1: 人間七七四年 2010/09/13(月) 14:55:26 ID:TIBWEcPJ
越前朝倉家に3代にわたって主君を補佐し、越前朝倉家の
繁栄を支えた朝倉宗滴公について語っていこう!








3: 人間七七四年 2010/09/13(月) 16:44:26 ID:KhKPP4wa
宗滴話記に出てくる信長台頭の記述は数ある写本のうち一種類にしか載ってないからあとで付け足されたって言われてるな

4: 人間七七四年 2010/09/13(月) 17:20:32 ID:kWNHI+30
流浪の明智光秀を雇ってくれた朝倉土佐という人がこの人ですか?

6: 人間七七四年 2010/09/13(月) 17:34:50 ID:KhKPP4wa
朝倉土佐は4代為景から分かれた分家の朝倉景継か、息子の景種じゃないか?

7: 凡眼では見えませぬ 2010/09/13(月) 17:53:01 ID:kWNHI+30
そうでしたか。
何かの小説で朝倉土佐が本願寺の坪坂伯耆との戦いの指揮を取ったとか書いてあったので気になりましてな。失礼しました

8: 人間七七四年 2010/09/13(月) 20:10:20 ID:TIBWEcPJ
でもこの爺さんはやっぱただ者ではなかったよな。

9: 人間七七四年 2010/09/13(月) 21:23:28 ID:tDlO4Jo3
朝倉宗滴が名将となったのは実母の東堂殿と2人の叔父である景冬と光玖あっての事だよね、地味だけど。
朝倉 景冬

朝倉 景冬(あさくら かげふゆ)は、室町時代末期から戦国時代にかけての武将。朝倉氏6代当主・朝倉家景の子として誕生。元は越前国守護斯波氏の軍奉行であった。越前守護斯波義敏と守護代甲斐常治との間に起こった長禄合戦や、応仁の乱などで兄・孝景と共に活躍する。特に応仁の乱での活躍はめざましく、『朝倉始末記』などによれば、京童から「朝倉の小天狗」といわれた。



19: 人間七七四年 2010/09/21(火) 23:27:07 ID:d1tBjhLq
武の方面ばかり語られるけどそれ以外にもいろいろおもしろいことやってるよね。 

九十九茄子を高く売りつけたりとかへそくり?隠してたのが近年発掘されたとか鷹を育てて細川高国と朝倉孝景に献上したり、鮭を人工養殖したとか。 
鮭好きな武将はけっこういるけど自分で養殖したなんて逸話があるのは宗滴ぐらいじゃないかな。

12: 人間七七四年 2010/09/14(火) 06:09:29 ID:Jr9k5Tbw
いいよね
戦陣訓とか呼んでると当時にしてはとても現実的で合理的で凄く好みだ

35: 人間七七四年 2010/11/13(土) 22:58:48 ID:5b/+kkvD
武者ハ犬トモイヘ畜生トモイヘ勝ツ事ガ本ニテ候

だっけ?

36: 人間七七四年 2010/11/13(土) 23:05:28 ID:Lf7QDCvf
『朝倉教景』のほうがカッコイイと思うのだが。。。
『朝倉宗滴』のほうがいいか?

37: 人間七七四年 2010/11/14(日) 18:25:41 ID:GtCDS9EV
まぁね、戦国武将は号名の方がかっこいいのが多いからね

38: 人間七七四年 2010/11/15(月) 06:40:19 ID:rS7lT3ID
教景だとどの教景かわかりづらいからじゃないか?
教景っていっぱいいるし

41: 人間七七四年 2010/11/15(月) 21:19:38 ID:mlkYsEn4
宗滴の同母兄の朝倉教景も忘れてもらっては困る。
宗滴と違ってかなりDQNらしいけど

43: 人間七七四年 2010/11/23(火) 01:27:04 ID:qjXN56IS
越前、加賀、能登の一揆軍30万を撃破したとかいう話しを本気で言っている奴っているのかな?
戦国時代の日本の人口は現代1/8程度なので、北陸の男子全員を集めてもそんなにいないのではないか?さらに男子の中にも子供や老人もいるのでさらに少ないはず。

九頭竜川の戦い

九頭竜川の戦い(くずりゅうがわのたたかい)は、永正3年(1506年)、越前九頭竜川にて朝倉宗滴を総大将とする朝倉氏と北陸一向宗との間に起こった合戦。

永正3年7月、加賀一向宗は能登・越中の門徒も加え30万を超える兵(この数字は相当な誇張があると考えられる)で越前に侵攻。対する朝倉氏も朝倉宗滴を総大将とした兵8000から16000(諸説あり)で出陣し九頭竜川をはさんで対峙した。宗滴は敵の機先を制するべく夜半に渡河を決行し奇襲をかけた。これが功を奏し一向宗は打ち負かされ加賀に撤退した。勢いに乗った朝倉軍は越前吉崎御坊を破壊した。


