を保ってきていた。地域社会的にはともかく、内政・外交・商業的にはほぼ運命共同体にあった。

それが遅ればせながら始まった産業革命により大躍進を遂げた豊かなバスクの都市へと貧しいアンダルシアやカスティーリャからの大量の国内移民が流れ込み、旧来のコミュニティが脅かされて多数派の位置を失いかけ、そのなかで「純粋なバスク」とか「独立した国としてのバスク」っていう発想が生まれてきた。あんま「バスク」神話ってのは文字通りに受け取るべきではないと思う。近代になって生まれた結構新しい問題。

707: 世界@名無史さん 2006/12/02(土) 00:12:15 0
ヨーロッパでは強硬なテロ路線よりもチベットみたいな平和主義路線のほうが独立を実現できた可能性が高かったんではないかな?
ここまでこじれると今更路線変更もくそも無いだろうけど。

バスク祖国と自由

バスク祖国と自由(略称ETA )は、バスク地方の分離独立を目指す民族組織である。バスク紛争のさなか数多くのテロ事件を起こしたことで知られている。

2010年9月5日までに、「バスク祖国と自由」はビデオ声明を出して武装闘争の停止を決めたと発表したと英BBC放送や地元メディアが伝えた。2017年4月7日付の書簡では完全武装解除を行うと表明。翌8日には武器を秘匿している場所のリストをフランス警察に渡し、武器引き渡しを行った。


713: 世界@名無史さん 2007/01/12(金) 01:37:31 0
バスク人の特徴。。
顔が大きくて鼻も大きい
ついでに首も太い バスク人のお祭りからわかる

714: 世界@名無史さん 2007/01/12(金) 08:14:29 0
>>713
肌も褐色

717: 世界@名無史さん 2007/01/16(火) 19:53:06 0
バスクを一週間ぐらい旅行して思ったけど、「いかにもバスク」っていう一般的スペイン人とは異質の顔って4人に1人ぐらいの印象だったな。
なんか混じってるなーって感じのがさらに4人に1人ぐらいで。

19世紀以降大量に他の地方から国内移民が流入したらしいから「バスク民族」とか言っててもかなり混ざっただろうし。

719: 世界@名無史さん 2007/01/29(月) 17:28:11 0
海外旅行板のほうで一瞬盛り上がった、バスクの首都論議。
きっかけは、ある有名な旅行ガイドブックの以下の記述。

「しかし、バスクの首都とも言うべきこの町も、突出した工業の発展のせいで巨大な人口流入を招き、その結果、バスク地方のなかでもっともバスク人の少ない、もっともバスク語の話されない都市になってしまった。それでも、かつては自治政府がおかれていたこともあるこの町が、いまだにバスクの首都であることには変わりない。」

「緑豊かなバスクの古都ビトリア アラバの県都、ビトリアにはパイス・バスコ自治共同体の議会と首長官邸が置かれている…」

かなり意味不明の文章ですが、なにやら書き手の強い思い入れなり、意図が、漂っている気もします。皆さんはどう思いますか?

722: 世界@名無史さん 2007/01/30(火) 09:57:31 0
ビルバオにあったって言う自治政府って今のバスク自治州とどういう関係?
あと、ビトリアの「パイスバスコ自治共同体」って今のバスク自治州政府のこと?
わかりにくい説明だね。

724: 世界@名無史さん 2007/02/24(土) 14:16:58 0
>>722
ビルバオに首都があったのは、20世紀初頭の内戦時代、共和国政府がマドリッドを追われ、
バレンシアに遷ってた時代に、混乱に乗じて自治政府成立を宣言し、フランコ軍に占領されるまでの約一年間、
”大統領”府が置かれていた事をさしているのかもしれません。

もしそうだとしたら、そのガイドブックのの記者の方、ものすごい思い入れですね。

726: 世界@名無史さん 2007/02/24(土) 18:44:58 0
実際ビルバオに一日(グッゲンハイム美術館行くため)とビアリッツに去年1ヶ月間言ったけど、別にふつーだったよ。全然危険じゃないし。
みんなやさしーし。ただ、アジア人が珍しーせいか人気だった。うふふ。

727: 世界@名無史さん 2007/02/24(土) 19:05:09 0
確かに、バスク地方はスペインの他の地方と違って、安全というか穏やかな感じが漂ってますよね。

ビルバオは積極的な再開発で活気を取り戻して、バスク観光のハブになってますが、あまりバスクとか歴史を感じる機会は多くないですよね。どちらかと言うと商業の街。

歴史的には、ゲルニカがこの地方の政治的な中心だったりしたこともありますし、歴史上唯一バスク全域を統一したナバラ王国があったころの中心はパンプローナだったりします。