44: 人間七七四年 2010/11/23(火) 01:37:08 ID:qjXN56IS
いや、1/8じゃない。1/10の1200万人程度だな。
当時の日本の人口は。

で、現代の越前と石川県の人口をあわせても160万人程度、当時は1/10なので10で割ると16万。半分が男子として8万。子供や老人や不参加者を集めると5万でも寛大なくらいの数字だな。

49: 人間七七四年 2011/10/07(金) 16:49:30.03 ID:GmMp3G4T
「30万」は、誇張でないとしたら、門徒全員総動員した数だろうね。
訓練された戦闘員は、当然、もっと少なかった筈。

それでも、戦闘員としては使えない人間であっても、輜重・飯炊きなどの後方支援には使えるので、遠征軍としては、やはり強大な陣容と言える。

51: 謙信は本当に関東管領? 2012/02/10(金) 18:23:37.86 ID:2tuTjf8O
朝倉宗滴は、偽書。後人の捏造決定。
賀越闘諍記(朝倉始末記の一部)は、享保6年の写本が一番古いため、信憑性は低い。
原文読むと、30万騎、農工商、北斗七星、などの言葉使いから、江戸時代作成は確実。

52: 人間七七四年 2012/02/10(金) 18:54:05.03 ID:VRj4Sup1
朝倉本家の家督継承権はあったので?

53: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/02/12(日) 17:32:43.68 ID:BBQEpp4C
そんなのどっちでもいいだろ
本人にその気はないんだから

54: 人間七七四年 2012/02/12(日) 19:34:02.36 ID:oIXGVX3C
でも朝倉宗家との血縁が遠のくのを懸念して貞景
四男景紀を養子にして実子を嫡廃したんだよね

55: 人間七七四年 2012/02/12(日) 20:53:56.77 ID:XQmJY4nL
>>54
それは家督と言うより、宗家を補佐する自分の家が宗家から離れすぎてはいけない、という判断なんじゃね?

58: 人間七七四年 2012/06/03(日) 20:03:31.32 ID:3n0hj2x/
最近の研究では朝倉家の軍事だけでなく政治も差配していたらしい
実質的な当主なのでは

65: 人間七七四年 2013/12/10(火) 01:25:41.18 ID:tNjANr51
手伝い戦ばっか

66: 人間七七四年 2013/12/11(水) 09:18:33.07 ID:o6vELK95
>>65
それは仕方がない
宗滴晩年以外の越前や京周辺ではあくまでも一国一守護が原則の時代だろうし
自身が国を乗っ取った過去がある朝倉家からすれば自国周辺に弱肉強食の下剋上の流れを呼び戻すのはマイナス
成り上がりの過去は封印して名門の武家として振舞っていた朝倉家がいまさら他国を奪うような戦を仕掛けてもデメリットが大きいし

ただ手伝い戦での局地戦担当であったがために功績を上げやすく本来の能力以上に戦上手の評判を得ている気がしないでもない

67: 人間七七四年 2013/12/11(水) 18:04:04.63 ID:PU2OVViy
>>65
手伝いっていうか、京極こそ消えたけどその先には六角、更には三好が待ってる。
完全に手詰まりだったんじゃね?
だから加賀あたりで遊んでたと思う。

71: 人間七七四年 2014/03/18(火) 01:05:13.21 ID:n5/9gav+
>>67
六角なんて浅井に負けたレベルじゃん
三好も落ち目だったし

73: 人間七七四年 2014/03/24(月) 00:44:42.83 ID:X+UNEUAx
>>71
確かに六角や三好は落ち目だったんだけど、国内を状況の方を気にしたんじゃないかな
加賀との攻防は遊びって言ってた人いたけど、実際には加賀衆に攻め込まれる危険があった

69: 人間七七四年 2014/01/15(水) 19:06:18.82 ID:nwDuv7xl
なんでみんな一向一揆との戦いでしか軍才評価してないの?
浅井は?斎藤は?細川は?
宗滴は畿内方面に幕命で出陣してたらしいし。
朝倉氏が斯波氏の被官だった関係や、同じ越前に由来を持つ織田家に元から関心あったんじゃないかな

81: 人間七七四年 2016/09/08(木) 16:25:27.47 ID:Y0MHN4+j
この爺さんが信長とは対立した時に元気でいたら、織田軍もやばかったんじゃないかね?

82: 人間七七四年 2016/09/09(金) 00:22:12.22 ID:ayq3JZds
信長が勝てる相手じゃ無い <朝倉宗滴

83: 人間七七四年 2016/09/10(土) 15:34:07.03 ID:Uqj0DxHI
この爺さんと織田信長が戦うところ、見てみたいな。どっちが勝つか。

引用元: ・【脅威の】朝倉宗滴【爺さん】