現在のスペイン、バスク自治州の州都であるビトリアもとても雰囲気のある古い町並みが残っていたり、復元されたりしています。

ナバラ王国は、中世のイベリア半島北東部パンプローナより興った王国。824年バスク人の首領アリスタがパンプローナで王として選ばれフランク王国に対する反乱を率いたことによる。ナバラの名は、7世紀のスペインでの西ゴート族の時代が終わりを告げた頃から登場している。


736: 世界@名無史さん 2007/03/23(金) 11:35:30 0
>>727
>歴史上唯一バスク全域を統一したナバラ王国があったころの中心はパンプローナだったりします。

それは、パンプローナ王国のことですよね。
分裂後にナバラ王国になったのでは?
それで今もナバラとビスカヤ、ギプスコアはなかが悪い・・・

740: 世界@名無史さん 2007/04/07(土) 13:21:47 0
スペインって本当に先進国なの

742: 世界@名無史さん 2007/04/07(土) 19:12:56 0
スペインが民主化されたのが高々25年前のこと。
その前はファシスト独裁時代、その前は長い内戦時代が続いていたことは周知の事実。
その歴史を考えればこの25年の進歩はある意味驚異的なんじゃないかな。
それでも内戦、ファシスト時代の徹底的な弾圧の遺恨はまだ残っていて、、、

743: 世界@名無史さん 2007/04/10(火) 20:40:46 0
フランコ体制下の話は家族内でもしないのが一般的らしいな

744: 世界@名無史さん 2007/04/10(火) 22:26:03 0
だが皮肉な事に、あの時代の方が治安がよかった、生活もよかったと懐かしむ声もちらほら有るらしい。
弾圧を受けなかった側の民衆の実感はそんなものだろう。

753: 世界@名無史さん 2007/04/25(水) 16:11:42 0
何で独立運動とか民主化運動が左翼と結びついちゃったんだろ。
そのへんが悲劇の始まりだと思うんだけど、当時の時代ってのも有るのかな。

755: 世界@名無史さん 2007/04/28(土) 12:04:40 0
右左とかそういう単純なものじゃない。そんなんならこんなにこんがらがってない。

カタリスト戦争あたりから始まった話。だから別に反王政ではない。
むしろ他のスペインを置いて一足早く産業革命と国内移民が始まった豊かなバスクの悲劇。

貧しい中央政府は絶対にバスクを手放したくない。
中央部・南部からの国内移民の流入が逆にそれまでなかった「バスク民族」意識を発生・興隆させた。この辺が最大の理由。古来から続くバスク文化と伝統って言うのは人工的でロマンティックな幻想。

貧しい・保守的な中央 対 発展した豊かなバスク っていうのは基本構図。

キューバとかは完全にアメリカの植民地であのままじゃ未来がなかったわけだから全然内部条件も外部条件も違う。

756: 世界@名無史さん 2007/04/28(土) 15:27:40 0
バスク民族主義の祖であるサビーノ・アラーナだって元カルリスタで極右的だった。
バスク民族主義内に左派が生まれたのは、フランコの右翼独裁体制内でのイデオロギー対抗軸として左派が適当だったことや、現実の支援相手として東側があったことからだろ。
とりわけ当時は第三世界の民族解放運動と社会主義の結びつきも強かったわけだし。

764: 世界@名無史さん 2007/06/25(月) 10:01:45 0
フランシスコ・ザビエルも、バスク地方の出身だったんですよね。

768: 世界@名無史さん 2007/08/01(水) 14:20:32 0
ダルタニヤンもバスク

769: 世界@名無史さん 2007/08/02(木) 02:25:20 0
イエズス会の創設者イグナチオ・デ・ロヨラもバスク

771: 世界@名無史さん 2007/08/02(木) 03:50:18 O
シモンボリバルもフィデルカストロもバスク
チリのオイヒンス以外の独立の功労者にもバスク系多かったはず

773: 世界@名無史さん 2007/08/02(木) 23:49:38 0
>>771
他所の国で独立を果たしたバスク人たち…

まあ遺伝的にはブリテン島の住民も近いそうだけど…

770: 世界@名無史さん 2007/08/02(木) 02:54:33 0
考えてみればすごいよな
ケルト人でさえ印欧語族だというのに世界のどこの言葉とも類縁のない孤高の言語を持つ人々

ケルト人が入ってくる前のヨーロッパに蟠踞してたのはバスク人だろう
クロマニヨン人の直接の子孫と考えていいんじゃないか

772: 世界@名無史さん 2007/08/02(木) 23:47:12 0
>>770
クロマニョンは一万年以上前の人
バスク人が現れるまでどこに隠れていたのか…

781: 世界@名無史さん 2007/09/10(月) 21:04:11 0
っていうか、バスク人は少なくともローマ人よりは先にアキテーヌ・ガスコーニュ地方に住み着いてはいたということになってるんだが。

782: 世界@名無史さん 2007/09/11(火) 11:31:54 0
まあ、クロマニョン人の末裔だってとこまで行くと???だけどね。
ケルト以前に既に来ていてケルトと同居してたって言うのはアリなんじゃないかな。

いずれにせよスペイン・フランス国境の設定はずっと後のことなので

794: 没個性化されたレス↓ 2007/10/29(月) 22:25:24 0
アイルランド、イングランドの7割くらいがバスク人の、遺伝的に子孫になるそうだ。
ウェールズは、3割ケルトだけどイギリスは7割がバスク、後はゲルマン、ノルマン系なんだって。

834: 世界@名無史さん 2008/08/08(金) 23:05:50 0
>>794
だから似た様な雰囲気があるのか
アイルランドのケルト文化ってフランスとか他のケルト系を名乗る国と違ってバスクと共通点多いよね
神秘的な音楽や美しい風景が多い反面、ETAやIRAなどの過激派がいるという二面性も共通してる

838: 世界@名無史さん 2008/08/18(月) 23:30:16 0
バスクは、自由バスク国とナバル県に分かれていますね。
「歴史的経緯」があるんですか、それとも、自由バスクが出来るとき、「たまたま」ナバラの地方政権がマドリッド寄りだったから。

たとえば、スペイン継承戦争、カリオストロ戦争、スペイン内乱での対立とか、あったんでしょうか。

839: 世界@名無史さん 2008/08/19(火) 00:34:53 O
ナバーラは南が非バスク語圏だからじゃないかな?
昔はもっと広範囲にバスク人がいた筈だが 混乱に乗じてフランス側に大量に移住した結果ナバーラにバスク人が減り、スペイン人が増えただったと思う

848: 世界@名無史さん 2009/02/10(火) 22:15:52 0
地域主義のおかげで王様の存在感のあるスペイン

855: 世界@名無史さん 2009/06/21(日) 20:43:39 0
いま、スペイン・サラマンカにいるが、やっぱり何だかんだ言って、スペイン人の大半はバスク人嫌いなんだな…。
さっさとDELEに合格して、ビルバオに引っ越したい。

858: 世界@名無史さん 2009/07/11(土) 05:13:22 0
>>855
そういう状況だとバスクの人はどういう感じで暮らしてるの?
バスク人地区みたいなちいさいコミュニティにまとまってる?
それともできるだけ存在感を薄くして田舎に帰っておかんやおとんの前にいる時だけやっとほっこりして「イスラム混じりのえせヨーロッパ人がw」みたいな感じで溜飲を下げられるの?

865: 世界@名無史さん 2009/08/14(金) 21:30:30 0
>>858
バスク人といっても、今はみんなスペイン語(Castellano)が話せるから、表だって差別することはないみたいです。(むしろ、ヒスパニック系移民や、東洋人への差別のほうが顕著)
先日、広場で見たのですが…。民族舞踊を踊っていたバスク人のグループに「出てけ!お前らの土地でやれ!!」とヤジを飛ばすスペイン人が複数いたり、バスクは異民族だけどCastellanoの完全配下に置くべきという意見が多かったり…
爆弾テロが続いたばかりですので、スペイン人の気持ちも分かりますが、なかなか難しいですね。

856: : 2009/06/28(日) 10:13:43 0
バスク人はスペインの金融業を仕切ってるからなぁ。実際
優秀な民族ゆえの嫉妬もあるんだろうね。

868: 世界@名無史さん 2009/09/12(土) 20:27:35 0
民族自決やら国民国家やらの概念が出来たせいで、かえって小民族は活躍の場を狭めた印象はあるね。

たとえばアルバニアなんていまは欧州最貧国の一つに過ぎない存在だけど、19世紀にエジプトで新王朝を打ち立てたムハンマド・アリーはアルバニア人なわけだし。

869: 世界@名無史さん 2009/09/12(土) 20:28:43 0
バスクといえば「バスクの巨人」ミゲル・インデュラインを思い出す。

872: 世界@名無史さん 2009/09/20(日) 19:24:14 i
スペインでも19世紀はじめごろまではカルリスタ戦争のスマラカレギ将軍のような人物が活躍する余地があったし、南米ではシモン・ボリーバルやチェ・ゲバラ、サルバドール・アジェンデなどの大物政治家にバスク人は多い。

876: 世界@名無史さん 2009/09/30(水) 20:16:34 0
http://www.parties-and-elections.de/spain.html
スペイン凄いな
Regionalism(地方主義)とSeparatism(分離主義)だらけ
元々まとまりのない国だからな
「スペイン王」の称号が正式に使われたのも19世紀になってから

それまでは、
カスティーリャとレオンとアラゴンとナバラとグラナダとトレドとバレンシアとガリシアとセビリアと・・・・・・・・・・・・の王
が正式だった。

引用元: ・バスクの歴史




バスクとバスク人 (平凡社新書)
渡部 哲郎
平凡社
売り上げランキング: 269,250